2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏といえば太陽ですが、ヨーロッパの人にとっては太陽は憧れ、それは半年近いどんよりしたく暗い冬の陰気さから開放してくれる女神のようなもの。だから太陽や青空を歌った歌は多い。

また、夏に芽生えた恋が秋に消えて行くという歌も多い。フランソーズ・アルディ "Françoise Hardy" の「ソレイユ」 Soleil もそうした歌の一つだが、アルディの歌に壊れやすさを感じるのは、彼女のアンニュイな声や歌い方に似合っているからなのだろう。

20816a.jpg

Soleil  Françoise Hardy  ソレイユ  フランソワーズ・アルディ

20816b.jpg

Soleil  ソレイユ      《宇藤カザン訳》

Et c'était lui le soleil qui faisait nos réveils chaque matin
Et la mer était belle, et nous courrions vers elle main dans la main
Et puis nous marchions sur la plage, tu cherchais des coquillages
Comme un enfant
Les mettant à ton oreille pour entendre je me rappelle, l'océan dedans

そして毎朝私たちを目覚めさせてくれたのは彼、太陽だった
そして海は美しかった、私たちは手を取り合って海へと走って行ったものだった
そして私たちは海辺を歩き、あなたは貝殻を捜した
子供のように
耳に貝をあてて海原の音を聞きながら、思い出すわ

Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?

太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?

Tu avais toujours si faim, les fruits mûrs et le vin étaient pour toi
Tu me grondais quelques fois lorsque je ne mangeais pas, ce n'était rien
Et l'eau s'allongeait sur le sable, nos rêves étaient semblables
Je me souviens
Nous parlions de la maison, des enfants que nous aurions
Et nous étions bien

あなたはいつもとてもお腹を空かしていて
熟れた果物とワインはあなたのものだった
あなたは私が食べない時に何度かたしなめた、でもそれはたいしたことではなかったの
そして波は砂浜にどこまでも伸び、私たちの夢も同じようだった
思い出すわ
私たちは家の事や、いつか生まれてくる子供たちの事を話し合って
私たちは上手く行っていた

Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?

太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?

Et c'est toujours lui le soleil qui fera mes réveils chaque matin
Soleil d'hiver ou d'été, il voit les amours passer et les chagrins
Combien faudra-t-il de plage, combien d'autres visages pour comme toi
Oublier la maison et l'enfant aux cheveux blonds que nous n'avons pas

そして毎朝私たちを目覚めさせてくれたのは彼、太陽だった
冬でも夏でも太陽は恋が去って行くのを、その悲しみを眺めている
いくつの海辺が必要なのかしら、あなたに代わる別の面影がどれだけ必要なのかしら
家と私たちが持つことがなかった金髪の子供の事を忘れるには

Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?
Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?

太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?
太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?

20816g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

【砂の城】
この時期になると太陽とともに夏の日の恋を惜しむ歌が続きますね。そこで思い出すのは大学の頃NHKのフランス語講座でも流れ、レコードが擦り切れるほど聞いたミレイユ・マチューのLes Chateaux de Sableです。近いうちに(最近の流行語?秋が来る前にというタイミングで)ぜひ取り上げて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。
【】
はい、それでは明日アップします。大学生の頃フランス語講座は聞いていなかったのと、当時はシャンソンには関心が無く、クラシックばかり聞いていたのでこの曲は知りませんでした。そう、ブログをやるようになってからですね、知識が少し増えたのは、、、島の旅人さんはこの曲を歌うのですか?
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。