2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リラのワルツ」 "Valse des Lilas" はミッシェル・ルグラン Michel Legrand が1958年に作曲し、彼自身も歌っている美しい旋律の曲です。

ナナ・ムスクーリがこの曲を透き通るような声で歌っていますが、最後の節は歌わずに前節をルフランとして扱っています。

20721a.jpg

La Valse des Lilas  Nana Mouskouri   リラのワルツ  ナナ・ムスクーリ

20721d.jpg

Valse des Lilas  リラのワルツ     《宇藤カザン訳》

On ne peut pas vivre ainsi que tu le fais
D'un souvenir qui n'est plus qu'un regret
Sans un ami et sans autre secret
Qu'un peu de larmes.
Pour ces quelques pages de mélancolie
Tu as fermé le livre de ta vie
Et tu as cru que tout était fini...

君のように友もなく
たいした秘密もなく
ほんの少し涙を流すだけで
後悔ばかりの想い出に生きるなんて出来るものではない
この数ページの憂鬱のために
君は人生の本を閉じ
何もかもがおしまいだと思って・・・

... Mais tous les lilas
Tous les lilas de mai
N'en finiront
N'en finiront jamais
De fair' la fête au coeur des gens qui s'aiment, s'aiment.

だけど全てのリラは
5月に咲く全てのリラは
愛し合う、愛し合う恋人たちの
心をいつまでも、いつまでも浮き浮きさせてくれる

Tant que tournera
Que tournera le temps
Jusqu'au dernier
Jusqu'au dernier printemps
Le ciel aura
Le ciel aura vingt ans
Les amoureux en auront tout autant...

季節が巡る限り
巡る限り
春が終わるまで
空は
空は青春であり続け
恋人たちもまるで同じこと

Si tu vois les jours se perdre au fond des nuits
Les souvenirs abandonner ta vie
C'est qu'ils ne peuvent rien contre l'oubli...

日々が夜陰に沈み
君が想い出から見放されていると感じても
想い出だって忘却には逆らえないものだよ・・・

20721e.jpg

1962年にジョニー・マーサー Johnny Mercer が英語の詩をつけて多くの歌手が歌いました。英語の詩はフランス語の詩とまるで違いますが、一部をフランス語で歌っているのでバーバラ・ストライザンド聴いてみましょう。

20721b.jpg

Once Upon A Summertime  Barbra Streisand  ワンス・アポン・ア・サマータイム  バーバラ・ストライザンド

20721f.jpg

Once upon a summertime  ワンス・アポン・ア・サマータイム     《宇藤カザン訳》

Once upon a summertime if you recall
We stopped beside then in a flower stall
A bunch of bright forget-me-nots
Was all I let you buy me
Once upon a summertime just like today
We laughed the happy afternoon away
And stole a kiss in every street cafe
You were sweeter than the blossom on the tree
I was as proud as any girl could be
As if the major had offered me the key, the key to Paris
Now another wintertime has come and gone

遠く過ぎ去りし夏の日
あなたは思い出すかしら
小さな花屋の前で二人は足を止め中に入り
鮮やかな忘れな草の花束を
たった一度きりあなたにおねだりしたわ
今日のような遠く過ぎ去りし夏の日
二人は楽しい午後を笑って過ごし
どの街のカフェでもこっそりキスを交わしたわね
あなたは樹に咲く花よりも甘く優しくて
私はどんな女の子よりも誇らしく
まるで市長さんから鍵を
パリへの扉を開く鍵を贈られたみたいだった
でも今ではまた冬が訪れ、過ぎ去って行く

The pigeons feeding in the square have flown
But I remember when the vespers chime
You loved me once upon a summertime
Tous les lilas, tous les lilas de mai
N'en finiront, n'en finiront jamais
De faire la fete du coeur
Des jeunes qui s'aiment
S'aiment, s'aiment
Now another wintertime has come and gone
The pigeons feeding in the square have flown
But I remember when the vespers chime
You loved me once upon a summertime...

エサをついばむ公園の鳩たちも飛び去るけれど
夕暮れの鐘が鳴れば思い出す
遠く過ぎ去りし夏にあなたが私を愛してくれたことを
全てのリラは
5月に咲く全てのリラは
愛し合う、愛し合う恋人たちの
心をいつまでも、いつまでも浮き浮きさせてくれる
でも今ではまた冬が訪れ、過ぎ去って行く
エサをついばむ公園の鳩たちも飛び去るけれど
夕暮れの鐘が鳴れば思い出す
遠く過ぎ去りし夏にあなたが私を愛してくれたことを

20721h.jpg

the key to Paris は「パリ名誉市民」と言うことかもしれません。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。