2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メニルモンタンはパリの北東部の庶民的な地域で、11区と20区の境にメトロの駅がある。ここはモーリス・シュヴァリエの出生地で、メニルモンタン "Menilmontant" はシャルル・トレネ Charles Trenet が1938年に彼に捧げるために作詞、作曲したシャンソンです。シュヴァリエはあまり歌わなかったようだが、多くの歌手によって歌われていて、トレネ自身の歌も素晴らしいが、パトリック・ブリュエルも魅力的に歌っています。

20719a.jpg

Menilmontant  Charles Trenet  メニルモンタン  シャルル・トレネ

20719b.jpg

Menilmontant  Patric Bruel  メニルモンタン  パトリック・ブリュエル

20719c.jpg

Ménilmontant  メニルモンタン      《宇藤カザン訳》

Ménilmontant mais oui madame
C'est là que j'ai laissé mon cœur
C'est là que je viens retrouver mon âme
Toute ma flamme
Tout mon bonheur...
Quand je revois ma petite église
Où les mariages allaient gaiement
Quand je revois ma vieille maison grise
Où même la brise
Parle d'antan
Elles me racontent
Comme autrefois
De jolis contes
Beaux jours passés je vous revois
Un rendez-vous
Une musique
Des yeux rêveurs tout un roman
Tout un roman d'amour poétique et pathétique
Ménilmontant !

メニルモンタン
もちろんですとも、マダム
僕の心はいまだにそこにあり
そこは自分の魂に
僕の情熱の全てに
僕の幸せの全てに出会えるところなんだ
たくさんの結婚式が行われた
僕が通った小さな教会を思い出せば
そよ風さえも昔を物語ってくれる
灰色の僕が住んでいた古い家を思い出せば
それらは昔のかわいいおとぎ話のように
僕に語りかけてくれる
過ぎ去りし日のあなたを思い出す
逢引き
音楽
ロマンチックに夢見る瞳
まるで小説のように詩的で感動的な恋物語
メニルモンタン!

20719d.jpg

Quand midi sonne
La vie s'éveille à nouveau
Tout résonne
De mille échos
La midinette fait sa dînette au bistro
La pipelette
Lit ses journaux
Voici la grille verte
Voici la porte ouverte
Qui grince un peu pour dire "Bonjour bonjour
Alors te v'là de retour ?"

昼になると
街は再び活気付く
たくさんの鐘が無数のこだまのように
鳴り響き
お針子はビストロで昼食だ
門番は新聞を読み
緑色の鉄格子だよ
「ボンジュール、ボンジュール、おや、君はお戻りかい?」
と言っているみたいにきしむ門は開いているよ

Ménilmontant mais oui madame
C'est là que j'ai laissé mon cœur
C'est là que je viens retrouver mon âme
Toute ma flamme
Tout mon bonheur...
Quand je revois ma petite gare
Où chaque train passait joyeux
J'entends encor dans le tintamarre
Des mots bizarres
Des mots d'adieux
Je suis pas poète
Mais je suis ému,
Et dans ma tête
Y a des souvenirs jamais perdus
Un soir d'hiver
Une musique
Des yeux très doux les tiens maman
Quel beau roman d'amour poétique
Et pathétique
Ménilmontant !

メニルモンタン
もちろんですとも、マダム
僕の心はいまだにそこにあり
そこは自分の魂に
僕の情熱の全てに
僕の幸せの全てに出会えるところなんだ
列車がにぎやかに行き交う僕の小さな駅
騒音の中で聞く
奇妙な言葉
別れの言葉
僕は詩人ではないけれど
感動してしまうし
僕の頭の中には
忘れ得ぬ想い出がある
ある冬の夜
音楽
優しい瞳それはママの瞳
なんと美しく詩的で感動的な愛の物語だろう
メニルモンタン!

20719e.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。