2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスの町の入り口と出口には必ず街の名前の標識があり、車で走っていて今どの町や村に入ったかが分かる。またすべての道に番号が付いていて、タイヤ会社のミシュランの素晴らしい地図があるので迷っても自分の現在位置を確認できるのがうれしい。
ところが日本では小さな道路の番号がないので、知らない土地で迷うと自分がどこにいるのか分からなく、、、ならないか、、、カーナビを持っている皆さんはね。

カーナビを持たず野性の勘で辺鄙なところにある庭園やB&Bを探し当てるカザンは、行き止まりの道に突っ込んだり、目的の場所と反対の方向に走り出したり、、、でもそういうことで思いもかけない景色に出会ったりもするから、太陽で方位を確認しながら走るアナログ運転も悪くはないのではないか。
考えてみると僕の人生もナヴィゲーションなしの迷走運転ですねえ。振り向くとタイヤが一つなかったりして、、、まあいいか、なるようになる、、、ケセラセラ。

話が最初から脱輪してしまったが、ランスの町の入り口には REIMS と言う町の名ともう一つ****の花のマークがあり、これはこの町が沢山の花で飾られているということを意味している。ゼロから四つ花までの5段階の評価があり、観光地は三つ花程度のところが多く、四つ花はそう多くないから期待できる。ランスは大きな町だから町中花でというわけにはいかないが町の要所要所には花が飾られている。

大きなロータリーを回るとト音記号が飛び込んできた。

IMG_3678b.jpg

車を停めて近づくとなかなか良く出来ている。

IMG_3681.jpg

よくよく見ると音符は花になっているのですね。五線が乱れて花の音符が芝に飛び出し、

IMG_3680.jpg

芝の上を点々として ♪ ♪ ♪ その先にはピアノらしきものが、、、

IMG_3676.jpg

おーっ!良く作りましたね!花ピアノです。

IMG_3677b.jpg

ピアノの向かいにはチェロのような、、、でも絡ませているのが朝顔でこのままでは何がなんだか分からなくなってしまうのでは?チェロの胴体だけを別の植物で覆ったらもっと良かったのに、、、ランス市役所環境課の来年の課題ですね。

IMG_3682.jpg

市や町の花のランク付け、日本でも取り入れても良いのでは?
ブログだってランキングがあると張り合いもあるし、ついがんばってしまうところがあるでしょう! ということで今日は花の画像を一杯サービスしてしまったからポチっとしてからお帰りくださいね。

花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

宇藤カザンのホームページはこちら。

camembert_.jpg

フランスではすべての町や村の名の標識があり、ここからがカマンベールでC2は道路の番号。出口の標識の名には斜線が引かれているから今どの町や村を通過したかが分かる。

【お花のピアノ】
おはようございます!
お花のピアノ!かわいい!ですね!
チェロは笑っちゃいましたが…
私も完全にアナログ脳。カーナビは走っていると、くるくる方向が回るのが、気持ち悪くなるし、いつもカーナビの女の人とは、けんかになり(笑)違う道にいってしまうんです。上が北になっている正しい地図があれば、どこでもいける。海外の知らない街も、しっかりした地図があればどこでもOK!でも、こんなに便利な世の中なのに困ったものですね。
お花のランキングの表示もすごく面白いです!
【花の町、ランス!】
おはようございますカザンさん、そして今朝もお早いyosikoさん!
さっきHPでキリ番「5000」、ブログの更新時間5:00、今日は25日、、、
なにか良いことあるでしょうか(笑)
このピアノは廃物利用かな~と思いましたがどうも作られた代物のような。

カーナビ重視の夫と一緒に居ると「ニブイなあ」といつも思います。
男の人はプライドがありケンカになるので口には出しませんが、
世の中「勘」でうまくいくこともあるのですから。
今日のブログ楽しいですね、花のワルツのメロディが聞えてきそうです。
【ミシュラン】
yoshikoさんはいつも早起きですね。まさかこれから寝るのではないでしょう?

それはともかくミシュランの地図は本当に良くできていますよ。登り坂、下り坂、勾配のきつさ、景色の良い道はグリーンマークになっているし、絶景の場所はヴューポイントかパノラママークが付いているので良く遠回りをしてしまいます。欲を言えばガソリンスタンドの位置も入れてくれると助かるのですが、田舎では日曜休みのガソリンスタンドが多いので日曜日のない僕は危うくガス欠を起こしそうになってしまうのです。

何もかも自動になってしまうと人間本来の機能が退化しないか?と言いつつ漢字変換のために漢字を書けなくなってしまいそうな僕なのであります。

花壇を作っても遊び心があってちょっとポエティックでいかにもフランスらしいデザインです。
【アナログカーナビ】
けい子さんも早起きですね。
ツアーのときに運転する場合、あまり間違えてばかりいるわけにもいかないので、前もって独自のナヴィゲーションを作り、高速の出口の番号とか道路番号、通過していく町の名前、曲がる場合は遠方の都市の名前をいくつか紙に書き、作図しておくと突然どちらの道に行ったらよいか分からなくなりにくく、スムーズに行きます。
運転とナヴィゲーションを夫婦でやると喧嘩になりやすいのですが、運転より地図を読む方がはるかに難しいと言うことを徹底的に理解するべきです。
けい子さん、今日は積極的にGO!GO!GO!ですね。
【ト音記号】
 今年はモーツアルト生誕250周年の年で、ト音記号の
デザインなのでしょうか。
 美しく仕上がっていますね。
 日本は観光地や地方へ行くと、「ようこそ・・・町へ」「またお
越しください」というような看板が立っている所がありさす。
 デザインの良い看板に、なかなかお目にかかれませんが。
 確かに日本の道路標識は不親切で、困ります。
 私たちの花壇にも、モーツアルト生誕250周年の年にちな
んで、ささやかですがト音記号の花壇をつくりました。
 
【】
モーツアルトの文字が無いのでモーツアルトとは関係ないと思います。ランス音楽祭とかピアノフェスティヴァルとかがあれば関係あるでしょうが、、、
「ようこそ」という看板はヨーロッパでもありますがデザインは良いですね。
花やイヌツゲの植え込みで町の名前を書くところもあります。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。