2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Emmenez-moi" は「私を連れてって」という意味だが、「世界の果てに」と言う邦題があるようで、内容的にも歌のタイトルとしてふさわしいので「世界の果てに」にします。いかにもシャルル・アズナヴール Charles Aznavour らしい曲ですがヴァネッサ・パラディ Vanessa Paradis も現代的にビートを利かせて歌っている。

20608a.jpg

Emmenez-moi  Charles Aznavour   世界の果てに シャルル・アズナヴール

Emmenez-moi  Charles Aznavour  世界の果てに シャルル・アズナヴール  Live

20608ff.jpg

Emmenez-moi  Vanessa Paradis  世界の果てに  ヴァネッサ・パラディ

20508gg.jpg

Emmenez-moi  世界の果てに         《宇藤カザン訳》

Vers les docks où le poids et l'ennui
Me courbent le dos
Ils arrivent le ventre alourdi
De fruits les bateaux
Ils viennent du bout du monde
Apportant avec eux
Des idées vagabondes
Aux reflets de ciels bleus
De mirages
Traînant un parfum poivré
De pays inconnus
Et d'éternels étés
Où l'on vit presque nus
Sur les plages
Moi qui n'ai connu toute ma vie
Que le ciel du nord
J'aimerais débarbouiller ce gris
En virant de bord

重圧と憂鬱で気が滅入る
ドックの方へと
果物を満載した船がたどり着く
船は海辺で裸で暮す
見知らぬ常夏の国の
胡椒の香りを漂わせながら
青い空の輝きの下に
さすらう空想と
幻影を運んで
地の果てからやってくる
生まれてこの方
北国の空しか知らなかった僕は
方向転換して
この灰色の空から抜け出したかった

Emmenez-moi au bout de la terre
Emmenez-moi au pays des merveilles
Il me semble que la misère
Serait moins pénible au soleil

僕を地の果てに連れてって
僕を素敵な国に連れてって
太陽の下でなら辛いことにも耐えられそうだ

20508aak.jpg

Dans les bars à la tombée du jour
Avec les marins
Quand on parle de filles et d'amour
Un verre à la main
Je perds la notion des choses
Et soudain ma pensée
M'enlève et me dépose
Un merveilleux été
Sur la grève
Où je vois tendant les bras
L'amour qui comme un fou
Court au devant de moi
Et je me pends au cou
De mon rêve
Quand les bars ferment, que les marins
Rejoignent leur bord
Moi je rêve encore jusqu'au matin
Debout sur le port

宵闇せまる酒場で
グラスを片手に
船乗りたちと
女や恋の事を話せば
何も考えられなくなって
僕の思いは飛んで行き
瞬く間に目くるめく夏の
浜辺へとたどり着くのだった
そこで僕は腕を差し伸べるけれど
狂おしい恋は僕の前を素通りするかのようで
僕は自分の夢にすがりつく
酒場が閉まり
船乗りたちは船に戻るけれど
僕はまだ夢から覚めやらず
明け方まで港に立ちつくす

Emmenez-moi au bout de la terre
Emmenez-moi au pays des merveilles
Il me semble que la misère
Serait moins pénible au soleil

僕を地の果てに連れてって
僕を素敵な国に連れてって
太陽の下でなら辛いことにも耐えられそうだ

20508de.jpg

Un beau jour sur un rafiot craquant
De la coque au pont
Pour partir je travaillerais dans
La soute à charbon
Prenant la route qui mène
A mes rêves d'enfant
Sur des îles lointaines
Où rien n'est important
Que de vivre
Où les filles alanguies
Vous ravissent le coeur
En tressant m'a t'on dit
De ces colliers de fleurs
Qui enivrent
Je fuirais laissant là mon passé
Sans aucun remords
Sans bagage et le coeur libéré
En chantant très fort

誰しもの心を奪うような
物憂げな娘たちが
心酔わせる花の首飾りを編んでいて
ただ生きているだけで満ち足りる
子供の頃からの夢の
はるかな遠い島への旅路へと
いつの日か船出をするために
船体の甲板がきしんでいる
ぼろ船に乗って
石炭の船倉で僕は働こう
過去を捨てここを去るのだ
悔いることなんかありはしない
身軽に自由気ままに
大きな声で歌いながら

Emmenez-moi au bout de la terre
Emmenez-moi au pays des merveilles
Il me semble que la misère
Serait moins pénible au soleil...

僕を地の果てに連れてって
僕を素敵な国に連れてって
太陽の下でなら辛いことにも耐えられそうだ

20608dj.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。