2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「愛のために死す」 "Mourir d"aimer" は1971年に発表された、いかにもアズナヴールらしい美しく歌い上げるシャンソンです。
時期を同じくしてアニー・ジラルド主演で同じタイトルの映画が作られていて、映画の主題歌と言うわけではないものの、ある程度内容を踏まえているようだ。

20507ge.jpg

Mourir d"aimer  Charles Aznavour  愛のために死す  シャルル・アズナヴール

20507se.jpg

Mourir d'aimer  愛のために死す       《宇藤カザン訳》  

Les parois de ma vie sont lisses
Je m'y accroche mais je glisse
Lentement vers ma destinée
Mourir d'aimer

私の人生は穏やかなものでしかなかったから
私はそれしがみついていたけれど
私の運命に向かって少しずつ滑り落ちて行った
愛のために死す

Tandis que le monde me juge
Je ne vois pour moi qu'un refuge
Toutes issues m'étant condamnées
Mourir d'aimer

世間は私を批判し
私にはだだ一つの逃げ場しか見出せず
全ての出口は閉ざされてしまった
愛のために死す

Mourir d'aimer
De plein gré s'enfoncer dans la nuit
Payer l'amour au prix de sa vie
Pécher contre le corps mais non contre l'esprit

愛のために死す
自ら進んで夜の闇に沈み込み
愛を死で償う
肉体の罪を犯したけれど
心は罪を犯していない

Laissant le monde à ces problèmes
Les gens haineux face à eux-mêmes
Avec leurs petites idées
Mourir d'aimer

このことは世間の判断に任せて
悪意に満ちた人々は
狭い考えだけでしか自分と向き合わない
愛のために死す

Puisque notre amour ne peut vivre
Mieux vaut en refermer le livre
Et plutôt que de le brûler
Mourir d'aimer

私たちの愛はこれ以上生きながらえないのだから
愛に燃えるよりは
物語を終りにした方が良いだろう
愛のために死す

Partir en redressant la tête
Sortir vainqueur d'une défaite
Renverser toutes les données
Mourir d'aimer

しっかりと前を向いて立ち去り
敗北を勝利に変えて行く
私への批判を全て覆して
愛のために死す

Mourir d'aimer
Comme on le peut de n'importe quoi
Abandonner tout derrière soi
Pour n'emporter que ce qui fut nous, qui fut toi
Tu es le printemps moi l'automne
Ton coeur se prend le mien se donne
Et ma route est déjà tracé
Mourir d'aimer
Mourir d'aimer
Mourir d'aimer

愛のために死す
そうすればどんなことでも出来るのだから
他のものは全て打ち捨てて
私たちの、あなたの想い出だけを持って行くこと
あなたはまだ春、でも私はもう秋
あなたの心は受け取るだけのもの、私の心は与えるだけのもの
私の道はもう定まっている
愛のために死す
愛のために死す
愛のために死す

20507yyy.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


【初めまして】
久しぶりに聞く美しいメロディ!作詞作曲ともにアズナブールなんですね。2か月ほど前に偶然見つけたこのブログにすっかりはまってしまい毎日開くのを楽しみしております。ご挨拶(コメント)が遅れて申し訳ないです。大学時代からのシャンソンファンですが、退職を契機に好きなシャンソンに本格的に取り組み始めたところでしたのでこのブログは私のためにあるようで、当初むさぼるように過去のアーカイブスを遡って好きな曲をコピーさせてもらっています。おまけに美しい写真もさすがにセンスの良いもので目でも耳でも楽しませてもらっております。リンクするブログでNonchalanteさんのも併せてシャンソンファン、仏語ファンにとっては楽しくてためになる最高のブログですので今後とも末永く続くことを期待しています。島の旅人より
【Bonjour,】
こんにちは、6月3日にお会いできるのを楽しみにしています。僕は「アムステルダム」「ウィーンにて」を歌う予定です。
【文字化け?】
シャンソニエ、デヴュー楽しみにしています。
ところで、前から気になっているのですが仏語の歌詞の文字化けが発生するのですが何が原因なのでしょうか?仏語特有のアクサン(テギュー、グラーヴ、セディーユ)の箇所で漢字と全角英数文字に変換される現象です。
右にコピペします⇒Et ma route est d醇Pj醇A trac醇P
(そちらではノーマルに変換されるのかもしれませんが?)
Nonchalanteさんのブログでは発生していませんし、そちらの古いアーカイブス記事にはありませんでした。
せっかくの美しい仏語のparoleですので改善を希望します。
島の旅人より
【文字化け】
こちらでは文字化けはありません。原因として考えられるのは記事の編集・投稿を以前は Internet Explorer でしていましたが、重いので現在は Pale Moon(Firefox系) でしています。また Mac だと相性がよくないかもしれません。文字化けについての情報は初めてなので原因を確かめてみます。ありがとうございました。
【謎:その2】
もう一つ分かったことですが、Nonchalanteさんのブログを経由してこちらの記事を開いてみると文字化けは発生しません。それから不思議なことに記事掲載の順序が違います。ちなみにChantefableでは17日恋の病、16日別れの詩15日メアキュルパ14日ロレットの店で13日男の子のように12日悲しき雨音・・・7日愛に死す、となっています。ご参考にご報告します。(お二方のブログはいつも楽しませて頂き毎日クリックしてます)島の旅人より
【ミラーサイト】
実は僕のブログは二つあります。一つは「LAPINE AGILE」でもう一つは「シャンソン日記」です。最初ラピーヌに記事を書き、訂正を加え、日記の方はそれをコピーして5日遅れぐらいでアップしています。ノンシャラントさんとリンクしているのはラピーヌの方で、同じテンプレートで編集していても、理由は分かりませんが編集ページの表記が片方は英語でもう一方は日本語になり、またコメント欄のコードがあったりなかったりと若干の違いがあります。「LAPINE」の方が最近始めたので、同じFC2でも文字化けに対する対応が進歩しているのかもしれません。また「日記」の方は過去の一部の記事のアクサンの表記がHTML編集ページでは例えば Le fantôme は Le fantôme のように自動的に変換されています。これは「HTMLファイルコード」または「実体文字参照による表記」と言うようですが、全部をこのコードに直せば問題は解決するはずです。しかしこれには長大な時間がかかりますのでとても出来ません。自分のPCでは文字化けしていないので実態をつかみにくいという事もあります。他の人のブログで Pale Moon で開くと全く読み取れず、Explorer で開くと正常になると言う現象もあります。と言うことで複雑すぎて急には手に負えない感じですが、とりあえずはなるべく「LAPINE」の方でごらん頂くか、http://pale-moon.softonic.jp/ からペールムーンのブラウザーをダウンロードする方法がありますが、これで解決するかは分かりません。また「日記」の方へのコピー編集作業は当面IEの方でやってみます。
【ご苦労様です】
詳しいことはよくわかりませんがこのような素敵なブログを継続維持することは、好きなこととはいえご苦労もおありだということがよくわかりました。我々は楽しませて頂いてクリックする以外は何もできませんが、健康に気を付けてライフワークとしてお続けになることを期待しています。ところで時にはお休みされたり旅行(フランスへ)に行かれることはないですか?その間ファンは退屈しますが、そのかわりあらたなシャンソン情報やフランスの音楽事情が反映できれば休刊中も我慢できます。なんて勝手なことを申し上げてすみません。
【フランスツアー】
4月からカルチャーセンターでの講師の仕事を始めたので、今年は無理ですが、フランスは来年の5月29日から6月7日までシャンソンとワインとバラのツアーを企画します。まだ詳しくは決まっていませんが、コースなどはホームページの方で案内しています。
http://utokazan.jp/2013francetour.htm
【楽しみにしています】
フランスツアー、大変興味があります。
仏語のブラッシュアップの励みになりますし、楽しみが増えました。それから文字化けの件、ほぼOKと返事しましたが過去の記事はそのままです。
【文字化け解決?】
シャンソン日記に限っては、ラピーヌの編集ページをペールムーンで開き、シャンソン日記のペールムーンの編集ページにコピーするとIEで開いた場合文字化けが起こるようです。そこでコピーする時はIEの編集ページに貼り付ければIEで開いても文字化けが起きないようです。少しずつ直していきます。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。