2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエット・グレコ Juliette Gréco の歌う「オルガ」"Olga" はシャルル・アズナヴール Charles Aznavour が作曲し、作詞は「ラ・ボエーム」を作詞したジャック・ブラントです。

20312a.jpg

Olga  Juliette Gréco オルガ ジュリエット・グレコ

20312gie.jpg

Olga オルガ

Drapée dans un vieux châle
Et la face rougeaude
Olga vient de pousser la porte du bistrot
Accueilliée sur le seuil par une bouffée chaude
A lui faire oublier les grillers du métro

古びたショールをゆったりと掛け
顔を赤らめて
オルガは酒場の扉を押して入ってきた
地下鉄の鉄柵の寒さを忘れさせる
戸口で暖かい食べ物で迎えられ

"Salut Olga" dis donc tu sors sans ta calèche
Ton chevalier servant te laisse aller à pied
Comment va-tu rentrer au palace où tu crèches
Car Olga fait la joie de tous les habitués

「やあ、オルガ」馬車に乗らないで来たっていうのかい
お抱えの騎士さんはお前を歩いて行かせたってのかい
お前さんはお住まいの宮殿にどうやって帰るおつもりだい
という訳でオルガはそこにいた常連客たちをどっと湧かせた

20312haw.jpg

C'est vrai que j'allais en voiture
C'est vrai que j'avais des fourrures
Si vous m'aviez connue alors
Partout on m'offrait un pont d'or

いつも馬車で行っていたのは本当よ
毛皮のコートを持っていたのも本当よ
あんたあたしのこと知っていたかしら
どこでも丁寧に特別扱いしてくれたわ

Olga viens par ici viens t'assoir près du poêle
Avale un petit rhum pour te chaffer le corps
Et parle nous du temps où tu étais étoile
Les souvenirs c'est bon quand il fait froid dehors

オルガはこっちに来てストーブのそばにお座り
ラム酒をちょっと飲んで体を温めな
そんでお前がスターだった頃の事をお話よ
外が寒い時は昔話も悪くないもんだよ

Maintenant ça va mieux alors tu nous la pousses
Ta romance a deux sous qui fit battre les coeurs
Et dans le brouhaha Olga d'une voix douce
Fredonne une chanson que l'on reprend en coeur

少しは暖かくなっただろう
お前がときめいた安っぽい恋物語を話せよ
そしてどよめきの中、オルガは小さな声で
誰もが知っている歌を口ずさむ

C'est vrai que j'étais une artiste
C'est vrai que j'avais mon pianiste
Si vous m'aviez connue alors
Partout on m'offrait un pont d'or

あたしがアーティストだったのは本当よ
あたし専属のピアニストだっていたの
あんたあたしのこと知っていたかしら
どこでも丁寧に特別扱いしてくれたわ

20312ggt.jpg

Il est déjà bien tard et le bistrot se vide
Olga comme à regret doit s'en aller aussi
Elle déscend les quais a petits pas rapides
Pour dormir sous un pont du coté de Bercy

夜も更けて来て居酒屋の客もみんな帰り
オルガも仕方なしに帰らなければならなかった
彼女は小走りに川岸に降りて来た
ベルシーの近くの橋の下で眠るために

Et là, les yeux fermés, Elle rejoint ses rêves
Une rampe s'allume orchestre et trémolo
Une salle bondée un rideau qui se lève
Et des milliers de mains qui jettent des bravos

そこで目を閉じて、彼女は夢見に就く
フットライトが点灯し、オーケストラが静かに鳴り響く
ホールは客でいっぱいになり、幕が開く
そして鳴り止まぬ拍手にブラヴォーの掛け声が飛ぶ

20312www.jpg

C'est vrai que j'étais une dame
C'est vrai j'en ai cause des drames
Si vous m'aviez connue alors
Partout on m'offrait un pont

Un pont..Un pont.."Allez dors!"

本当にあたし貴婦人だったんだから
本当にいろんなことがあったのよ
あんたあたしのこと知っていたかしら
どこでも丁寧に特別扱いして・・・

橋・・橋・・「眠りましょう!」

20312ffr.jpg

"un pont d'or" は「黄金の橋」だが「優遇する」と言う感じで、最後のフレーズは d'or を言わずに眠くなってしまったのだが日本語には反映できませんでした。


wink.gif人気ブログランキングに参加していますpetitenote.gif

おかげさまでフランス語部門ベスト3入り!今日はニャン位かな?
お帰りにポチッと足跡残していってね♪




この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。