2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィリアム・シェレール(ウィリアム・シェラー) William Sheller は1946年にパリで生まれ、幼少の頃はアメリカで育ち、7歳からはパリに住みクラシックの音楽教育を受けたが、やがてロックの影響を受けてバンドを組んだりもした。

シェレールは主に作曲と編曲とヴォーカルの分野で活躍していたが、彼の映画音楽のアルバム "Lux Aeterna" は売れず、一度は音楽活動を断念したが、後にバルバラが興味を持ち、1973年にシェレールを呼び寄せ、彼女の新しいアルバムの編曲を手がけることとなった。彼が歌手として再び歌うようになったのはバルバラの勧めがあったからで、バルバラの「ウィーンにて」 "Vienne" も歌っている。

Vienne - William Sheller

バルバラの「ウィーンにて」はすでに訳しています。興味のある方はこちらをどうぞ。

20216a.jpg

William Sheller - Un homme heureux   ヴィリアム・シェレール  幸せな男

1991年のアルバム "Sheller en solitaire" が注目され、一躍脚光を浴びた。その中で今回の「幸せな男」 "Un homme heureux" はフランスで大ヒットしました。

Un homme heureux   幸せな男

Pourquoi les gens qui s'aiment
Sont-ils toujours un peu les mêmes
Ils ont quand ils s'en viennent
Le même regard d'un seul désir pour deux
Ce sont des gens heureux
Pourquoi les gens qui s'aiment
Sont-ils toujours un peu les mêmes
Quand ils ont leurs problèmes
Ben y a rien à dire, y a rien à faire pour eux
Ce sont des gens qui s'aiment

どうして愛し合っている人たちは同じようなのだろう
彼らが出会えば
二人で居たいという同じ願いの眼差しで見つめ合う
彼らは幸せな人たちだ
どうして愛し合っている人たちは同じようなのだろう
彼らが困難に陥っていても
声をかけることも出来ず、何もしてあげられない
愛し合っている人たちだから

Et moi j'te connais à peine
Mais ce serait une veine
Qu'on s'en aille un peu comme eux
On pourrait se faire sans qu'ça gène
De la place pour deux
Mais si ça ne vaut pas la peine
Que j'y revienne
Il faut me le dire au fond des yeux
Quelque soit le temps que ça prenne
Quelque soit l'enjeu
Je veux être un homme heureux

だけど僕は、君のことをほんの少ししか知らない
他の恋人たちのように
二人でいる代わりに去って行くのは
僕にはきっといいことなのだろう
引き止めはしないから君はそうしたらいい
だけど元の二人に戻る望みがまるで無いのなら
僕の眼を見つめてそう言って欲しい
どれほど時間がかかろうと
どれほど僅かな望みであろうと
僕は幸せな男になりたい

Pourquoi les gens qui s'aiment
Sont-ils toujours un peu rebelle
Ils ont un monde à eux
Que rien n'oblige à ressembler à ceux
Qu'on nous donne en modèle
Pourquoi les gens qui s'aiment
Sont-ils toujours un peu cruels
Quand ils vous parlent d'eux
Y a quelque chose qui vous éloigne un peu
Ce sont des choses humaines

愛し合う人たちはどうしていつも反抗的なのだろう
世の中に示される手本を
彼らが真似しなければならないと言うことはないのだが
彼らはそれぞれの世界を持っているから
愛し合う人たちはどうしていつも無謀なのだろう
自分を押し通そうとすれば
世の中を遠ざけることになるから
それらは人間らしいことではあるが

Et moi j'te connais à peine
Mais ce serait une veine
Qu'on s'en aille un peu comme eux
On pourrait se faire sans qu'ça gène
De la place pour deux
Mais si ça ne vaut pas la peine
Que j'y revienne
Il faut me le dire au fond des yeux
Quelque soit le temps que ça prenne
Quelque soit l'enjeu
Je veux être un homme heureux
Je veux être un homme heureux
Je veux être un homme heureux

だけど僕は、君のことをほんの少ししか知らない
他の恋人たちのように
二人でいる代わりに去って行くのは
僕にはきっといいことなのだろう
引き止めはしないから君はそうしたらいい
だけど元の二人に戻る望みがまるで無いのなら
僕の眼を見つめてそう言って欲しい
どれほど時間がかかろうと
どれほど僅かな望みであろうと
僕は幸せな男になりたい
僕は幸せな男になりたい
僕は幸せな男になりたい

20217gggt.jpg

この曲の歌詞は日本語に置き換えるのに苦労する。解釈に迷う所もあり、間違いがあるかも知れないので、間違いを指摘してくださればありがたく思います。


wink.gif人気ブログランキングに参加していますpetitenote.gif

おかげさまでフランス語部門ベスト3入り!今日はニャン位かな?
お帰りにポチッと足跡残していってね♪



この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。