2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「巴里祭」と呼ばれるこの歌は映画 "Quatorze Juillet" の邦題から来ているのだが、シャンソンの元のタイトルは "À Paris dans chaque faubourg" です。

faubourg はとても訳しにくい言葉で、もともとは昔のパリの城郭外の地域を指し、町はずれとか場末とか下町と訳せ、城郭外の街や通りも指すから、この歌は「パリの下町で」とか「パリの街角で」とか「パリのどこかで」とでも訳せようか。だがこの歌では特に下町に限定せず、パリの全域を言っているようにも感じる。多分 quartier の意味に近いと思うが、パリの庶民的な地域の物語であることは確かでしょう。

11030d.jpg

ついでながら「巴里祭」も日本での創作造語で、7月14日はパリだけでなくフランス全土が祭日になるが、やはりパリのシャンゼリゼ通りとエッフェル塔あたりが一番盛り上がる事は確かです。

11030b.jpg

À Paris dans chaque faubourg Lys Gauty  リス・ゴティ

11030l.jpg

この曲の作詞は映画を監督したルネ・クレール、作曲はモーリス・ジョベールです。

A Paris dans chaque faubourg Jacqueline François ジャクリーヌ・フランソワ 

11030e.jpg

À Paris dans chaque faubourg 巴里祭

À Paris dans chaque faubourg
Le soleil de chaque journée
Fait en quelques destinées
Eclore un rêve d'amour.
Parmi la foule un amour se pose
Sur une âme de vingt ans.
Pour elle tout se métamorphose
Tous est couleur de printemps.
À Paris quand le jour se lève
À Paris dans chaque faubourg
À vingt ans on fait des rêves
Tout en couleur d'amour

パリのどの界隈でも
日毎に昇る太陽が
いくつかの人生に
愛の夢を花開かせ
たくさんの人々の中の
二十歳の魂に一つの恋が芽生える
彼女にとってすべては変貌し
周囲は春の色になる
パリに夜が明けるとき
パリの下町で
二十歳の青春は
すべてが恋の色に染まった夢を想う

Ils habitaient le même faubourg
La même rue et la même cour
Il lui lançait des sourires...
Elle l'aimait sans lui dire.
Mais un jour qu'un baiser les unit
Dans le ciel elle crut lire
Comme un espoir infini.

同じ地区に住んでいた二人
同じ通り、同じ中庭をはさんで
彼女に微笑を投げかける彼
ひそかに彼が好きだった彼女
だけどある日一度のキスで
彼らの心は一つになった
彼女は永遠の希望のようなものが
空に描かれているように感じた

11030f.jpg

Après des jours dépourvus d'espoir
Tous deux se sont rencontrés un soir
Ils n'ont pas osé sourire.
Mais leurs regards ont pu lire
Que bientôt ils pouvaient être heureux
Et s'ils n'ont rien pu se dire
Leurs yeux ont parlé pour eux.

会いたくても会えなかった日が続き
ある晩二人は出会った
二人は微笑を交わさずとも目と目で
すぐに幸せな気持ちになれると分かった
互いに言葉を交わさなくても
目がそれを語っていたのだ

11030a.jpg

À Paris dans chaque faubourg
Quand la nuit rêveuse est venue
À toute heure une âme émue
Évoque un rêve d'amour.

パリのどの界隈にも
夢のような夜が訪れれば
いつでも胸は高鳴り
愛の夢がよみがえる

Des jours heureux il ne reste trace
Tout est couleur de la nuit.
Mais a vingt ans l'avenir efface
Le passé quand l'espoir luit
À Paris dès la nuit venue
À Paris dans chaque faubourg
À toute heure une âme émue
Rêve encore à l'amour.

幸せな日々が消え去り
すべては夜の闇に染まった
だけど二十歳なら、
希望に輝く未来が
その過去を消してくれる
パリのどの界隈にも
夢のような夜が訪れれば
いつでも胸は高鳴り
再び恋を夢見る

11030c.jpg

wink.gif人気ブログランキングに参加していますpetitenote.gif

おかげさまでフランス語部門ベスト5入り!今日はニャン位かな?
お帰りにポチッと足跡残していってね♪



この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。