2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルバラの 「ラ・ソリチュード / 孤独」 もまた美しい曲です。悲しみがひしひしと伝わってきて、ちょっとやりきれない気持ちになりますが、この曲でもバルバラの転調の妙が素晴らしく、転調によって空気が変わり、美しさがゆらゆらと揺らぎます。

11026jd.jpg

Barbara la Solitude バルバラ 孤独

11026be.jpg

Barbara la Solitude  バルバラ 孤独 1966 

La Solitude 孤独

Je l'ai trouvée devant ma porte,
Un soir, que je rentrais chez moi.
Partout, elle me fait escorte.
Elle est revenue, la voilà,
La renifleuse des amours mortes.
Elle m'a suivie, pas à pas.
La garce, que le Diable l'emporte !
Elle est revenue, elle est là

ある晩、家に帰り着くと
彼女はドアの前にいた
どこへでも彼女は私に付きまとう
彼女は戻って来て、そこにいる
遠い昔の恋にしゃくりあげる女
彼女は一歩一歩私を付けて来た
あばずれ女め、悪魔にさらわれてしまえ!
彼女は戻って来て、そこにいる

Avec sa gueule de carême
Avec ses larges yeux cernés,
Elle nous fait le cœur à la traîne,
Elle nous fait le cœur à pleurer,
Elle nous fait des matins blêmes
Et de longues nuits désolées.
La garce ! Elle nous ferait même
L'hiver au plein cœur de l'été.

やつれた顔と
隈のできた大きな目で
人の心を乱させ
人の心を嘆かせ
すさんだ長い夜の果てに
白む朝を迎えさせる
あばずれ女め!
真夏なのに冬のように寒々と暗くさせる

11026j.jpg

Dans ta triste robe de moire
Avec tes cheveux mal peignés,
T'as la mine du désespoir,
Tu n'es pas belle à regarder.
Allez, va-t-en porter ailleurs
Ta triste gueule de l'ennui.
Je n'ai pas le goût du malheur.
Va-t-en voir ailleurs si j'y suis !

モアレの陰気な外套に身を包み
梳かしていない乱れ髪の
悲嘆に暮れた顔つき
お前の姿は見るに耐えないね
さあお行き
お前の不安気な陰気な顔を
他のところに持って行っておくれ
不幸なんて好きじゃないの
私はここにいるから
お前は消えてしまえ!

Je veux encore rouler des hanches,
Je veux me saouler de printemps,
Je veux m'en payer des nuits blanches,
A cœur qui bat, à cœur battant.
Avant que sonne l'heure blême
Et jusqu'à mon souffle dernier,
Je veux encore dire "je t'aime"
Et vouloir mourir d'aimer.

まだ腰をくねらせたいの
春に酔いしれたいの
ときめきながら、心躍らせて
白夜だって楽しく過ごしたいの
夜明けを告げる鐘の音を聞くまで
私が息を引き取る時までも
「愛してる」と言いたいの
死ぬほど愛していたいの

11026af.jpg

Elle a dit : "Ouvre-moi ta porte.
Je t'avais suivie pas à pas.
Je sais que tes amours sont mortes.
Je suis revenue, me voilà.
Ils t'ont récité leurs poèmes,
Tes beaux messieurs, tes beaux enfants,
Tes faux Rimbaud, tes faux Verlaine.
Eh bien ! c'est fini, maintenant."

彼女は言った
「ドアを開けて
あなたを一歩ずつ付けていたの
愛がもう終わっているのを知っているわ
私は戻って来たの、だからここにいるわ
男たちはあなたに美しい言葉を贈ったでしょう
すてきな紳士さん、若いツバメさん
見せかけだけのランボーさん、ヴェルレーヌさん
そうなの、もうすべては終わってしまったのよ」

Depuis, elle me fait des nuits blanches.
Elle s'est pendue à mon cou,
Elle s'est enroulée à mes hanches
Elle se couche à mes genoux.
Partout, elle me fait escorte
Et elle me suit, pas à pas.
Elle m'attend devant ma porte.
Elle est revenue, elle est là,
La solitude, la solitude...

それ以来、彼女は私を眠らそうとしない
彼女は私の首にぶら下がり
腰に巻きつき
ひざに横たわり
私のあらゆるところにまとわりつく
そして一歩一歩私の後を付け
家のドアの前で待ち受ける
彼女は再び戻ってきて、そこにいる
彼女は孤独、孤独・・・・

11026kl.jpg

「彼女」は「孤独」であると最後に明かす。「孤独」が女性名詞であるがゆえの心憎い演出です。

wink.gif人気ブログランキングに参加していますpetitenote.gif

おかげさまでフランス語部門ベストテン入り!今日はニャン位かな?
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。