2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッシェル・ポルナレフの「ラーズ家の舞踏会」です。ポルナレフは実に才能豊かな音楽家だと思う。「シェリーに口付け」とか大ヒットしましたね。ポルナレフの歌だから相当難解なのかと思ったらそれほどでもなかった。

Michel Polnareff / Le bal des Laze Live

111010de.jpg

Michel Polnareff Le Bal Des Laze Film

でも内容はちょっと変わっている。相当変わっているかもしれないが、この物語の由来は良く分からないけれど、メロディーが美しいので凄みがある。

111010gt.jpg

Le bal des Laze ラーズ家の舞踏会

Je serai pendu demain matin
Ma vie n'était pas faite
Pour les châteaux.
Tout est arrivé ce soir de juin
On donnait une fête
Dans le château.

明日の朝
僕は首を吊るだろう
僕には城の生活は向いていない
すべては6月の今夜の出来事だった
ラーズ城では盛大なお祝いが行われ

Dans le château de Laze
Le plus grand bal de Londres
Lord et Lady de Laze
Recevaient le grand monde
Diamants, rubis, topazes
Et blanches robes longues
Caché dans le jardin
Moi je serrais les poings
Je regardais danser
Jane et son fiancé.

ロンドンで最も大きな舞踏会が開かれた
ラーズ卿と奥方はたくさんの賓客を迎え
ダイヤモンド、ルビー、トパーズ
そして純白のロングドレス
庭に隠れ
悔しさで胸が張り裂けそうになりながら
僕はジェーンとフィアンセが踊るのを見ていた

Je serai pendu demain au jour
Dommage pour la fille
De ce château.
Car je crois qu'elle aimait bien l'amour
Que l'on faisait tranquille
Loin du château.

明日の朝
僕は首を吊るだろう
この城の娘にとっては残念なことだ
なぜなら彼女が城から遠く離れたところで
逢引きするのが好きなのを僕は知っているから

Dans le château de Laze
Pour les vingt ans de Jane
Lord et Lady de Laze
Avaient reçu la Reine
Moi le fou que l'on toise
Moi je crevais de haine
Caché dans le jardin
Moi je serrais les poings
Je regardais danser
Jane et son fiancé.

ラーズ城ではジェーンの二十歳を祝って
ラーズ卿と奥方は女王陛下をお迎えした
愚かな僕はじろじろ見られ
僕は憎しみで死にそうだった
庭に隠れ
悔しさで胸が張り裂けそうになりながら
僕はジェーンとフィアンセが踊るのを見ていた

Je serai pendu demain matin
Ça fera quatre lignes
Dans les journaux.
Je ne suis qu'un vulgaire assassin
Un vagabond indigne
De ce château.

明日の朝
僕は首を吊るだろう
でも新聞にはほんの数行書かれるだけ
僕は取るに足らない殺人者で
この城に不似合いな浮浪者だ

Dans le château de Laze
Peut-être bien que Jane
A l'heure où l'on m'écrase
Aura un peu de peine
Mais ma dernière phrase
Sera pour qu'on me plaigne
Puisqu'on va lui donner
Un autre fiancé
Et que je n' pourrai pas
Supprimer celui-là

僕が処刑される時
ラーズ城で
ジェーンはほんの少しだけ
心の痛みを感じるかもしれない
けれど僕の最後の言葉に
人々は同情するだろう
なぜなら彼らはジェーンに
また別のフィアンセを用意するけれど
僕はそいつを抹殺できないからね

111010gf.jpg

111010hl.jpg

je serrais les poings はこぶしを握り締めるだがカザン風に脚色しています。

elle aimait bien l'amour Que l'on faisait tranquille Loin du château.

ここは直訳すれば「城から遠いところで静かな(邪魔されない)愛を好む」ということで彼との密会、情事を指している。

ロック的でバロック的な、オルガンを使ったアルビノーニを連想させるバック・ミュージックのアレンジメントとポルナレフのファルセット的透明感のある声のミキシング、間奏のオルガンの不完全和音の扱いなどが素晴らしい。

この曲のイントロはマルチェルロのオーボエ・コンチェルトを想起させるが、オルガンはアルビノーニのアダージョを感じさせるのでそれぞれ聴いてみましょう。どちらも大変美しい曲です。

Alessandro Marcello Oboe Concerto

Albinoni - Adagio in G minor

人気ブログランキングへ ←良かったら左のバナーをぽちっとお願いします♪ 

この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。