2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は今日は14日のリハーサルの予定だったのだが、ピアニストの山崎さだみさんが風邪でダウンし、ゲネプロは中止となり、全体の流れの打ち合わせが出来ないばかりでなく、僕以外の女性がどの曲を歌うのかすらはっきりしない。みんな割りに慣れているのでなんとかなるとは思うが、ぶっつけ本番という感じですね。その方がスリルがあっていいかもね。したがってプログラムもプリントせずその場で曲を紹介するということになるかも、、、、

歌手の代わりはいてもピアニストの代わりはいないのでピアニストが来られなければコンサートは出来ないが、まあ、あと1日で山崎さんの風邪が治ってくれることを祈ります。

それともう一つ、8月1日の歌手の1人が降板ということになり、急遽代役を探すことになったが、面倒なので僕が歌うことにしました。同じ曲なら簡単なのですが、同じ曲にはしたくないので14日と別の曲を考えています。

14日は「サン・ジャンの私の恋人」「パリの空の下で」「ブルージーンと皮ジャンパー」「枯葉」「行かないで」なので8月1日は「パリ・カナイユ」「小さなひなげしのように」「小雨降る径」「懐かしき恋人の歌」「ラ・ボエーム」にしようかなと思っています。

あと「雪が降る」「愛の讃歌」「ひまわり」「百万本のバラ」は歌詞も覚えているが、8月に「雪が降る」はおかしいし、「愛の讃歌」は女性の曲だし、「ひまわり」と「百万本のバラ」は日本語なので、僕の場合、男性であるということと、フランス語で歌うということに存在意義があると思うのでこの2曲も外します。あと「ある日恋の終わりが」もそれほど歌詞は難しくないのだが大きな会場向きの曲ではないような気がしますね。

問題は全部の歌詞を覚えられるか!です。特にパリ・カナイユはすごく速い曲なので舌が回るか?と言う問題もあります。でもトップに歌うにはとてもいい曲なので何とか2週間で物にしたいのですが、絵のほうも忙しいからどうなることやら?

00712a.jpg


イヴ・モンタンのパリ・カナイユ

Yves Montand - Paris Canaille



Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。