2013 / 05
≪ 2013 / 04 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2013 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1966年の「ジャッキーの歌」 "La chanson de Jacky" です。ジャッキーとはジャック・ブレル Jacques Brel の愛称だから本人の事を歌っている歌で、単に「ジャッキー」と言うタイトルでも知られています。

若干の注釈が必要かと思います。
Knokke-le-Zoute はオランダの国境に近いベルギーの海水浴場。カルカッソンヌは南仏の地名。
Mi Corazon は「私の心」と言う意味のイタリア語でカンツオーネのタイトルでしょうか?
セルジュとはゲンズブールの事でしょう。
Dieu le Père は年鑑のアルファベット順で Dieulefit と Dieu vous garde の間に挿入されると言う事でしょう。Dieulefit はフランスの地名です。

30516a.jpg

La chanson de Jacky  Jacques Brel  ジャッキーの歌  ジャック・ブレル

30516h.jpg

La chanson de Jacky  ジャッキーの歌  《宇藤カザン訳》

Même si un jour à Knokke-le-Zoute
Je deviens comme je le redoute
Chanteur pour femmes finissantes
Même si j´leur chante "Mi Corazon"
Avec la voix bandonéante
D´un Argentin de Carcassonne
Même si on m´appelle Antonio
Que je brûle mes derniers feux
En échange de quelques cadeaux
Madame, je fais ce que je peux
Même si j´me saoule à l´hydromel
Pour mieux parler d´virilité
A des mémères décorées
Comme des arbres de Noël
Je sais qu´dans ma soûlographie
Chaque nuit pour des éléphants roses
Je chanterai ma chanson morose
Celle du temps où j´m´appelais Jacky

たとえある日
そいつは願い下げなんだが
俺がクノック・ル・ズートで
くたばり女どもを前にして歌う
歌手になっているとしても
たとえ「ミ・コラソン」を
カルカッソンヌのアルゼンチン人の
バンドネオンみたいな声で
女たちに歌うとしても
ちょっとばかりプレゼントをもらったからといって
奥様、なんでもいたしますなんて
俺の最後の情熱を燃やして
アントーニオと呼ばれるようになるとしても
たとえクリスマスツリーみたいに
飾り立てたばあさんたちに
男っぽく格好をつけるめに
蜂蜜酒で酔っ払うとしても
飲んだくれの俺が
夜毎にピンクの象みたいなデブたちを相手に
ジャッキーと呼ばれていた頃の
陰気な歌を歌うのは分かっている

Etre une heure, une heure seulement
Etre une heure, une heure quelquefois
Etre une heure, rien qu´une heure durant
Beau, beau, beau et con à la fois

そいつは一時間、一時間だけさ
そいつは一時間、時たまの一時間
そいつは一時間、一時間以上は続かない
すごい、すごい、すごいけどバカだね

Même si un jour à Macao
J´deviens gouverneur de tripot
Cerclé de femmes languissantes
Même si lassé d´être chanteur
J´y sois dev´nu maître chanteur
Et qu´ce soit les autres qui chantent
Même si on m´appelle le beau Serge
Que je vende des bateaux d´opium
Du whisky de Clermont-Ferrand
De vrais pédés, de fausses vierges
Que j´aie une banque à chaque doigt
Et un doigt dans chaque pays
Et que chaque pays soit à moi
Je sais quand même que chaque nuit
Tout seul au fond de ma fum´rie
Pour un public de vieux Chinois
Je r´chanterai ma chanson à moi
Celle du temps où j´m´appelais Jacky

たとえある日俺が
だれ切った女どもに囲まれて
モナコのイカサマ賭博場の支配人になったとしても
たとえ歌手家業にうんざりして
歌の先生にでもなっちゃって
他の奴らが歌うことになるとしても
たとえある日俺が
それぞれの指に銀行を持って
それぞれの国に指が一本ずつあって
それぞれの国が俺のものであって
生粋のホモたちの、偽の処女たちの
クレルモン・フェランのウィスキーの麻薬船を売り払って
カッコいいセルジュと呼ばれるようになったとしても
俺は阿片窟の片隅で毎晩たった一人で
中国人の爺さんしか聴く人が居なくても
ジャッキーと呼ばれていた頃の
俺自身の歌を再び歌うだろう

Etre une heure, une heure seulement
Etre une heure, une heure quelquefois
Etre une heure, rien qu´une heure durant
Beau, beau, beau et con à la fois

そいつは一時間、一時間だけさ
そいつは一時間、時たまの一時間
そいつは一時間、一時間以上は続かない
すごい、すごい、すごいけどバカだね

Même si un jour au Paradis
J´devienne comme j´en serais surpris
Chanteur pour femmes à ailes blanches
Que je leur chante "Alléluia!"
En regrettant le temps d´en bas
Où c´est pas tous les jours dimanche
Même si on m´appelle Dieu le Père
Celui qui est dans l´annuaire
Entre "Dieulefit" et "Dieu vous garde"
Même si je m´laisse pousser la barbe
Même si toujours trop bonne pomme
Je m´crève le cœur et l´pur esprit
A vouloir consoler les hommes
Je sais quand même que chaque nuit
J´entendrai dans mon paradis
Les anges, les Saints et Lucifer
Me chanter la chanson d´naguère
Celle du temps où j´m´appelais Jacky.

たとえある日俺が天国に行って
たまげた事に白い羽をつけた天使たちに
いつでも晴れやかという訳ではなかった
地上でやらかした事を後悔しながら
「ハレルヤ」を歌う歌手になるとしたなら
たとえ俺が「デュールフィ」と「お大事に」に挟まれて
「父なる神」と呼ばれて年鑑に記載されるとしても
たとえ俺が髭を伸ばし放題にしても
たとえいつもお人よし過ぎるとしても
人々を慰める事を願いつつ
俺の心と純真な精神は張り裂けるのだ
俺はそれでも夜毎に
天使たち、聖人たちと悪魔が
俺がジャッキーと呼ばれていた頃の
少し前の歌を俺に歌ってくれているのを
天国で聴くだろうと思う

Etre une heure, une heure seulement
Etre une heure, une heure quelquefois
Etre une heure, rien qu´une heure durant
Beau, beau, beau et con à la fois

そいつは一時間、一時間だけさ
そいつは一時間、時たまの一時間
そいつは一時間、一時間以上は続かない
すごい、すごい、すごいけどバカだね

30516vv.jpg

スコット・ウォーカーが英語で歌っているのもカッコいいですね。

Jackie  Scott Walker  ジャッキー  スコット・ウォーカー

Jackie

And if one day I should become
A singer with a Spanish bum
Who sings for women of great virtue
I'd sing to them with a guitar
I borrowed from a coffee bar
Well, what you don't know doesn't hurt you
My name would be Antonio
And all my bridges I would burn
And when I gave them some they'd know
I'd expect something in return
I'd have to get drunk every night
And talk about virility
With some old grandmother
That might be decked out like a Christmas tree
And though pink elephants I'd see
Though I'd be drunk as I could be
Still I would sing my song to me
About the time they called me "Jacky"

If I could be for only an hour
If I could be for an hour every day
If I could be for just one little hour
Cute in a stupid ass way

And if I joined the social whirl
Became procurer of young girls
Then I would have my own bordellos
My record would be number one
And I'd sell records by the ton
All sung by many other fellows
My name would then be handsome Jack
And I'd sell boats of opium
Whiskey that came from Twickenham
Authentic queers
And phony virgins
If I had banks on every finger
A finger in every country
And every country ruled by me
I'd still know where I'd want to be
Locked up inside my opium den
Surrounded by some china men
I'd sing the song that I sang then
About the time they called me "Jacky"

If I could be for only an hour
If I could be for an hour every day
If I could be for just one little hour
Cute in a stupid ass way

Now, tell me, wouldn't it be nice
That if one day in paradise
I'd sing for all the ladies up there
And they would sing along with me
And we be so happy there to be
Cause down below is really nowhere
My name would then be Juniper
Then I would know where I was going
And then I would become all knowing
My beard so very long and flowing
If I became deaf, dumb and blind
(was: If I could play deaf, dumb and blind)
Because I pitied all mankind
And broke my heart to make things right
I know that every single night
When my angelic work was through
The angels and the Devil too
Would sing my childhood song to me
About the time they called me "Jacky"

If I could be for only an hour
If I could be for an hour every day
If I could be for just one little hour
Cute in a stupid ass way


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



スポンサーサイト

1935年にレイ・ヴァンチュラ楽団 Ray Ventura が歌った「万事順調でございます、公爵夫人」 "Tout va très bien, Madame la Marquise" です。公爵夫人が留守宅に電話をするという設定のドラマで、福島原発の事故の時の政府公式発表のような感じがあるところがおもしろい。
Allo は「もしもし」に当たります。

30513a.jpg

最初の動画はレイ・ヴァンチュラとその仲間たちが歌っているが、動画はレコードに合わせて後から作られたものです。なぜなら1935年には携帯電話はまだ普及していませんでしたから、、、

Tout va très bien, Madame la Marquise   万事順調でございます、公爵夫人  レイ・ヴァンチュラ楽団 

Tout va très bien, Madame la Marquise  万事順調でございます、公爵夫人  サシャ・ディステル 他

30513b.jpg

Tout va très bien, Madame la Marquise  万事順調でございます、公爵夫人  《宇藤カザン訳》

Allo?
Allo, allo James,
Quelles nouvelles?
Absente depuis quinze jours,
Au bout du fil,
Je vous appelle:
Que trouverai-je à mon retour?

アロー?
アロー ジェームス
何か変わったことは?
2週間も留守にしているから
あなたに電話をしているのよ
戻る頃にはどうなっているかしら?

Tout va très bien, madame la marquise
Tout va très bien, tout va très bien.
Pourtant il faut, il faut que l'on vous dise
On déplore un tout petit rien,
Un incident, une bêtise
La mort de votre jument grise.
Mais à part ça, madame la marquise
Tout va très bien, tout va très bien!

万事順調でございます、奥方様
万事順調でございます、万事順調でございます
しかしながらお伝えしなければならない事が
ほんの些細な事ですが嘆かわしい事に
取るに足らない小さな出来事がありまして
奥方様の葦毛の馬が死にまして
それを別にすれば、奥方様
万事順調でございます、万事順調でございます!

Allo, allo Martin,
Quelles nouvelles?
Ma jument grise, morte aujourd'hui?
Expliquez moi, cocher fidèle
Comment cela s'est-il produit?

アロー、アロー マルタン
何か変わったことは?
私の葦毛の馬が今日死んだの?
説明して、私の忠実な御者でしょう
どうしてそういうことになったの?

Cela n'est rien, madame la marquise
Cela n'est rien, tout va très bien
Pourtant il faut, il faut que l'on vous dise
On déplore un tout petit rien,
Elle a péri dans l'incendie
Qui détruisit vos écuries.
Mais à part ça, madame la marquise
Tout va très bien, tout va très bien!

何でもありませんよ、奥方様
何でもありませんよ、万事順調でございます
しかしながらお伝えしなければならない事が
ほんの些細な事ですが嘆かわしい事に
厩舎が焼け落ちて馬が焼け死んだのです
それを別にすれば、奥方様
万事順調でございます、万事順調でございます!

Allo, allo Pascal,
Quelles nouvelles?
Mes écuries ont donc brûlées?
Expliquez moi, mon chef model
Comment cela s'est-il passé?

アロー、アロー パスカル
何か変わったことは?
厩舎が焼け落ちたんですって?
説明して、私の模範的な執事長
どうしてそういう事になったの?

Cela n'est rien, madame la marquise
Cela n'est rien, tout va très bien,
Pourtant il faut, il faut que l'on vous dise
On déplore un tout petit rien,
Si l'écurie brûlât, madame,
C'est que le château était en flammes.
Mais à part ça, madame la marquise
Tout va très bien, tout va très bien!

何でもありませんよ、奥方様
何でもありませんよ、万事順調でございます、万事順調でございます
しかしながらお伝えしなければならない事が
ほんの些細な事ですが嘆かわしい事に
厩舎が燃えたのは
城が炎に包まれたからなのです
それを別にすれば、奥方様
万事順調でございます、万事順調でございます!

Allo, allo Lucas,
Quelles nouvelles?
Notre château est donc detruit?
Expliquez moi, car je chancelle,
Comment cela s'est-il produit?

アロー、アロー リュカ
何か変わったことは?
私たちの城が全焼したって言うの?
説明してよ、気が動転してしまっているわ
どうしてそういう事が起こったの?

Et bien voila, madame la marquise,
Apprenant qu'il été ruiné,
A peine fut-il revenu de sa surprise
Que monsieur le marquis s'est suicidé
Et c'est en ramassant la pelle
Qu'il renversa toutes les chandelles
Mettant le feu à tout le château
Qui se consumât de bas en haut
Le vent soufflant sur l'incendie
Le propageât sur l'écurie,
Et c'est ainsi qu'en un moment
On vit périr votre jument.
Mais à part ça, madame la marquise
Tout va très bien, tout va très bien!

それはこういう訳なんです、奥方様
破産したと言う知らせを受けて
その驚きからやっと気を取り直されるやいなや
公爵様が自ら命を断たれたのです
そしてお倒れになった時に
ろうそくをみんな倒されて
城全体に火がついてしまい
上から下まで焼き尽くされてしまったのです
その上火事の時に風が吹きまして
厩舎に延焼し
ほんの一瞬の出来事でございまして
奥方様の馬が焼け死んだのが見えたのでございます
それを別にすれば、奥方様
万事順調でございます、万事順調でございます!

30513c.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1987年にヴァネッサ・パラディ Vanessa Paradis が14歳でデビューした曲「タクシー・ジョー」"Joe Le Taxi" です。この曲はたちまち大ヒットし、その後は大人を惑わすような危ない魅力の女優として映画にもデビューしました。

30510a.jpg

Joe Le Taxi  Vanessa Paradis  タクシー・ジョー  ヴァネッサ・パラディ

30510b.jpg

Joe le taxi  タクシー・ジョー    《宇藤カザン訳》

Joe le taxi
Y va pas partout
Y marche pas au soda
Son saxo jaune
Connaît toutes les rues par coeur
Tous les p'tits bars
Tous les coins noirs
Et la Seine
Et ses ponts qui brillent
Dans sa caise
La musique à Joe
C'est la rumba
Le vieux rock au mambo

タクシー・ジョー
どこにでも行くって訳じない
ソーダ水で走る訳じゃない
彼の黄色いサックスは
全ての道を知り尽くしている
ちっぽけなバーも
物騒な暗がりも
セーヌ河も
ライトアップされた橋も
車の中では
ジョーお気に入りの音楽
そいつはルンバ
マンボ調の古いロック

Joe le taxi
C'est sa vie
Le rhum au mambo
Embouteillage
Il est comme ça
Rhum et mambo
Joe, Joe, Joe…

タクシー・ジョー
彼の生活といったら
マンボに浮かれてラム酒
渋滞
彼はこんな風なのさ
ラム酒とマンボ
ジョー、ジョー、ジョー・・・

Dans sa caise [cha-cha-cha]
La musique à Joe résonne [cha-cha-cha]
C'est la rumba [cha-cha-cha]
Le vieux rock au mambo bidon [cha-cha-cha]
Vas-y Joe [cha-cha-cha]
Vas-y Joe [cha-cha-cha]
Vas-y fonce [cha-cha-cha]
Dans la nuit vers l'Amazone [cha-cha-cha]
Joe le taxi
Et Xavier Cugat
Joe le taxi
Et Yma Sumac
Joe, Joe, Joe…

車の中で
ジョーの音楽が鳴っている
そいつはルンバ
マンボもどきの古いロック
それ行けジョー
それ行けジョー
それ突っ走れ
闇の中をアマゾンに
タクシー・ジョー
ザビア・クガートも
タクシー・ジョー
イマ・スマックも
ジョー、ジョー、ジョー・・・

Joe le taxi
C'est sa vie
Le rhum au mambo
Embouteillage
Joe le taxi
Et les Mariachis
Joe le taxi [cha-cha-cha]
Et le cha-cha-chi [cha-cha-cha]
Joe le taxi [cha-cha-cha]
Et le cha-cha-chi [cha-cha-cha]
Vas-y Joe [cha-cha-cha]
Vas-y fonce [cha-cha-cha]
Dans la nuit vers l'Amazone [cha-cha-cha]
Joe le taxi [cha-cha-cha]
Et le cha-cha-chi [cha-cha-cha]
Joe le taxi…

タクシー・ジョー
それが彼の生活
マンボに浮かれてラム酒
渋滞
タクシー・ジョー
マリアッチ楽団も
タクシー・ジョー
チャ・チャ・チャも
タクシー・ジョー
チャ・チャ・チャも
それ行けジョー
それ突っ走れ
闇の中をアマゾンへ
タクシー・ジョー
チャチャチャも
タクシー・ジョー・・・

30510d.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1951年に作られた「ジョリー・シャポー」 "Joli chapeau" は子供の頃聴いた覚えがあるからとても古い歌ですね。意味は「きれいな帽子」です。

30508se.jpg

いろいろな人が歌っているようですがアンドレ・クラヴォー Andre Claveau で聴きましょう。

30508a.jpg

Joli chapeau  Andre Claveau  ジョリー・シャポー  アンドレ・クラヴォー

30508s.jpg

Joli chapeau  ジョリー・シャポー    《宇藤カザン訳》

Ici le ciel est toujours bleu
Soleil y en a toujours trop chaud
Mais moi je suis vraiment heureux
Depuis que j'ai joli chapeau
Chapeau, ça me fait distinction
Belles filles ne regardent plus que moi
Les chefs me font génuflexions
Oh, non Missié je ne regrette pas !

ここは一年中青空で
ギラギラと太陽が輝やく灼熱の国
けれどきれいな帽子を手に入れてから
僕はとっても幸せなんだ
帽子をかぶると何だか偉くなったみたい
きれいな娘たちの視線を一身に集め
酋長だって僕に跪く
おお、金輪際僕は後悔なんかしないよ!

J'ai donné toutes mes perles contre un joli chapeau
A gentil Monsieur blanc qui venait par bateau
Dans la forêt qui chante l'oiseau de paradis
Avec ses plumes n'est pas plus joli
Quand il est sur ma tête le soleil y brûle pas
Et la belle Paquina veut danser avec moi
Quand je glisse en pirogue tout le long des roseaux
On me prend pour le roi sous mon chapeau.
Ho yo, ho yo
Dans ma savane, je me pavane
Ho yo, ho yo la vie est belle avec joli chapeau.

僕はきれいな帽子と引き換えに
船に乗ってやって来た親切な白人の旦那に
ありったけの真珠をあげたよ
森の中ではゴクラクチョウが鳴いているけれど
その羽の色もあせるほど
帽子をかぶっていれば太陽だって熱くないし
美人のパキナも僕と踊りたがる
葦の岸辺に沿ってカヌーを滑らせば
帽子をかぶった僕は王様と見紛うばかり
ホヨー、ホヨー
サバンナの中で、僕は気取って歩く
ホヨー、ホヨー
きれいな帽子があれば人生は麗しい

Avant je n'avais pas bonheur
Dans l'eau je plongeais jour et nuit,
Cherchant des perles de malheur
Travail, il est jamais fini
Maintenant ma vie elle est changée
Depuis que belle Paquina
Avec moi veut se marier
Oh, non Missié je ne regrette pas !

今までの僕は幸せとは無縁だった
不運な真珠を探し求めて
昼も夜も水に潜ってた
仕事に終わりは無いけれど
今では僕の人生は変わったよ
美人のパキナが僕と結婚したがったんだ
おお、金輪際僕は後悔なんかしないよ!

J'ai donné toutes mes perles contre un joli chapeau
A gentil Monsieur blanc qu'est parti aussitôt
Je donnerai d'autres perles quand monsieur reviendra
Il m'apportera chapeau pour Paquina
A la fête de l'eau, nous irons tous les deux
Et le soir dans ma case nous serons bien heureux.
Elle m'a dit qu'elle attend un bébé pour bientôt
Pour lui aussi je veux joli chapeau.
Ho yo, ho yo
Les blancs sont bêtes
Ils perdent la tête
ho yo, ho yo la plus belle perle vaut pas joli chapeau.
La plus belle perle vaut pas joli chapeau.
La plus belle perle vaut pas joli chapeau.

そそくさと立ち去った
親切な白人の旦那がまた来たら
きれいな帽子と引き換えに
僕はありったけの真珠をあげよう
今度はパキナのために帽子を持ってきてくれるだろうな
水神祭には二人して出かけよう
そして僕たちはとっても幸せな夜の時間を小屋で過ごすんだ
彼女はもうすぐ赤ちゃんが生まれるのよ言ったから
赤ん坊にもきれいな帽子が欲しいな
ホヨー、ホヨー
白人はバカだね
頭がいかれてるよ
ホヨー、ホヨー
一番美しい真珠だってきれいな帽子にはかなわない
一番美しい真珠だってきれいな帽子にはかなわない
一番美しい真珠だってきれいな帽子にはかなわない

30508g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



セルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg が1962年に作詞・作曲した「アコーデオン」 "L'accordéon" は彼らしいシニカルな内容で、もちろん彼流の言葉遊びもたくさんあります。

L'accordéon  Serge Gainsbourg  アコーデオン  セルジュ・ゲンズブール

L'accordéon  Serge Gainsbourg et Philippe Clay  アコーデオン  セルジュ・ゲンズブール&フィリップ・クレイ

この曲はジュリエット・グレコ Juliette Gréco に捧げられて、彼女の重要なレパートリーになりました。同じ曲なのにグレコの時は定冠詞が付かないようです。

30504a.jpg

Accordéon  Juliette Gréco  アコーデオン  ジュリエット・グレコ

30504b.jpg

Accordéon  アコーデオン   《宇藤カザン訳》

Dieu que la vie est cruelle
Au musicien des ruelles
Son co-pain son com-pa-gnon
C'est l'accordéon
Qui c'est-y qui l'aide à vivre
À s'asseoir quand il s'enivre
C'est-y vous, c'est moi ?
Mais non
C'est l'accordéon

流しのアコーデオン弾きの
生活なんて厳しいものさ
奴の相棒、奴の連れ合い
それはアコーデオン
生きて行くのに役に立つ奴は誰だ
酔っ払った時に座るのに役に立つ奴は誰だ
そいつはあんたかい、それとも俺かい?
とんでもない
そいつはアコーデオンなのさ

Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon
Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon

同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを
同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを

Ils sont comme cul et chemise
Et quand on les verbalise
Il accompagne au violon
Son accordéon
Il passe une nuit tranquille
Puis au matin il refile
Un peu d'air dans les poumon
De l'accordéon

彼らは尻とシャツみたいに張り付いた間柄
彼らが調書を取られれば
アコーデオンも一緒に留置場に付いて行く
そこで安らかな夜を過ごすことになるけれど
明け方には
彼はアコーデオンの蛇腹に
少し空気を入れる

Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon
Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon

同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを
同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを

Quand parfois il lui massacre
Ses petits bouton de nacre
Il en fauche à son veston
Pour l'accordéon
Lui emprunte ses bretelles
Pour secourir la ficelle
Qui retient ses pantalons
En accordéon

たまたま彼がアコーデオンの
小さなパールボタンををぶっ壊した時には
アコーデオンのために
彼の上着のボタンくすねるのさ
彼のズボンがずり落ちないように
紐の代わりに
アコーデオンの肩掛けベルトを
借用することだってあるんだ

Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon
Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon

同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを
同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを

Mais un jour par lassitude
Il laiss'ra la solitude
Se pointer à l'horizon
De l'accordéon
Il en tirera cinquante
Centimes à la brocante
Et on f'ra plus attention
À l'accordéon

けれどもある日無気力になって
彼はアコーデオンを放ったらかしにして
アコーデオンの将来に見切りをつけ
彼は50サンチームと引き換えに
蚤の市に売ってしまう
もう誰もアコーデオンに見向きもしないだろう

Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon
Accordez accordez accordez donc
L'aumône à l'accordé l'accordéon

同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを
同情してくれよ、同情してくれよ
相棒に、アコーデオンにお恵みを

30504s.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1971年のミッシェル・ポルナレフ Michel Polnareff の「ロミオとジュリエットのように」 "Comme Juliette et Roméo" です。

歌詞の内容はどうと言う事も無いけれど、メロディーラインはさすがポルナレフと言う感じで、官能的でさえあるポルナレフのファルセットは言うまでも無く素晴らしい。

30503a.jpg

Comme Juliette et Roméo  Michel Polnareff  ロメオとジュリエットのように  ミッシェル・ポルナレフ

30503b.jpg

Comme Juliette et Roméo  ロミオとジュリエットのように   《宇藤カザン訳》

Juliette , je voudrais être ton Roméo
T'enlever à ce monde insensé
Qui m'empêche de t'aimer , de t'aimer , de t'aimer
Juliette , je ne suis pas ton Roméo
Mais j'aurai pour toi le courage de ce héros
De Juliette

ジュリエット
君を愛する事を、愛する事を、愛する事を妨げる
この狂った世界から君を救うために
僕は君のロミオでありたい
ジュリエット
僕は君のロミオではない
でも君のために僕は
あえてこのジュリエットの英雄であろうとする

De Juliette Oh ma Juliette
Tu me fais perdre la tête
Je volerai pour toi
Et je tuerai pour toi
Ah ! pour un sourire , un baiser , un seul mot de toi

ジュリエット、おお、僕のジュリエット
僕は君に首っ丈だ
僕は君のために盗みをするだろう
僕は君のために殺しもするだろう
ああ!一度の微笑みのために、一度の口づけのために、君のたった一言のために

Juliette , je voudrais être ton Roméo
T'enlever sur mon plus beau coursier
Juliette , Juliette , Oh ma Juliette
Fais de mes nuits
Autant de fêtes
Et si l'on te laissait sortir avec moi
Ah ! je t'emmènerais danser au son des étoiles
Oh ! ma Juliette ...

僕は君のロミオでありたい
君を僕の一番素敵な馬で連れ去りたい
ジュリエット、ジュリエット、おお、僕のジュリエット
僕の夜毎を祝典のようにしておくれ
そして僕と一緒に出かけることが許されるならば
ああ!君を星の音色の舞踏会に連れて行こう
おお!僕のジュリエット・・・

30503c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1969年に作曲され、シルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan が歌う「悲しみの兵士」 "Les Hommes" の原題は「男たち」です。商業主義とセンチメンタリズムから「悲しみの兵士」と邦題が付けられましたが、兵士と言うよりは一般の民衆を指していると思います。

1970年に日本でリリースされましたが、ヴァルタンとしてはかなり異色な内容の歌なのではないでしょうか?フランス革命がベースになっているようで、語りの部分は夫のジョニー・アリディ Johnny Hallyday です。

30502a.jpg

Les Hommes  Sylvie Vartan  悲しみの兵士  シルヴィー・ヴァルタン

30502k.jpg

Les Hommes  悲しみの兵士    《宇藤カザン訳》

Tu vois cette affiche
Sur le mur de ma chambre
C'était un homme
Un de ces hommes
Qui n'avait plus rien à perdre

僕の部屋の壁にビラが貼ってあるだろう
そいつはもはや何も失うもののない男たちの中の
1人の男のものだったんだ

Ils avaient cru semer du pain
Mais il n'a poussé que des pierres
Ils ont prié le ciel en vain
Alors ils ont serré les poings

彼らはパンの種を撒いたつもりだったが
生えてきたのは石ころだけだった
彼らは空しく天に祈り
そして拳を握り締めた

Ils ont pris leurs chevaux et leurs fusils
Au lever du soleil, ils sont partis
Les hommes qui n'ont plus rien à perdre
Descendent vers la ville
Pour tout détruire et tout brûler
Les hommes dont le coeur en colère
Appellent un chant de guerre
Un chant de liberté

彼らは馬にまたがり、銃を取って
夜明けと共に出発した
もはや失うものは何もない男たちは
破壊し尽くし、焼き払うために
都会へと向かう
怒りに満ちた男たちは
戦いの歌を
自由の歌を呼びかける

Il dort maintenant
Sous quelques pierres de son pays
Mais je sais que son nom et son visage
Sont connus de tous les hommes

今では彼らはそれぞれの故郷の石の下に眠っているが
彼の名前と彼の姿は世の人々にあまねく知れ渡っているのだ

Ceux qui n'iront jamais plus loin
Les bras en croix dans la poussière
Oh ! Ceux dont c'est le dernier matin
Ne seront pas tombés en vain

埃の中で両腕を広げて
力尽きて倒れた男たち
おお!彼らは無駄に倒れて
最後の朝を迎えたのではないだろう

Leurs noms seront plus forts que leurs fusils
Ils voleront de pays en pays
Les hommes qui n'ont plus rien à perdre
Descendront vers les villes
Pour tout détruire et tout brûler
Les hommes dont le coeur en colère
Fera d'un chant de guerre
Un chant de liberté

彼らの名前は銃よりも強く
国から国へと伝わって行くだろう
もはや失うものは何もない男たちは
破壊し尽くし、焼き払うために
都会へと向かうだろう
怒りに満ちた男たちは
戦いの歌を
自由の歌を歌うだろう

Tu vois, aujourd'hui comme hier
Demain comme aujourd'hui
Les hommes qui n'ont plus rien à perdre
Descendront vers les villes
Pour tout détruire et tout brûler
Et quand les hommes sont poussés par la colère
Ils font d'un chant de guerre, un chant de liberté
Aujourd'hui comme hier
Demain comme aujourd'hui

ほうら、昨日のように今日も
今日のように明日も
もはや何も失うもののない男たちは
破壊し尽くし、焼き払うために
都会へと向かうだろう
男たちが怒りに突き動かされれば
彼らは戦いの歌を、自由の歌を歌う
昨日のように今日も
今日のように明日も

30502g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



バルバラ Barbara の "Parce que je t'aime" は「愛するがゆえに」と言うタイトルを付けたがどうも歌詞の内容が歌謡曲的で、まあシャンソンはフランスの歌謡曲なのだが、いまひとつピンと来ない。揺れ動く女心がテーマなのでしょうが、そしてその時期バルバラがそういう精神状態であったのかも知れないが、パラドックス的な常套句であるように思えてしまう。

しかしながらこの曲は1966年頃の作品で、バルバラの歌唱としては多分最良の時期のものと思える。僕には80年以降の彼女のライヴ演奏は声の衰えを隠せないように思われる。

30501a.jpg

Parce que je t'aime  Barbara  愛するがゆえに  バルバラ

30501c.jpg

Parce que je t'aime  愛するがゆえに    《宇藤カザン訳》

C'est parce que ton épaule à mon épaule,
Ta bouche à mes cheveux,
Et ta main sur mon cou,
C'est parce que, dans mes reins,
Quand ton souffle me frôle,
C'est parce que tes mains,
C'est parce que joue à joue,
C'est parce qu'au matin,
C'est parce qu'à la nuit,
Quand tu dis "viens", je viens,
Tu souris, je souris,
C'est parce qu'ici ou là,
Dans un autre pays,
Pourvu que tu y sois,
C'est toujours mon pays,
C'est parce que je t'aime,
Que je préfère m'en aller,
C'est mieux, bien mieux, de se quitter,
Avant que ne meure le temps d'aimer,

それはあなたと肩を並べて
あなたの唇は私の髪に触れ
あなたの手は私の首に置かれているから
それは私の腰のあたりで
あなたの吐息が私をくすぐるから
それはあなたの手だから
それは頬と頬を寄せ合っているから
それは朝だから
それは夜だから
あなたが「おいで」と言えば私は行き
あなたが微笑めば私も微笑む
それが異国の
どこかしらであっても
あなたがそこに居てさえくれたなら
いつでもそこが私の国となる
私があなたから去ることを選ぶのは
あなたを愛しているからこそなの
それがいいの
恋の季節が終わるのを待たずに
お別れする方がいいのよ

C'est parce que j'ai peur de voir s'endeuiller,
Les minutes, les heures, les secondes passées,
C'est parce que je sais qu'il faut un presque rien,
Pour défaire une nuit et se perdre au matin,
Je ne laisserai pas pencher sur notre lit,
Ni l'ombre d'un regret, ni l'ombre d'un ennui,
Je ne laisserai pas mourir au fil des jours,
Ce qui fut toi et moi, ce qui fut notre amour,
Pour qu'il ne soit jamais, emporté par le temps,
Je l'emporte moi-même, il restera vivant,

それは悲しみに沈むのではないかと思うと怖いからなの
過ぎ去ってしまった数時間、数分、数秒
それは夜が散り散りになり朝には消えて行くように
ほとんど仕方の無い事だと知っている
私は後悔の影も倦怠の影も
私たちのベッドの上には残しておきたくない
あなたと私がしてきた事、私たちの恋がしてきた事を
時の流れに埋没させたくないの
どんなことがあっても時に押し流されないために
私自身でそれを連れ去るわ、そうすればそれは生きながらえるでしょう

Oh laisse-moi, je t'aime,
Mais je préfère m'en aller,
C'est mieux, tu sais, de se quitter,
Avant que ne meure le temps d'aimer,

おお、私の好きにさせて、愛しているわ
でも私は去ることを選ぶわ
ねえあなた
恋の季節が終わるのを待たずに
お別れする方がいいのよ

J'en ai vu, comme nous, qui allaient à pas lents,
Et portaient leur amour comme on porte un enfant,
J'en ai vu, comme nous, qui allaient à pas lents,
Et tombaient à genoux, dans le soir finissant,
Je les ai retrouvés, furieux et combattant,
Comme deux loups blessés, que sont-ils maintenant,

私たちのように、ゆっくりと去って行ったのを私は見たわ
子供を抱き抱えるようにそれぞれの愛を携えて
私たちのように、ゆっくりと去って行ったのを私は見たわ
そして夜が明ける頃にひざまづいていた
狂わんばかりに戦い、傷ついた二匹の狼のような
今そこに居る彼らと私は再び出会ったの

Ça, je ne veux pas, je t'aime,
Je ne veux pas nous déchirer,
C'est mieux, tu sais, de nous quitter,
Avant que ne meure le temps d'aimer,
C'est mieux, bien mieux, de nous quitter,
Avant que ne meure le temps d'aimer...

それは、私は望まない、愛しているわ
互いを傷付け合いたくは無いの
ねえ分かるでしょう、私たちは別れる方がいいのよ
恋の季節が終わるのを待たずに
その方がいいの、お別れする方がずっといいの
恋の季節が終わるのを待たずに・・・

30501bb.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



フランス語でヴェローヌはイタリア語ではヴェローナであり、イタリアの都市であるが、シェークスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったので、ヴェローナを訪れる観光客は例外なく有名なバルコニーを訪れる。さして広くない中庭に観光客が押し寄せるのだからロミオとジュリエットの亡霊もたじたじとなり、出る幕がないでしょう。

30408c.jpg

1949年のアンドレ・カイヤット監督の映画 "Les Amants de Vérone" 「ヴェローヌの恋人たち」の邦題は「火の接吻」となるがロメオ役にセルジュ・レジアーニ Serge Reggiani 、ジュリエット役に当時16歳のアヌーク・エーメ Anouk Aimée が起用され、エキストラが主役に抜擢されるという筋書きのドラマになっている。

30429adf.jpg

Les Amants de Vérone de André Cayatte  ヴェローヌの恋人たち アンドレ・カイヤットの映画

セルジュ・レジアーニは4月2日のブログの「最後の意思」《生きる》で取り上げたばかりの歌手・俳優であるが、アヌーク・エーメは1958年の "Les Amants de Montparnasse" 「モンパルナスの恋人たち」、邦題は「モンパルナスの灯」でモリジアニの恋人役のジャンヌを演じているが、ジェラール・フィリップ Gérard Philipeがどうも画家のイメージと違うような気がする、、、予告編がありますので興味のある方はどうぞ。
そしてアヌーク・エーメと言えばクロード・ルルーシュ監督の「男と女」 "Un homme et une femme" での印象が強く、美しく憧れを感じさせる女優である。

Les Amants de Montparnasse  モンパルナスの灯(予告編)

さて「ヴェローヌの恋人たち」はレオ・フェレの曲だが、イザベル・オーブレが歌っている動画が1966年なのでその頃の作曲だと思われる。映画とは特に関係ないと思われるものの、歌詞の中の雲雀(ひばり)は映画の中でも語られているから映画を意識していないとは言えないでしょう。

30429a.jpg

Les Amants de Vérone  Isabelle Aubret  ヴェローヌの恋人たち  イザベル・オーブレ
30429b.jpg

Les Amants de Vérone  ヴェローヌの恋人たち    《宇藤カザン訳》

Vérone
Qu'as-tu fait
Des deux amants si beaux
Qui s'appelaient je crois,
Juliette et Roméo ?

ヴェローヌ
あなたどうかしたの
麗しい二人の恋人たち
たしかロメオとジュリエットだったわね?

Les amants de Vérone
Sont à jamais couchés
Est-ce donc pour mourir
Qu'ils se sont tant aimés ?
Plus de baisers donnés,
Plus de corde au balcon
Le temps qui brise tout
N'a laissé que de l'ombre.
L'alouette qui chante
Pour annoncer le jour,
Ne verra plus s'enfuir
L'amoureux et l'amour.

永遠の眠りに就くことが出来ない
ヴェローヌの恋人たち
二人が深く愛し合っていたのは
死ぬためだったのかしら?
口づけが交わされることも無く
バルコニーへのロープも無くなり
時が全てを砕き去り
残されたのは幻影だけ
愛し合う恋人たちの
もはや逃れられない運命の
その日を告げるのは
雲雀のさえずり

Vérone
Qu'as-tu fait
Des deux amants si beaux
Qui s'appelaient je crois
Juliette et Roméo ?

ヴェローヌ
あなたどうかしたの
麗しい二人の恋人たち
たしかロメオとジュリエットだったわね?

Les amants de Vérone
N'irons plus au jardin,
L'iris bleu de la nuit
Peut refleurir en vain.
Si parfois deux colombes
Inclinent un peu le cou,
C'est que le vent murmure
Quelque chose de fou.
Mais leurs coeurs apaisés
Ne craignent plus l'aurore
Et dans leurs mains trouées
La rose brûle encore

もはや楽園に行くこともない
ヴェローヌの恋人たち
真夜中に空しく青いアイリスが咲くだろう
時に二羽の鳩が首をかしげていたなら
それはどこか気違いじみた風がつぶやくから
けれども彼らの心は安らぎを得て
もはや夜明けを怖れる事もない
そして二人の手の内には
今でもバラの花が燃え立っている

Vérone
Qu'as-tu fait
Des deux amants si beaux
Qui s'appelaient je crois
Juliette et Roméo ?

ヴェローヌ
あなたどうかしたの
麗しい二人の恋人たち
たしかロメオとジュリエットだったわね?

30429c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「褐色のワルツ」 "La Valse Brune" は今から100年以上前の1909年にジョルジュ・ヴィヤール Georges Villard の詩にジョルジュ・クリエ Georges Krier が曲を付けたもので、主にリュシエンヌ・ドリル Lucienne Delyle によって歌われていた曲ですが、近年ではジュリエットグレコ Juliette Gréco が歌い、その魅力が増したように感じられます。

この歌詞の中にレオノーレとベルト(ベルタ)の二つの女性の名前が出てくるが、レオノーレはベートーヴェンのオペラ「フィデリオ」、ベルタはロッシーニの「セヴィリアの理髪師」に登場する女性を指すと思われる。

30425aa.jpg

La valse brune  Juliette Gréco  褐色のワルツ  ジュリエット・グレコ

30425hh.jpg

La valse brune  褐色のワルツ      《宇藤カザン訳》

Ils ne sont pas des gens à valse lente
Les bons rôdeurs qui glissent dans la nuit
Ils lui préfèrent la valse entraînante
Souple, rapide, où l´on tourne sans bruit
Silencieux, ils enlacent leurs belles
Mêlant la cotte avec le cotillon
Légers, légers, ils partent avec elles
Dans un gai tourbillon

奴らはゆっくりしたワルツ風の輩ではない
夜中にかけて徘徊する善良な奴らなのさ
奴らは人を引き付けるワルツが好きなんだ
音も立てずに回り、しなやかで、軽快なワルツ
言葉も交わさず、美しい女たちを抱き寄せ
オーバーオールにペチコートを絡ませて
軽く、軽く、奴らは女たちと
陽気に旋回している渦の中へと入り込んで行く

C'est la valse brune
Des chevaliers de la lune
Que la lumière importune
Et qui recherchent un coin noir
C'est la valse brune
Des chevaliers de la lune
Chacun avec sa chacune
La danse le soir

それは昼の光を嫌って
暗い片隅を求める
月光の騎士たちの
褐色のワルツ
それは月光の騎士たちの
褐色のワルツ
男と女が寄り添う
宵のダンス

Ils ne sont pas tendres pour leurs épouses
Et, quand il faut, savent les corriger
Un seul soupçon de leur âme jalouse
Et les rôdeurs sont prêts à se venger
Tandis qu'ils font, à Berthe, à Léonore
Un madrigal en vers de leur façon
Un brave agent, de son talent sonore
Souligne la chanson

奴らは自分の連れ合いには優しくない
そして、必要とあらば連れ合いの間違いを懲らしめる術を心得ている
嫉妬心から来るわずかばかりの疑惑でもって
ごろつきたちは痛い目に合わせてやろうと待ち構えているのさ
奴らがベルトやレオノーレに演じている間にも
奴ら流の詩によるマドリガルは
誠実な男の良く響く美声で
その歌を際立たせている

C'est la valse brune
Des chevaliers de la lune
Que la lumière importune
Et qui recherchent un coin noir
C'est la valse brune
Des chevaliers de la lune
Chacun avec sa chacune
La danse le soir

それは昼の光を嫌って
暗い片隅を求める
月光の騎士たちの
褐色のワルツ
それは月光の騎士たちの
褐色のワルツ
男と女が寄り添う
宵のダンス

Quand le rôdeur, dans la nuit, part en chasse
Et qu'à la gorge il saisit un passant
Les bons amis, pour que tout bruit s'efface
Non loin de lui chantent en s'enlaçant
Tandis qu'il pille un logis magnifique
Ou d´un combat il sait sortir vainqueur
Les bons bourgeois, grisés par la musique
Murmurent tous en chœur

ごろつきが夜中に獲物を求めて出かけ
通リがかりの人の喉元を締め上げる時
ごろつきが豪邸を荒らし
格闘の末いつも打ち負かして出てくるのを待ちながら
相棒はこの騒音を消すために
奴のそばに絡み付いて歌うのだが
音楽に陶酔した善良な市民たちは
心の底からささやくのだった

C'est la valse brune
Des chevaliers de la lune
Que la lumière importune
Et qui recherchent un coin noir
C'est la valse brune
Des chevaliers de la lune
Chacun avec sa chacune
La danse le soir

それは昼の光を嫌って
暗い片隅を求める
月光の騎士たちの
褐色のワルツ
それは月光の騎士たちの
褐色のワルツ
男と女が寄り添う
宵のダンス

30425rt.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

イヴ・モンタン Yves Montand が歌う「ラ・シャンソネット」 "La chansonnette" です。

1962年のシャンソンで、シャンソネットとは小粋で滑稽な内容の唄のことです。「マッキーの唄」とは「マック・ザ・ナイフ」のフランス語ヴァージョン「マッキーの哀歌」を指します。

30424a.jpg

どちらも1981年のオランピアのライヴ演奏の記録だと思われます。

La chansonnette  Yves Montand  ラ・シャンソネット  イヴ・モンタン  オランピア劇場

La chansonnette  Yves Montand  ラ・シャンソネット  イヴ・モンタン

30424y.jpg

La chansonnette  ラ・シャンソネット     《宇藤カザン訳》

La, la, la, mine de rien
La voilà qui revient
La chansonnette
Elle avait disparu
Le pavé de ma rue
Etait tout bête

ラ、ラ、ラ、何食わぬ顔で
ほうらあの唄が戻ってきたよ
そいつはどこかに身を潜めていたけれど
おいらの街の石畳は
まるでお馬鹿さん

Les refrains de Paris
Avaient pris l'maquis
Les forains, l'orphéon
La chanson d'Macky
Mais on n'oublie jamais
Le flonflon qui vous met
Le coeur en fête

パリの唄たちは
地下に潜んでいたんだよ
大道芸人、楽隊
マッキーの唄
だけど皆の
心を浮き浮きさせる
ぶかぶかどんどんは
忘れる事が出来やしない

Quand le vieux musicien
Dans le quartier
Vient revoir les anciens
Faire son métier
Le public se souvient
D'la chansonnette
Tiens, tiens

この界隈の
老いぼれ楽師が
昔の仲間と落ち合って
仕事をおっぱじめれば
誰もがあの唄を思い出すさ
ほらね、ほらね

30425g.jpg

Les titis, les marquis
C'est parti, mon kiki
La chansonnette
A Presley fait du tort
Car tous les transistors
Soudain s'arrêtent
Sous le ciel de Paris

パリっ子たち、公爵たち
さあ始まるぜ、おいらの喉の出番だ
あの唄だぞ
プレスリーだって困るよね
パリの空の下の
どのトランジスターラジオも
突然止まってしまったんじゃ

Un accordéon
Joue la chanson d'Macky
Comme avant l'néon
Cueilli par un flonflon
Un têtard en blouson
D'un franc d'violette
Va fleurir sa Bardot
Car malgré son aigle
Au milieu du dos
Le coeur est bon
Et sous ses cheveux gris
La chansonnette
Sourit!

アコーデオンが
ネオンのない昔のように
マッキーのシャンソンを演奏すれば
ぶかぶかどんどんにつられて
ジャンパー姿のガキが
1フランのスミレの花束で
彼のバルドーに花を贈ろうとする
背中の鷲にもかかわらず
気立てのいい奴なんだ
彼のグレーの髪の下では
あの唄が微笑んでいる!

30425h.jpg

La, la, la, hauts les coeurs
Avec moi tous en choeur
La chansonnette
Et passons la monnaie
En garçon qui connait
La chansonnette
Il a fait sa moisson
De refrains d'Paris

ラ、ラ、ラ、元気を出して
おいらと声を合わせて
あの唄を皆で歌おう
あの唄を知っている
男に小銭を渡そう
奴はパリの唄で
身入りをかき集めたよ

Les forains, l'orphéon
La chanson d'Macky
Car on n'oublie jamais
Le flonflon qui vous met
Le coeur en fête
Il faut du temps, c'est vrai
Pour séparer
Le bon grain de l'ivraie
Pour comparer
Mais on trouve un beau jour
Sa chansonnette
D'amour!

大道芸人、楽隊
マッキーのシャンソン
心を浮き浮きさせる
ぶかぶかどんどんは
誰もが忘れる事が出来やしないけれど
聴き比べて
良いものと悪いものを見分けるには
時間がかかるというものさ、そりゃそうさ
だけどそれぞれの愛の唄が
いつか見つかるものさ!

30424k.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1968年のクロード・ヌガロ Claude Nougaro の "La pluie fait des claquettes" です。"Claquettes" はタップダンスの事なので「雨がタップする」と名付けました。音の響き優先の言葉遊びの歌詞なので訳しにくいのだが、誤訳があっても差して問題はないでしょう。

雨とタップと言えばすぐに「雨に唄えば」のジーン・ケリー Gene Kelly が思い浮かべられるが、このシャンソンはもちろんジーン・ケリーを意識して作られていると思われる。

"chapeau claque" はバネ仕掛けで折り畳めるシルクハットの事で、「オペラハット」とも言うようだがその由来は分からない。観劇の時、前の人がシルクハットをかぶっていると後ろの人は観えないから折り畳んで小脇に抱えるのが礼儀だったのだろうか?

30416a.jpg

La pluie fait des claquettes  Claude Nougaro  雨がタップする  クロード・ヌガロ

30416v.jpg

La pluie fait des claquettes  雨がタップする      《宇藤カザン訳》

La pluie fait des claquettes
Sur le trottoir à minuit
Parfois je m'y arrête
Je l'admire, j'applaudis
Je suis son chapeau claque
Son queue-de-pie vertical
Son sourire de nacre
Sa pointure de cristal

Bip, bip, bip, ... , la pluie

真夜中の舗道で
雨がタップダンスを踊る
時おり僕は足を止め
賛嘆し、拍手喝采する
僕は雨のオペラハット
直立した雨の燕尾服
真珠色の雨の微笑み
水晶の雨の針

ビップ、ビップ、ビップ・・・雨

Aussi douce que Marlène
Aussi vache que Dietrich
Elle troue mon bas de laine
Que je sois riche ou pas riche
Mais quand j'en ai ma claque
Elle essuie mes revers
Et m'embrasse dans la flaque
D'un soleil à l'envers

Bip, bip, bip, ... , la pluie

マルレーヌと同じくらい優しく
ディートリッヒと同じくらい冷たい
僕が金持ちであろうが無かろうが
雨は僕の純毛の靴下を貫く
けれども僕ががっくり来ると
雨は僕の不運を拭ってくれて
太陽を逆さに映し込む
水溜りの中で
僕にキスをしてくれる

ビップ、ビップ、ビップ・・・、雨

Avec elle, je m'embarque
En rivière de diamant
J'la suis dans les cloaques
Où elle claque son argent
Je la suis sur la vitre
D'un poète endormi
La tempe sur le titre
Du poème ennemi

Bip, bip, bip, ... , la pluie

雨と連れ立って
ダイヤモンドの流れに乗り込み
その輝きが台無しになる
下水だめへと導かれて行く
不吉な詩の書名に頬を載せて
居眠りしている詩人の
ガラス窓を伝って僕は雨の後に付いて行く

ビップ、ビップ、ビップ・・・、雨

A force de rasades
De tournées des grands ducs
Je flotte en nos gambades
La pluie perd tout son suc
Quittons-nous dis-je c'est l'heure
Et voici mon îlot
Salut, pourquoi tu pleures
Parce que je t'aime, salaud

Bip, bip, bip, ...

La pluie fait des claquettes
Sur le trottoir à minuit

豪遊して大いに満たされて
雨と跳ね回り僕はフラフラだ
雨はすっかり水気を失い
もう時間だからと僕は別れを告げて
自分の住処に辿り着く
さらば、何で君は泣いてるの
だって愛しているの、そんな馬鹿な

ビップ、ビップ、ビップ・・・

真夜中の舗道で
雨がタップダンスを踊る

30416f.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。