2013 / 01
≪ 2012 / 12 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」 "Notre Dame de Paris" を原作としたミュージカルでは序幕の「カテドラルの時代」は既に訳しましたが、第一幕の「美しい人」 "Belle" です。

捨て子でノートルダム大聖堂で育った醜い鐘突き男のカジモドと大聖堂の聖職者のフロロ、王室近衛兵の隊長のフェビュスが美しいジプシー娘に抱く複雑な恋心を歌った三重唱です。

カジモドは自分の醜さとエスメラルダへの恋心の葛藤、フロロは信仰と肉欲の葛藤、フェビュスは良家の娘の婚約者フルール・ド・リスとジプシー娘への浮気心との板ばさみです。

30128kkk.jpg

Belle  Notre Dame de Paris  美しい人 「ノートルダム・ド・パリ」より

30128f.jpg

Belle  美しい人      《宇藤カザン訳》

"Quasimodo (Garou)"

Belle
C'est un mot qu'on dirait inventé pour elle
Quand elle danse et qu'elle met son corps à jour, tel
Un oiseau qui étend ses ailes pour s'envoler
Alors je sens l'enfer s'ouvrir sous mes pieds

《カジモド》

美しい人
それはあの女のためにある言葉
彼女が踊り、その肢体を陽光にさらせば
それはまさに飛び立とうと翼を広げる鳥のよう
俺の足元の地獄の扉が開くようだ

J'ai posé mes yeux sous sa robe de gitane
À quoi me sert encore de prier Notre-Dame
Quel
Est celui qui lui jettera la première pierre
Celui-là ne mérite pas d'être sur terre

俺はジプシー女の服の下から目が離せない
いまさら聖母マリア様に祈る事が
この俺にとって何の意味があると言うのだ
あの女に石を投げつける奴は誰だ
そんな奴はこの世に居る意味がない

Ô Lucifer !
Oh ! Laisse-moi rien qu'une fois
Glisser mes doigts dans les cheveux d'Esmeralda

おお、魔王よ!
おお!たった一度でいいから
エスメラルダの髪の中に俺の手を滑り込ませておくれ

"Frollo (Daniel Lavoie)"

Belle
Est-ce le diable qui s'est incarné en elle
Pour détourner mes yeux du Dieu éternel
Qui a mis dans mon être ce désir charnel
Pour m'empêcher de regarder vers le Ciel

《フロロ》

美しい人
私の目を永遠の神に向けさせるために
悪魔があの女に取り付いたのだろうか
私を天に背かせようとさせるために
悪魔が私の内に肉欲を植えつけたのだろうか

Elle porte en elle le péché originel
La désirer fait-il de moi un criminel
Celle
Qu'on prenait pour une fille de joie une fille de rien
Semble soudain porter la croix du genre humain

あの女には原罪が宿っている
私にとって欲情は罪なのだろうか
卑しい娼婦と見下されていたあの女が
不意に人間としての試練を科そうとしているようだ

Ô Notre-Dame!
Oh ! Laisse-moi rien qu'une fois
Pousser la porte du jardin d'Esmeralda

おお、聖母マリア様
おお!たった一度だけ
エスメラルダの楽園の扉を開かせ給え

"Phoebus (Patrick Fiori)"

Belle
Malgré ses grands yeux noirs qui vous ensorcellent
La demoiselle serait-elle encore pucelle ?
Quand ses mouvements me font voir monts et merveilles
Sous son jupon aux couleurs de l'arc-en-ciel

《フェビュス》

美しい人
人を惑わす大きい黒い瞳にもかかわらず
あの娘はまだ清らかなままなのだろうか
彼女の身のこなしは
虹色の下着の下の途方もない妄想を抱かせる

Ma dulcinée laissez-moi vous être infidèle
Avant de vous avoir menée jusqu'à l'autel
Quel
Est l'homme qui détournerait son regard d'elle
Sous peine d'être changé en statue de sel

僕の愛しい人よ
あなたを婚礼の祭壇に導く前に
僕の不実を許して欲しい
塩の像に変えられる罪を受けようとも
あの女から視線を逸らすことが出来ないとはなんと言う男なのだ

Ô Fleur-de-Lys,
Je ne suis pas homme de foi
J'irai cueillir la fleur d'amour d'Esmeralda

おお、フルール・ド・リス
僕は不実な男
エスメラルダの愛の花を
摘みに行くだろう

"Quasimodo, Frollo, Phoebus"

J'ai posé mes yeux sous sa robe de gitane
À quoi me sert encore de prier Notre-Dame
Quel
Est celui qui lui jettera la première pierre
Celui-là ne mérite pas d'être sur terre

Ô Lucifer !
Oh ! Laisse-moi rien qu'une fois
Glisser mes doigts dans les cheveux d'Esmeralda

Esmeralda.

《カジモド、フロロ、フェビュス》

俺はジプシー女の服の下から目が離せない
いまさら聖母マリア様に祈る事が
この俺にとって何の意味があると言うのだ
あの女に石を投げつける奴は誰だ
そんな奴はこの世に居る意味がない

おお、魔王よ!
おお!たった一度でいいから
エスメラルダの髪の中に俺の手を滑り込ませておくれ

エスメラルダ

30128uyt.jpg

"Fleur-de-Lys" 「フルール・ド・リス」はフェビュスの婚約者の名前だが、元の意味は「白百合の花」でフェビュスの仕えるフランス王室の紋章ですが、受胎告知には白百合が使われたのでマリアをも暗示しているのではないかと思われる。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

スポンサーサイト

1962年にミッシェル・エメ Michel Emer の作詞・作曲による「恋は何のために」 "À quoi ça sert l'amour" です。

この歌はエディット・ピアフ Edith Piaf と晩年に再婚した20歳年下のテオ・サラポ Théo Sarapo とデユェットで歌っています。貴重なライヴの映像がありますのでそれで聴いてみましょう。

30126a.jpg

À quoi ça sert l'amour  Edith Piaf & Théo Sarapo  恋は何のために  エディット・ピアフ&テオ・サラポ  Live

ピアフは結婚後1年あまりで亡くなり、テオは70年に交通事故死で世を去り、ペールラシェーズのピアフの墓の中で共に眠っています。

30126sd.jpg

À quoi ça sert l'amour   恋は何のために     《宇藤カザン訳》

A quoi ça sert l'amour ?
On raconte toujours
Des histoires insensées.
A quoi ça sert d'aimer ?

恋は何のためになるの?
ばかげた話をしょっちゅう聞くけれど
愛したら何かいいことあるの?

L'amour ne s'explique pas !
C'est une chose comme ça,
Qui vient on ne sait d'où
Et vous prend tout à coup.

恋は説明できないものなのよ!
こんなものかしら
どこからとも無く現れて
突然あなたに取り付くのよ

Moi, j'ai entendu dire
Que l'amour fait souffrir,
Que l'amour fait pleurer.
A quoi ça sert d'aimer ?

僕は、恋は人を苦しませ
悲しませると聞いたんだけれど
愛したからって何になるの?

L'amour ça sert à quoi ?
A nous donner d' la joie
Avec des larmes aux yeux...
C'est triste et merveilleux !

恋が何になるかって?
目がうるむような
歓びが訪れ・・・
それは悲しくて素晴らしいものなの!

Pourtant on dit souvent
Que l'amour est décevant,
Qu'il y en a un sur deux
Qui n'est jamais heureux...

でも恋は期待はずれになるもので
どちらかは必ず不幸になるって
良く言われるけれど

Même quand on l'a perdu,
L'amour qu'on a connu
Vous laisse un goùt de miel.
L'amour c'est éternel !

例え失恋したとしても
恋を知ったならば
あなたに蜜の味を残すわ
恋は永遠なのよ!

Tout ça, c'est très joli,
Mais quand tout est fini,
Il ne vous reste rien
Qu'un immense chagrin...

すべては、とっても美しいものかもしれないけれど
全てが終わると
深い悲しみだけで
何も残らないではないか・・・

Tout ce qui maintenant
Te semble déchirant,
Demain, sera pour toi
Un souvenir de joie !

今は何もかもが
胸を引き裂くような想いでも
明日になればうれしい想い出になるわ!

En somme, si j'ai compris,
Sans amour dans la vie,
Sans ses joies, ses chagrins,
On a vécu pour rien ?

要するに、こういうことなんだね
恋の歓びや恋の悲しみの無い人生では
生きている意味が無いということ?

Mais oui ! Regarde-moi !
A chaque fois j'y crois
Et j'y croirai toujours...
Ça sert à ça, l'amour !
Mais toi, t'es le dernier,
Mais toi, t'es le premier !
Avant toi, 'y avait rien,
Avec toi je suis bien !
C'est toi que je voulais,
C'est toi qu'il me fallait !
Toi qui j'aimerai toujours...
Ça sert à ça, l'amour !...

そうなのよ!私をごらん!
どんな時だって私は信じるわ
いつでも信じるでしょうね・・・
恋って人生には大切なものなの!
だけれどあなたは最後の人ね
そして初めての人なのよ!
あなたの前には、誰も居なく
あなたと一緒だと気分がいいわ!
私が欲しかったのはあなた
私に必要なのはあなただったの!
いつまでも愛するのはあなたなの・・・
恋って、そのためにあるのよ!・・・

30126u.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

エディtット・ピアフ Edith Piaf の歌うブルース調の「見知らぬ街」 "La ville inconnue" はミッシェル・ヴォケール Michèl Vaucaire の作詞、シャルル・デュモン Carles Dumont の作曲で、共に有名な人たちの作品なのだが、どうも詩の内容は常套的、通俗的で響いてくるものが無い。でもピアフとは全く別の歌い方をしたら、また新たな魅力が出てくるのかもしれない。

30125a.jpg

La ville inconnue  Edith Piaf  見知らぬ街  エディット・ピアフ

30125b.jpg

La ville inconnue  見知らぬ街     《宇藤カザン訳》

Dans la ville inconnue,
Je n'aime rien.
Je prends toujours des rues
Qui vont trop loin,
D'interminables rues
Où je me perds,
Des quais, des avenues
Et des boulevards déserts
Puis, entre deux maisons,
J'entends le tintamarre
D'un long train sur un pont
Qui s'en va quelque part.

見知らぬ街
嫌なものばかり
果てしない道を
とても遠くまで
迷いながら
歩き続ける私
河岸、並木道
人気の無い大通り
そして建物の間からは
どこに向かうのか
橋の上を通過する
長い列車の音が聞こえる

Dans la ville inconnue,
Soir et matin,
Comme ce chien perdu,
Je vais et je reviens.
Il y a les passants
Qui ont l'air de vous fuir
Et qui n'ont pas le temps
De vous faire un sourire.

見知らぬ街で
朝も夜も
この迷い犬のように
行きつ戻りつしている私
視線をを避けるように
人が行き交い
微笑を返す暇もない
人たちの群れ

Dans la ville inconnue,
Quand vient la nuit,
J'ai peur des murs tout nus,
Des murs tout gris.
J'ai peur de cet hôtel
Au lit trop froid
Et du matin cruel
Qui me réveillera,
Car je voudrais dormir,
Dormir même le jour
Avec mes souvenirs,
Mes souvenirs d'amour.

見知らぬ街に
夜が来れば
灰色に染まった
剥き出しの壁に恐怖を感じる
私はこのホテルが怖い
冷酷な朝の
冷たすぎるベッドに
目覚める私
それ故に
昼間さえも眠りたかった
私の想い出と共に
私の愛の想い出の数々と

Dans la ville inconnue,
Je pense à toi,
Mais toi, te souviens-tu
Encore un peu de moi ?...

見知らぬ街で
あなたを想う私
けれどもほんの少しでも
あなたは私を想ってくれているのかしら?

30125c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1974年のバルバラ Barbara の「赤い服の男」 "L'homme en habit rouge" は以前訳した「燕尾服の男」 "L'homme en habit" と題名が似ているが内容は異なる。この歌はどこからとも無く現れ、彼女の心を捕らえ、消えて行った赤い服を着た男の物語で、バルバラの歌には彼女の私生活と直接繋がる内容の歌詞が多いように思う。

30123a.jpg

L'homme en habit rouge  Barbara  赤い服の男  バルバラ

30123gh.jpg

L'homme en habit rouge  赤い服の男      《宇藤カザン訳》  

Et d'ailleurs, on s'en fout,
Nous, on l'avait appelé l'homme en habit rouge,
De cristal, et de feu,
Fleurs éclatées comme l'amour à la lumière,
Fabuleux, il marchait,
S'avançant dans le soleil, l'homme en habit rouge,

確かにどうでもいいことなのだが
私たちは彼を水晶の、炎の、赤い服の男と呼んでいた
想像を絶する、まばゆい恋のように突然開く花
強い日差しの中をゆっくりと歩いていた
赤い服の男

Je l'avais rencontré là, dans un bar,
Sur une planète vraiment bizarre,
Il fumait des fleurs aux parfums étranges,
Et qui semblaient l'envoyer jusqu'aux anges,

私は酒場でその男と知り合った
彼は不思議な香りの花のタバコを吸っていて
それはとても奇妙な惑星の上の
天使たちのところまで彼を誘うように思えた

Qui es-tu, d'où viens-tu,
Miraculeusement apparu, dis-moi, dis-moi, dis-moi,
D'autre part, de nulle part,
Dis-moi, quel est ton pays, l'homme en habit rouge,

あなたは誰なの、どこから来たの
奇跡のように現れて、教えて、教えて、教えて
別の所から、どこからともなく
教えて、あなたの国はどこ、赤い服の男

Il m'a dit "viens, je te ferai connaître,
Ce pays d'où tu pourras enfin naître",
Et j'ai vu des lacs aux couleurs étranges,
Et j'ai cru entendre chanter les anges,

彼は言った「おいで、教えてあげよう
君がきっと生まれ変われるその国を」
そして私は不思議な色の湖を見て
天使が歌っているのが聴こえたように思った

30123rr.jpg

Fascinée, envoûtée,
J'ai suivi l'homme, celui-là en habit rouge,
Je marchais près de lui,
Rubis, velours, et sur le cœur des pavots rouges,
De cristal et de feu,
Fleurs éclatées comme l'amour à la lumière,
J'ai suivi, j'ai aimé,
Avec lui, je vivais ma vie en habit rouge,

魅惑され、魅了され
私は赤い服を着た男の後に付いて
彼のそばを歩いた
ルビー、ビロード、赤いケシの心に沿って
水晶の、炎の
まばゆい恋のように突然開く花
私は後に続き、私は恋した
彼と共に赤い服を着た人生を私は歩んだ

Puis il a disparu un soir,
Pour une planète encore plus bizarre,
Parfumée de fleurs aux parfums étranges,
Il a fini par rejoindre les anges,

それからある夜彼は消えた
さらにもっと奇妙な惑星へと
不思議な香りの花の香りを漂わせて
ついに彼は天使と落ち合った

Apparu, disparu,
Magicien du matin, surgi de la lumière,
Rendez-moi, l'homme qui,
Faisait ma vie en fleurs de feu de pavots rouges,
Mon habit se ternit,
Mes fleurs se fanent et j'ai perdu ma lumière,
Rendez-moi, celui-là,
Qui venait, je ne sais,
D'ici, là-bas, de n'importe où, de nulle part,

現れては消える
曙の中から突然現れる明け方の魔術師
私に取り戻させて
私の人生を赤いケシの炎の花に変えた男
私の服はくすみ
私の花は色あせ 私は輝きを失った
私にそれを取り戻させて
来たのが誰なのか、私には分からない
ここから、あちらから、あらゆるところから、どこからともなく

Rendez-moi, l'homme qui,
Faisait ma vie en fleurs de feu de pavots rouges,
L'homme en habit rouge,
L'homme en habit rouge...

私に取り戻させて
私の人生を赤いケシの炎に変えた男
赤い服の男
赤い服の男

30123sw.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1970年のルノ・ヴェルレー主演、ミッシェル・ポワロン監督の映画「さらば夏の日」 "Du soleil plain les yeux" の音楽はフランシス・レイ、甘く美しい音楽が映画を引き立てる。

フランス語の原題はちょっと訳しにくい。「目にあふれる太陽」とか「眩い太陽」あたりかな?

スヴリーヌという歌手とフランシス・レイ自身のデュエットでどうぞ。

30120a.jpg

Du soleil plain les yeux  さらば夏の日  スヴリーヌ&フランシス・レイ

30120hh.jpg

Du soleil plain les yeux  さらば夏の日    《宇藤カザン訳》

C'est bon de vivre
De vivre libre
D'avoir du soleil plein les yeux
Un ciel de cuivre
Un bateau ivre
On a du soleil plein les yeux

太陽が目に眩しい中で
自由気ままに生きるのは素敵
赤銅色の空
酔いどれ船
目の中に太陽が輝いている

La voile blanche
Vers nous se penche
Il pleut du soleil plein les yeux
La mer divague
Et fait des vagues
Et j'ai du soleil plein les yeux

私たちに傾く白い帆影
太陽が目に眩しく降り注ぐ
海はあふれ出て波を寄せる
私の目には太陽が輝いている

A l'inconnu
On dit "Je t'aime"
Un soir d'été
On ne sait plus
Qui dit "Je t'aime"
Au ciel d'été

夏の宵には
見ず知らずの人にも
「愛してる」と言うし
夏の空の下では
誰が「愛してる」と言うか
もう分からない

Le vent se lève
Et l'amour rêve
On a du soleil plein les yeux
Ta peau est douce
Douce ta bouche
Et bleu le soleil de tes yeux

風が立ち上がり
恋は夢見る
目の中に太陽が輝き
あなたの柔らかな肌と甘い唇
あなたの瞳に映る青空の太陽

C'est l'aventure
Qui vient, qui dure
Le temps d'un soleil plein les yeux
C'est bon de vivre
De vivre libre
D'avoir du soleil plein les yeux

それは恋の出来事
太陽が目に眩しい季節が訪れ
いつまでも続き
太陽が目に眩しい中で
自由気ままに生きるのは素敵なこと

J'ai oublié
Qui dit "Je t'aime"
Pour mieux t'aimer
Au ciel d'été

「愛してる」って誰が言ったのか忘れた
夏の空で
もっとあなたを愛するために

30120vxv.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



1959年に作られたシャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「二つのギター」 "Les deux guitares" にはロシア民謡のメロディーが散りばめられ、またロシア語のフレーズが繰り返される親しみを感じさせる曲である。

1924年、アルメリア生まれのアズナヴールは、2008年のパリのオペラ座のコンサートの時は84歳位だから、アズナヴールの衰えを感じさせない活力には驚くばかりである。

30116a.jpg

Les deux guitares  Charles Aznavour  二つのギター  シャルル・アズナヴール  2008

30118gs.jpg

Les deux guitares  二つのギター  《宇藤カザン訳》

Deux tziganes sans répit
Grattent leur guitare
Ranimant du fond des nuits
Toute ma mémoire
Sans savoir que roule en moi
Un flot de détresse
Font renaître sous leurs doigts
Ma folle jeunesse

ジプシーが二人
真夜中の闇を震わすように
ギターをかき鳴らし続けている
訳も無く想い出の数々が僕に寄せ来て
苦しみであふれそうになる
愚かな僕の青春時代が
彼らの指の動きにつれて甦る

Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz
Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz

ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも

Jouez tziganes jouez pour moi
Avec plus de flamme
Afin de couvrir la voix
Qui dit à mon âme
Où as-tu mal, pourquoi as-tu mal?
Ah t'as mal à la tête
Mais bois un peu moins aujourd´hui tu boiras plus demain
Et encore plus après-demain

ジプシーたちよ、僕のために弾いておくれ
もっと情熱的に
どこか痛むのかい、どうして苦しいんだと
魂に語りかける声を覆い隠すために
ああ、頭が痛いんだね
それでは今日は飲むのは少し控えて
明日飲めばいいじゃないか
明後日になればいくらでも飲めるさ

Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz
Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz

ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも

Je veux rire et chanter
Et soûler ma peine
Pour oublier le passé
Qu'avec moi je traîne
Apportez-moi du vin fort
Car le vin délivre
Oh versez, versez-m'en encore
Pour que je m'enivre

僕は笑って歌いたいんだ
苦しみはもうたくさんだ
僕が耐えているこの過去を忘れるために
強いワインを持ってきておくれ
だってワインは苦しみから解放してくれるから
おお、もっと注いで、注いで
僕を酔わせておくれ

Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz
Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz

ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも

Deux guitares en ma pensée
Jettent un trouble immense
M´expliquant la vanité
De notre existence
Que vivons-nous, pourquoi vivons-nous?
Quelle est la raison d'être?
Tu es vivant aujourd'hui, tu seras mort demain
Et encore plus après-demain

二つのギターは
僕の抱える大きな不安を押しのける
僕たちの存在の空しさ
何のために生きるのか、なぜ僕たちは生きているのか?
僕たちの存在理由は?と問いながら
君は今日生きているけれど
明日は死んでしまうかもしれない
更にその翌日はどうなる事やら

Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz
Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz

ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも

Quand je serai ivre-mort
Faible et lamentable
Et que vous verrez mon corps
Rouler sous la table
Alors vous pourrez cesser
Vos chants qui résonnent
En attendant jouez
Jouez je m'abandonne

意思が弱くて情けない
この僕が酔いつぶれて
テーブルの下に
転がっているのを見つけたら
歌を歌うのを止めてもいいよ
でもそれまでの間弾いておくれ
弾いておくれ、僕は音楽に身を委ねる

Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz
Ekh raz yechtcho raz yechtcho mnogo mnogo raz

ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも

30117nb.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1955年のジュリアン・デュヴィヴィエ Julien Duvivier 監督作品の「わが青春のマリアンヌ」 "Marianne de ma jeunesse" の主題歌としてジルベール・ベコー Gilbert Bécaud が作曲し歌ったものです。

30115ku.jpg

仏独合作のこの映画は霧の立ち込める湖のほとりのに聳える古城に住む謎の美少女を巡る幻想的な物語です。

30115aa.jpg

Marianne de ma jeunesse  Gilbert Bécaud  わが青春のマリアンヌ  ジルベール・ベコー

30115g.jpg

Marianne de ma jeunesse  わが青春のマリアンヌ    《宇藤カザン訳》

Marianne de ma jeunesse
Ton manoir se dressait
Sur la pauvre richesses
De mon rêve enchanté

わが青春のマリアンヌ
君のの館は
魔法にかけられた僕の夢の
無価値な豊かさの上に
聳え立っていた

Les sapins sous le vent
Sifflent un air étrange
Où les voix se mélangent
De nains et de géants

風の中のモミの木々は
小人と巨人の声が混ざり合った
奇妙な調べを奏でている

Marianne de ma jeunesse
Tu as ressuscité
Des démons des princesses
Qui dans moi sommeillaient

わが青春のマリアンヌ
君は僕の中に眠っていた
悪魔たちとと王女たちを生き返らせた

Car ton nom fait partie
Marianne de ma jeunesse
Du dérisoire livre
Où tout enfant voudrait vivre

そして君の名は
わが青春のマリアンヌ
子供ならだれでも入り込みたかった
ささやかな本の世界の一部になった

Marianne de ma jeunesse
Nos deux ombres enfuies
Se donnèrent promesse
Par-delà leurs joies et leur vie

わが青春のマリアンヌ
遠くに行ってしまった僕たちの二つの影は
彼方で人生の歓びと共に
愛の誓いに身を捧げる

Marianne de ma jeunesse
J'ai serré sur mon coeur
Presque avec maladresse
Ton mouchoir de pluie et de pleurs

わが青春のマリアンヌ
涙に濡れた君のハンカチを
僕は胸の上でぎこちなく握り締める

30115t.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1995年の「アナモルフォーゼ」 "Anamorphosée" のアルバムに収録されているミレーヌ・ファルメール Mylène Farmer の「夢見る」または「レヴェ」 "Rêver" です。この作品もローラン・ブトナ Laurent Boutonnat の作品でしょう。何と言ってもミレーヌの舞台の観客の熱狂振りはすごい!

31011a.jpg

Rêver  Mylène Farmer  夢見る  ミレーヌ・ファルメール

30111h.jpg

Rêver  夢見る        《宇藤カザン訳》

D´avoir mis son âme dans tes mains
tu l´as froissé comme un chagrin
et d´avoir condamné vos différences
nous ne marcherons plus ensemble

その魂をあなたは手に取り
それを悲しいまでに傷つけた
そしてあなたとの違いを非難した
私たちはもう一緒に歩む事は出来ない

Sa vie ne bat plus que d´une aile
dansent les flammes, les bras se lèvent
là où il va il fait un froid mortel
si l´homme ne change de ciel pourtant, j´ai rêvé

もうあの人の人生は片方の翼でしか羽ばたけない
炎は揺らめき、両腕を上げる
彼が行くところは耐え難く冷たい
人間は天命を変えられないとしても、それでも私は夢見た

j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer
au souffle du vent
s´élevait l´âme, l´humanité
son manteau de sang
j´irai cracher sur vos tombeaux
n´est pas le vrai, n´est pas le beau
j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer

愛し合えると夢見たのに
一陣の風と共に
あの人の体と魂は舞い上がる
血に染まったコート
あなたたちの墓に私はつばを吐きに行くわ
何もならないし良いことでもないけれど
愛し合えると夢見たのに

à quoi bon abattre des murs
pour y dresser des sépultures
à force d´ignorer la tolérance
nous ne marcherons plus ensemble

そこに墓を立てるために
壁を打ち壊して何になるの
寛容を無視して
私たちはもう一緒には歩めないでしょう

les anges sont las de nous veiller
nous laissent comme un monde avorté
suspendu pour l´éternité
le monde comme une pendule
qui s´est arrêtée

天使たちは私たちを見守るのに疲れ
私たちを挫折の世界に放り置く
それは永遠に宙に浮いたままの
時間が止まってしまった世界

j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer
au souffle du vent
s´élevait l´âme, l´humanité
son manteau de sang
j´irai cracher sur vos tombeaux
n´est pas le vrai, n´est pas le beau
j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer

愛し合えると夢見たのに
一陣の風と共に
あの人の体と魂は舞い上がる
血に染まったコート
あなたたちの墓につばを吐きに行くわ
何もならないし良いことでもないけれど
愛し合えると夢見たのに

j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer
au souffle du vent
s´élevait l´âme, l´humanité
son manteau de sang
j´irai cracher sur vos tombeaux
n´est pas le vrai, n´est pas le beau
j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer

愛し合えると夢見たのに
一陣の風と共に
あの人の体と魂は舞い上がる
血に染まったコート
あなたたちの墓につばを吐きに行くわ
何もならないし良いことでもないけれど
愛し合えると夢見たのに

j´ai rêvé qu´on pouvait s´aimer
j´avais rêvé du mot AIMER

私は愛し合えるのを夢見ていた
「愛する」と言う言葉を夢見ていた

30111g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ドイツ語のタンゴでは「夜のタンゴ」があるが、「奥様お手をどうぞ」 "Ich küsse Ihre Hand, Madame" も良く知られている。

1928年のマレーネ・ディートリッヒが出演するサイレント映画「奥様お手をどうぞ」の主題歌として世界的に有名になった。ドイツ語のタイトルは「私はあなたの手にキスをする」と言う意味です。

たくさんの歌手が歌っていますが、1903年オランダ生まれ、108歳で2011年に亡くなった俳優、歌手のヨハネス・ヘータースで聴きましょう。

30109a.jpg

Ich küsse Ihre Hand, Madame  Johannes Heesters  奥様、お手をどうぞ  ヨハネス・ヘースタース

30109c.jpg

Ich küsse Ihre Hand, Madame  奥様お手をどうぞ      《宇藤カザン訳》

Madame ich lieb Sie seit vielen Wochen,
wir haben manchmal auch davon gesprochen.
Was nützt das alles, mein Pech dabei ist,
das ach, Ihr Herzchen leider nicht mehr frei ist.
Ihr Blick gebietet mir "Sei still"
Doch träumen kann ich was ich will

奥様、ずっと以前からあなたをお慕いしていました
何度かお話しましたね
そうしても何の役にも立たず、私が辛いのは
ああ、もはやあなたの心が自由ではないからなのです
あなたの目は「おとなしくなさって」と私に命ずる
それでも私が望む事を夢見る事は出来るでしょう

Ich küsse Ihre Hand, Madame,
und träum', es wär' Ihr Mund.
Ich bin ja so galant, Madame,
doch das hat seinen Grund.
Hab' ich erst Ihr Vertrauen, Madame,
und Ihre Sympathie,
wenn Sie erst auf mich bau'n, Madame,
ja dann, Sie werden schau'n, Madame,
Küss' ich statt Ihrer Hand, Madame,
nur Ihren roten Mund!

あなたの手に口づけします、マダム
これがあなたの唇だったらと願いつつ
奥様、私が礼儀正しいのには、マダム
理由があるのですよ
あなたの信頼と好意を得られ、マダム
あなたが私を頼ってくださるなら、マダム
ああ、そうなれば、お分かりでしょう、マダム
口づけをします、手にではなく、マダム
ただもう、あなたの赤い口びるに!

Es ist ja möglich, wenns wieder Mai wird,
das dann ihr Herzchen endlich wieder frei wird.
Es gibt noch eine Lösung um mich zu heilen,
wenn Sie ihr Herzchen ausnahmsweise teilen.
Wenn erst mein Mund den ihren fand,
sag ich nicht mehr Formell galant

春が再び訪れれば、そうなるかも知れません
あなたの心は再び自由になり
あなたの心を私だけに分けてくだされば
私の病も癒えるでしょう
私の唇があなたの唇に出会うことになれば
もはや恋の決まり文句など言わないでしょう

Ich küsse Ihre Hand, Madame,
und träum', es wär' Ihr Mund.
Ich bin ja so galant, Madame,
doch das hat seinen Grund.
Hab' ich erst Ihr Vertrauen, Madame,
und Ihre Sympathie,
wenn Sie erst auf mich bau'n, Madame,
ja dann, Sie werden schau'n, Madame,
Küss' ich statt Ihrer Hand, Madame,
nur Ihren roten Mund!

あなたの手に口づけします、マダム
これがあなたの唇だったらと願いつつ
私が礼儀正しいのには、マダム
理由があるのですよ
あなたの信頼と好意を得られ、マダム
あなたが私を頼ってくださるなら、マダム
ああ、そうなれば、お分かりでしょう、マダム
口づけをします、手にではなく、マダム
ただもう、あなたの赤い口びるに!

30109b.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1935年のフレエル Fréhel の「恋人たちはどこに」 "Où sont tous mes amants" 又は「恋人たちは何処へ」です。

フレエルは1891年生まれの歌手で女優ですが、貧困の家庭に生まれ、その才能で人気が出るものの、アルコール依存症のために離婚や失恋を繰り返し、その中毒のために国外で療養するほどまでになった。療養後再びパリの舞台に復帰したフレエルは1930年代は映画に喪出演したが、特にのジュリアン・デュヴィヴィェ監督の「望郷」の中で自分の吹き込んだレコードを聴いて涙を流すシーンは印象的でした。

Frehel  Ou Est Il Donc? (Pepe le Moko, 1936)  フレエル「望郷」の一場面

1951年に59歳で酒にまみれて生涯を閉じた。この「恋人たちはどこに」の歌は生涯愛を探し続けたフレエル自身のための歌のようにも思われる。

30107ks.jpg

Où sont tous mes amants  Fréhel  恋人たちはどこに  フレエル  

30108af.jpg  

Où sont tous mes amants  恋人たちはどこに      《宇藤カザン訳》

Où sont tous mes amants
Tous ceux qui m´aimaient tant
Jadis quand j´étais belle?
Adieu les infidèles
Ils sont je ne sais où
A d´autres rendez-vous
Moi mon cœur n´a pas vieilli pourtant
Où sont tous mes amants,

かつて私が美しかった頃
あれほど私を愛してくれた
恋人たちはどこに行ったのかしら?
不実な人たちよ、さようなら
彼らがどこに行ったのか私は知らない
別の人と会っているのでしょう
私の心はまだ若いままなのに
恋人たちはどこに行ってしまったのでしょう

Dans la tristesse et la nuit qui revient
Je reste seule, isolée sans soutien
Sans nulle entrave, mais sans amour
Comme une épave mon cœur est lourd
Moi qui jadis ai connu le bonheur
Les soirs de fête et les adorateurs
Je suis esclave des souvenirs
Et cela me fait souffrir.

夜になると哀しみに暮れる
私は一人残され、支えてくれる人もいない孤独
何の束縛も無いけれど、愛のない日々を
重い心で漂うばかり
かつては幸せを知る身だった私
祭りの夜に熱狂する人々を見れば
想い出の囚われ人となり
それは私に辛い思いをさせるだけ

Où sont tous mes amants
Tous ceux qui m´aimaient tant
Jadis quand j´étais belle?
Adieu les infidèles
Ils sont je ne sais où
A d´autres rendez-vous
Moi mon cœur n´a pas vieilli pourtant
Où sont tous mes amants,

かつて私が美しかった頃
あれほど私を愛してくれた
恋人たちはどこに行ったのかしら?
不実な人たちよ、さようなら
彼らがどこに行ったのか私は知らない
別の人と会っているのでしょう
私の心はまだ若いままなのに
恋人たちはどこに行ってしまったのでしょう

La nuit s´achève et quand vient le matin
La rosée pleure avec tous mes chagrins
Tous ceux que j´aime
Qui m´ont aimée
Dans le jour blême
Sont effacés
Je vois passer du brouillard sur mes yeux
Tous ces pantins que je vois, ce sont eux
Luttant quand même, suprême effort,
Je crois les étreindre encore.

夜が明けて朝が来る度に
悲しみのバラ色の涙
私が愛するたくさんの人たち
私を愛した人たちは
薄明のもとに消えていった
目の前を霧が通り過ぎて行ったようだ
私が出会った操り人形のあの人たち
彼らもまた必死の思いで戦い
まだ胸を締め付けられる思いでいるのだろう

Où sont tous mes amants
Tous ceux qui m´aimaient tant
Jadis quand j´étais belle?
Adieu les infidèles
Ils sont je ne sais où
A d´autres rendez-vous
Moi mon cœur n´a pas vieilli pourtant
Où sont tous mes amants,

かつて私が美しかった頃
あれほど私を愛してくれた
恋人たちはどこに行ったのかしら?
不実な人たちよ、さようなら
彼らがどこに行ったのか私は知らない
別の人と会っているのでしょう
私の心はまだ若いままなのに
恋人たちはどこに行ってしまったのでしょう

Où sont tous mes amants
Tous ceux qui m´aimaient tant
Moi mon cœur n´a pas vieilli pourtant
Où sont tous mes amants.

あれほど私を愛してくれた
恋人たちはどこに行ったのかしら?
私の心はまだ若いままなのに
恋人たちはどこに行ってしまったのでしょう

30108vvv.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


コラ・ヴォケールが歌う "Comme au Théatre" は「お芝居のように」「まるでお芝居のよう」などとと訳すのが無難かとは思うが、「まるでドラマみたい」と言う方が実質的かと思う。また日本で発売されたレコードは「愛の終幕」となっており、それも内容と異なる訳ではないから、悪いタイトルだとは思わない。

30107a.jpg

Comme au Théatre  Cora Vaucaire  お芝居のように  コラ・ヴォケール

Comme au Théatre  Cora Vaucaire  お芝居のように  コラ・ヴォケール  1976年


30107dvvv.jpg

Comme au Théatre  「お芝居のように」     《宇藤カザン訳》

Le mobilier était anglais
Du velours vert, de l´acajou
Le punch était martiniquais
Il y´avait des coussins partout
Et le Paris du moi de juin
A la fenêtre qui frissonne
Et les disques de Sinatra
Qui tournaient sur l´électrophone

グリーンのベルベット張りの
マホガニーの英国家具
マルティニーク酒のポンチ
あちこちにクッションが置かれていた
それは6月のパリ
蓄音機の上で回るシナトラのレコードが
窓ガラスを震わせていた

Comme au théâtre
Comme au théâtre

お芝居のようね
お芝居のようね

Plus je repense à notre amour
A ces bonheurs et à ses peines
Plus je me dis que tu avais
Le génie de la mise en scène.

私たちの恋の幸せと苦しみを
思い返すほどに
あなたは演出の天才だったと
私には思われるの

A l´acte 2, nouveau décors
J´avais rêvé, un rêve fou
Tu l´exauças, nous prîmes l´avion
Pour des vacances à Corfou
Tu étais beau comme un Hermès
Le torse nu parmi les ruines
Dans l´ombre bleu des grands cyprès
Qui s´étageaient sur la colline

2幕目では舞台が変わり
私が夢にまで見て憧れていた
コルフ島へのヴァカンスの旅行の
飛行機を予約する願いを
あなたは聞き入れてくださった
丘に立ち並ぶ
高い糸杉の青い影の中で
廃墟の中のあなたの裸の上半身は
ヘルメスのように素敵だった

Comme au théâtre
Comme au théâtre

お芝居のようね
お芝居のようね

Plus je repense à notre amour
A ces bonheurs et à ses peines
Plus je me dis que tu avais
Le génie de la mise en scène.

私たちの恋の幸せと苦しみを
思い返すほどに
あなたは演出の天才だったと
私には思われるの

30107f.jpg

Lorsque ta femme nous surpris
Ce fut moi la plus étonnée
Elle te savait infidèle
Je ne te savais pas marié
Elle n´était même pas jalouse
Mais réclamait la voix vibrante
Pour ses bambins, le bon papa
Qu´avait volé une intrigante

あなたの奥さんが突然現れた時
私はとっても驚いたのだけれど
奥さんはあなたが浮気しているのを知っていて
私はあなたが結婚しているのを知らなかった
彼女は嫉妬まではしなかったけれど
子供たちのために
女にたぶらかされない
良きパパであるようにと
声を震わせて懇願した

Comme au théâtre
Comme au théâtre

お芝居のようね
お芝居のようね

Plus je repense à notre amour
A ces bonheurs et à ses peines
Plus je me dis que tu avais
Le génie de la mise en scène.

私たちの恋の幸せと苦しみを
思い返すほどに
あなたは演出の天才だったと
私には思われるの

Le vaudeville tout à coup
A remplacé la tragédie
Don juan quittait son piédestal
Pour jouer l´éternel mari
C´était d´un drôle,
on a parlé de trahison, de sacrifice
Ca n´ me concernait plus
j´étais devenue spectatrice

気楽な喜劇は突然悲劇に取って代わった
ドンファンは永遠の夫を演じるために
その台座から離れた
裏切りだとか犠牲だとかとの話を聞くのは
面白かったけれど
もはや私には無縁のものとなり
私はただの観客になってしまった

Comme au théâtre
Comme au théâtre

お芝居のようね
お芝居のようね

Comme au théâtre!

まるでお芝居のようね!

30107x.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

シャルル・アズナヴール Charles Aznavour には「コメディアン」 "Les comédiens" と言う曲があり、こちらは既に訳してあるがその姉妹曲とも言うべき「大根役者」 "Le cabotin" です。前者は複数だし集団的な感じがあるが、こちらは単独の役者の立場で、「コメディアン」が1962年、「大根役者」が1967年の曲です。

30106sa.jpg

Le cabotin  Charles Aznavour  大根役者  シャルル・アズナヴール

30106kk.jpg

Le cabotin  大根役者     《宇藤カザン訳》

Je suis un cabotin dans toute sa splendeur
Je suis né pour jouer
Donnez-moi un tréteau minable et sans chaleur
Je vais me surpasser
Je suis un cabotin dans toute sa splendeur
Mais j'ai ça dans le sang
Donnez-moi quatre planches et quelques spectateurs
Et j'aurai du talent
Du talent

おいらはまさに素晴らしき大根役者
演じるために生まれて来たのさ
おいらにちゃちでどうってことない舞台をおくれ
素晴らしい演技をしてやろうじゃないか
おいらはまさに素晴らしき大根役者
根っからの役者さ
おいらに舞台と観客を少し用意しておくれ
おいらには才能があるんだよ
才能が

Dans une pièce de trois murs
A ventre ouvert sur le public
Tout comme au bord d'un gouffre obscur
Avec mon trac avec mes tics
Je viens donner la comédie
Vibrant d'un feu qui brûle en moi
Je parle je pleure et je ris
Et vis mon rôle chaque foi

三方を壁に囲まれ
中央は観客に向けて開かれて
暗い奈落の渕に立たされたように
気後れしながら痙攣しながら
演技をするために来たのさ
自分を奮い立たせ
語り、泣き、笑い
繰り返し自分の役を演じる

Ne me condamnez pas sans comprendre mon cœur
Je suis d'une autre race
Je suis un cabotin dans toute sa splendeur
La scène est mon espace

おいらの気持ちを分からずに非難しないで
おいらは別の血筋を持っている
おいらはまさに素晴らしき大根役者
舞台こそがおいらの居場所

Ma vie commence alors
Que je vois le décor
Que j'entends les trois coups
Et je suis malgré moi
Pris de peur et de joie
Quand le rideau se lève
Là mon cœur bat si fort
Que je frôle la mort
Et que j'en oublie tout
Mais au moment exact
Je fais le premier pas
Pour entrer dans mon rêve mon rêve

舞台装置を見て
ドラが三発なれば
いよいよおいらの出番だ
自分でもどうしようもないのだけれど
恐怖と狂喜に襲われる
幕が開くと
心臓がバクバクして
真っ白になって
死にそうになるんだ
でも舞台に一歩踏み出した途端
おいらは夢の世界に入り込む

Je suis un cabotin dans toute sa splendeur
J'ai choisi mon destin
Donnez-moi dix répliques et quelques projecteurs
Vous verrez mes moyens

おいらはまさに素晴らしき大根役者
自分で選んだ運命さ
十の台詞を与え、スポットライトで照らしてくれたまえ
そうすりゃおいらの素質が分かると言うものさ

Je suis un cabotin dans toute sa splendeur
Et c'est toute ma vie
Donnez-moi un théâtre un rôle à ma hauteur
Et j'aurai du génie
Du génie

おいらはまさに素晴らしき大根役者
これは生涯の仕事さ
おいらに見合った芝居の役をくれたまえ
おいらは天才なのさ
天才さ

Sous un maquillage savant
Ou le visage à découvert
Emphatique ou discrètement
Je dis la prose ou bien le vers
Avec tendresse avec fureur
Selon la pièce et puis l'emploi
Je souffre je vis ou je meurs
Et mens jusqu'à ce que j'y croie

巧妙な化粧の下に隠れたり
誇張したり控え目にしたりの
あからさまな表情で
おいらは台詞や詩を語る
優しく、あるいは高揚して
作品のその場面に応じて
おいらはもがき苦しみ生きたり死んだり
真に迫るように演技する

Soit dit sans vanité je connais ma valeur
Et si pour vous peut-être
Je suis un cabotin dans toute sa splendeur
Je reste fier de l'être

控え目に言っても
おいらは自分の価値を分かっているさ
あんた方にとってもきっと
おいらはまさに素晴らしき大根役者
おいらはそいつに誇りを持っているのさ

30106j.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


今公開されているミュージカル映画「レ・ミゼラブル」 "Les Misérables" を観て来ました。フランスが舞台なのに英語であることに違和感を感じてしまうが、それでもとても楽しめました。

「レ・ミゼラブル」の映画は1957年のジャン・ギャバン主演の映画にとても感動した記憶がある。2000年にもフランスでジェラール・ドパルデューのジャン・バルジャンでTV放映されているのを観ているが、最初に観た映画と本で読んだ印象が強く、あまり良く思い出せない。TVの画面と映画館の画面では迫力がまるで違いますからね。

30105b.jpg

このミュージカルでもっとも感動的な歌はファンティーヌが死の間際に歌う「夢やぶれて」とエポニームが銃弾に倒れてマリユスの前で歌う歌だと思う。

「夢やぶれて」はフランス語では "J'avais rêvé d'une autre vie" 「私は別の人生を夢見ていた」で英語では "I Dreamed a Dream" 「私は夢を夢見ていた」となり、大体同じだが、歌詞の内容は若干異なる。

さて、ミュージカルとしての「レ・ミゼラブル」は1980年にパリで初演され、改訂を加えられて1985年にロンドンで上演されたが、以来ロングランを続け、今ではむしろ英語版のほうが主流となってしまった感がある。

30105a.jpg

J'aivais rêvé d'une autre vie  Rose Laurens  別の人生を夢見ていた  ローズ・ローランス

J'avais rêvé d'une autre vie  別の人生を夢見ていた   《宇藤カザン訳》

J'avais rêvé d'une autre vie
Mais la vie a tué mes rêves
Comme on étouffe les derniers cris
D'un animal que l'on achève

私はもっと違った人生を夢見ていたのに
運命が私の夢を打ち砕いてしまった
息の根を止める動物の
最後のうめき声を押さえつけるように

J'avais rêvé d'un coeur si grand
Que le mien puisse y trouver place
Mais mon premier prince charmant
Fut l'assassin de mon enfance

私は心地よい居場所を見つけられるような
とても広い心を夢見ていた
けれども私の初めての素敵な王子さまは
私の幼年時代を抹殺してしまった

J'ai payé de toute mes larmes
La rançon d'un petit bonheur
À une société qui désarme
La victime, et pas le voleur

私はささやかな幸せの代償を
私の涙に代えて支払った
何も盗んでいないのに
犠牲者を身ぐるみ剥がす社会に

J'avais rêvé d'un seul amour
Durant jusqu'à la fin du monde
Dont on ne fait jamais le tour
Aussi vrai que la terre est ronde

地球が丸いのと同じくらい確かな
誰も経験した事がない
この世の終焉までも続く
たった一つの愛を夢見ていた

J'avais rêvé d'une autre vie
Mais la vie a tué mes rêves
À peine commencée, elle finit
Comme un court printemps qui s'achève

私はもっと違った人生を夢見ていたのに
運命が私の夢を打ち砕いてしまった
ようやく始まりかけたのに
はかない春のように私の人生は終わってしまう

J'avais rêvé d'une autre vie
Mais la vie a tué mes rêves
Comme un court printemps qui s'achève

私はもっと違った人生を夢見ていたのに
運命が私の夢を打ち砕いてしまった
すぐに終わるはかない春のように

La nuit, la nuit, je sombre en mon corps
Et je m'abondonne à des sinistres corps à corps
La nuit, la nuit, pour deux pièces d'or
Quand ils font jaillir en moi leur pitoyable effort
Ils ne savent pas qu'ils font l'amour avec la mort

夜、夜、私は体を沈ませ
体と体が密接する辛い行為に身を委ねる
夜、夜、わずかばかりの金貨二枚のために
くだらない行為の果てに
奴らが私の中に放出する時
奴らは死体を抱いていると言う事を知らない

30105r.jpg

I Dreamed a Dream  Anne Hathaway  夢やぶれて  アン・ハサウェイ
 
I Dreamed a Dream  Hayley Westenra  夢やぶれて  ヘイリー・ウェステンラ

I Dreamed a Dream  Lea Salonga  夢やぶれて  リー・サロンガ

30105hk.jpg

I Dreamed a Dream  夢やぶれて   《宇藤カザン訳》

There was a time when men were kind
When their voices were soft
And their words inviting
There was a time when love was blind
And the world was a song
And the song was exciting
There was a time
Then it all went wrong

男たちが優しい声で
誘惑の言葉を語り
思いやりがあった時があった
愛が盲目で
世の中には歌が満ち
その歌に心躍らせた時があった
でも時が過ぎ
全てが狂ってしまった

I dreamed a dream in time gone by
When hope was high
And life worth living
I dreamed that love would never die
I dreamed that God would be forgiving
Then I was young and unafraid
And dreams were made and used and wasted
There was no ransom to be paid
No song unsung, no wine untasted

過ぎ去ってしまった時の中で
私は夢にとりつかれていた
希望に満ちて、生きるに値する人生があった
愛には終わりがないと思っていた
神は私を受け入れてくれると思っていた
若く怖れを知らなかった私
夢が生まれ、夢に生き、そして無駄になった
夢は償われる事も無く
歌も歌い尽くし
美酒も味わい尽くした

But the tigers come at night
With their voices soft as thunder
As they tear your hope apart
As they turn your dream to shame

そして夜には凶暴な奴らがやってきて
雷鳴のようなささやき声で
希望を引き裂き
夢を恥辱へと変えてしまった

He slept a summer by my side
He filled my days with endless wonder
He took my childhood in his stride
But he was gone when autumn came

あの人は夏の間私の傍らで眠り
あの人は私を驚きの日々の連続で満たした
あの人は私の少女時代を踏み台にして
秋が来ると去って行ってしまった

And still I dream he'll come to me
That we will live the years together
But there are dreams that cannot be
And there are storms we cannot weather

今でもあの人が戻って来て
ずっと一緒に暮してくれるのを夢見る私
しかし叶わない夢もあれば
切り抜けられない嵐もある

I had a dream my life would be
So different from this hell I'm living
So different now from what it seemed
Now life has killed the dream I dreamed.

今のこの地獄とは
かけ離れた人生を夢見ていたのに
こんなはずでは無かったのに
今では私の夢見た人生も台無しになってしまった

30105mn.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1966年のクロード・ルルーシュ Claude Lelouche 監督の「男と女」 "Un homme et une femme" の映画は当時画期的に思えた。なんとも洗練された感覚美、格好良すぎるお洒落な世界、アヌーク・エーメの美しさにもすっかり魅了され、繰り返し画面を流れるフランシス・レイ Francis Lai の音楽は、フランス的センスに溢れているように思えた。今にして思えば、この映画をきっかけにフランス文化への憧れが募ったように思う。そしてかの地に行ってからは、男と女のロケ地を検証するかのようにドーヴィルの海岸を訪れた。

30104q.jpg

Un homme et une femme  Nicole Croisille et Pierre Barouh  男と女(恋のデュエット)  ニコル・クロワジール&ピエール・バルー

Un homme et une femme  Nicole Croisille et Pierre Barouh  男と女(恋のデュエット)  ニコル・クロワジール&ピエール・バルー Live

30104kk.jpg

Un homme et une femme  男と女        《宇藤カザン訳》

Comme nos voix ba da ba da da da da da da da
Chantent tout bas ba da ba da da da da da da da
Nos cœurs y voient ba da ba da da da da da da da
Comme une chance comme un espoir
Comme nos voix ba da ba da da da da da da da
Nos cœurs y croient ba da ba da da da da da da da
Encore une fois ba da ba da da da da da da da
Tout recommence, la vie repart

私たちの声が バダバダダダダダダダ
ささやくように歌えば バダバダダダダダダダ
私たちの心には バダバダダダダダダダ
幸運のように希望のように映る
私たちの声と バダバダダダダダダダ
私たちの心がそれを信るように バダバダダダダダダダ
もう一度 バダバダダダダダダダ
全てが再び始まり、人生が歩み出す

Combien de joies
Bien des drames
Et voilà !
C'est une longue histoire
Un homme
Une femme
Ont forgé la trame du hasard.

歓びの数々と
出来事に満ちて
今ここに!
それは長い物語
男と
女が
偶然の出会いの絆を深めた

Comme nos voix ba da ba da da da da da da da
Nos cœurs y voient ba da ba da da da da da da da
Encore une fois ba da ba da da da da da da da
Comme une chance
Comme un espoir.

私たちの声と バダバダダダダダダダ
私たちの心がそれを見つけ バダバダダダダダダダ
もう一度 バダバダダダダダダダ
幸運のように
希望のように

Comme nos voix ba da ba da da da da da da da
Nos cœurs en joie ba da ba da da da da da da da
On fait le choix ba da ba da da da da da da da
D'une romance
Qui passait là.

私たちの声と バダバダダダダダダダ
私たちの心が バダバダダダダダダダ
それを選ぶ バダバダダダダダダダ
そこに通りがかった
一つの恋物語

Chance qui passait là
Chance pour toi et moi ba da ba da da da da da da da
Toi et moi ba da ba da da da da da da da
Toi et moi ba da ba da da da da da da da
Toi et moi ba da ba da da da da da da da
Toi et moi.

そこに訪れた幸運
あなたと私のための幸運 バダバダダダダダダダ
あなたと私 バダバダダダダダダダ
あなたと私 バダバダダダダダダダ
あなたと私 バダバダダダダダダダ
あなたと私

30104v.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「白い恋人たち」と言うのは多分日本独自のタイトルで元は「フランスでの13日間」 "13 Jours en France" なのだが、この曲はフランシス・レイが作曲した1968年のグルノーブル冬季オリンピックの公式記録映画の主題曲である。

監督は「男と女」でセンセーショナルなデビューを果たしたクロード・ルルーシュが担当し、東京オリンピックが市川崑監督にまかされ、単なる記録映画を超えた作品にしたように、この映画も芸術作品にまで高められたと言えるでしょう。

30102hd.jpg

このメロディーは繰り返し映画の画面に現れ、歌はピエール・バルーとニコール・クロワジールによって歌われていたのだが、動画が見つからないのでマリーナ・スレステ Marina Celeste で聴きます。

30103a.jpg

13 Jours en France  Marina Celeste  白い恋人たち  マリーナ・スレステ

スラローム競技ではジャン・クロード・キリーが3つの金メダルを取り、国民的な英雄となった。その後は映画やカーレースなどにも活躍の場を広げ、さらにオリンピックの組織委員とし要職についた。

30102kk.jpg

13 Jours en France  白い恋人たち        《宇藤カザン訳》

Voilà pendant treize jours
En France on a fait le tour
Du désordre et des passions
De la disproportion de notre temps qui court

このようにして
フランスでの13日間の混乱と情熱と
たゆみない流れの現代の不均衡を
人々は体験した

Voilà pendant treize jours
La France a fait son discours
Sans oublier qu'en chansons quelques soient les raisons

このようにして13日の間
シャンソンだけでなく
理性だってあるんだと
フランスは主張した

Cela finit toujours
Un peu comme les lampions
Survivant aux réveillons
Peu à peu toutes passions s'éteignent

それは結局終わるもの
前夜祭まで残っている
ちょうちんの明かりに似て
あらゆる情熱は少しずつ消えてゆく

Comme les rues s'ennuyaient
Quand le quatorze juillet
Remballait ses bals et ses rengaines

巴里祭が終わって
踊りや歌が仕舞い込まれ
通りがひっそりとなるように

Voilà qu'après treize jours
En France a repris le cours
D'un folklore quotidien qu'au fond l'on aime
Et qui vient au jour le jour

このようにしてフランスでの
13日間が終わった後には
人々が心から愛する
各地の日常生活を取り戻し
それは着実なものになって来る

Pourtant pendant treize jours
En France on a fait l'amour
Sans oublier un instant que pendant tout ce temps
Les jeux suivraient leur cours

それでも13日の間
フランスでは
オリンピックの競技が
行われている最中も
片時も忘れずに愛の行為をした

30103kf.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1964年のセルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg の「コーヒー・カラー」「コーヒー色」 Couleur café です。この曲はアフリカの音楽に影響されて作られたようです。あまり深く考えずにゲンズブールらしい軽さと言葉遊びの世界を楽しめば良いのでしょう。

30102a.jpg

Couleur café  Serge Gainsbourg   コーヒー・カラー  セルジュ・ゲンズブール

30102b.jpg

Couleur café  コーヒー・カラー     《宇藤カザン訳》

J'aime ta couleur café
Tes cheveux café
Ta gorge café
J'aime quand pour moi tu danses
Alors j'entends murmurer
Tous tes bracelets
Jolis bracelets
A tes pieds ils se balancent

僕は君のコーヒー色が好き
コーヒー色の髪
コーヒー色の喉
僕に踊ってくれる君が好き
ほら、君のブラスレットが
心地よい音を立てている
君の足で揺れ動く
きれいなブラスレット

Couleur café
Que j'aime ta couleur café

コーヒー・カラー
君のコーヒー・カラーはたまらないね

C'est quand même fou l'effet
L'effet que ça fait
De te voir rouler
Ainsi des yeux et des hanches
Si tu fais comme le café
Rien qu'à m'énerver
Rien qu'à m'exciter
Ce soir la nuit sera blanche

目と腰を回している君を見ていると
扇情されるというわけだ
もし君がコーヒーみたいに振舞ったら
僕は興奮するな
欲情をそそられるね
今夜は眠れないぞ

Couleur café
Que j'aime ta couleur café

コーヒー・カラー
君のコーヒー・カラーはたまらないね

30112f.jpg

L'amour sans philosopher
C'est comme le café
Très vite passé
Mais que veux-tu que j'y fasse
On en a marre de café
Et c'est terminé
Pour tout oublier
On attend que ça se tasse

哲学のない愛は
コーヒーのように
すぐに終わってしまうけれど
だからってどうしろと言うんだい
もうコーヒーには飽き飽きさ
だからおしまい
みんな忘れよう
じきに普通に戻るさ

Couleur café
Que j'aime ta couleur café

コーヒー・カラー
君のコーヒー・カラーはたまらないね

30102nm.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「アマポーラ」 "Amapola" は、スペインからアメリカに移住したホセ・ラカジェ Joseph LaCalle が1922年に発表した曲です。1925年には「ザ・レクォーナ・キューバン・ボーイズ」 "The Lecuona Cuban Boys" と言う映画の中で歌われた。次に1939年公開のヘンリー・コスター監督の映画「銀の靴」 "First Love" の中でディアナ・ダービン Deanna Durbin が歌ってヒットしました。その映画の場面がありますのでご覧ください。

21231a.jpg

Amapola  Deanna Durbin   アマポーラ  ディアナ・ダービン

「アマポーラ」とは「ひなげし」の事でフランス語では「コクリコ」です。この曲はナナ・ムスクーリも歌ってヒットしましたが、ジリオラ・チンクェッティとトリオ・ロス・パンチョス盤が気に入ってデュオの練習をしています。

21231b.jpg

Amapola  Gigliola Cinquetti y Los Panchos  アマポーラ ジリオラ・チンクェッティ&トリオ・ロス・パンチョス

21231agr.jpg

Amapola  アマポーラ     《宇藤カザン訳》

De amor, en los hierros de tu reja
De amor, escuché la triste queja
De amor, que solo en mi corazón
Diciendome así con su dulce canción

君の恋の鉄格子の中で
悲しみの恋の哀歌が聞こえる
それは私の心の中の恋
あの人の優しい歌が聞こえるようだ

Amapola, lindísima amapola
Será siempre mi alma
Tuya sola

ひなげしよ、絶えなく美しいひなげしよ
いつまでも私の心を君だけに

Yo te quiero amada niña mía
Igual que ama la flor
La luz del día

私の可愛い君よ、君を愛してる
花が昼の陽射しを愛するように

Amapola, lindísima amapola
No seas tan ingrata
Amamé

ひなげしよ、絶えなく美しいひなげしよ
そんなに嫌な顔をせずに
私を愛しておくれ

Amapola, Amapola
Como puedes tu vivir
Tan sola

ひなげしよ、ひなげしよ
どうして君は一人で生きていけるの

Amapola, lindísima amapola
Será siempre mi alma
Tuya sola

ひなげしよ、絶えなく美しいひなげしよ
いつまでも私の心を君だけに

Yo te quiero amada niña mía
Igual que ama la flor
La luz del día

私の可愛い君よ、君を愛してる
花が昼の陽射しを愛するように

Amapola, lindísima amapola
No seas tan ingrata
Amamé

ひなげしよ、絶えなく美しいひなげしよ
そんなに嫌な顔をせずに
私を愛しておくれ

Amapola, Amapola
Como puedes tu vivir
Tan sola

ひなげしよ、ひなげしよ
どうして君は一人で生きていけるの

21231y.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

遠い昔にフランス語に初めて接した頃、ジェラール・フィリップが録音したサン=テグジュペリの「星の王子さま」の朗読のLPを何度も聞いたが、ジェラール・フィリップの発音はなんと美しいのだろうと聞くたびに思った。それから40年以上経ってフランス語でシャンソンを歌うようになってからは、なんとフランス語の発音は難しいのだろうと歌うたびに思う。

21230dk.jpg

Le Petit Prince  Gerard Philippe  星の王子さま  ジェラール・フィリップ

カザンにとってはイヴ・デュテイユの滑らかで柔らかい発音は羨望だが、とても真似が出来ない。一つには音を体内で響かせるための空間、体格の差もあるのだろう。深い音が出せない。女性の歌手ではジャクリーヌ・フランソワの発音が明瞭で曇りがなく、理想的なように思える。

さて、イヴ・デュテイユ Yves Duteil の「愛の言葉の国」 "Le pays des mots d'amour" だが、易しいようで訳すのはなかなか難しい。一つにはやや抽象的なイメージの世界であることだが、voir などの基本的な動詞は「見る」だけでなく、「会う」とか「思い描く」とか色々な意味が含まれるので、そのどれが当てはまるかを推量するのが難しい。本当に基本的なありふれた単語が厄介なのである。

21230a.jpg

Le pays des mots d'amour  Yves Duteil   愛の言葉の国  イヴ・デュテイユ

21230b.jpg

Le pays des mots d'amour  愛の言葉の国      《宇藤カザン訳》

D'où nous viennent les rengaines
Que l'on chante en ce monde
Où s'envolent les paroles des chansons
Les histoires, certains soirs
Sont cachées dans les miroirs
Au matin,
Bien malin qui pourrait voir

巷で口ずさんでいるはやり唄は
どこからやってくるのだろう
それらの歌詞はどこに消えてしまうだろう
幾夜の物語の数々が
鏡の中に隠されている
朝になると
なかなか見えない

Le pays des mots d'amour
Dans les reflets du velours
Le pays des mots câlins
Dans les reflets du satin
Le pays démodé
Dans les reflets du passé
Celui des mots défendus
Dans les reflets disparus
Le pays des mots d'enfants
Dans les reflets du printemps
Celui des mots oubliés
Dans les reflets d'un cahier
Tous les mots qui font croire
Aux reflets dans les miroirs
Bien malin, bien malin qui peut les voir

ビロードの光沢に包まれた
愛の言葉の国
サテンの光沢に包まれた
甘い言葉の国
過去を映すだけの
時代遅れの国
輝きが失せた
守られている言葉の国
春の輝きに満ちた
子供たちの言葉の国
ノートに映された
忘れられた言葉の国
鏡に映された
信じられる全ての言葉
なかなか、それらはなかなか見えない

Au pays de mon enfance
Les rideaux sont tirés
Sur la ville où le silence est retombé
Le piano refermé
Et la chanson terminée
Au matin, bien malin qui peut trouver

僕の幼年時代の国では
カーテンが閉じられた
静けさが戻った街では
ピアノの蓋は閉じられて
歌もおしまい
朝になっても、なかなか見つけられない

Nos mots tendres et nos amours
Dans les reflets du velours
La lumière de nos matins
Dans les reflets du satin
Les sourires du hasard
Qui font sourire nos mémoires
Pour nous offrir en passant
Nos passés comme un présent
Le pays des souvenirs
Sous les reflets du saphir
Dans les éclats du diamant
Celui des mots qu'on attend
Les bonheurs dérisoires
Qui nous offrent un peu d'espoir
Bien malin, bien malin qui sait les voir

ビロードの光沢に包まれた
愛の言葉の国
サテンの光沢に包まれた
甘い言葉の国
通り過ぎながら私たちの過去を
あるがままに見せようと
記憶に微笑みかける
思いがけない微笑み
サファイアの輝きに照らされる
想い出の国
ダイアモンドの煌きに照らされる
誰もが待ち受ける言葉の国
わずかばかりの希望を与えてくれる
ささやかな幸せ
なかなか、なかなか、それらを見ることはできない

Le pays démodé
Dans les reflets du passé
Celui des mots défendus
Dans les reflets disparus
Le pays des mots d'enfants
Dans les reflets du printemps
Celui des mots oubliés
Dans les reflets d'un cahier
Tous les mots qui font croire
Aux reflets dans les miroirs
Bien malin, bien malin qui peut les voir

過去を映すだけの
時代遅れの国
輝きが失せた
守られている言葉の国
春の輝きに満ちた
子供たちの言葉の国
ノートに映された
忘れられた言葉の国
鏡に映される
信じられる全ての言葉
なかなか、それらはなかなか見えない

21230bg.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

セルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg の "La Noyée" をカザンは「溺れる女」と訳したが、「溺れる人」あるいは「溺れるあなた」でも良いでしょう。 この曲はランボーの Ophélie 「オフェリー」または「オフィーリア」の詩に触発されて書かれたようだ。

1972年にTV番組で歌って以来長い間眠りについていたが、1994年に72年の番組の録音がシングルカットされ、その後2002年にカルラ・ブルーニ Carla Bruni が歌ってこの曲は長い眠りから覚めた。

21228gb.jpg

La Noyée  Serge Gainsbourg  溺れる女  セルジュ・ゲンズブール

21229gu.jpg

La Noyée  Carla Bruni  溺れる女  カルラ・ブルーニ

21229olia.jpg

La Noyée  溺れる女     《宇藤カザン訳》

Tu t'en vas à la dérive
Sur la rivière du souvenir
Et moi, courant sur la rive,
Je te crie de revenir
Mais, lentement, tu t'éloignes
Et dans ma course éperdue,
Peu à peu, je te regagne
Un peu de terrain perdu.

想い出の流れに沿って
漂流するあなた
川岸を走りながら
戻って来てと叫んでいる僕
けれどもゆっくりとあなたは遠ざかり
取り乱して走りながらも
少しずつ僕はあなたとの
距離を取り戻す

De temps en temps, tu t'enfonces
Dans le liquide mouvant
Ou bien, frôlant quelques ronces,
Tu hésites et tu m'attends
En te cachant la figure
Dans ta robe retroussée,
De peur que ne te défigurent
Et la honte et les regrets.

揺れ動く水流に
時折呑み込まれ
かと思えば茨に触れそうになりながら
着衣はめくれてあなたの顔を覆い
顔が醜くなっていないかとの怖れと
恥じらいと後悔で
ためらいながらも僕を待つあなた

Tu n'es plus qu'une pauvre épave,
Chienne crevée au fil de l'eau
Mais je reste ton esclave
Et plonge dans le ruisseau
Quand le souvenir s'arrête
Et l'océan de l'oubli,
Brisant nos coeurs et nos têtes,
A jamais, nous réunit.

あなたは惨めな漂流物でしかない
水に流されるくたばったメス犬
けれどもあなたの奴隷であり続ける僕は
流れに身を投げる
記憶は止まり
広大な忘却の海へと
心と頭は打ち砕かれながらも
未来永劫、僕たちは結ばれる

21229v.jpg

アルチュール・ランボー Arthur Rimbaud の 「オフェリア」 "Ophélie" 《堀口大學 訳》

21229rab.jpg

I
Sur l'onde calme et noire où dorment les étoiles
La blanche Ophélia flotte comme un grand lys,
Flotte très lentement, couchée en ses longs voiles...
- On entend dans les bois lointains des hallalis.

Voici plus de mille ans que la triste Ophélie
Passe, fantôme blanc, sur le long fleuve noir.
Voici plus de mille ans que sa douce folie
Murmure sa romance à la brise du soir.

Le vent baise ses seins et déploie en corolle
Ses grands voiles bercés mollement par les eaux;
Les saules frissonnants pleurent sur son épaule,
Sur son grand front rêveur s'inclinent les roseaux.

Les nénuphars froissés soupirent autour d'elle;
Elle éveille parfois, dans un aune qui dort,
Quelque nid, d'où s'échappe un petit frisson d'aile:
- Un chant mystérieux tombe des astres d'or.

II
Ô pâle Ophélia ! belle comme la neige !
Oui tu mourus, enfant, par un fleuve emporté !
- C'est que les vents tombant des grands monts de Norwège
T'avaient parlé tout bas de l'âpre liberté;

C'est qu'un souffle, tordant ta grande chevelure,
A ton esprit rêveur portait d'étranges bruits;
Que ton coeur écoutait le chant de la Nature
Dans les plaintes de l'arbre et les soupirs des nuits;

C'est que la voix des mers folles, immense râle,
Brisait ton sein d'enfant, trop humain et trop doux;
C'est qu'un matin d'avril, un beau cavalier pâle,
Un pauvre fou, s'assit muet à tes genoux !

Ciel ! Amour ! Liberté ! Quel rêve, ô pauvre Folle !
Tu te fondais à lui comme une neige au feu:
Tes grandes visions étranglaient ta parole
- Et l'Infini terrible effara ton oeil bleu !

III
- Et le Poète dit qu'aux rayons des étoiles
Tu viens chercher, la nuit, les fleurs que tu cueillis;
Et qu'il a vu sur l'eau, couchée en ses longs voiles,
La blanche Ophélia flotter, comme un grand lys.

I
星かげ浮べ波立たぬかぐろき水に運ばれて
大白百合と見もまごう白きオフェリア流れゆく、
長き被衣に横たわり、いと静やかに流れゆく。
遠くかなたの森のかた、鹿追いつむる狩の笛。

すでにして一千余年、長くかぐろき川水に
悲しき態のオフェリアのほの白き幻流れ、
すでにして一千余年、狂恋の姫が恋歌ひそやかに
岸の夕べのそよ風にゆれてきこゆる。

夕つ川風乳房なめ、水にたゆとうひろやかな
彼女が被衣花冠かともうちひるがえす。
柳の糸はもだえつつその撫肩に涙しつ。
芦のしだり葉うなだれて夢見る額いたわりつ。

愁傷の睡蓮、彼女をめぐり溜息し、
木立なる塒の小鳥、彼女悼みてめぎめいで
ひそやかに羽搏きのわななき洩らす。
金の星、み空より神秘なる歌声おとす。

II
おお、蒼ぎめしオフェリアよ、淡雪の美しくはかなく
花乙女みまかりつるよ、流れの水に運ぱれて!
ノルウェー高嶺おろしのつぶやきの
自由の風にさそわれて!

おくれ毛なぶる未知の風
夢多き君が心をいざないて、
樹の嘆き、夜のためいき
自然の声と君ききて、

大いなる残喘に似る海の声
温情の、静淑の君が心を傷つけて、
四月とある日蒼白の風狂子、美貌の騎士の
もの言わでおん身が膝に倚りたるに。

天国とや、恋慕とや、自由とや、何のたわけぞ、おお、狂女、
君すがりしよ、その夢に、雪の火にすがるがごとく。
大幻影は怪しくも君が言の葉奪いにし。
――さるほどに苛酷の「無限」水色のおん瞳消し去りつ。

III
さりながら、かの詩人の言うようは、星の夜な夜な、
摘み置きし昔の花を探すとて、おん身来ますと、
水の上に長き被衣に横たわり、
大白百合と見もまごう白きオフェリア流るるをその目に見しと。

21229op.jpg

1時間12分に及ぶゲンズブール追悼TV番組は興味深い。インタヴューのなかで「ゲンズブールは現代のランボー」だと語っている部分があるのが印象的。

Hommage à Serge Gainsbourg  セルジュ・ゲンズブールを讃えて


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ミルヴァ Milva の歌う「新カルメン」 "L'ultima Carmen" は素晴らしい迫力です。 "ultima" とは「最後の」とか「究極の」と言う意味になります。この曲はビゼーの歌劇「カルメン」の中でカルメンが歌う「ハバネラ」とイタリア語で歌われる別の世界が交互に現れます。

この歌に何か背景があるのか分かりませんが、イタリア語の歌詞の想定は女スパイであり、戦争を思わせる情景なのでちょっと不思議な感じです。しかし日本語で歌われる場合は軍隊も銃声も飛行機も出てきませんね。ですからこの歌の真の素性とこの歌の秘密をあなたにお知らせしたいと思います。

ミルヴァがドイツ語で歌っているステージは特に素晴らしく、幸いにも動画がありました。イタリア語で歌っている動画は30分に及ぶミルヴァ特集の2曲目で歌っています。

30101a.jpg

L'ultima Carmen Milva 新カルメン ミルバ イタリア語・フランス語  (2分29秒から)

L'ultima Carmen Milva 新カルメン ミルバ ドイツ語・フランス語

「新カルメン」は3年前に松本市で第1回の「秋のシャンソン祭り」を松本の葉月千里さんと僕とで立ち上げた時にゲストのシャンソン歌手の谷古晴美(たにこはるみ)さんが歌われた。その時既に谷古さんは癌に侵されており、昨年11月に帰らぬ人となられたが、谷古さんは僕がシャンソンを歌い始めた頃からの知り合いで、3度ほど僕が企画したコンサートに出演していただいた。

最後に谷古さんの歌を聴いたのは去年の夏。「詩人の魂」「私の心はヴァイオリン」「雨のブリュッセル」など、心に染み入る素晴らしい歌唱だったが、彼女の歌がもう聴けなくなるというのは寂しい限りである。

30101v.jpg

L'ultima Carmen 新カルメン      《宇藤カザン訳》

Al tavolo di un bar
deserto come me
tra polvere che sa
di birra e di caffé
un'altra identità
je garde mon secret
la Carmen che c'e in me

ひっそりとした
酒場のテーブルで
一人ビールとコーヒーを飲みまわす私
酒場の埃だけが
もう一つの私の素性を知っている
私の秘密
それは私の中のカルメン

L'amour est un oiseau rebelle
que nul ne peut apprivoiser
et c'est bien en vain qu'on l'appelle
s'il lui convient de refuser
Rien n'y fait, menace ou prière
l'un parle bien l'autre se tait
et c'est l'autre que je préfère:
il n'a rien dit, mais il me plaît

恋は扱いにくい鳥
誰も手なずけられない
一度嫌だと思ったら
呼べども空しくなるだけ
脅かそうが、すかそうがなす術がない
一人は話上手、もう一人は無口
私が好きなのは無口な方
彼は何も言っていないけれど、私は彼が好き

L'amour est enfant de bohème
il n'a jamais jamais connú de loi:
si tu ne m'aimes pas, je t'aime;
si je t'aime, prends garde à toi!

恋はボヘミアンの申し子
恋の掟なんてありはしない
あなたが私を嫌えば、私はあなたに惚れる
私があなた惚れたら、用心しなさい!

L'amour est enfant de bohème
il n'a jamais jamais connú de loi:
si tu ne m'aimes pas, je t'aime;
si je t'aime, prends garde à toi!

恋はボヘミアンの申し子
恋の掟なんてありはしない
あなたが私を嫌えば、私はあなたに惚れる
私があなた惚れたら、用心しなさい!

Un vento da nord est
la sabbia porterà
su un mare che non c'è
un sogna brillerà
negli occhi delle spie
l'Hotel Seagul Magique
tra fuochi e artiglierie

北東の風は
海に向かって砂を運び
スパイの目には夢の欠片もない
砲火と大砲の間の
シーガル・マジック・ホテル

L'amour est un oiseau rebelle
que nul ne peut apprivoiser
et c'est bien en vain qu'on l'appelle
s'il lui convient de refuser
Rien n'y fait, menace ou prière
l'un parle bien l'autre se tait
et c'est l'autre que je préfère:
il n'a rien dit, mais il me plaît

l'amour, l'amour, l'amour ....

恋は扱いにくい鳥
誰も手なずけられない
一度嫌だと思ったら
呼べども空しくなるだけ
脅かそうが、すかそうがなす術がない
一人は話上手、もう一人は無口
私が好きなのは無口な方
彼は何も言っていないけれど、私は彼が好き

恋よ、恋よ、恋よ・・・・

Sul lucido parquet
un volo aspetta già
decolla proprio qui
tra spari e crudeltà
col militare che
d'incanto scoprirà
la Carmen che c'è in me

冷たく光る鉄板の上で
今まさに飛び立とうと
待ち構える機体
軍隊の銃声と残虐行為の間で
私の中のカルメンは
恍惚と出会う

30101se.jpg

谷古晴美 我が麗しき愛の物語  谷古晴美さんの2011年10月のコンサートから


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。