2012 / 09
≪ 2012 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2012 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を旅に例えることはよくある、また恋を列車に例えることも少なくはない。

ジルベール・ベコー Gilbert Becaud のピアノの弾き語りは魅力的で彼の世界に人を引き込む力はすごい。セクシーだから女性なら彼の歌を聴くとメロメロになってしまうかもしれない。今日の「恋の列車」 "Le train d'amour" はそんな彼のもっとも充実した時期のライヴ演奏でしょう。

ライヴならではのアドリヴも多く、「ムッシュ10万ボルト」のパフォーマンスを十分に楽しめるでしょう。

20924a.jpg

Le train d'amour  Gilbert Becaud  恋の列車  ジルベール・ベコー  1978

20924d.jpg

Le train d'amour  恋の列車       《宇藤カザン訳》

Un train manqué, dix ans de plus
Sur le quai de la gare du temps
Un train manqué, dix ans perdus
On s´en fout pas mal à trente ans

列車に乗りそこなって
10年以上が経った
その時代の駅のプラットフォームで
列車に乗りそこなった
10年間の損失
こうなりゃ30年だって構わないさ

J´ai manqué l´heure du train d´amour
Et ce train-là, c´est pour toujours
Quand tu as manqué l´heure
J´avais un vieil horaire d´hiver
Un horaire périmé
Un vieil horaire de l´année dernière

恋の列車の出発時刻に間に合わなかった
君が時刻に間に合わなかった時
列車はずっとそこで待っていたのに
僕は古い冬の時刻表を持っていたんだ
期限切れの時刻表
去年の古い時刻表

Un train manqué, des pas perdus
Sur le quai de la gare du temps
Un train manqué, rien ne va plus
Les trains s´ font rares à quarante ans

列車に乗りそこなった、足止めだ
その時代の駅のプラットフォームで
列車に乗りそこなった、どうしようもない
列車はあと40年待たなきゃ来やしない

J´ai manqué l´heure du train d´amour, baby
Le train d´acier et de velours
Qui fait le tour du monde
Tu m´as écrit pendant un an
Des lettres d´amitié
Mais l´amitié, avec le temps
Tu sais...

僕は恋の列車の出発時刻に間に合わなかった、ベイビー
鋼鉄とビロードの列車
世界中を回れる
君は一年間手紙をくれた
友情の手紙
でも時と共に僕の友情は
分かるだろう

J´ vais manquer l´heure du train d´amour
Ho, qu´il en passe un autre, un jour!
Je le prendrai en marche
Et quitte à me rompre le cou
J´ m´y accrocherai
Tiens, je voyagerai debout
Comme dans l´ tramway

僕は恋の列車の出発時刻に間に合わないだろう
おお、ある日もうひとつの列車が通るなら
走っている列車に飛び乗って
首の骨を折りながらも立ち去るだろう
僕は列車にしがみ付くさ
そうさ、僕は路面電車に乗っているように
立ったまま旅をするだろう

Un train manqué, vingt ans de trop
Sur le quai de la gare du temps
J´attends, buté, un train
C´ qu´on est patient à cinquante ans!

列車に乗りそこなった、20年は長すぎる
その時代の駅のプラットフォームで
僕はいこじに待った
次の列車は
50年間待ち続けなければならない!

J´aurai mon train, attends!

列車はきっと来るだろう、待とう!

Un train manqué, vingt ans vécus
Sur le quai de la gare du temps
Je sais, tu le sais, on se r´fait plus
On r´fait les autres, à cinquante ans

列車に乗りそこなって、20年が経った
その時代の駅のプラットフォームで
僕は知っている、君もそれを知っている
僕たちはもうやり直せない
50年経ったら他の人とやり直すだろう

Accroche-toi, Raymond! Joue!
Accroche-toi, Raymond!
On n´est plus qu´ les deux
Allez, viens!

レイモン、しっかりつかまって!今だ!
レイモン、しっかりつかまって!
もう二人だけだ
さあ、おいで!

20924r.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

スポンサーサイト

エレーヌ・セガラ Hélène Ségara の「愛は太陽」 "L'amour est un soleil" は2003年にリリースされてヒットした曲です。詩の内容は単純だが、前向きで、何よりもメロディーラインが美しい。

20923c.jpg

L'amour est un soleil  Hélène Ségara  愛は太陽  エレーヌ・セガラ

20923v.jpg

L'amour est un soleil  愛は太陽      《宇藤カザン訳》

J´ai ouvert ma fenêtre
Pour laisser entrer le soleil
Pendant que tu dormais
À points fermés

私は窓を開いた
陽の光を招き入れるために
あなたはまだぐっすりと
眠っている

J´ai fais du café noir
Pour voir si je ne rêvais pas
Je ne voulais pas y croire
Y croire encore une fois

私はブラック・コーヒーを入れた
私が夢を見ているのではないのを確かめるために
夢だとは思いたくなかった
どうしてもそうは思いたくなかった

L´amour est un soleil
Qui m´a souvent chauffé le coeur
Mais quand il brûle trop fort
Il me fait peur

愛は太陽
私の心を暖めてくれたものだが
強く燃えすぎれば
怖くなる

Tu arrives,
Et tu me donnes envie de vivre,
Et moi qui hier encore,
Voulais me jeter dans le vide
Je m´éveille,
À la douceur d´un autre corps,
Et l´amour est un soleil,
Qui brille à nouveau sur mes jours

あなたはやって来て
私に生きる意欲を与えてくれた
昨日まで虚しさに身を投げたかった私なのに
もうひとつの体の優しさで目覚める私
そして愛は太陽
私の日々に再び輝く

20923gs.jpg

On va se faire un monde
Où on se prendra par la main
Toi tu me donneras
La force d´aller plus loin

二人で新しい世界を作りましょう
そこで手を取り合い
もっと先へと進む力を与えてくれるあなた

L´amour est un soleil
Qui m´a souvent brûlé les ailes
Mais dis-moi qu´avec toi
Ça n´sera pas pareil

愛は太陽
時には愛の翼を焼いたこともあったけれど
あなたとだったら
そうはならないわよね

Tu arrives,
Et tu me donnes envie de vivre,
Et moi qui hier encore,
Voulais me jeter dans le vide
Je m´éveille,
À la douceur d´un autre corps,
Et l´amour est un soleil,
Qui brille à nouveau sur mes jours

あなたはやって来て
私に生きる意欲を与えてくれた
昨日まで虚しさに身を投げたかった私なのに
もうひとつの体の優しさで目覚める私
そして愛は太陽
私の日々に再び輝く

20923x.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1977年に作られたミッシェル・ポルナレフ Michel Polnareff の「フランスへの手紙」 "Lettre à France" は彼が税金の問題でアメリカに渡らざるを得なかった事情を踏まえ、フランスに対する望郷の心情を綴った歌である。

20922a.jpg

Lettre à France  Michel Polnareff   フランスへの手紙  ミッシェル・ポルナレフ

Lettre à France  Michel Polnareff  フランスへの手紙  ミッシェル・ポルナレフ  Live at Paris

20922g.jpg

Lettre à France  フランスへの手紙      《宇藤カザン訳》

Il était une fois 
Toi et moi
N'oublie jamais ça
Toi et moi !

それは昔の事
君と僕
決してそれを忘れないで
君と僕!

Depuis que je suis loin de toi
Je suis comme loin de moi
Et je pense à toi tout bas
Tu es à six heures de moi
Je suis à des années de toi
C'est ça être là-bas.

君と遠く離れてからというもの
僕は自分からも離れているようだ
そして僕は君を密かに想う
君は僕から6時間しか離れていない
僕は君とは何年もの間離れている
そういう状況に置かれている訳さ

La différence
C'est ce silence
Parfois au fond de moi.
Tu vis toujours au bord de l'eau
Quelquefois dans les journaux
Je te vois sur des photos.
Et moi loin de toi
Je vis dans une boite à musique
Electrique et fantastique
Je vis en "chimérique".

違うことと言えば
時々僕の心の奥に訪れる
この沈黙なんだ
君は今でも海の向こうで生活している
新聞の写真で時々君を見かけるけれど
君から遠く離れて
僕はエレキと、幻想のオルゴールの箱の中で生活している
僕は架空の世界で生活しているんだ

La différence,
C'est ce silence
Parfois au fond de moi.
Tu n'es pas toujours la plus belle
Et je te reste infidèle
Mais qui peut dire l'avenir
De nos souvenirs
Oui, j'ai le mal de toi parfois
Même si je ne le dis pas
L'amour c'est fait de ça.

違うことと言えば
時々僕の心の奥に訪れる
この沈黙なんだ
君はいつでもとても美しいと言う訳ではない
僕は君に不実なままではあるけれど
誰が僕たちの過去の記憶についての未来を言えようか
そう、僕は時々君の事で心を痛める
語らずとも
愛とはこういう事なんだ

Il était une fois
Toi et moi
N'oublie jamais ça
Toi et moi !

それは昔の事
君と僕
決してそれを忘れないで
君と僕!

Depuis que je suis loin de toi
Je suis comme loin de moi
Et je pense à toi là-bas.
Oui j'ai le mal de toi parfois
Même si je ne le dis pas
Je pense à toi tout bas...

君と遠く離れてからというもの
僕は自分からも離れているようだ
そして僕は彼方の君を想う
そう、僕は時々君の事で心を痛める
語らずとも
僕は君を密かに想う・・・

20922m.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「明日はない」 "Demain n'existe pas" は2010年にモスクワで行われたララ・ファビアン Lara Fabian のショーのためにファビアンが作詞し、イーゴル・クルトイ Igor Krutoy が作曲したアルバム「マドモワゼル・ジヴァゴ」 "Mademoiselle Zhivago" に収録されている。最後の写真はイーゴル・クルトイとララ・ファビアン。

20921a.jpg

Demain n'existe pas  Lara Fabian  明日はない  ララ・ファビアン  Live at Moscow

20921b.jpg

Demain n'existe pas  明日はない     《宇藤カザン訳》   

Jamais, n'abandonner jamais
Trouver un souffle à reflet
Qui nous renvoie au secret
Jamais, se vider de désirs
Trouver dans un sourire une nouvelle raison d'être
D'guérir et d'aimer
Infiniment, éperdument, ici et maintenant

決して、決して諦めないこと
私たちを秘密の場所へと差し向ける
息吹を、反映を見つけて
決して望みを捨てないで
微笑みのながら新しい生きがいを見つけて
癒えて愛すること
限りなく、激しく、ここで今

Demain n'existe pas
Le temps s'écoule au temps présent
Rien de ce que tu vois
Ne passera deux fois

明日はない
時は今でも流れている
あなたが見ているものは
二度と現れることは無いから

Demain n'existe pas
Une autre chance aujourd'hui
S'inscrit entre tes voies
L'une qui t'égare
L'autre qui te mène à toi

明日はない
今日ならまだチャンスがある
あなたの行く道を選ぶの
ひとつはあなたを迷わし
もうひとつはあなた自身へと導く

Passer à côté du passé
Ne plus s'y attarder
Que les souvenirs lourds fassent un détour
Savoir qu'au-delà du serment
Ou d'un rêve d'enfant
Le destin n'écrit que ce que l'on se dit
Secrètement, intensément, passionnément

過去をすり抜けること
辛い想い出が回り道をするように
これ以上遅れてはダメ
誓いを超えるか
あるいは子供の夢を超えて知ること
自分で心に決めなければ運命は刻まれない
密かに、激しく、情熱的に

Demain n'existe pas
Le temps s'écoule au temps présent
Rien de ce que tu vois
Ne passera deux fois

明日はない
時は今でも流れている
あなたが見ているものは
二度と現れることは無いから

Demain n'existe pas
Une autre chance aujourd'hui
S'inscrit entre tes voies
L'une qui t'égare
L'autre qui te mène à toi

明日はない
今日ならまだチャンスがある
あなたの行く道を選ぶの
ひとつはあなたを迷わせ
もうひとつはあなた自身へと導く

Demain n'existe pas
Le temps s'écoule au temps présent
Rien de ce que tu vois
Ne passera deux fois

明日はない
時は今でも流れている
あなたが見ているものは
二度と現れることは無いから

Demain n'existe pas
Une autre chance aujourd'hui
S'inscrit entre tes voies
L'une qui t'égare
L'autre qui te mène à toi

明日はない
今日ならまだチャンスがある
あなたの行く道を選ぶの
ひとつはあなたを迷わし
もうひとつはあなた自身へと導く

L'autre qui te mène à toi

もうひとつはあなた自身へと導く

20921g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ジョー・ダッサンの最大のヒット曲の「インディアン・サマー」で、「愛の挽歌」と言う邦題もあるようです。晩秋の夏のように暑い日の事を言うので、日本の小春日和とは感じが違うのではないかと思います。

「インディアン・サマー」はもともとは北米で使われていた言葉ですが、1975年のジョー・ダッサンの曲でヒットして以来、フランスでも言われるようになりました。

20920fse.jpg

L'été indien  Joe Dassin  インディアン・サマー  ジョー・ダッサン

20920yw.jpg

L'été indien  インディアン・サマー       《宇藤カザン訳》

Tu sais, je n'ai jamais été aussi heureux que ce matin-là
Nous marchions sur une plage un peu comme celle-ci
C'était l'automne, un automne où il faisait beau
Une saison qui n'existe que dans le Nord de l'Amérique
Là-bas on l'appelle l'été indien
Mais c'était tout simplement le nôtre
Avec ta robe longue tu ressemblais
A une aquarelle de Marie Laurencin
Et je me souviens, je me souviens très bien
De ce que je t'ai dit ce matin-là
Il y a un an, y a un siècle, y a une éternité

ねえ、あの朝ほど僕が幸せだったことは無かった
ここと少し似た浜辺を僕たちは歩いていた
秋だった、晴れ渡った秋だった
北アメリカにしかないような季節
あちらでは「インディアン・サマー」と呼ばれるけれど
それは僕たちだけのためにあった
ロングドレスの君は
マリー・ローランサンの水彩画のようだった
そして僕は思い出す、はっきりと思い出す
あの朝僕が君に言った事
一年前、一世紀前、遥かな彼方の事

On ira où tu voudras, quand tu voudras
Et on s'aimera encore, lorsque l'amour sera mort
Toute la vie sera pareille à ce matin
Aux couleurs de l'été indien

君の望む時に君の望む所に行こう
愛が消えてもまた愛し合えるだろう
人生はずっとこの明け方の
インディアン・サマーの色みたいだろう

20920jd.jpg

Aujourd'hui je suis très loin de ce matin d'automne
Mais c'est comme si j'y étais. Je pense à toi.
Où es-tu? Que fais-tu? Est-ce que j'existe encore pour toi?
Je regarde cette vague qui n'atteindra jamais la dune
Tu vois, comme elle je reviens en arrière
Comme elle je me couche sur le sable
Et je me souviens, je me souviens des marées hautes
Du soleil et du bonheur qui passaient sur la mer
Il y a une éternité, un siècle, il y a un an

今日僕はあの秋の朝からは遠いところにいるけれど
以前のあの時と同じようだ、僕は君を想っている
君はどこにいるの?何をしているの?君はまだ僕を想ってくれているの?
砂丘までは決して寄せて来ない波を僕は眺めている
そう、波のように僕は後ずさりする
波のように僕は砂に横たわる
そして思い出す、高潮を思い出す
海の上を過ぎ行く太陽と幸せを
遥かな彼方に、一世紀前、一年前の事

On ira où tu voudras, quand tu voudras
Et on s'aimera encore, lorsque l'amour sera mort
Toute la vie sera pareille à ce matin
Aux couleurs de l'été indien

君の望む時に君の望む所に行こう
愛が消えてもまた愛し合えるだろう
人生はずっとこの明け方の
インディアン・サマーの色みたいだろう

20920sg.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

カナダの歌姫、セリーヌ・ディオン Celine Dion の歌う「愛するだけでよかったら」 "S'il suffisait d'aimer" はジャン=ジャック・ゴールドマンの作詞・作曲による曲で1998年にフランス語だけのアルバムの中の1曲としてリリースされました。

20920a.jpg

S'il suffisait d'aimer  Celine Dion  愛するだけでよかったら  セリーヌ・ディオン

S'il suffisait d'aimer  Celine Dion  愛するだけでよかったら  セリーヌ・ディオン  live

90210b.jpg

S'il suffisait d'aimer  愛するだけでよかったら       《宇藤カザン訳》

Je rêve son visage je décline son corps
Et puis je l'imagine habitant mon décor
J'aurais tant à lui dire si j'avais su parler
Comment lui faire lire au fond de mes pensées?

彼の顔を思い描き、彼の体の線をなぞり
私の心を占めている彼を想う私
どう話していいか分かっていたなら
たくさん言いたいことがあるのに
私の深い想いをどうしたら彼に伝えられるのかしら?

Mais comment font ces autres à qui tout réussit?
Qu'on me dise mes fautes mes chimères aussi
Moi j'offrirais mon âme, mon coeur et tout mon temps
Mais j'ai beau tout donner, tout n'est pas suffisant

いつも上手くやっている人たちはどうしているの?
私の思い違いで妄想だとでも言うのでしょうね
どんな時にも身も心も捧げているのに
いくら捧げても、それだけでは足りないのね

S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on changeait les choses un peu, rien qu'en aimant donner
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Je ferais de ce monde un rêve, une éternité

愛し合うだけでいいのなら、愛するだけでいいのなら
愛しながら与えるだけで、少し事態を変えられたなら
愛し合うだけでいいのなら、愛するだけでいいのなら
私はこの世を夢のように永遠のようにするでしょう

J'ai du sang dans mes songes, un pétale séché
Quand des larmes me rongent que d'autres ont versées
La vie n'est pas étanche, mon île est sous le vent
Les portes laissent entrer les cris même en fermant

私の夢の中には血と枯れた花びらがひとつある
他の人々が流した涙で私の心がえぐられれば
命は流れ出し、私の島は風にあおられ
扉を閉めても叫びが流れ込む

Dans un jardin l'enfant, sur un balcon des fleurs
Ma vie paisible où j'entends battre tous les coeurs
Quand les nuages foncent, présages des malheurs
Quelles armes répondent aux pays de nos peurs?

庭に子供がいて、バルコニーには花が
いろいろな人の心が感じられるような穏やかな日々
雲が暗くなれば不幸の前ぶれ
自分の不安な世界にどう対処したらいいのかしら?

S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on changeait les choses un peu, rien qu'en aimant donner
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Je ferais de ce monde un rêve, une éternité

愛し合うだけでいいのなら、愛するだけでいいのなら
愛しながら与えるだけで、少し事態を変えられたなら
愛し合うだけでいいのなら、愛するだけでいいのなら
私はこの世を夢のように永遠のようにするでしょう

S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on pouvait changer les choses et tout recommencer
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Nous ferions de ce rêve un monde
S'il suffisait d'aimer

愛し合うだけでいいのなら、愛するだけでいいのなら
少し事態を変えられたなら、何もかもやり直せたら
愛し合うだけでいいのなら、愛するだけでいいのなら
私たちは夢からひとつの世界を作れるでしょう
愛するだけでいいのなら

20920s.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「愛は君のよう」 "L'amour te ressemble" というアダモ Adamo の曲なのだが、アダモの歌詞は幻想的なイメージが多く、どうも具体的に良く分からないことがある。この曲も「愛は君に似ている」と言ってもどう似ているのか良く分からない。

20917a.jpg

L'amour te ressemble  Adamo  愛は君のよう  アダモ

20917f.jpg

L'amour te ressemble  愛は君のよう      《宇藤カザン訳》

Toi, l´amour te ressemble, si fort que j´en tremble
Et je me demande dans quel paradis perdu
Dans quelle légende, quel rêve où j´étais troubadour
J´ai pu te rencontrer un jour?

君、愛は君に似ている、僕が震えるほどにそっくりだ
そして僕は自分に問いかける
どんな失楽園で、どんな伝説の中で、僕が宮廷詩人だった頃のどんな夢の中で
いつ君に出会うことが出来たのだろうか?

Toi, l´amour te ressemble, si fort qu´il me semble
Que j´ai connu tes yeux et ton sourire
Au pays merveilleux de mes délires!

君、愛は君に似ている
僕の妄想の神秘の国で
君の瞳と君の微笑みに出会って
愛は強くなったようだ!

Toi, l´amour te ressemble, si fort que j´en tremble
Mais tu viens me surprendre quand je n´y croyais plus
Quand, lassé d´attendre, j´allais au fil de mes jours noirs
Perdu, le cœur au désespoir

君、愛は君に似ている、僕が震えるほどにそっくりだ
もう来ないだろうと思っていた時に君は不意にやって来た
ただ待たされている時は、日々暗黒の渕を彷徨い
心は絶望に沈んだ

Toi, l´amour te ressemble et cœur à cœur restons ensemble
Et tu verras ma mie que dans la longue errance
Qu´avait été ma vie sans ta présence
Tout te ressemble.

君、愛は君に似ている、心を一つにして一緒に居よう
ねえ、君は分かるだろう、
君が居ないまま長い間彷徨い続けていた僕の人生
全てが君に似ている


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


昨日の「私の街で」 "Dans ma rue" はザズ Zaz のピアフ Piaf の曲のカヴァーなのでいささか時代がかっている感があるが、この「通行人」 "Les passants" はザズ自身の世界観を歌っている。

現代の曲の歌詞は言葉が抽象的で比喩的だったり、言葉遊びが多いので分かりにくい面があるが、ザズのストリートミュージシャンの原点みたいな歌であるように思われる。

20916a.jpg

Les passants  Zaz  通行人  ザズ  Live at Montmartre

Les passants  Zaz   通行人  ザズ

20916d.jpg

Les passants  通行人     《宇藤カザン訳》

Les passants passant, j'passe mon temps à les r'garder penser, leurs pas pressés, dans leurs corps lésés, leurs passés se dévoilent dans les pas sans se soucier

通り過ぎて行く人々を眺めながら想いを巡らし時が流れる 
急ぎ足の彼ら、傷ついた体に
気がかりのない足取りに彼らの過去が明るみになる

Que, suspicieuse, à l'affût,
je perçois le jeu de pan, leurs visages comme des masques me fait l'effet repugnant, que faire semblant, c'est dans l'air du temps.

なんと、疑惑に満ちて、待ち構え
あたしはひらめいて感じ取る
彼らの見せ掛けを装う仮面のような表情はあたしを不快にさせるけれど
それは今の風潮なの

Passe, passe, passera
la dernière restera

通りゃんせ、通りゃんせ、通りゃんせ
最後の人は通しゃせぬ

L'enfant n'est fait que de fêtes,
le fait est que l'effet se reflète à sa capacité de prendre le fait tel qu'il est
sans se référer à un système de pensée dans sa tête.

子供にはすべてがお祭り騒ぎ
そうするのは思慮深く考えての事ではなく
そうするのは子供なりにできる限りの事をしているだけでしかない

L'automne dèja, c'était l'été hier encore, le temps me surprend, semble s'accélérer, les chiffres de mon age, m'amènent vers ce moi rêver

きのうまで夏だったのにもう秋が来てしまった、速さを増しているような時の流れに驚き、あたしの歳があたしの夢へと誘う

Passe, passe, passera
la dernière restera

通りゃんせ、通りゃんせ、通りゃんせ
最後の人は通しゃせぬ

Chaque mois se joue dans des cycles différents,
c'est marrant ces remous qui m'animent à travers l'temps d'un état à un autre,
j'oscille inexorablement

それぞれの月には異なる表情がある
通りの人波は面白くて時間も忘れてあたしを楽しませてくれる
あたしは厳しく揺れ動く  

Par les temps je cours à l'équilibre
chaque jugement sur les gens me donne la direction à suivre
sur ces choses en moi à changer
qui m'empêche d'être libre

時を経てあたしは落ち着く方向に向かう
人々のあたしの自由を妨げるようなそれぞれの判断が
色々とあたしが変わるための進む方向を与えてくれる

Les voix se libèrent et s'exposent dans les vitrines du monde en mouvement,
les corps qui dansent en osmose,
glissent, tremblent, se confondent et s'attirent irrésistiblement

声は解き放たれて移り行く世の中のショーウインドウに飾られる
それらを浸み込ませて踊りだす体
滑り、震え、交じり合い、押さえがたく惹きつけられて

Par les temps je cours à l'expression,
chaque émotion ressentie me donne envie d'exprimer les non-dits
et que justice soit faite dans nos pauvres vies endormies

時を経てあたしは表現することに向かう
それぞれの甦る感情があたし不特定の人に表現したいという想いを与える
眠れる貧しい人生に正しい判断が下されるべきだろう

Passe, passe, passera
la dernière restera

通りゃんせ、通りゃんせ、通りゃんせ
最後の人は通しゃせぬ
       
20916h.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

"Dans ma rue" は「私の街で」あるいは「あたしの通り」と訳せるが、エディット・ピアフ Edith Piaf の伝記と近いものがあるように感じられるシャンソンだ。

20914a.jpg

Dans ma rue  Edith Piaf  私の街で  エディット・ピアフ

同じ曲をザズ Zaz でお聴きください。

20914g.jpg

Dans ma rue  Zaz  私の街で  ザズ

20914fr.jpg

Dans ma rue  私の街で    《宇藤カザン訳》

J'habite un coin du vieux Montmartre,
mon père rentre saoul tous les soirs,
et pour nous nourrire tous les quatres,
ma pauvre mère travaille au lavoir.
quand j'suis malade, j'reste à ma fenêtre,
j'regarde passer les gens d'ailleurs.
quand le jour vient à disparaitre,
y'a des choses qui me font un peu peur.

あたしはモンマルトルに住んでいる
毎晩父さんは酔っ払って帰って来る
あたしたち4人の子供を養うために
哀れな母さんは洗濯屋の洗い場で働く
病気の時はあたしは窓際に座って
いろいろな人が通り過ぎるのを眺めるの
日が暮れてくると
何だか少し怖くなって来るわ

dans ma rue y'a des gens qui s'promènent,
j'les entends chuchoter et dans la nuit
quand j'm'endore bercée par une rengaine,
j'suis soudain réveillée par des cris,
des coups de sifflet, des pas qui trainent
qui vont qui viennent,
puis le silence qui me fait froid dans tout le coeur.

あたしの路地を行き交う人がいる
夜になると
あたしはそのざわめきを聞きながら
聞き古された歌に揺られて眠りに落ちる
あたしは叫び声で目が覚めた
呼子が鳴って、行ったり来たりする足音がする
そして静寂が戻ると体中がぞっとする

dans ma rue y'a des ombres qui s'promènent,
et je tremble et j'ai froid et j'ai peur.

あたしの路地には影が彷徨う
そしてあたしは怖れと悪寒に震える

mon père m'a dit un jour : ma fille
tu vas pas rester là sans fin,
t'es bonne à rien ça c'est de famille
faudrait voir à gagner ton pain.
les hommes te trouvent plutôt jolie,
tu n'auras qu'à partir le soir,
y'a bien des femmes qui gagnent leur vie
en s'baladant sur le trottoir.

ある日父さんが私に言った
お前、いつまでもここに居るわけにはいかないよ
お前は何にもしていないだろう
家族ならば自分で食い扶持を稼がなければ
男たちはお前を結構別嬪だと思うだろうよ
夜中に出かけるだけでいいんだよ
通りをぶらついて生活している女だって
たくさん居るんだぜ

dans ma rue y'a des femmes qui s'promènent,
j'les entends fredonner et dans la nuit
quand j'm'endore bercée par une rengaine,
j'suis soudain réveillée par des cris,
des coups de sifflet, des pas qui trainent
qui vont qui viennent,
puis ce silence qui me fait froid dans tout le coeur.

あたしの路地を行ったり来たりしている女たちがいる
夜には女たちが口ずさんでいるのを聴きながら
聞き古された歌に揺られて眠りに落ちる
あたしは叫び声で目が覚めた
呼子が鳴って行ったり来たりする足音がする
そして静寂が戻ると体中がぞっとする

dans ma rue y'a des femmes qui s'promènent
et je tremble et j'ai froid et j'ai peur.

あたしの路地を行ったり来たりしている女たちがいる
そしてあたしは怖れと悪寒に震える

et depuis des semaines et des semaines
j'ai plus de maison, j'ai plus d'argent
j'sais pas comment les autres s'y prennent,
mais j'ai pas pu trouver de client.
j'demande l'aumône aux gens qui passent,
un morceau de pain, un peu de chaleur.
j'ai pourtant pas beaucoup d'audace,
maintenant c'est moi qui leur fais peur.

随分前から
あたしには帰るところも無ければお金も無い
他の女たちがどうやって客を捉まえるのか分からないけれど
あたしにはお客が無い
一切れのパンとわずかな温もりの
施し物を通りすがりの人に求めたけれど
あんまり勇気が無かったせいか
今度はあたしが彼らを気味悪がらせてしまった

dans ma rue, tous les soirs j'me promène,
on m'entend sangloter et dans la nuit
quand le vent jette au ciel sa rengaine
tout mon corps est glacé par la pluie.
et j'en peux plus, j'attends qu'enfaite
que le bon Dieu vienne,
pour m'inviter à m'réchauffer tout près de lui.

あたしの路地で毎晩あたしは歩き回る
夜中にあたしがすすり泣くのが聞けるだろう
風が聞き古された歌を空に舞い上げる時
雨に濡れて私の体は凍りつく
もう耐えられない
神様のお迎えが来るのを待つばかり
あたしを温めてくれる神様の御許に召されるの

dans ma rue y'a des anges
qui m'ammènent,
pour toujours mon cauchemar est fini.

あたしの路地にはあたしを連れて行く天使がいる
あたしの悪夢は永遠に終わるわ

20914yw.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1952のジョルジュ・ブラッサンス Georges Brassens の「ベンチの恋人たち」 "Les amoureux des bancs publics" は僕が一番多く耳にしたブラッサンスの曲であるが、ルフランで繰り返される「バン・ピュブリック、バン・ピュブリック」のフレーズが強く耳に残ったからでしょう。

ブラッサンスは南仏のモンペリエの近くの港町で生まれたが、1939年にパリに出て、ルノーの工場で働きながら曲を作っていました。ブラッサンスのシャンソンには人々を見つめるちょっと皮肉っぽい優しい眼差しが感じられます。

20913aaaa.jpg

Les amoureux des bancs publics  Georges Brassens  ベンチの恋人たち  ジョルジュ・ブラッサンス  

20913fer.jpg

Les amoureux des bancs publics  ベンチの恋人たち   《宇藤カザン訳》

Les gens qui voient de travers
Pensent que les bancs verts
Qu'on voit sur les trottoirs
Sont faits pour les impotents ou les ventripotents
Mais c'est une absurdité
Car à la vérité
Ils sont là c'est notoire
Pour accueillir quelque temps les amours débutants

歩道で見かける緑色のベンチは
足が不自由だったり腹が突き出た人たちのためにあるのだと
誰もが横目で見ながら思うだろうが
それは見当違いというもの
本当は
誰もが知っているように
ベンチは恋人になりたての二人を
しばしの間もてなすためにあるのさ

Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'fouttant pas mal du regard oblique
Des passants honnêtes
Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'disant des "Je t'aime" pathétiques
Ont des p'tit's gueul' bien sympathiques

通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
通りがかりの人々に
ひっきりなしに横目で見られるのもお構いなしに
通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
悲壮なな面持ちで
「愛してる」の言葉を交わす
二人はとても可愛く感じがいい

20913v.jpg

Ils se tiennent par la main
Parlent du lendemain
Du papier bleu d'azur
Que revêtiront les murs de leur chambre à coucher
Ils se voient déjà doucement
Ell' cousant, lui fumant
Dans un bien-être sûr
Et choisissent les prénoms de leur premier bébé

彼らは手を取り合って
将来を語り合う
寝室の壁紙は
紺碧の青色にしよう
縫い物をする彼女
タバコの煙をくゆらす彼
満ち足りた気持ちで
あれこれと想いを巡らし
初めての赤ちゃんの名前を考える

Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'fouttant pas mal du regard oblique
Des passants honnêtes
Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'disant des "Je t'aime" pathétiques
Ont des p'tit's gueul' bien sympathiques

通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
通りがかりの人々に
ひっきりなしに横目で見られるのもお構いなしに
通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
悲壮なな面持ちで
「愛してる」の言葉を交わす
二人はとても可愛く感じがいい

20913g.jpg

Quand la saint' famill' machin
Croise sur son chemin
Deux de ces malappris
Ell' leur décoche hardiment des propos venimeux
N'empêch' que tout' la famille
Le pèr', la mèr', la fille
Le fils, le Saint Esprit
Voudrait bien de temps en temps pouvoir s'conduir' comme eux

どこかのお堅い家族連れが
たまたま通りかかって
所構わない二人の振る舞いに
づけづけと意地悪な言葉を投げつける
父親、母親、娘、息子、精霊も
どんな家族だって
時々は彼らのように振舞いたかったにもかかわらず

Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'fouttant pas mal du regard oblique
Des passants honnêtes
Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'disant des "Je t'aime" pathétiques
Ont des p'tit's gueul' bien sympathiques

通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
通りがかりの人々に
ひっきりなしに横目で見られるのもお構いなしに
通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
悲壮なな面持ちで
「愛してる」の言葉を交わす
二人はとても可愛く感じがいい

20913w.jpg

Quand les mois auront passé
Quand seront apaisés
Leurs beaux rêves flambants
Quand leur ciel se couvrira de gros nuages lourds
Ils s'apercevront émus
Qu' c'est au hasard des rues
Sur un d'ces fameux bancs
Qu'ils ont vécu le meilleur morceau de leur amour

月日が経って
彼らの燃えるような麗しい夢も覚めて来て
彼らの雲行きが怪しく重苦しくなった時には
たまたま通りにあった
例のベンチで
かけがえの無い恋の想い出が生まれたことを
しみじみと思い起こすことだろう

Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'fouttant pas mal du regard oblique
Des passants honnêtes
Les amoureux qui s'bécott'nt sur les bancs publics
Bancs publics, bancs publics
En s'disant des "Je t'aime" pathétiques
Ont des p'tit's gueul' bien sympathiques

通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
通りがかりの人々に
ひっきりなしに横目で見られるのもお構いなしに
通りのベンチでキスする恋人たち
通りのベンチ、通りのベンチ
悲壮なな面持ちで
「愛してる」の言葉を交わす
二人はとても可愛く感じがいい

20913ha.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1984年、パリのモンマルトル生まれのトマス・パラドー Thomas Pradeau は現在27歳のシンガーソングライターです。ロックバンドの歌手、ギタリストを経て、2010年にリリースされたCDアルバム "A deux pas de ma rue" の中に「オードレー」 "Audrey" の曲が収録されています。

このアルバムはバラード的な詩情に満ちた作品が多く、注目すべき現代のアーティストだと思います。

20913a.jpg

Audrey  Thomas Pradeau  オードレー  トマス・パラドー  

20912f.jpg

Audrey  オードレー       《宇藤カザン訳》

Audrey faudrait que tu le lâches,
Faut pas que tu nous gâches,
Que t’en ai rien a faire.

オードレー、彼と別れるべきだよ
僕たちの事を台無しにしないでおくれ
僕は君に何も出来ないんだけれど

Audrey, je sais que je fais tâche ,
Dans ton équipage,
Et à quoi je sert ?

オードレー、僕が君のためにするべきことは分かっている
それで僕に何が出来るというの?

Audrey, l’amour ça fait mal,
L’amour ça rend mule,
L’amour ça s’emmêle.

オードレー、恋は苦しい
恋は愚かにしてしまう
恋はややこしい

Si belle, elle baigne ses pinceaux
Dans les aquarelles, de mon inconnu.

それはとても美しいもので
恋は僕の見知らぬ水彩画の筆をぬらす

Audrey, je sais bien j'suis pas roi,
J’ai pas vraiment de toit,
J'vis pas sur la terre.

オードレー、僕が最高でないことは分かっている
僕には本当に安らぐところがなく
この世に生きている感じがない

Tu sais si on veut on voit,
S'te plait essaye moi,
Je suis peut-être à tes airs.

ねえ、人がどう思おうと構わないが
どうか僕にもう一度機会をおくれ
きっと君に気に入られるだろうよ

Audrey, l’amour ça transpire,
Les murs se transforment dans ton atmosphère.
Et l’air qui m’inspire ces mots,
A deux pas de l’enfer,
A deux pas de ma rue.

オードレー、恋に悪戦苦闘している
君を取り囲む壁が変化している
その空気がこれらの言葉を思いつかせるんだ
あと少しで地獄に
あと少しで自分の道に

Audrey, je termine sur ces lettres,
Les lignes de ton être,
Les vignes sur tes lèvres.

オードレー
この手紙を終わりにするよ
君の体の輪郭
君の赤い唇

J’épouserais ta silhouette,
Sur une cigarette,
Dans le coin d’un rêve.

タバコの上の君のシルエットと
僕は結婚するだろう
夢の中での話しだが

Faudrait que tu le lâches,
Faut pas que tu nous gâches...

オードレー、彼と別れるべきだよ
僕たちの事を台無しにしないでおくれ



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ミルヴァ Milva の歌うカンツォーネ "Da troppo tempo" は「 愛遥かに」という題で岸洋子や秋元順子が歌っているが、歌詞の内容は創作に近いでしょう。

20911f.jpg

Da troppo tempo  Milva   愛遥かに  ミルヴァ

20911a.jpg

Da troppo tempo  愛遥かに    《宇藤カザン訳》

Da troppo tempo mi trascuro, questo si
Ma mi sorprendo anch'io di essere così
Ormai non esco quasi più
ho perso il gusto a tutto ma
se c'è chi ha colpa quello sei tu.

随分と長い間私は自分を顧みなかった、そうなの
こんな風になってしまったのには自分でも驚くわ
外出することもほとんどなくなったし
何を食べてもおいしくない
それを咎められたって
それはあなたのせいなの

Da troppo tempo son cambiata, e sai perchè?
Tutto il mio slancio si è spezzato contro te
si, tu sei forte più di me
non domandarmelo però
questo piacere non te lo dò.

随分前からいろいろなことが変わってしまった
どうしてだか分かる?
私はあなたに私の全ての感情をぶつけたわ
でもあなたは私より強かった
私には聞かないで
そんなことしたってあなたが喜ぶだけでしょう

Io vorrei, se lo vorrei
credi io ho fatto l'impossibile
ma un discorso insieme a te infondo
si esaurisce dopo
qualche frase un pò banale
mentre invece io, e lo sa Dio
io vorrei venire incontro a te
ma introverso come sei
ti chiudi nel tuo guscio
e prendi tutto come un fatto personale

私はそうしたかったし
もしかしたらと思ったけれど
不可能なことをしてしまったのね
あなたとの話し合いは徒労に終わり
取るに足りない言葉で終わってしまった
でも私は、神様はご存知ね
あなたにまだ未練があるの
あなたは内向的だから
自分の殻に閉じこもり
何もかもを自分で背負い込んでしまった

Da troppo tempo, troppa pace
tra di noi va bene caro
torna pure quando vuoi
noi ci si intende ancora un pò
sul piano fisico però
per un amore non basta, no

あまりにも何事もなく時が流れ
私たちの間は穏やかだった
もっと話し合いたかったら
いつでも戻ってきて
愛するには肉体だけでは
十分ではないの
駄目なの

20911d.jpg

Da troppo tempo ho sciolto il nodo
dentro cui mi dibattevo
per uscirne, adesso sai
mi sembrerebbe quasi dir
no, se ci penso resto qui
io me ne vado...è meglio!

もがきながら結び目を解いて
随分と長い時間が経って
そこから抜け出せたの
もうお分かりでしょう
ようやく私は言えるようになった
私がここに残るのは良くないわ
私が去るほうが・・・それがいいのよね


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1962年のシャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「恋は一日のように」 "L'amour c'est comme un jour" です。恋は一日のように過ぎ去ってゆくという平凡な内容です。アズナヴールの曲の詩は「ラ・ボエーム」などは素晴らしいけれど、ちょっと平凡な発想で常套的な感じのものが多いように思うが、彼の歌唱力で聴かせてしまうようなところがある。

20910a.jpg

L'amour c'est comme un jour  Charles Aznavour  恋は一日のように  シャルル・アズナヴール  

20910b.jpg

L'amour c'est comme un jour  恋は一日のように     《宇藤カザン訳》

Le soleil brille à pleins feux
Mais je ne vois que tes yeux
La blancheur de ton corps nu
Devant mes mains éperdues
Viens, ne laisse pas s´enfuir
Les matins brodés d´amour
Viens, ne laisse pas mourir
Les printemps, nos plaisirs

太陽が燦々と輝けど
僕は君の目しか見えない
狂おしい僕の両手の前の
白く輝く君の裸身
おいで、恋に縁取られた朝を消させてはならない
おいで、僕たちの歓びの春を滅びさせてはならない

L´amour c´est comme un jour
Ça s´en va, ça s´en va l´amour
C´est comme un jour de soleil en ripaille
Et de lune en chamaille
Et de pluie en bataille
L´amour c´est comme un jour
Ça s´en va, ça s´en va l´amour

恋は一日のよう
それは過ぎてゆく
恋は過ぎ去ってゆく
それは饗宴の太陽の一日のよう
言い争いの月の一日のよう
戦いの雨の一日のよう
恋は一日のよう
それは過ぎてゆく
恋は過ぎ去ってゆく

C´est comme un jour d´un infini sourire
Une infinie tendresse
Une infinie caresse
L´amour c´est comme un jour
Ça s´en va mon amour

それは限りない微笑みの一日のよう
限りない優しさのよう
限りない愛撫のよう
恋は一日のよう
僕の恋は過ぎ去ってゆく

Notre été s´en est allé
Et tes yeux m´ont oublié
Te souviens-tu de ces jours
Où nos cœurs parlaient d´amour
Nous n´avons pu retenir
Que des lambeaux de bonheur
S´il n´y a plus d´avenir
Il nous reste un souvenir

僕たちの夏は終わり
君の目は僕を忘れた
心から愛を語り合った
あの日々を君は忘れたのかい
幸せの欠片しか留めることが出来なかった僕たち
もうこれから先がないとしても
想い出だけは残るだろう

L´amour c´est comme un jour
Ça s´en va, ça s´en va l´amour
C´est comme un jour de soleil en ripaille
Et de lune en chamaille
Et de pluie en bataille
L´amour c´est comme un jour
Ça s´en va, ça s´en va l´amour

恋は一日のよう
それは過ぎてゆく
恋は過ぎ去ってゆく
それは饗宴の太陽の一日のよう
言い争いの月の一日のよう
戦いの雨の一日のよう
恋は一日のよう
それは過ぎてゆく
恋は過ぎ去ってゆく

C´est comme un jour d´un infini sourire
Une infinie tendresse
Une infinie caresse
L´amour c´est comme un jour
Ça s´en va mon amour

それは限りない微笑みの一日のよう
限りない優しさのよう
限りない愛撫のよう
恋は一日のよう
僕の恋は過ぎ去ってゆく


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


フランス・ギャル France Gall の「愛の告白」 "La déclaration d'amour" は1974のミッシェル・ベルジュの曲です。

20909a.jpg

La déclaration d'amour  France Gall  愛の告白  フランス・ギャル 

20909b.jpg

La déclaration d'amour  愛の告白    《宇藤カザン訳》

Quand je suis seule et que je peux rêver
Je rêve que je suis dans tes bras
Je rêve que je te fais tout bas
Une déclaration, ma déclaration

一人で居る時に夢見るものは
あなたの腕に抱かれたいの
ささやくようにあなたに話したい
愛の告白、私の愛の告白

Quand je suis seule et que je peux inventer
Que tu es là tout près de moi
Je peux m'imaginer tout bas
Une déclaration, ma déclaration

一人で居る時に思いつくのは
私のそばにあなたが居て
こっそりと想い描くの
愛の告白、私の愛の告白

Juste deux ou trois mots d'amour
Pour te parler de nous
Deux ou trois mots de tous les jours
C'est tout

ほんのわずかな愛の言葉で
私たちの事を話せるわ
毎日それを繰り返していれば
それで十分なの

Je ne pourrai jamais te dire tout ça
Je voudrais tant mais je n'oserai pas
J'aime mieux mettre dans ma chanson
Une déclaration, ma déclaration

私は想いの全てを打ち明けることが出来ないの
想いはあふれているのにためらってしまう
だから歌に想いを込めた方がいいわ
愛の告白、私の愛の告白

Une déclaration, ma déclaration
Juste deux ou trois mots d'amour
Pour te parler de nous
Deux ou trois mots de tous les jours
C'est tout

愛の告白、私の愛の告白を
ほんのわずかな愛の言葉で
私たちの事を話せるわ
毎日それを繰り返していれば
それで十分なの

Quand je suis seule et que je peux rêver
Je rêve que je suis dans tes bras
Je rêve que je te fais tout bas
Une déclaration, ma déclaration

一人で居る時に夢見るのは
あなたの腕に抱かれたいの
ささやくようにあなたに話したい
愛の告白、私の愛の告白

Je veux des souvenirs avec toi,
Des images avec toi,
Des voyages avec toi
Je me sens bien quand tu es là
Une déclaration, ma déclaration

あなたとの想い出が欲しいの
あなたとの残像
あなたとの旅行
あなたがそばに居るのがうれしいの
愛の告白、私の愛の告白

J'aime quand tu es triste
Et que tu ne dis rien
Je t'aime quand je te parle
Et que tu ne m'écoutes pas
Je me sens bien, quand tu es là
Une déclaration, ma déclaration

あなたが悲しそうで
何も話さない時が好き
あなたに語りかけ
私の話す事を聞いていない時が好き
あなたがそばに居るのがうれしいの
愛の告白、私の愛の告白


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「孤独の島」 "Une île" はセルジュ・ラマ Serge Lama の作詞、イヴ・ギルベール作曲のシャンソンで1969年にセルジュ・ラマが歌ってヒットしました。

「孤独の島」は表面的にはセント・ヘレナ島に流刑となったナポレオンの心情を歌っていて、「あなた」はフランス本土を懐かしんで言っているのだと思うが、女性名詞の île は「彼女」をも表し、最後のフレーズによって恋人と別れたセルジュ・ラマの個人的な心情を強く感じさせる歌となっていると僕には思われる。

ところでセント・ヘレナ島はアフリカのはるか沖合いにある南大西洋の絶海の孤島で、ナポレオンはワーテルローの戦いに敗れて1815年にこの地に連れて来られ、1825年にこの島で亡くなるのだが、こんなところに島流しになったら誰でも夢も希望もなくなるでしょうね。

02908a.jpg

Une île  Serge Lama  孤独の島  セルジュ・ラマ

20908a.jpg

Une île  孤独の島   《宇藤カザン訳》

Une île, entre le ciel et l'eau
Une île sans hommes ni bateaux
Inculte, un peu comme une insulte
Sauvage, sans espoir de voyage
Une île, une île, entre le ciel et l'eau

空と海の間の島
船も無い無人島
人を寄せ付けない未開の地
抜け出すことも叶わない荒涼の島
空と海の間の島

Ce serait là, face à la mer immense
Là, sans espoir d'espérance
Tout seul face à ma destinée
Plus seul qu'au coeur d'une forêt
Ce serait là, dans ma propre défaite
Tout seul sans espoir de conquête
Que je saurais enfin pourquoi
Je t'ai quittée, moi qui n'aime que toi

それは広大な海を目の前にして
何の望みも無くそこにあり
たった一人運命と向き合い
森の中に一人残されたよりも孤独で
私の敗北の中にそれはある
あなただけを愛しているのに
何ゆえあなたを離れることになってしまったのかを知るべく
征服の望みも失せてたった一人

Une île, comme une cible d'or
Tranquille, comme un enfant qui dort
Fidèle, à en mourir pour elle
Cruelle, à force d'être belle
Une île, une île, comme un enfant qui dort

黄金の標的のような島
眠れる子供のような静寂
運命のままに島と共に朽ち果てるも
残酷なまでに美しい島
眠れる子供のような島

Ce serait là, face à la mer immense
Là, pour venger mes vengeances
Tout seul avec mes souvenirs
Plus seul qu'au moment de mourir
Ce serait là, au coeur de Sainte-Hélène
Sans joie, sans amour et sans haine
Que je saurais enfin pourquoi
Je t'ai quittée, moi qui n'aime que toi

それは広大な海を前にしてそこにある
私の恨みを晴らすためにそこにある
想い出と共にたった一人で
死ぬ時にはもっと孤独に
喜びも、愛も、憎悪も無く
あなたしか愛していないのに
何ゆえあなたと離れることになったかを知るのは
それはセントヘレナ島の中でなのだろう

Une île, entre le ciel et l'eau
Une île sans hommes ni bateaux
Inculte, un peu comme une insulte
Sauvage, sans espoir de voyage
Une île, cette île, mon île, c'est toi

空と海の間の島
船も無い無人島
人を寄せ付けない未開の地
抜け出すことも叶わない荒涼の島
私のこの島は、それはあなたなのだ

20908b.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ブリジット・バルドー Brigitte Bardot はフランスの大スターであるが、彼女の南仏のサントロペの別荘を「ラ・マドラグ」と名付けそこで夏のヴァカンスを楽しんだ。「ラ・マドラグ」 "La Madrague" は1963年の作品だが、詩の内容もバルドーの歌もなかなかいい。ラ・マドラグとは定置網の一種のしび網の事です。

20906a.jpg

2種類の動画が見つかりました。どちらも良いので両方ごらん下さい。

La Madrague  Brigitte Bardot  ラ・マドラグ  ブリジット・バルドー Ⅰ

La Madrague  Brigitte Bardot  ラ・マドラグ  ブリジット・バルドー Ⅱ

20904v.jpg

La Madrague  ラ・マドラグ      《宇藤カザン訳》

Sur la plage abandonnée
Coquillage et crustacés
Qui l'eût cru déplorent la perte de l'été
Qui depuis s'en est allé
On a rangé les vacances
Dans des valises en carton
Et c'est triste quand on pense à la saison
Du soleil et des chansons

人気の無い浜辺に
信じられないことに貝やエビやカニが
夏が去ってもう戻ってこないのを嘆いている
太陽と歌の季節を思い出しながら
バカンスの帰り支度をしていると
悲しい気持ちになる

Pourtant je sais bien l'année prochaine
Tout refleurira nous reviendrons
Mais en attendant je suis en peine
De quitter la mer et ma maison

それでも来年になって
ここに戻ってくれば
元のように華やかになるのは分かっているけれど
海と私の家から離れるのが
待ち遠しくて辛いの

Le mistral va s'habituer
A courir sans les voiliers
Et c'est dans ma chevelure ébouriffée
Qu'il va le plus me manquer
Le soleil mon grand copain
Ne me brulera que de loin
Croyant que nous sommes ensemble un peu fâchés
D'être tous deux séparés

私の乱れた髪の中を
吹き抜けて欲しいのに
走るヨットも無い海に
北風が居座ろうとしている
私の一番の友達の太陽は
二人が離れ離れになって
互いに気まずくなっているみたいに
遠いところからしか照らしてくれない

20906c.jpg

Le train m'emmènera vers l'automne
Retrouver la ville sous la pluie
Mon chagrin ne sera pour personne
Je le garderai comme un ami

列車は私を秋へと連れ去り
再び雨の都会と差し戻す
私の悲しみは誰のものでもないから
それと友達になりましょう

Mais aux premiers jours d'été
Tous les ennuis oubliés
Nous reviendrons faire la fête aux crustacés
De la plage ensoleillée
De la plage ensoleillée
De la plage ensoleillée

でも初夏になれば
全ての憂鬱も消え
私たちはエビやカニを歓迎しに
戻ってくるだろう
太陽がいっぱいの浜辺で
太陽がいっぱいの浜辺で
太陽がいっぱいの浜辺で

20906b.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


シャルル・デュモン Charles Dumont の「一つの歌」 "Une Chanson" です。1977年のデュモン自身の作曲によりますが、3拍子の軽いリズムに乗って歌われ、音楽を、歌を愛する気持ちが表れているる愛らしいシャンソンです。

20904a.jpg

Une Chanson  Charles Dumont  一つの歌  シャルル・デュモン

20904adf.jpg

一つの歌  Une Chanson      《宇藤カザン訳》   

Ce n'est qu'un point de poésie
Dans le ciel des matins de pluie
Le satin rose de ta peau
Que je caresse avec des mots
C'est un baiser un peu futile
Dans un tendre matin d'avril
C'est une bouteille à la mer
Une oasis dans le désert

それは明け方の雨空の中の
一点の詩でしかない
愛の言葉で愛撫する
バラ色の滑らかなあなたの肌
四月の優しい朝の中の
さりげない口づけ
海原に漂うビン
砂漠のオアシス

Une chanson
C'est trois fois rien une chanson
C'est du champagne un frisson
Une chanson
Une chanson
A quoi ça sert une chanson
Ça dure à peine une saison
Une chanson

一つの歌
歌なんて全くたいしたことないものさ
それはシャンパンの揺らめき
一つの歌
一つの歌
それが何の役に立つの
それはせいぜい一つの季節しか持たない
一つの歌

Ce n'est qu'un point dans l'infini
Un petit bout de mélodie
Que l'on invente sur un piano
Et qu'on habille avec des mots
C'est un prénom sur une page
Un jour un mois juste une image
Et dans le fleuve d'aujourd'hui
C'est sûrement toute ma vie

それは永遠の中の一瞬に過ぎない
ピアノから紡ぎ出され、言葉の衣を着せられた
小さなメロディーの切れ端でしかない
一ページの中の署名
月日の中のほんの一コマの映像
でも時の流れの中で
きっと生涯続くもの

Une chanson
C'est trois fois rien une chanson
C'est du champagne un frisson
Une chanson
Une chanson
C'est peu de choses une chanson
Mais dis-moi c'que nous ferions
S'il n'y avait plus de chansons

一つの歌
歌なんて全くたいしたことないものさ
それはシャンパンの揺らめき
一つの歌
一つの歌
歌は些細なもの
でもこの世に歌が無くなったら
何をしたら良いか分からないんだよ

Une chanson
C'est trois fois rien une chanson
C'est du champagne un frisson
Une chanson
Une chanson
C'est peu de chose une chanson
Mais dis-moi c'que nous ferions
S'il n'y avait plus de chansons
Une chanson

一つの歌
歌なんて全くたいしたことないものさ
それはシャンパンの揺らめき
一つの歌
一つの歌
歌は些細なもの
でもこの世に歌が無くなったら
何をしたら良いか分からないんだよ

20904fe.jpg

clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



フランス・ギャル France Gall の「涙のシャンソン日記」の日本語のタイトルはまたか!という感じだが、「夢見るシャンソン人形」のネーミングで当たったので二匹目のドジョウを狙ったのだろう。フランス語のタイトルの "Attens ou va t'en" は「待って、それとも行って」だが、ここは「私のところに留まるの、それとも去ってしまうの」という感じだろう。 

この曲はシャルル・ゲンズブール Charles Gainsbourg が作詞・作曲し、1965年にリリースされたものだから単純な様に見えても裏の意味がある場合が多い。
De la dernière pluie de la nuit も成句の一部なのだが、単純に「夜の最後の雨」と捉えることにする。雨は涙を暗示させ、いずれにしろ乙女の揺れる女心を表現している。

20903aaa.jpg

Attens ou va t'en  France Gall

20903fff.jpg

涙のシャンソン日記  Attens ou va t'en    《宇藤カザン訳》

À peine sorti de la nuit
À peine né d'hier
C'est la guerre
Attends demain
On verra bien
Qui gagne et qui perd

夜が明けたばかりなのに
昨日生まれたばかりなのに
戦いなのよ
明日まで待って
そのうち分かるわ
どちらが勝ってどちらが負けるか

De la dernière pluie de la nuit
Nous sommes tombés tous deux
Amoureux
Attends le jour
Où cet amour
Ne seras plus un jeu

夜の終わりに雨が降って
二人は恋に落ちた
朝まで待って
この恋は遊びじゃないのよ

Attends ou va-t'en
Mais ne pleure pas
Attends ou va-t'en loin de moi
Attends ou va-t'en
Ne m'embête pas
Va-t'en, ou alors attends-moi

私のそばに居るのそれとも行ってしまうの
でも泣かないわ
私のそばに居るの、遠くに行ってしまうの
私のそばに居るのそれとも行ってしまうの
私を困らせないで
行ってしまって、さもなければ私と一緒に居て

À peine sorti de la nuit
Et tu parles sans rire
De mourir
Attends un peu
Ce n'est pas le moment
De partir

夜が明けたばかりなのに
あなたは笑い転げずに話す
ちょっと待ってよ
今行ってしまうなんて
それは無いでしょう

De la dernière pluie de la nuit
Est tombée de mon coeur
Une fleur
Attends l'aurore
De rose et d'or
Sera sa couleur

夜の終わりに雨が降って
私の心から一つの花が落ちた
朝焼けが
バラ色に黄金色に染まるまで待って

Attends ou va-t'en
Mais ne pleure pas
Attends ou va-t'en loin de moi
Attends ou va-t'en
Ne m'embête pas
Va-t'en, ou alors attends-moi

私のそばに居るのそれとも行ってしまうの
でも泣かないわ
私のそばに居るの、遠くに行ってしまうの
このそばに居るのそれとも行ってしまうの
私を困らせないで
行って、さもなければ私のそばに居て

La dernière pluie de la nuit
C'est le premier chagrin
Du matin
À tout hasard
Attends ce soir
Et tu verras bien

夜の最後の雨
それは朝の初めての悲しみ
念のため
今晩まで待って
そうすればあなたは良く分かるでしょう

Attends ou va-t'en
Mais ne pleure pas
Attends ou va-t'en loin de moi
Attends ou va-t'en
Ne m'embête pas
Va-t'en ou alors attends-moi

私のそばに居てくれるの
それとも行ってしまうの
でも泣かないわ
私のそばに居てくれるの
それとも遠くに行ってしまうの
私のそばに居てくれるの
それとも行ってしまうの
行って、さもなければ私のそばに居て

20903ggg.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


また似たような夏の終わりの浜辺の恋の歌です。浜辺の恋に縁遠くなった僕としてはちょっと食傷気味なのですが、350曲を超えてくると、良く知られている曲は大体訳し終わるので、ちょっと出来が悪い歌詞かなと思ったり、マイナーな曲も扱うことになります。

ところでこのローラン・ヴールズィ Laurent Voulzy の "Derniers baisers" はどう訳そうか・・・ Derniers には「最後の」と「最近の」という意味があるので「想い出のキス」とでもしようか・・・なんとも陳腐な題だが内容も月並みなので仕方が無い。

2006年にリリースされた曲だが、どこか聞き覚えのあるメロディーが・・・

その後コメントを頂きまして、1962年にヒットしたブライアン・ハイランドの“Sealed with a kiss”が原曲で、日本では“涙のくちづけ”としてレターメンの曲でヒットした曲だということが分かりました。

20902a.jpg

Laurent Voulzy   Derniers baisers  想い出のキス  ローラン・ヴールズィ

20902w.jpg

Derniers baisers  想い出のキス    《宇藤カザン訳》

Quand vient la fin de l'été, sur la plage
Il faut alors se quitter
Peut-être pour toujours
Oublier cette plage
Et nos baisers

浜辺に夏の終わりが来れば
もしかしたら永遠に別れなければならなくなる
この浜辺を、僕たちのキスを忘れなければ

Quand vient la fin de l'été, sur la plage
L'amour va se terminer
Comme il a commencé
Doucement, sur la plage
Par un baiser

浜辺に夏の終わりが来れば
浜辺の上の一つのキスで優しく恋が始まったように
やがて恋は終わって行く

Le soleil est plus pâle
Et nous n'irons plus danser
Crois-tu qu'après tout un hiver
Notre amour aura changé

太陽は以前の輝きを失い
僕たちはもう踊りに行かない
結局僕たちの恋は
冬には変わってしまうと君は思うか

20902g.jpg

Quand vient la fin de l'été, sur la plage
Il faut alors s'en aller
Les vacances ont duré
Emportant la tendresse
De nos baisers

浜辺に夏の終わりが来れば
立ち去らなければらない
長かったヴァカンス
僕たちの甘いキスを心に秘めながら

Le soleil est plus pâle
Et nous n'irons plus danser
Crois-tu qu'après tout un hiver
Notre amour aura changé

太陽は以前の輝きを失い
僕たちはもう踊りに行かない
結局僕たちの恋は
冬には変わってしまうと君は思うか

Quand vient la fin de l'été, sur la plage
Il faut alors se quitter
Peut-être pour toujours
Oublier cette plage
Et nos baisers
Et nos baisers...

浜辺に夏の終わりが来れば
もしかしたら永遠に別れなければならなくなる
この浜辺を、僕たちのキスを忘れなければ
僕たちのキスを・・・

20902h.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

バルバラ Barbara の1964年のアルバム「孤独のスケッチ」に収録された「美しい九月」 "Septembre" です。フランス語の原題は単に「九月」で、副題として「何と美しい季節」 "Quel joli temps" というのが付いていますが、いかにもバルバラらしい、移ろい、揺れ動く音の流れがとても美しい。

20901x.jpg

Septembre  Barbara  九月  バルバラ

20901d.jpg

Septembre  九月    《宇藤カザン訳》

Jamais la fin d'été n'avait paru si belle.
Les vignes de l'année auront de beaux raisins.
On voit se rassembler, au loin les hirondelles
Mais il faut se quitter. Pourtant, l'on s'aimait bien.

夏の終わりがこれほど美しかったことは無かったわ
今年はブドウの木が素晴らしい実を結ぶでしょう
遠くでツバメが集うのが見える
けれども別れなければ、とても愛し合っていたのに

Quel joli temps pour se dire au revoir.
Quel joli soir pour jouer ses vingt ans.
Sur la fumée des cigarettes,
L'amour s'en va, mon coeur s'arrête.
Quel joli temps pour se dire au revoir.
Quel joli soir pour jouer ses vingt ans.

さよならの言葉を交わすにはなんと美しい季節なの
青春を楽しむにはなんと素敵な夕べなの
タバコの煙に乗って
愛は立ち去り、私の心は立ち止まる
さよならの言葉を交わすにはなんと美しい季節なの
青春を楽しむにはなんと素敵な夕べなの

20901k.jpg

Les fleurs portent déjà les couleurs de Septembre
Et l'on entend, de loin, s'annoncer les bateaux.
Beau temps pour un chagrin que ce temps couleur d'ombre.
Je reste sur le quai, mon amour. A bientôt.

花は既に九月の色に染まり
船の到着の汽笛が遠くから聞こえる
悲しみの心はこの翳り空にさえ美しく映える
岸辺に佇む私、愛しい人、またお会いしましょう

Quel joli temps, mon amour, au revoir.
Quel joli soir pour jouer ces vingt ans.
Sur la fumée des cigarettes,
L'amour nous reviendra peut-être.
Peut-être un soir, au détour d'un printemps.
Ah quel joli temps, le temps de se revoir.

さよならの言葉を交わすにはなんと美しい季節なの
青春を楽しむにはなんと素敵な夕べなの
タバコの煙に乗って
恋はきっと私たちのところに戻ってくるわ
いつの宵にか、春が巡って来る頃に
再会する時は、ああ、なんと美しい季節でしょう

Jamais les fleurs de Mai n'auront paru si belles.
Les vignes de l'année auront de beaux raisins.
Quand tu me reviendras, avec les hirondelles,
Car tu me reviendras, mon amour, à demain...

五月の花がこれほどまでに美しく思えることは無かったでしょう
今年はブドウの木が素晴らしい実を結ぶでしょう
あなたがツバメと共に私のところに戻って来る時
戻って来るのでしょうから、愛しい人、明日には・・・

20901n.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ニコレッタ Nicoletta の「太陽が消えた朝」 "Il est mort le soleil" (太陽は死んだ)は1967年のユベール・ジローの曲で、ニコレッタの最初のヒット曲になりましたが、この曲がレイ・チャールズの目に止まり、いや耳に止まり、英語の歌詞が付けられました。 

20830a.jpg

Il est mort le soleil  Nicoletta  太陽が消えた朝  ニコレッタ

20830b.jpg

Il est mort le soleil  太陽が消えた朝      《宇藤カザン訳》

Il est mort,
Il est mort, le soleil
Quand tu m´as quittée
Il est mort, l´été
L´amour et le soleil,
C´est pareil.

消えた
太陽が消えた
あなたが去って
夏も消えた
恋も太陽も
同じなの

Il est mort,
Il est mort, le soleil
Mais je suis la seule à porter le deuil
Et le jour ne franchit plus mon seuil.

消えた
太陽が消えた
ひとり悲しみに暮れて
新しい日も訪れない

Hier, on dormait sur le sable chaud
Hier pour nous il faisait beau
Il faisait beau même en hiver
C´était hier

昨日まで
熱い砂の上でまどろんだ二人
空は澄み渡り
冬でも澄み渡り
昨日までは

Il est mort,
Il est mort, le soleil
L´ombre est sur ma vie,
Dans mon cœur, la pluie
Et mon âme s´habille de gris.

消えた
太陽が消えた
私の人生に影が差し
心の中に雨が降り
魂は灰色の衣をまとう

Hier, la couleur que j´aimais le mieux
C´était la couleur de tes yeux
C´était la couleur de la mer
C´était hier.

昨日まで
一番好きな色は
あなたの瞳の色
それは海の色だった
昨日の事だった

Il est mort,
Il est mort, le soleil
Quand tu m´as quittée
Il est mort, l´été
L´amour et le soleil,
C´est pareil,
Il est mort, le soleil.

消えた
太陽が消えた
あなたが去って
夏も消えた
恋も太陽も
同じなの

20830c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「初恋のニコラ」 "Nicolas" は1979年に発売されたアルバムに収録されていて、シルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan の故郷のブルガリアに残してきたニコラという初恋の少年を想い出すという内容です。

20825a.jpg

Nicolas  Sylvie Vartan  初恋のニコラ  シルヴィー・ヴァルタン

20825sh.jpg

Nicolas  初恋のニコラ     《宇藤カザン訳》

Non ce n'est rien qu'une chanson qui revient quelquefois
Rien qu'un sourire, en souvenir d'un garçon d'autrefois
Quand mes jours sont gris
Qu'il neige sur ma vie, il revient dans ma mémoire
Au lycée Français un soir il m'attendait
Il souriait Nicolas

時折思い返すささやかな詩
それはほほえましい、昔の男の子の想い出
私の人生に雪が降る
気持ちの塞ぐ日々が続けば
私の記憶に彼が甦る
夕暮れ時、フランス系の高校で私を待っていた彼
微笑んでいたニコラ

Nicolas, Nicolas, ma première larme ne fût que pour toi
On était, des enfants, notre peine valait bien celle des grands
Nicolas, Nicolas, c'était de l'amour, on ne le savait pas
C'est la vie, qui nous prend
Qui nous emmène où elle veut et où elle va

ニコラ、ニコラ、始めて流した私の涙
あなたのせいだったのよ
まだ子供だった私たち
それでも苦しみは大人と変わらなかった
ニコラ、ニコラ、気が付いてはいなかったけれど
それは恋ゆえだったの
人生は私たちを捕まえては勝手気ままにさらって行く

20825g.jpg

Un homme enfant, aux yeux trop grands, sur un quai, qui pleurait
Il a neigé, beaucoup depuis, sur là bas, sur Paris
Et il ne sait rien, de moi et de ma vie
Ce que je fais, qui je suis
Il ne connaît pas, l'autre Maritza, il garde la vraie là-bas

駅のホームで大きな目に涙を浮かべていた男の子
あの時以来、あちらでも、パリでも何度も雪が降った
私については何も
私の生活を何も彼は知らなかった
私が何をしているか、私が誰なのか
彼はマリヅァ以外の場所を知らない
彼はあちらでかけがえの無いものを守っている

Nicolas, Nicolas mon premier chagrin s'appelle comme toi
Je savais, que jamais, je ne reviendrai ici auprès de toi
Nicolas, Nicolas c'était de l'amour, on ne le savait pas
C'est le temps, qui s'en va
Qui invente toutes nos peines et nos joies.

ニコラ、ニコラ、私の最初の悲しみはあなたの名前
私は分かっていたの
あなたの元に戻ることはないだろうと
ニコラ、ニコラ、気が付いてはいなかったけれど
それは恋ゆえだったの
私たちの苦しみも喜びも創り出し
時は流れて行く

Nicolas, Nicolas, ma première larme ne fût que pour toi
On était des enfants, notre peine valait bien celle des grands
Nicolas, Nicolas, c'était de l'amour, on ne le savait pas
C'est la vie qui nous prend
Qui nous emmène où elle veut et où elle va
Nicolas, Nicolas...

ニコラ、ニコラ、始めて流した私の涙
あなたのせいだけではなかった
まだ子供だった私たち
それでも苦しみは大人と変わらなかった
ニコラ、ニコラ、気が付いてはいなかったけれど
それは恋ゆえだったの
人生は私たちを捕まえては勝手気ままにさらって行く
ニコラ、ニコラ・・・

20825v.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



シャルル・デュモン Charles Dumont がエディット・ピアフ Edith Piaf のために作曲した最初で、最も重要な曲は1956年の「水に流して」、次いで「私の神様」だろう。デュモンはピアフのためにたくさんの曲を書いているがそのうちの一つの「愛の言葉」です。歌詞の内容は平凡ではあるが、三拍子のリズムに乗って、流れるように繰り返されるデュモンの旋律には魅力があります。

ピアフ Piaf の「愛の言葉」"Les mots d'amour" の歌い方はいかにもピアフらしい歌い方ですが、デュモンは別の曲であるような歌い方で、個人的にはデュモンの渋い声と歌い方の方が好きです。

20824a.jpg

Les mots d'amour  Edith Piaf  愛の言葉  エディット・ピアフ

20824b.jpg

Les mots d'amour  Charles Dumont  愛の言葉  シャルル・デュモン

20824gr.jpg

Les mots d'amour  愛の言葉     《宇藤カザン訳》

C'est fou ce que je peux t'aimer
Ce que je peux t'aimer des fois
Des fois, je voudrais crier
Car je n'ai jamais aimé
Jamais aimé comme ça
Ça je peux te le jurer
Si jamais tu partais
Partais et me quittais
Me quittais pour toujours
C'est sûr que j'en mourrais
Que j'en mourrais d'amour
Mon amour, mon amour...

あなたを愛せるなんてどうかしてるわね
何度でも愛せるなんて
何度でも、私は叫びたいのよ
だって今まで愛したことが無かったから
こんな風に愛したことは一度も
それはあなたに誓えるわ
もしあなたが去ったら
私と別れて去って行ってしまったら
永遠に私と別れることになったら
私はきっと死んでしまう
愛ゆえに死んでしまうわ
愛しい人、私の愛しい人

C'est fou ce qu'il me disait
Comme jolis mots d'amour
Et comme il les disait
Mais il ne s'est pas tué
Car malgré mon amour
C'est lui qui m'a quittée
Sans dire un mot
Pourtant des mots
Y en avait tant
Y en avait trop...

あの人が私に言った言葉はどうかしているわ
なんとも美しい愛の言葉の数々
それらをなんと魅力的に言ったかしら
だけども彼は自殺したんじゃ無いのよ
私が愛しているにもかかわらず
私から別れて行ったのは彼なのよ
一言も言わずに
でも言いたい事は
いくらでもあっただろうに
ありすぎるほどあっただろうに・・・

C'est fou ce que je peux t'aimer
Ce que je peux t'aimer des fois
Des fois, je voudrais crier
Car je n'ai jamais aimé
Jamais aimé comme ça
Ça je peux te le jurer
Si jamais tu partais
Partais et me quittais
Me quittais pour toujours
C'est sûr que j'en mourrais
Que j'en mourrais d'amour
Mon amour, mon amour...

あなたを愛せるなんてどうかしてるわね
何度でも愛せるなんて
何度でも、私は叫びたいのよ
だって今まで愛したことが無かったから
こんな風に愛したことは一度も
それはあなたに誓えるわ
もしあなたが去ったら
私と別れて去って行ってしまったら
永遠に私と別れることになったら
私はきっと死んでしまう
愛ゆえに死んでしまうわ
愛しい人、私の愛しい人

Et voilà qu'aujourd'hui
Ces mêmes mots d'amour
C'est moi qui les redis
C'est moi qui les redis
Avec autant d'amour
A un autre que lui
Je dis des mots
Parce que des mots
Il y en a tant
Qu'il y en a trop...

ところが今日になってしまえば
以前と同じ愛の言葉
それらを再び口にしている私
それらを再び口にしている私なの
たくさんの愛を込めて
彼とは別の人に
私は言葉を口にするの
だって言葉は
いくらでもあるから
ありすぎるほどあるからね

C'est fou ce que je peux t'aimer
Ce que je peux t'aimer des fois
Des fois je voudrais crier
Car je n'ai jamais aimé
Jamais aimé comme ça
Ça, je peux te le jurer
Si jamais tu partais
Partais et me quittais
Me quittais pour toujours
C'est sûr que j'en mourrais
Que j'en mourrais d'amour
Mon amour, mon amour...

あなたを愛せるなんてどうかしてるわね
何度でも愛せるなんて
何度でも、私は叫びたいのよ
だって今まで愛したことが無かったから
こんな風に愛したことは一度も
それはあなたに誓えるわ
もしあなたが去ったら
私と別れて去って行ってしまったら
永遠に私と別れることになったら
私はきっと死んでしまう
愛ゆえに死んでしまうわ
愛しい人、私の愛しい人

Au fond ce n'était pas toi
Comme ce n'est même pas moi
Qui dit ces mots d'amour
Car chaque jour ta voix
Ma voix, ou d'autres voix
C'est la voix de l'amour
Qui dit des mots
Encore des mots
Toujours des mots
Des mots d'amour...

結局のところあなたではなかったの
私でもなかったの
これらの言葉を言わせるのは
だって毎日の
あなたの声が、、私の声が
他の人の声が
言葉を言わせるのは
それは愛の声なの
言葉を重ねるのは
いつだって言葉
愛の言葉なの・・・

C'est fou ce que je peux t'aimer
Ce que je peux t'aimer des fois
Si jamais tu partais
C'est sûr que j'en mourrais
C'est fou ce que je peux t'aimer
Ce que je peux t'aimer... d'amour...

あなたを愛せるなんてどうかしてるわね
何度でも愛せるなんて
もしあなたが去ったら
きっと私は死んでしまうわ
あなたを愛せるなんてどうかしてるわね
あなたを愛せるなんて・・・愛の・・・

20824hd.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


子供の恋心を歌った「カトリーヌ」 "Catherine" は、1970年のポール・モーリアによる曲です。

ダニエル・ヴィダル Danièle Vidal は日本で活躍していた歌手だから、本国のフランスではほとんど知られていなく、従ってネットの歌詞サイトにも載っていない。

昨日は難解な歌詞だったので今日は単純明快な歌詞と明るい歌声でお送りします。

20823y.jpg

Catherine  Danièle Vidal  カトリーヌ  ダニエル・ヴィダル

20823d.jpg

Catherine  カトリーヌ     《宇藤カザン訳》

Catherine, Catherine, vous aviez dix ans
Souvenez-vous, Catherine, au jardin d'enfants
Il vous offrais ses tartines et ses chocolats
Avec son coeur, Catherine, amoureux déjà

カトリーヌ、カトリーヌ、あなたは10歳だった
覚えているかしら、子供たちが遊ぶ公園で
男の子がタルティーヌとチョコレートをあなたにあげたわね
彼はもう、カトリーヌ、恋心を抱きながら

Et quand la nuit, refermait leur jardin
En brisant son coeur d'enfant
Vous le laissiez seul avec son chagrin
Vous rêviez au prince charmant

暗くなって、公園が閉まった時
彼の純情な心を打ち砕くように
悲しみに暮れる男の子を置き去りにした
あなたは素敵な王子さまを夢見ていたのよ

20823b.jpg

Lorsqu'il riait, Catherine, il avait dans le coeur
Bien des rires, Catherine, tristes comme des pleurs
Où êtes-vous et le prince charmant
L'avez-vous découvert enfin ?
Il y a toujours vos coeurs et vos prénoms
Gravés sur l'arbre du jardin

彼は笑っていたけれど、カトリーヌ、心の中では
涙ながらの悲しみの、カトリーヌ、笑いでいっぱいだった
あなたは今どこにいるの、そして素敵な王子さまはどこなの
ようやくめぐり会えたのかしら?
公園には今でも木に彫られた
あなたの名前とハートマークがそのままあるわよ

Catherine, Catherine, au jardin d'enfants
Catherine, Catherine, vous aviez dix ans
Et, ce garçon, Catherine, qu'il rêve souvent
Devant d'autres, Catherine, au jardin d'enfants
Il vous aime, Catherine, et malgré le temps
Il vous attend, Catherine, comme avant
Au jardin d'enfant, Catherine.

カトリーヌ、カトリーヌ、公園の遊び場で
カトリーヌ、カトリーヌ、あなたは10歳だった
そしてあの男の子は、カトリーヌ、良く夢を見るの
公園の遊び場で、カトリーヌ、他の子供たちを前にして
時が経っても、カトリーヌ、あなたの事を好きなのよ
前と同じように、カトリーヌ、あなたを待っているのよ
公園の遊び場で、カトリーヌ

20823w.jpg

jardin d'enfants は公園の中の柵で囲まれた子供の遊び場でしょう
tartine はバゲットを縦に切ってバターやジャムを塗ったもの

20823z.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1935年、フランスのブルターニュ生まれのアラン・バリエールには故郷の海を歌った歌が多く、「ブルターニュ讃歌」、「海」などがあるが、1978年にタンカーの事故でブルターニュの海岸が汚染された時も歌を作っている。

1983年に作られた「海がある」は彼の海への思いがあふれているが、女性名詞の海は「彼女」でもあり、恋人と海のイメージを重ね合わせているのだろう。訳は難しくて良く分からないのだが、とりあえずアップします。

20822ay.jpg

La mer est là  Alain Barrière  海がある  アラン・バリエール

20822v.jpg

La mer est là  海がある       《宇藤カザン訳》
 
La mer est là qui me murmure
Ces mots d'amour et d'infini
La mer est là qui me rassure
Le miracle n'est pas fini

愛と永遠の言葉を
僕にささやく海がある
僕を心安らかにしてくれる海がある
奇跡はまだ終わっていない

Je renaîtrai de mes blessures
La mer est là qui me le dit
Je ne serai jamais parjure
A cette nuit

心の傷から僕は立ち直るだろう
そう言ってくれる海があり
この夜に
僕が不実になることは決して無いだろう

La mer caresse ton visage
Elle parle doucement de toi
Devais-je t'aimer davantage ?
T'ai-je donné assez de moi ?
Un brûlant état sauvage
Un feu secret inassouvi
Retrouverons-nous le rivage
Après la nuit ?

海は君の顔を優しく撫でる
海は君について優しく語る
僕はいっそう君を愛さなければならないのだろうか?
僕は君に十分尽くしただろうか?
荒々しく燃えた状態
満たされない秘められた炎
夜が明けても
僕たちは再び浜辺を見出すことが出来るだろうか?

Bien sûr il y eut ces orages
De ses tempêtes et de ses cris
La mer se venge, elle nous rejette
Et nous renie
Sourit de nos pauvres naufrages
Et de leur vanité
La mer apprend l'humilité

もちろん
吹き荒れる嵐がもたらす
雷雨の日々はあった
海は復讐し
海は拒絶し
僕たちを認めようとはしない
海は僕たちの惨めな遭難と虚栄を笑い
謙虚さを教える

20822x.jpg

Écoute mon âme lointaine
Comme il est fragile et précis
Ce chant qui vient des sirènes
Pour qu'elle ait peur, quelle folie !
L'homme ne sera jamais lui-même
Qu'au bout du cœur de tragédie
Grand Dieu fallait-il que je t'aime
Dans cette vie ?

遥かなる僕の魂の声を聞いておくれ
人魚たちが奏でるこの調べは
壊れやすくもゆるぎなかったので
僕の魂は慄いた、なんと言う狂気!
人は悲惨な心が極まれば
自分自身を見失ってしまうだろう
この人生の中で
いやはや、僕は君を愛する必要があったのだろうか?

Et j'ai pleuré mille manières
Désespéré, abasourdi, face à la mer
Devant les portes de la nuit
Mais elle garde ses mystères
Même en ces soirs d'été
Même pour ceux qui l'ont chantée

そして僕は数限りない涙を味わった
夜の扉を前にして
海に向き合い呆然と絶望した
けれども海は
この夏の夜にさえも
海を歌った人たちにさえも
その神秘を保つ

La mer est là qui me murmure
Ces mots d'amour et d'infini
La mer est là qui me rassure
Le miracle n'est pas fini
La mer reflète ton visage
Pour quelle étrange prophétie ?
Retrouverons-nous le rivage
Après la nuit ?

愛と永遠の言葉を
僕にささやく海がある
僕を心安らかにしてくれる海がある
奇跡は終わってはいない
海は君の顔を映し出す
なんとも奇妙な神託のために?
夜が明けても
僕たちは再び浜辺を見出すことが出来るだろうか?

Bien sûr il y eut ces orages
De ses tempêtes et de ses cris
La mer se moque, elle nous rejette
Et nous renie
Elle nous gardera ses mystères
Même en ces soirs d'été
La mer pour ceux qui l'ont chantée

もちろん吹き荒れる嵐がもたらす
雷雨の日々はあった
海はからかい、僕たちを拒絶する
僕たちを認めようとしない
海はこの夏の夜にさえも
その神秘を保つ
海を歌った人たちのための海

20822w.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。