2012 / 08
≪ 2012 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2012 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルだが美しい詩である。自分の内面の世界とは別の楽しい鳥たちの営みと対比しながら時の経過を別れた彼が移動している時間で表している。

かつてカザンはブルゴーニュ地方に住んでいたので、その首都であるディジョンには良く行った。ディジョンは栄華の歴史を留めた美しい街でフランスの食文化の中心地でもある。

「枯木の上」 "Sur l'arbre mort" は1965年にピエール・ルーキが作曲し、ジュリエット・グレコ Juliette Gréco が歌った。

20821aw.jpg

Sur l'arbre mort  Juliette Gréco  枯木の上  ジュリエット・グレコ

20821g.jpg

Sur l'arbre mort  枯木の上   《宇藤カザン訳》

Sur l'arbre mort les oiseaux vivent
Comme autant d'énormes bourgeons
L'amour est mort ma peine est vive
Tu dois être près de Dijon.
Moi je regarde par la fenêtre
Les oiseaux qui font le printemps
Moi je regarde le printemps naître
Je t'aimais tant.

枯れ木の上に鳥たちがいる
まるで大きな花芽のよう
恋は終わっても苦しみは残る
あなたは今ディジョンのあたりね
窓から眺めている私
春をもたらす鳥たち
私は生まれいずる春を眺めている
あなたをとても愛していたの

20821f.jpg

Sur l'arbre mort les oiseaux chantent
Et j'ai cru voir l'arbre bouger
Tes yeux, ton corps encore me hantent
N'oublie pas à Lyon de changer.
Moi je regarde par la fenêtre
Les oiseaux qui t'amusaient tant
Le ciel est gris, là-bas peut-être,
Tu as beau temps.

枯れ木の上で鳥たちは歌い
木が動いているよう見えた
あなたの瞳と体はまだ私にまとわり付いている
リヨンで乗り換えるのを忘れないでね
窓から眺めている私
いつもあなたを楽しませていた鳥たち
空は灰色だけれど、あちらではきっと
あなたのところは良い天気なのね

20821v.jpg

Sur l'arbre mort les oiseaux s'aiment
L'arbre alors est beau comme un dieu
L'amour est mort mais moi je t'aime
Et tant pis pour ton mot d'adieu.
Moi je regarde quoi que tu dises
Tout là-bas un coin de ciel bleu
Toi tu n'es plus loin de Venise
Ici il pleut.

枯れ木の上で鳥たちが愛しみ合っている
木は神々しいまでに美しい
恋は終わったのに私はまだあなたを愛している
あなたの別れの言葉が悔しい
あなたが言った言葉の数々を思い返している私
青空の遥か彼方の
ヴェニスのあたりまでたどり着いたあなた
こちらは雨

20821ve.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

スポンサーサイト

ミッシェル・ヴォケール Michel Vaucaire の作詞、フランシス・レイ Francis Lai の作曲によるコラ・ヴォケール Cora Vaucaire が歌う「想い出のサントロペ」 "Je n'irai pas à Saint-Tropez" です。数分の歌の中にドラマが潜んでいるシャンソンの典型かもしれません。原題は「サントロペに行かないでしょう」です。

サントロペは昔は小さな漁港でしたが、現在はコート・ダジュールの高級なリゾート地として有名です。

20820a.jpg


Je n'irai pas à St-Tropez  Cora Vaucaire
  想い出のサントロペ  コラ・ヴォケール

20820ag.jpg

Je n'irai pas à St-Tropez  想い出のサントロペ      《宇藤カザン訳》

Je n'irai pas à St-Tropez, Madame
Au mois d'août cette année
Dans la maison que vous m'avez
Déjà louée l'année dernière

奥様、今年の8月はサントロペには参りません
去年私に貸してくださった家には

Je n'irai pas à St-Tropez, Madame
Il faut me pardonner
Mais je suis sure que vous allez
Trouver très vite un locataire

奥様、私はサントロペには参りません
どうかお許し下さい
でもきっとすぐにも借りる人は見つかるでしょう

20820s.jpg

Votre maison est si jolie
Et l'odeur des amandes amères
S'y mêlent au parfum de la mer
Qu'apporte le vent de la nuit

あなたの家はとても素敵で
夜の風がもたらす海の香気が
ビターアーモンドの香りと混ざり合う

Je n'irai pas à St-Tropez, Madame
Au mois d'août cette année
J'avais pourtant tout préparé
Comme on prépare un jour de fête

奥様、私はサントロペには参りません
私はそれでも全て用意を整えました
特別な日に向けて準備をするように

20820k.jpg

Je n'irai pas à St-Tropez, Madame
Je n'ai plus personne à aimer
Et plus de fête à souhaiter
Car ce soir j'ai perdu la tête

奥様、私はサントロペには参りません
もう愛する人は居ないのです
もう心待ちにする特別な日も無いのです
私は今宵茫然としています

Votre maison est si jolie
C'est sous son toit que j'ai passé
Le plus bel été de ma vie
Mais c'est fini mes beaux étés

あなたの家はとても素敵で
その屋根の下で
人生でもっとも美しい夏を過ごしました
けれども私の美しい夏ももう終わりです

20820f.jpg

Je n'irai pas à St-Tropez, Madame
Ni cette année ni jamais plus
Mon amour n'ira pas non plus
Car je l'ai tué tout à l'heure

奥様、私はサントロペには参りません
今年もこれからもずっと行かないでしょう
私の恋人もやはり行かないでしょう
なぜなら私は先ほど彼を殺したからです

On va venir et m'arrêter
Vous pouvez donc garder les arrhes
Que je vous ai versé et croire
À mes sentiments les meilleurs

誰かが私を捕らえに来るでしょう
払い込みました予約金はどうぞお納め下さい
心より、かしこ

20820u.jpg

Je n'irai pas à St-Tropez, Madame
Ni cette année ni jamais plus
Ni jamais plus
Ni jamais plus
Ni jamais plus

奥様、私はサントロペには参りません
今年もこれから先も決して
これから先も決して
これから先も決して
これから先も決して

20820y.jpg

ビターアーモンドはアーモンドオイルや石けんなどに使われます。

20820h.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ジョルジュ・ブラッサンス Georges Brassens の「砂の城」 "Les château de sable" です。このシャンソンは小さな叙事詩とも言える内容を持ち、子供の頃の浜辺の出来事に対するノスタルジアと大人になってからの戦争の虚しさを重ね合わせる内容となっている。

20829fr.jpg

ブラッサンス自身の動画が無かったのでマクシム・ル・フォレスティエのギターの弾き語りで聴きましょう。

20829fkw.jpg

Les château de sable  Maxime le Forestier  砂の城  マクシム・ル・フォレスティエ

20829c.jpg

Les château de sable  砂の城     《宇藤カザン訳》

Je chante la petite guerre
Des braves enfants de naguère
Qui sur la plage ont bataillé
Pour sauver un château de sable
Et ses remparts infranchissables
Qu'une vague allait balayer.

勇敢な子供たちの
小さな戦争の歌を歌おう
それはついこの前のこと
波が来たら流されてしまいそうな
そそり立つ城壁の砂の城を守るために
浜辺で戦った子供たち

J'en étais : l'arme à la bretelle,
Retranchés dans la citadelle,
De pied ferme nous attendions
Une cohorte sarrasine
Partie de la côte voisine
A l'assaut de notre bastion.

僕もそうだったけれど
武装し塹壕を掘って
城塞に立てこもり
隣の海岸の
サラセン人のような一団が
僕たちの砦へ襲撃して来るのを
みんなで踏みとどまって待ち構えた

A cent pas de là sur la dune,
En attendant que la fortune
Des armes sourie aux vainqueurs,
Languissant d'être courtisées
Nos promises, nos fiancées
Préparaient doucement leur coeur.

そこから100歩先の砂丘の上では
勝利の女神が微笑むよう
戦闘の行方を期待しながら
言い寄られてのぼせ上がっている
僕たちのいいなずけ、僕たちの婚約者が
密かに心待ちにしている

Tout à coup l'Armada sauvage
Déferla sur notre rivage
Avec ses lances, ses pavois,
Pour commettre force rapines,
Et même enlever nos Sabines
Plus belles que les leurs, ma foi.

すると突然野蛮な大艦隊が
槍と盾でもって
強引な略奪を犯すために
奴らの女たちよりずっときれいな、本当に
サビーヌを誘拐するために
僕たちの海岸に押し寄せた

La mêlée fut digne d'Homère,
Et la défaite bien amère
A l'ennemi pourtant nombreux,
Qu'on battit à plate couture,
Qui partit en déconfiture
En déroute, en sauve-qui-peut.

乱戦はホメロスの詩さながらに
敵は大勢居たけれど
奴らはひどい敗北で
徹底的に叩きのめしてやった
奴らは惨敗を喫して、戦線を離脱し
先を争って逃げ去った

Oui, cette horde de barbares
Que notre fureur désempare
Fit retraite avec ses vaisseaux,
En n'emportant pour tous trophées,
Moins que rien, deux balles crevées,
Trois raquettes, quatre cerceaux.

そう、この野蛮な一団は
我らが勇猛果敢な怒りに
たいした戦利品も持ち去らずに
取るに足らない、裂けたボールを二つ
ラケットを三つ、輪回しの輪を四つだけで
奴らの船で退散した

Après la victoire fameuse
En chantant l'air de "Sambre et Meuse"
Et de la "Marseillaise", ô gué,
On courut vers la récompense
Que le joli sexe dispense
Aux petits héros fatigués.

とてつもない大勝利の後
「サンブル河とムーズ河」の歌を歌い
そして「マルセイエーズ」を歌いながら、ああ愉快
戦い疲れた小さな英雄への
可愛い女の子が分け与えてくれる
ご褒美へと走り寄るのだった

Tandis que tout bas à l'oreille
De nos Fanny, de nos Mireille,
On racontait notre saga,
Qu'au doigt on leur passait la bague,
Surgit une espèce de vague
Que personne ne remarqua.

僕たちの英雄的な物語を語り
仲間のファニーやミレイユの事や
その指に指輪をはめることを
ひそひそ話していた間
誰も気が付かないうちに
波のようなものが出現した

Au demeurant ce n'était qu'une
Vague sans amplitude aucune,
Une vaguelette égarée,
Mais en atteignant au rivage
Elle causa plus de ravages,
De dégâts qu'un raz-de-marée.

それは大して幅は無かったけれど
それでもやはり波に違いなかった
迷いはぐれたさざ波にしか見えなかったのだけれど
海岸に到達する頃には
津波のようになって
壊滅的な被害を与えたのだ

Expéditive, la traîtresse
Investit notre forteresse,
La renversant, la détruisant.
Adieu donjon, tours et courtines,
Que quatre gouttes anodines
Avaient effacés en passant.

津波は抜かりなく素早く
僕たちの要塞を包囲し
それをなぎ倒して
破壊した
主塔も塔も幕壁もさらば
取るに足らない4つの斑点となって
ついでに消されてしまったのだ

A quelque temps de là nous sommes
Allés mener parmi les hommes
D'autres barouds plus décevants,
Allés mener d'autres campagnes,
Où les châteaux sont plus d'Espagne,
Et de sable qu'auparavant.

あれから幾らかの時が経って
僕たちは男たちと一緒に連れて行かれた
失うことだらけの別の戦い
別の戦場に連れて行かれた
そこの城も砂上の楼閣に過ぎず
初めから砂で出来ていた

Quand je vois lutter sur la plage
Des soldats à la fleur de l'âge,
Je ne les décourage pas,
Quoique je sache, ayant naguère
Livré moi-même cette guerre,
L'issue fatale du combat.

同じ年令の兵士たちが
浜辺で戦うのを見ても
僕は水を差したりはしない
少し前にこの戦いを自分に課して
戦闘の運命的な結末を
味わっていた僕だけれど

Je sais que malgré leur défense,
Leur histoire est perdue d'avance,
Mais je les laisse batailler,
Pour sauver un château de sable
Et ses remparts infranchissables,
Qu'une vague va balayer.

彼らがいくら防衛しても
負け戦になるのは分かっているけれど
波が来たらさらわれてしまいそうな
そそり立つ城壁の砂の城を守るために
僕は彼らを戦わせるままにしておくのだ

20809de.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ミレイユ・マチューに続いてジョー・ダッサン Joe Dassin の「砂の城」 "Le château de sable" です。前回は過ぎ去った恋の象徴としての砂の城でしたが、今回は愛の証としての砂の城です。1977年にジョー・ダッサンが作りました。

20827a.jpg

Le château de sable  Joe Dassin  砂の城  ジョー・ダッサン

20827y.jpg

Le château de sable  砂の城      《宇藤カザン訳》

On construit parfois comme les enfants,
Comme tous les enfants
Un château de sable et de vent
Un château de sable qu'on bâtit pour l'éternité.
Mais les tous premiers flots vont l'emporter.

時には子供たちのように
子供たちみんなのように
砂と風の城を作る
いつまでも残るようにと作った砂の城
でも波が押し寄せれば
すぐにも城は流されてしまう

J'avais fait pour toi près de l'océan,
Comme tous les enfants
Un amour de sable et de vent.
Et pour cet amour
Pour toi la princesse du grand château,
Rien n'était assez fou, ni assez beau.

僕は君のために海辺に作った
子供たちみんなのように
砂と風でできた愛
この愛ゆえに
大きな城のお姫様の君のため
これ以上途方も無いものも無ければ
これ以上美しいものも無かっただろう

Mais les vagues montent et l'enfant qui revient
Ne retrouve que le sable.
Des donjons, des tours, le lendemain matin,
Il ne reste plus rien...

けれども波は高くなり
子供たちが戻ってくると
ただの砂浜しか見つからない
城壁も塔も
翌朝には何も残っていない・・・

20827rs.jpg

On construit parfois comme les enfants,
Comme tous les enfants
Un château de sable si grand,
Et si vaste qu'on a l'impression de s'y promener.
Qu'il contiendrait la Méditerranée.

時には子供たちのように
子供たちみんなのように
とても大きな砂の城を作る
とてつもなく大きくてそこを散歩できそうな
地中海を従えるほどの

J'avais fait pour toi près de l'océan,
Comme tous les enfants
Un amour de sable si grand,
Un amour de sable
Qu'il était parti pour durer la vie,
Il a tenu l'espace de la nuit.

僕は君のために海辺で作った
子供たちみんなのように
とても大きな砂でできた愛
砂でできた愛
それは生涯に渡る愛となって
夜の時空を満たした

Mais les vagues montent et l'enfant qui revient
Ne retrouve que le sable.
Des donjons, des tours, le lendemain matin,
Il ne reste plus rien...

けれども波は高くなり
子供たちが戻ってくると
ただの砂浜しか見つからない
城壁も塔も
翌朝には何も残っていない・・・

Mais les vagues montent et l'enfant qui revient
Ne retrouve que le sable.
Des donjons, des tours, le lendemain matin,
Il ne reste plus rien...

けれども波は高くなり
子供たちが戻ってくると
ただの砂浜しか見つからない
城壁も塔も
翌朝には何も残っていない・・・

20827w.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ミレイユ・マチュー Mireille Mathieu の「砂の城」 "Les châteaux de sable" です。砂の城という曲は他にもジョー・ダッサン、ジョルジュ・ブラッサンスのもあります。波が城を消していくイメージを重ねて、はかないものの例えにしている場合が多いのではないでしょうか?

20826b.jpg

Les châteaux de sable  Mireille Mathieu   砂の城  ミレイユ・マチュー

20826s.jpg

Les châteaux de sable  砂の城     《宇藤カザン訳》

Les châteaux de sable
Meurent avec l'été
La chanson des vagues
Je dois l'oublier.
Le soleil lui-même est déjà bien loin
Et de nos je t'aimes
Il ne reste rien.

砂の城は夏と共に崩れ去る
波の歌も忘れよう
太陽はすでに遠ざかり
私たちが愛し合ったことも
何も残ってはいない

Larmes d'automne et pluie de chagrin
L'orage tonne quelque part au loin.
Tommbent les feiulles sur le parc désert
Mon coeur s'endeuille.
J'ai peur de l'hiver.

秋の涙と悲しみの雨
どこか遠くの方でとどろく雷
人気の無い公園には枯葉が落ち
私の心は悲しみに沈む
冬が来るのが怖いわ

Les châteaux de sable
Meurent avec l'été
La chanson des vagues
Je dois l'oublier.

砂の城は夏と共に崩れ去る
波の歌は忘れよう

Tout est fragile au ciel de Juillet.
C'est si facile de croire à l'été.
J'ai tant de peine depuis mon retour
Tu vois je t'aime
Je t'aime toujours
Les châteaux de sable
Meurent avec l'été
La chanson des vagues
Je dois l'oublier.
Le soleil lui-même est déjà bien loin
Et de nos je t'aimes
Il ne reste rien.

7月の空の下では何もかもがはかなくて
あの夏を信じるのはたやすいことだけど
家に戻れば
苦しい思いがあふれ来る
あなたを愛しているのよ
今でも愛しているわ
砂の城は夏と共に崩れ去る
波の歌を忘れなければ
太陽はすでに遠ざかり
私たちが愛し合ったことも
何も残ってはいない

20826d.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

リーヌ・ルノーが1948年に歌ったカナダの私の小屋です。この歌はフランスで大ヒットし、翌年にはディスク大賞を受賞した。

歌手であり、女優でもある1928年生まれのリーヌ・ルノーは現在84歳ですが、今でも現役の女優として活躍していて、来年も演劇の公演がフランス、ベルギー、スイスで予定されています。

20819a.jpg

Ma cabane au Canada  Line Renaud  カナダの私の小屋  リーヌ・ルノー

20819m.jpg

Ma cabane au Canada  カナダの私の小屋    《宇藤カザン訳》

Ma cabane au canada
Est blotie au fond des bois
On y voit des écureuils
Sur le seuil
Si la porte n´a pas de clé
C´est qu´il n´y a rien a voler
Sous le toît de ma cabane au Canada

カナダの私の小屋は
森の奥に佇んでいる
戸口にはリスの姿が見え
扉に鍵が無いのは
カナダの私の小屋の中には
盗むものは何も無いからなの

20819b.jpg

Elle attend engourdie sous la neige
Elle attend le retour du printemps
Ma cabane au Canada
C´est le seul bonheur pour moi
La vie libre qui me plait
La forêt
A quoi bon chercher ailleurs
Toujours l´élan de mon cœur
Reviendra vers ma cabane au Canada

カナダの私の小屋は
雪の中でかじかんで待っている
春の訪れを待っている
大好きな森の
自由な生活は
私のたった一つの幸せなの
他を探して何になるの
私の胸の高まりはいつでも
カナダの私の小屋へと戻って行く

Mais je rêve d´ y emmener
Celui qui voudra me suivre
Viens avec moi si tu veux vivre
Au cher pays où je suis née

けれども私に寄り添ってくれるどなたかを
連れて来るのが夢なの
私が生まれた愛しの国で
あなたが暮したかったら
私と一緒にいらっしゃい

20819c.jpg

Ma cabane au Canada
J´y reviendrai avec toi
Nous rallumerons le feu tous les deux
Nous n´aurons pas de voisins
Parfois seul un vieil indien
Entrera dans ma cabane au Canada

カナダの私の小屋に
私はあなたと来るでしょう
二人してまた火を燃やしましょう
近くに家は無く
時折年老いたインディアンだけが
カナダの私の小屋を訪れるでしょう

Je te dirai le nom des fleurs sauvages
Je t´apprendrai le chant de la forêt
Ma cabane au Canada
Tant que tu y resteras
Ce sera le paradis
Mon chéri
A quoi bon chercher ailleurs
Je sais bien que le bonheur
Il est là
Dans ma cabane au Canada

あなたに野の花の名前を教え
あなたに森の歌を教えるわ
カナダの私の小屋に
あなたが滞在すれば
それは楽園になるのよ
愛しい人
他のところを探して何になるの
幸せはカナダの私の小屋にあるのを
私は良く分かっているの

20819ff.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1950年にシャルル・トレネが作詞・作曲した楽しい曲です。トレネがカナダへの演奏旅行の時に作られたようで、トレネならではのウィットとユーモアにあふれる素敵な曲です。

20818a.jpg

Voyage au Canada  Charles Trenet   カナダ旅行  シャルル・トレネ

20818ha.jpg

カナダ旅行  Voyage au Canada  《宇藤カザン訳》

Une famille des plus charmantes
Trois enfants maman papa
Partit un beau jour de Nantes
Pour visiter le Canada
Fixant leur itinéraire
Après maintes réflexions
Ils choisirent pas ordinaire
Ces moyens de locomotion
C'est ainsi qu'avant de partir
Ils chantaient pour se divertir

3人の子供とママとパパの
素敵な素敵な家族が
ある日カナダに向けて
ナントを出発しました
行程を決めるにあたっては
熟考を重ね
移動の手段を月並みでない方法を選びました
という訳で出発の前に
楽しみながら歌いましたとさ

20818se.jpg

Nous irons à Toronto
En auto
Nous irons à Montréal à cheval
Nous traverserons Québec à pied sec
Nous irons à Ottawa en oua oua
Nous irons à Valleyfield sur un fil
Nous irons à Trois Rivières en litière
Passant par Chicoutimi
Endormis
Nous irons au lac Saint-Jean en nageant
Voilà ! Voilà !
Un beau voyage un beau voyage
Voilà ! Voilà !
Un beau voyage au Canada !

トロントまでは車で行こう
モントリオールまでは馬で
ケベック州は足をぬらさずに横切ろう
オタワにはハワイアンを踊りながら
ヴァレー・フィールドにはカヌーで行こう
トロワ・リヴィエールには駕籠に乗って
シクティミを寝台車で通過して
サン・ジャン湖を泳いで渡ろう
ほうら!どうだい!
素敵な旅だ、素敵な旅だ!
ほうら!どうだい!
素敵な旅だ、素敵な旅だ!

20818ty.jpg

Oui mais parfois c'est étrange
On ne fait pas toujours ce qu'on veut
Bien souvent le hasard change
Nos projets les plus heureux
Nos amis furent c'est pas de chance
Victimes d'une distraction
Du chef du bureau de l'agence
Des moyens de locomotion
Et à cause de l'employé
Qui s'était trompé de billets

そう、けれども時として困ったことに
いつも思い通りには行くとは限らない
とっても楽しみにしていた計画が
予期せぬ出来事で変わることは良くあるけれど
運が悪いことにこの家族は
旅行代理店の所長の不注意の犠牲者になってしまった
社員のせいで移動の手段の
切符が取り違えられてしまったのだ

20818j.jpg

Ils allèrent à Toronto
En nageant
Ils allèrent à Montréal endormis
Ils se rendirent à Québec en litière
Ils allèrent à Ottawa sur un fil
Ils allèrent à Valleyfield à pied sec
Ils allèrent à Trois Rivières en oua oua
Passant par Chicoutimi à cheval
Ils plongèrent dans le lac Saint-Jean en auto
Voilà ! Voilà !
Un beau voyage au Canada !

彼らはトロントまでは泳いで行った
モントリオールまでは寝台車で行った
ケベックまでは駕籠で行った
オタワにはカヌーで行った
ヴァレー・フィールドまでは足をぬらさずに
トロワ・リヴィエールへはハワイアンを踊りながら
シクティミを馬で通り過ぎ
サン・ジャン湖を車で潜って渡ったよ
ほうら!どうだい!
素敵なカナダ旅行だろう!

20818ks.jpg

Depuis ce temps-là
Messieurs dames
Les voyageurs ont compris
Pour éviter bien des drames
Il faut à n'importe quel prix
Contrôler dans les agences
Les billets de locomotion
Si vous partez en vacances
La plus simple des précautions
C'est de chanter mon petit air
Mon petit air itinéraire

こういうことがあるから
皆々様よ
旅行する方はお分かりですね
こうした悲劇を避けるためには
何が何でも旅行代理店で
行程の切符をしっかりと確認する必要があるんですよ
あなたがヴァカンスに旅立つ時の
一番簡単な注意は
僕のささやかな歌を歌うこと
僕の旅程のささやかな歌さ

20818y.jpg

en oua oua は良く分からないのだが、 oua oua という1933年ごろに流行ったハワイアンの踊りの歌があり、それを指しているのではないかと思うので、「ウアウアを歌いながら」でも良いでしょう。

sur un fil は「線の上で、糸の上で、流れに乗って」なのだが、「綱渡りで、ケーブルカーで」とも訳せるが、ヴァレー・フィールドは川に囲まれた場所なので「流れに乗って」つまりカナダ名物の「カヌーで」と意訳した方が後の節が面白くなるだろうと思う。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1974年に作られた「エマニュエル夫人」 "Emmanuelle" の映画のテーマ曲です。ジュスト・ジャカン監督、シルヴィア・クリステル主演のこの映画はいろいろと物議をかもしたが大ヒットし、3本の続編が作られた。

第一作のピエール・バシュレ Pierre Bachelet の曲がもっとも有名で、今回取り上げる曲です。

20817.jpg

Emmanuelle  Pierre Bachelet  エマニュエル  ピエール・バシュレ

20817k.jpg

Emmanuelle  エマニュエル     《宇藤カザン訳》

Mélodie d´amour chantait le cœur d´Emmanuelle
Qui bat cœur à corps perdu
Mélodie d´amour chantait le corps d´Emmanuelle
Qui vit corps à cœur déçu

エマニュエルの心に歌いかけた愛のメロディーは
迷える肉体をときめかす
エマニュエルの肉体に歌いかけた愛のメロディーは
虚しい心に肉体を目覚めさせる

Tu es encore
Presque une enfant
Tu n´as connu
Qu´un seul amant
Mais à vingt ans
Pour rester sage
L´amour étant
Trop long voyage

君はまだほんの子供
たった一人の男しか知らなかった
二十歳の頃には慎み深くしているとしても
恋愛はこれからもずっと続く
長旅のようなものなんだよ

Mélodie d´amour chantait le cœur d´Emmanuelle
Qui bat cœur à corps perdu
Mélodie d´amour chantait le corps d´Emmanuelle
Qui vit corps à cœur déçu

エマニュエルの心に歌いかけた愛のメロディーは
迷える肉体をときめかす
エマニュエルの肉体に歌いかけた愛のメロディーは
虚しい心に肉体を目覚めさせる

L´amour à cœur
Tu l´as rêvé
L´amour à corps
Tu l´as trouvé
Tu es en somme
Devant les hommes
Comme un soupir
Sur leur désir

真心の愛を君は夢見
肉体の愛と君は出会った
君は結局のところ
男の前では
彼らの欲望に添った
ため息のようなものさ

Tu es si belle
Emmanuelle
Cherche le cœur
Trouve les pleurs
Cherche toujours
Cherche plus loin
Viendra l´amour
Sur ton chemin

エマニュエル
君は美しい
愛を求め
涙と出会いなさい
更に遠くへと
いつまでも求め続ければ
君の行く道に
愛が訪れるだろう

Mélodie d´amour chantait le cœur d´Emmanuelle
Qui bat cœur à corps perdu
Mélodie d´amour chantait le corps d´Emmanuelle
Qui vit corps à cœur déçu

エマニュエルの心に歌いかけた愛のメロディーは
迷える肉体をときめかす
エマニュエルの肉体に歌いかけた愛のメロディーは
虚しい心に肉体を目覚めさせる

20817hw.jpg

この映画は全編アップされているようです。暇をもてあましている方はどうぞ。フランス語の勉強のために・・・

Emmanuelle.1974_clip1.avi
 
続きは clip の後の数字を2,3,4と検索していけば出てくると思います。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

夏といえば太陽ですが、ヨーロッパの人にとっては太陽は憧れ、それは半年近いどんよりしたく暗い冬の陰気さから開放してくれる女神のようなもの。だから太陽や青空を歌った歌は多い。

また、夏に芽生えた恋が秋に消えて行くという歌も多い。フランソーズ・アルディ "Françoise Hardy" の「ソレイユ」 Soleil もそうした歌の一つだが、アルディの歌に壊れやすさを感じるのは、彼女のアンニュイな声や歌い方に似合っているからなのだろう。

20816a.jpg

Soleil  Françoise Hardy  ソレイユ  フランソワーズ・アルディ

20816b.jpg

Soleil  ソレイユ      《宇藤カザン訳》

Et c'était lui le soleil qui faisait nos réveils chaque matin
Et la mer était belle, et nous courrions vers elle main dans la main
Et puis nous marchions sur la plage, tu cherchais des coquillages
Comme un enfant
Les mettant à ton oreille pour entendre je me rappelle, l'océan dedans

そして毎朝私たちを目覚めさせてくれたのは彼、太陽だった
そして海は美しかった、私たちは手を取り合って海へと走って行ったものだった
そして私たちは海辺を歩き、あなたは貝殻を捜した
子供のように
耳に貝をあてて海原の音を聞きながら、思い出すわ

Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?

太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?

Tu avais toujours si faim, les fruits mûrs et le vin étaient pour toi
Tu me grondais quelques fois lorsque je ne mangeais pas, ce n'était rien
Et l'eau s'allongeait sur le sable, nos rêves étaient semblables
Je me souviens
Nous parlions de la maison, des enfants que nous aurions
Et nous étions bien

あなたはいつもとてもお腹を空かしていて
熟れた果物とワインはあなたのものだった
あなたは私が食べない時に何度かたしなめた、でもそれはたいしたことではなかったの
そして波は砂浜にどこまでも伸び、私たちの夢も同じようだった
思い出すわ
私たちは家の事や、いつか生まれてくる子供たちの事を話し合って
私たちは上手く行っていた

Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?

太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?

Et c'est toujours lui le soleil qui fera mes réveils chaque matin
Soleil d'hiver ou d'été, il voit les amours passer et les chagrins
Combien faudra-t-il de plage, combien d'autres visages pour comme toi
Oublier la maison et l'enfant aux cheveux blonds que nous n'avons pas

そして毎朝私たちを目覚めさせてくれたのは彼、太陽だった
冬でも夏でも太陽は恋が去って行くのを、その悲しみを眺めている
いくつの海辺が必要なのかしら、あなたに代わる別の面影がどれだけ必要なのかしら
家と私たちが持つことがなかった金髪の子供の事を忘れるには

Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?
Soleil je t'aime et pour toujours, tu es fidèle mais l'amour
N'est pas souvent comme toi, pourquoi?

太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?
太陽よ、永遠にあなたを愛するわ、あなたはいつも誠実だけれど
愛というものはしばしばあなたのようでないのはどうしてなの?

20816g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「おもいでの夏」の映画はダリダの「18歳の彼」の時にも取り上げましたがカザンの好きな映画です。1971年の映画で、ミッシェル・ルグランの美しくもやるせない気持ちにさせられるメロディーが魅力的です。

ルグラン自身も歌っているようですがカナダのケベック出身のジャズ・シンガー、レイモン・ベルティオームの歌でお聞き下さい。

20814b.jpg

L'été 42  Raymond Berthiaume  おもいでの夏  レイモン・ベルティオーム

映画のテーマ曲をミッシェル・ルグランの演奏でどうぞ

20814a.jpg

Summer of 42   Michel Legrand  おもいでの夏  ミッシェル・ルグラン

20814r.jpg

L'été 42  おもいでの夏      《宇藤カザン訳》

C´était l´été 42
On hésitait
Encore un peu
Entre l´amour et l´amitié
Et puis un jour
Tout simplement tu t´es offerte

それは42年の夏だった
ためらいがあった
まだ少し
愛と友情のはざまで
そしてある日
とても素直にあなたは身を委ねた

20814g.jpg

C´était l´été 42
J´avais quinze ans
Tu étais belle
Autour de nous c´était la guerre
Et moi dans tes bras
Je criais : je t´aime!
Dans mes bras
Tu pleurais : je t´aime
On avait peur
Nous étions heureux

それは42年の夏だった
僕は15歳だった
あなたは美しかった
僕たちの周囲では戦争が起きていた
そして僕はあなたの腕の中で
「あなたを愛してる!」と訴えた
あなたは僕の腕の中で
涙ながらに「愛してるわ」と
怖かった
でも僕たちは幸せだった

20814c.jpg

C´était l´été 42
J´avais quinze ans
Tu étais belle
C´était l´été de mon premier amour

C´était l´été 42
J´avais quinze ans
Tu étais belle
C´était l´été de mon premier amour

それは42年の夏だった
僕は15歳だった
あなたは美しかった
それは初恋の夏だった

それは42年の夏だった
僕は15歳だった
あなたは美しかった
それは初恋の夏だった

20814k.jpg

最後に素敵なピアノ演奏でどうぞ

Summer of 42   Michel Legrand  おもいでの夏  ミッシェル・ルグラン


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ミッシェル・フュガン Michel Fugain の作曲による1972年に発表された曲です。

この年の夏にカザンは2ヶ月かけてヨーロッパ中を旅しました。ノルウェーの最北からイタリアのシシリア島の南端、スペインからアフリカ大陸の見えるところまで。貧乏旅行だったのでホテルにあまり泊まらずに夜行列車で移動しましたが、明日の事を考えない楽しい旅でした。

さてこの「美しい物語」 "Une belle histoire" はとても聴き覚えがある曲なので、その頃フランスの至るところで流れていたのでしょうね。

20813a.jpg

Une belle histoire  Michel Fugain  美しい物語  ミシェル・フュガン

Une belle histoire  Michel Fugain  美しい物語  ミシェル・フュガン  イタリアの女性歌手とのデュオ

20813d.jpg

Une Belle Histoire  美しい物語   《宇藤カザン訳》

C'est un beau roman, c'est une belle histoire
C'est une romance d'aujourd'hui
Il rentrait chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle descendait dans le midi, le midi
Ils se sont trouvés au bord du chemin
Sur l'autoroute des vacances
C'était sans doute un jour de chance
Ils avaient le ciel à portée de main
Un cadeau de la providence
Alors pourquoi penser au lendemain

それは美しい小説、それは美しい物語
それは今日の恋の歌
彼は霧の立ち込める北の方の家に帰った
彼女は南仏の方に下った、南仏に
二人は道端で出合った
ヴァカンスへの高速道路で
それは確かに幸運な一日だった
二人には天国さえも手の内にあった
救いの神の贈り物
そんな時にどうして明日の事を考えようか

20813y.jpg

Ils se sont cachés dans un grand champ de blé
Se laissant porter par les courants
Se sont racontés leur vies qui commençaient
Ils n'étaient encore que des enfants, des enfants
Qui s'étaient trouvés au bord du chemin
Sur l'autoroute des vacances
C'était sans doute un jour de chance
Qui cueillirent le ciel au creux de leurs mains
Comme on cueille la providence
Refusant de penser au lendemain

二人は広い小麦畑の中に身を隠した
成り行きに任せて
始まったばかりの人生について語り合った
二人はまだ幼かった、子供でしかなかった
ヴァカンスへの高速道路の道端で出合っただけの
それは確かに幸運な一日だった
救いの神を摘むように、手のひらに天国を摘みながら
明日を考えまいとして

20813f.jpg

C'est un beau roman, c'est une belle histoire
C'est une romance d'aujourd'hui
Il rentrait chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle descendait dans le midi, le midi
Ils se sont quittés au bord du matin
Sur l'autoroute des vacances
C'était fini le jour de chance
Ils reprirent alors chacun leur chemin
Saluèrent la providence en se faisant un signe de la main

それは美しい小説、それは美しい物語
それは今日の恋の歌
彼は霧の立ち込める北の方の家に帰った
彼女は南仏に下った、南仏に
二人は明け方に別れた
ヴァカンスの高速道路で
幸運な一日は終わった
手を振って救いの神に別れを告げながら
二人は再びそれぞれの道に赴いた

Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle est descendue là-bas dans le midi
C'est un beau roman, c'est une belle histoire
C'est une romance d'aujourd'hui

彼は霧の立ち込める北の方の家に帰った
彼女は南仏の方に下って行った
それは美しい小説、それは美しい物語
それは今日の恋の歌

20813g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

なんとも屈託の無い曲です。夏真っ盛りだし、たまにはこんな曲もいいでしょう。フランソワ・ドゥゲルト François Deguelt が1965年に作詞・作曲した「空と海と太陽」 "Le ciel, le soleil et la mer" です。

20812a.jpg

Le ciel, le soleil et la mer  François Deguelt  空と太陽と海  フランソワ・ドゥゲルト

20812k.jpg

Le ciel, le soleil et la mer  空と太陽と海     《宇藤カザン訳》

Il y a le ciel, le soleil et la mer...
Il y a le ciel, le soleil et la mer...
Allongés sur la plage
Les cheveux dans les yeux
Et le nez dans le sable
On est bien tous les deux
C´est l´été, les vacances
Oh, Mon Dieu, quelle chance!
Il y a le ciel, le soleil et la mer
Il y a le ciel, le soleil et la mer

ここには空と海と太陽がある・・・
ここには空と海と太陽がある・・・
浜辺に寝そべり
髪が乱れて目にかかり
砂に顔を埋めれば
ふたりはいい気分
さあ夏だ、ヴァカンスだ
ああ、なんと僕たちは幸運なんだ!
ここには空と、太陽と、海がある
ここには空と、太陽と、海がある

20812f.jpg

Ma cabane est en planches
Et le lit n´est pas grand
Tous les jours c´est dimanche
Et nous dormons longtemps
A midi sur la plage
Les amis de notre âge
Chantent tous: le ciel, le soleil et la mer
Chantent tous: le ciel, le soleil et la mer.

僕の小屋は木造で
ベッドは広くないけれど
毎日が日曜日
ゆっくりと眠り
昼になると浜辺には
同じ年頃の友達がいて
みんなで歌う:空と、太陽と、海
みんなで歌う:空と、太陽と、海

20812y.jpg

Et le soir, tous ensemble
Quand nous allons danser
Un air qui te ressemble
Vient toujours te chercher
Il parle de vacances
Et d´amour et de chance
En chantant: le ciel, le soleil et la mer
En chantant: le ciel, le soleil et la mer.

夜になって、みんな一緒に
躍りに行けば
君を想わせる曲がかかっていて
いつも君を出迎える
その曲はヴァカンスと
恋と素敵な出会いを語ってくれる
歌いながら:空と、太陽と、海
歌いながら:空と、太陽と、海

20812d.jpg

Quelque part en septembre
Nous nous retrouverons
Et le soir dans ta chambre
Nous le rechanterons
Malgré le vent d´automne
Et les pluies monotones
Nous aurons: le ciel, le soleil et la mer
Nous aurons: le ciel, le soleil et la mer.

九月になったらどこかで
僕たちは再会するだろう
そして夜には君の部屋で
僕たちはまたあの歌を歌うだろう
秋の風と降り続く雨にもめげず
僕たちにはまたあるだろう:空と、太陽と、海
僕たちにはまたあるだろう:空と、太陽と、海

20812v.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



ザズ Zaz の「夜に目が眩み」 ”Éblouie par la nuit” ですが、裏の意味がありそうでなかなか難解な詩です。間違いがあるかもしれませんが、とりあえずという感じでアップしてみます。

20811a.jpg

Éblouie par la nuit  Zaz  夜に目が眩み  ザズ   Video clip

Éblouie par la nuit  Zaz  夜に目が眩み  ザズ   Live on TV

20811jk.jpg

Éblouie par la nuit  夜に目が眩み       《宇藤カザン訳》

Éblouie par la nuit à coup de lumière mortelle
À frôler les bagnoles les yeux comme des têtes d'épingle.
J't'ai attendu 100 ans dans les rues en noir et blanc
Tu es venu en sifflant.

夜の闇の死を招く閃光に目が眩んで
車が私をかすめ、瞳孔が針のように狭まる
白と黒の通りで私はあなたを100年待っていたのに
あなたは口笛を吹きながらやってきた

Éblouie par la nuit à coup de lumière mortelle
À shooter les canettes aussi paumé qu'un navire
Si j'en ai perdu la tête j't'ai aimé et même pire
Tu es venu en sifflant.

夜の闇の死を招く閃光に目が眩んで
迷った船のような惨めなビンを蹴っ飛ばして
何を血迷ったか私はあなたを愛してしまった
もっとひどい状態かも
あなたは口笛を吹きながらやってきた

20811w.jpg

Éblouie par la nuit à coup de lumière mortelle
A-il aimé la vie ou la regarder juste passer?
De nos nuits de fumettes, il ne reste presque rien
Que tes cendres au matin
À ce métro rempli de vertiges de la vie
À la prochaine station, petit européen
Mets ta main, descend-la au-dessous de mon cœur

夜の闇の死を招く閃光に目が眩んで
あの人は人生を楽しんでいたのだろうか
それともただやり過ごしているだけなの?
大麻を吸って過ごした私たちの夜は
朝にはあなたの灰ぐらいしか残らなかった
人生の錯乱で満たされたこの地下鉄に
小さなヨーロッパという次の駅で
あなたの手を置いて、私の胸の下の方に降りる

Éblouie par la nuit à coup de lumière mortelle
Un dernier tour de piste avec la main au bout
J't'ai attendu 100 ans dans les rues en noir et blanc
Tu es venu en sifflant.

夜の闇の死を招く閃光に目が眩んで
手を伸ばして競技場の最後の一周
私は白と黒の通りであなたを100年待った
あなたは口笛を吹きながらやってきた

20811sd.jpg

métro = 地下鉄は何を意味しているのだろう? petit européen = 「小さなヨーロッパの」とは?Européen ならヨーロッパ人だが、パリには Europe という地下鉄の駅があるのでそれを指すのか?

Un dernier tour de piste はファイナルラップの事なので「手を取り合って最後まで駆け抜ける」ということだろうか? だが bout にはペニスの意味もあるから、「ペニスを手に取って」となれば piste はベッドということになり、前の節に「私の胸の下に手が降りる」という表現があるので性的な表現かもしれない。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。





「私ひとりだけに」は1949年に作られた曲です。内容的にはたいしたことがないので歌手がいかに魅力的に聴かせるかにかかっているが、ピアフはとても情感を込めて歌っていています。

ジャックリーヌ・フランソワはピアフよりもさらりと歌っていて、歌詞も一部異なります。酒場のけだるい雰囲気に合う歌でしょうね。

20810a.jpg

Pour moi toute seule  Edith Piaf   私ひとりだけに  エディット・ピアフ

20810b.jpg

Pour moi toute seule  Jacqueline François  私ひとりだけに  ジャクリーヌ・フランソワ

20810h.jpg

Pour moi toute seule  私ひとりだけに      《宇藤カザン訳》

Des murs fanés,
Des jours sans joie,
Rideau passé,
Un lit trop froid,
Un coeur par ci,
Un coeur par là
Et des soucis,
Des embarras...
Heureusement l'on dort...

色あせた壁
喜びの無い日々
色あせたカーテン
冷え切ったベッド
心が一つこちらに
心が一つあちらに
そして心配事
苦境・・・
幸いなことに人は眠る・・・

Pour moi tout' seule,
La nuit vient de tomber.
Pour moi tout' seule,
Le rêve a commencé.
Il finira demain matin,
Je le sais bien,
Mais je suis bien,
Bien, bien, bien...
...Je me parle tout bas.
...Ne me dérangez pas !

私ひとりだけに
夜の帳が降りた
私ひとりだけに
夢が開くけれど
明日の朝には終わるだろう
それは分かっている
けれども私はいい気分
いいわ、いいわ、いいわ・・・
・・・そっとひとり言を言う
・・・邪魔しないでね!

Huit heures tirées
Un sale boulot,
Les traits tirés,
Un sale bistrot,
Un sale hiver,
Un sale métro,
Un fait divers
Dans les journaux...
Heureusement l'on dort...

8時が鳴った
嫌な仕事
皺が増える
汚い酒場
嫌な冬
汚れた地下鉄
新聞にはいろいろな事件が・・・
幸いなことに人は眠る・・・

Pour moi tout' seule,
La nuit vient de tomber.
Pour moi tout' seule,
Le rêve a commencé.
Il finira demain matin,
Je le sais bien,
Mais je suis bien,
Bien, bien, bien...
...Je me parle tout bas.
...Ne me dérangez pas !

私ひとりだけに
夜の帳が降りた
私ひとりだけに
夢が開くけれど
明日の朝には終わるだろう
それは分かっている
けれども私はいい気分
いいわ、いいわ、いいわ・・・
・・・そっとひとり言を言う
・・・邪魔しないでね!

De la chaleur
Dans mon hiver,
Un nom qui chante
Dans ma maison,
Un coeur par ici,
Un coeur par là,
Plus de soucis,
Plus d'embarras...

私の冬に
温かさが
私の家で
歌う名前がある
心が一つこちらに
心が一つあちらに
心配事は無くなり
苦境は去った・・・

...Pour moi tout' seule,
L'amour vient d'arriver.
Pour moi tout' seule,
Le rêve a commencé.
Qu'arrivera-t-il demain matin ?
Je n'en sais rien
Mais je suis bien,
Bien, bien, bien...
...Et je l'aime tout bas.
...Ne nous dérangez pas !

・・・私ひとりだけに
愛が戻ってきた
私ひとりだけに
夢が開いた
明日の朝には何が起こるのだろう?
私には分からない
けれども私はいい気分
いいわ、いいわ、いいわ・・・
・・・そして私はそっと彼を愛す
・・・私たちを邪魔しないで!

20810j.jpg

「私の家で歌う名前がある」というのは変な表現だが、「名前」の un nom と「男」の un homme は同じ発音だから、普通は「私の家で歌う男がいる」と聴き取るでしょう。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


マリー=ポール・ベル Marie Paule Belle は1946年生まれのフランスの歌手で、「仮装の王子のように」 "Comme les princes travestis" は1978年に発売された彼女のアルバムに入っている。また2000年以降はバルバラの歌を積極的にカヴァーしている。

20809b.jpg

Comme les princes travestis  Marie Paule Belle  仮装の王子のように  マリー=ポール・ベル

20809f.jpg

Comme les princes travestis  仮装の王子のように        《宇藤カザン訳》

Comme les princes travestis
Je m'habille de confettis
De confettis
De loin mes contours sont précis
De près s'estompe le tableau

仮装の王子のように
私は紙吹雪をまとう
紙吹雪を
遠くの周囲ははっきりと見えても
近くの光景はかすむ

Je suis le masque et la peau
Suis-je Pierrot ou Colombine
Suis-je Colombine ou Pierrot
L'incertitude qui me mine

私は仮面と肌
私はピエロかコロンビーヌか
私はコロンビーヌかピエロか
不確かさが私を蝕む

Je m'en moque dans les bistros
Et quand ma musique s'affine
Exprès je la chante un peu faux
Sous ma vivacité latine
Je cache un coeur presque mélo
Presque mélo
Toujours les miroirs m'ont trahi

酒場ではそんなことはどうでもいい
私の音楽が極まる時
ラテンの血の激しさで
わざと私はちょっと不自然に歌う
まるでメロドラマのような心を忍ばせ
まるでメロドラマのような
いつだって鏡は私を欺いた

20809g.jpg

Comme les princes travestis
Travestis
Quand les bals s'éteignaient en pluie
Les rires sous les dominos

仮装の王子のような
仮装
舞踏会が雨で中断されても
仮装の頭巾の下に笑いがある

J'étais le masque et la peau
Suis-je Pierrot ou Colombine
Suis-je Colombine ou Pierrot
Mon coeur est pure comme l'hermine
Mais mon corps.. il faut ce qu'il faut

私は仮面と肌だった
私はピエロかコロンビーヌか
私はコロンビーヌかピエロか
私の心はオコジョのように純粋なの
けれども私の体は・・・
出来るだけの事をしなくてはならない

J'ai rêvé d'amours platoniques
Dans des poèmes sans défaut
Et j'en ai ri d'un air critique
En les salissant de gros mots
De gros mots

私は綺麗事の詩の中の
プラトニックな恋を夢見たけれど
批判するように嘲笑して
下品な言葉でそれを汚した
下品な言葉で

Toujours vêtue de confettis
Sans savoir jamais qui je suis
Qui je suis
Mon visage reste imprécis
Et sous les cyprès du jardin
Un masque est mort ce matin

いつも紙吹雪を身にまとい
本当の自分をまるで知らないまま
本当の自分を
私の姿は曖昧なままに
今朝庭の糸杉の下で
仮面は死んだ

20809ss.jpg

コロンビーヌとは劇中に登場する抜け目の無い快活な女中のことだが、女性の道化と捉えて良いでしょう。

オコジョはイタチ科に属し、冬は毛が真っ白になり、毛皮として利用される動物。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


シャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「忘れじの面影」のフランス語のタイトルは "Tous les visages de l'amour" となり、「様々な愛の姿」とでも訳せようか。

この曲の英語版はイギリスの連続テレビドラマ「女の七つの顔」の主題歌としてアズナヴールが歌ってイギリスでヒットし、1999年にはアメリカ映画「ノッティングヒルの恋人」 "Notting Hill" の中でエルヴィス・コステロ Elvis Costello によってカヴァーされました。フランス語版の後に英語版も訳しましたが、どちらもフランス的なエスプリの感じられない凡庸な詩のように感じられます。

20808a.jpg

Tous les visages de l'amour  Charles Aznavour  忘れじの面影  シャルル・アズナヴール

20808gr.jpg

Tous les visages de l'amour  忘れじの面影
      《宇藤カザン訳》

Toi, parée de mille et un attraits
Je ne sais jamais qui tu es
Tu changes si souvent de visage et d'aspect
Toi, quel que soit ton âge et ton nom
Tu es un ange ou le démon
Quand pour moi tu prends tour à tour
Tous les visages de l'amour

数限りない魅力で飾られた君
頻繁に顔や姿を変える君の
真の姿を僕は伺い知ることができない
年令や名前を偽って
様々な愛の姿を次々と変える君は
天使なのか悪魔なのか

Toi, si Dieu ne t'avait modeler
Il m'aurait fallut te créer
Pour donner à ma vie sa raison d'exister
Toi qui est ma joie et mon tourment
Tantôt femme et tantôt enfant
Tu offres à mon coeur chaque jour
Tous les visages de l'amour

神が君を創造しなかったなら
この世に僕が存在する意味のためにも
僕が君を作り出さなければならなかっただろう
君は僕の喜び、そして苦しみ
ある時は女、ある時は子供のように
毎日僕の心に様々な愛の姿を届けてくれる

Moi je suis le feu qui grandit ou qui meurt
Je suis le vent qui rugis ou qui pleure
Je suis la force ou la faiblesse
Moi je pourrais défier le ciel et l'enfer
Je pourrais dompter la terre et la mer
Et réinventer la jeunesse

僕は炎、燃え上がるかと思えば消え入る
僕は風、唸りを上げたりすすり泣く
僕は力だったり無力だったり
僕は天国にも地獄にも立ち向かえるだろう
大地をも海をも征服でき
若返ることだって出来るだろう

Toi, viens, fais de moi ce que tu veux
Un homme heureux ou malheureux
Un mot de toi, je suis poussière ou je suis Dieu
Toi sois mon espoir sois mon destin
J'ai si peur de mes lendemains
Montre à mon âme sans secours
Tous les visages de l'amour
Toi, tous les visages de l'amour

ねえ、来て、君が望むような僕にしておくれ
幸せな男にでも不幸な男にでも
君の一言で僕は塵にも神にもなる
君は僕の希望であり運命であって欲しい
僕は自分の行く末がとても怖い
救いのない僕の魂に
様々な愛の姿を見せておくれ
ねえ、様々な愛の姿を


20808c.jpg

She  Charles Aznavour  シー  シャルル・アズナヴール

20808b.jpg

She  Elvis Costello  シー  エルヴィス・コステロ

20808m.jpg

She  シー            《宇藤カザン訳》

She may be the face I can't forget
A trace of pleasure or regret
May be my treasure or the price
I have to pay

忘れ得ぬあの人の面影
愛の歓びや後悔の痕跡は
僕の宝石なのか代償なのか

She may be the song that summer sings
May be the chill that autumn brings
May be a hundred different things
Within the measure of a day

あの人は夏が奏でる調べか
秋がもたらす涼しい風なのか
一日を過ぎ行く
おびただしい出来事なのか

She may be the beauty or the beast
May be the famine or the feast
May turn each day into a heaven
Or a hell

あの人は美女なのか野獣なのか
飢餓なのか饗宴なのか
あの人はその日その日を
天国や地獄に変えてしまう

She may be the mirror of my dream
A smile reflected in a stream
She may not be what she may seem
Inside her shell

あの人は僕の夢を映す鏡だろうか
水面に映る微笑だろうか
あの人の閉ざされた内面は
見かけとは違うかもしれない

She who always seems so happy in a crowd
Whose eyes can be so private and so proud
No one's allowed to see them
When they cry
She may be the love that cannot hope to last
May come to me from shadows of the past
That I remember til
The day I die

多くの人に囲まれて
あの人はいつも幸せそうに見える
誰もが及ばないほど
あの人の目は孤高で誇り高く
泣く姿を誰にも見せることは無かった
いつまでも希望を持ち続けることが
出来ない愛かも知れない
それは僕が死ぬ日まで
忘れることが出来ない
過去の影に由来しているのだろう

She may be the reason I survive
The why and wherefore I'm alive
The one I'll care for through the
Rough and rainy years

僕がどうして生きながらえているか
それはあの人が居るからこそ
辛い日も雨の日も僕はあの人を見守り続けた

Me I'll take her laughter and her tears
And make them all my souvenirs
For where she goes I've got to be
The meaning of my life is she... she... she

僕はあの人の笑いと涙を受け入れ
そしてそれらを僕の想い出として
あの人の行くところに僕も付いて行くだろう
僕の人生はあの人が居てこそ・・・あの人・・・あの人

20808h.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


パリの8区にあるモンソー公園はパリの高級住宅地の8区にあり、日本大使館からも近い。ショパンの像があったり、ピラミッドがあったりやや雑然とした感が無くもないが、近くに住むパリジャン、特に子供たちの憩いの場である。

最初の節の cerceaux は「輪」であるが、輪転がしやフラフープのような遊びを指していると思われる。

イヴ・デュテイユ Yves Duteil が1981年に作詞・作曲した「モンソー公園にて」 Au parc Monceau は彼の少年時代を懐かしむような、誰もが持っているような青春のときめきの想い出を優しく表現している。

20807a.jpg

Au parc Monceau  Yves Duteil  モンソー公園にて  イヴ・デュテイユ

今日この曲を取り上げたのは、カザンと同じくブログでシャンソン歌詞を翻訳している朝倉ノニーさんとのデュオ・コンサートで、10月29日に原宿のアコスタディオでこの曲を歌うからです。他にも楽しいデュオを歌いますので是非聴きにいらしてください。近日中に詳細をアップします。

Au parc Monceau  Yves Duteil & Enzo Enzo  モンソー公園にて  イヴ・デュテイユ  エンゾ・エンゾ

20807b.jpg

Au parc Monceau  モンソー公園   《宇藤カザン訳》

Au parc Monceau
Entre les grilles et les arceaux
Les enfants sages ont des cerceaux
Au fil de l´eau
Dissimulés dans les roseaux
On entend piailler les oiseaux

鉄柵とアーチの中の
モンソー公園で
良い子達が輪遊びをしている
葦の葉陰の
水の流れに沿って
鳥たちのさえずりが聴こえる

20807k.jpg

Le parc Monceau
Petit morceau de mon histoire
Le vieux monsieur des balançoires
Les cygnes noirs
La ville
Etait à l´autre bout du monde
Entre le lac et la Rotonde

モンソー公園
僕が育ってきた小さな想い出
ブランコのそばにいたおじいさん
黒鳥
パリの街は
湖と円堂の間に
はるか遠い世界のように見えた

20807w.jpg

Au parc Monceau
Entre les grilles et les arceaux
Les cours d´histoire avaient bon dos
Près du métro
Elle m´attendait sans dire un mot
J´ai pris sa main comme un cadeau

鉄柵とアーチの中の
モンソー公園で
歴史の授業はいい口実になった
地下鉄の駅のそばで
彼女は無言で僕を待ち
僕はうれしい気持ちで彼女の手を握った

20807r.jpg

Le parc Monceau
Premier baiser de mon histoire
Sur un des bancs d´une allée noire
Un peu d´espoir
La peur
La folle envie d´oublier l´heure
Ma main posée contre son cœur

モンソー公園
僕の生まれて初めてのキスは
暗がりの散歩道のベンチ
期待しながらも
恐る恐る
僕は手を彼女の胸に当て
時が経つのも忘れて
熱い思いに身を任す

20807sw.jpg

Au parc Monceau
Entre les grilles et les arceaux
Le bonheur a fait son berceau
Pour nos seize ans
La pyramide et ses mille ans
Nous avaient cachés des passants

鉄柵とアーチの中の
モンソー公園で
心地良い幸せに揺られる
僕たちの16歳
千年の歴史を持つピラミッドが
通りがかる人の目から
僕たちを遮ってくれた

20807v.jpg

Un parc en France
Petit morceau de mon enfance
Où j´ai trouvé l´adolescence
Un jour de chance
Un square
Bien à l´abri dans ma mémoire
Quand j´y retourne par hasard

フランスのある公園
僕の子供の頃の小さな想い出
そこで僕は青春を見出した
ある日の出会い
小公園
たまたま僕が再び訪れた時も
僕の記憶の中で大切に守られていた

20807y.jpg

Au parc Monceau
Entre les grilles et les arceaux
Entre les gardes et les landaus
Au parc Monceau
Entre les fleurs et les moineaux
Les cours d´histoire avaient bon dos

鉄策とアーチの中の
モンソー公園で
幌のついた馬車と御者の間
モンソー公園
花とスズメたちの間で
歴史の授業はいい口実になった

20807uy.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ルナ・パークは1909年から1931年まで、パリの17区のポルト・マイヨの近く、現在のパレ・デ・コングレのあたりにあった遊園地です。当時の写真で見るとなかなか大掛かりな古き良き時代の庶民の娯楽の聖地だったことが分かり、ルノーやシトロエンの自動車工場もここからそれ程遠くないところにありました。

いつ見てもイヴ・モンタンのステージは素晴らしく、聴く人、観る人を惹きつけずには置かないオーラを感じさせます。でもこの歌が出来た1945年にはルナ・パークは取り壊されていたのですが、、、、

20806a.jpg

Luna Park  Ives Montand  ルナ・パーク  イヴ・モンタン

20806ge.jpg

Luna Park  ルナ・パーク      《宇藤カザン訳》

Dans mon usine de Puteaux
On peut dire qu' j' ai le fin boulot
Ça f' sait bien trois cent soixante cinq jours de long
Que j' vissais toujours le même sacré petit boulon
Mais celà ne m' empêche pas de chanter
Hidlele hidlele hideledele
Dès que j' ai ma petite heure de liberté
Hidlele hidlele hideledele

ピュトーの工場で
まあ僕は細かい仕事をしていたんだが
毎日毎日小さないまいましいボルトを
同じように締めるのさ
365日間ぶっ続けで
だけど歌うことは出来るよ
ヒドゥレレ ヒドゥレレ ヒドゥレドゥレレ
ちょっとした自由な時間さえあれば
ヒドゥレレ ヒドゥレレ ヒドゥレドゥレレ

20806k.jpg

Je vais tout droit à Luna Park
Dans le jour cru des lampes à arcs
Sur la chenille
Je vois des filles
Je vois les filles et leurs dessous
En soie en fil ou en pilou
Et le pick-up chante comme moi
Hidlele hidlele hideledele hey !
Hidlele hidlele hideledele

僕はまっすぐにルナ・パークにおもむく
昼間のように明るいアーク灯の中の
キャタピラーの上には
娘たちが居るよ
娘たちを眺めて
シルクやリネンやネルの下着を眺めて
ヒドゥレレ ヒドゥレレ ヒドゥレドゥレレ ヘイ!
ヒドゥレレ ヒドゥレレ ヒドゥレドゥレレ

20806j.jpg

Le travail c' est ahurissant
Pour le corps c' est bien salissant
Quand je touche ma paye vers la fin du mois
Je sais qu' à Puteaux y' a des gars plus riches que moi
Mais celà ne m' empêche pas de chanter
Hidlele hidlele hideledele
Luna-Park est ma réserve de gaité
Hidlete hidlele hideledele

仕事はとてつもなくあり
体は汚れ放題
月末に給料をもらう時には
ピュトーには僕よりもリッチな奴が居るのを思い知らされる
だけど歌うことはできるよ
ヒドゥレレ ヒドゥレレ ヒドゥレドゥレレ
ルナ・パークは僕の喜びの源さ
ヒドゥレレ ヒドゥレレ ヒドゥレドゥレレ

20806ns.jpg

A tous les stands je suis salué
Des patrons et des habitués
Garçons et filles
C' est ma famille
Partout ailleurs je n' suis rien
A Luna Park je suis quelqu' un
Vive Luna Park et vive la joie
Feledlele delele fleptogo

どこの店に行っても
店主や常連から挨拶されるし
男の子たちや娘たち
みんな僕の家族さ
他の場所では僕は無価値な男
でもルナ・パークでは
僕は大した人物さ
ルナ・パーク万歳
喜び万歳
フェドゥルル ドゥルル フラットゴー

20806de.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


パリを歌った歌は数限りなくあるけれど、東京を歌った歌は「東京音頭」とか、、、「神田川」なんかもそうかな?

それはともかくイヴ・モンタン Yes Montand の歌う「パリのバラード」 "La ballade de Paris" です。フランシス・ルマルク Francis Lemarque はパリをテーマに100曲以上作詞したようで、今日カザンが西荻窪の「響」で歌う「ア・パリ」 "A Paris" もその一つです。

20805a.jpg

La ballade de Paris  Yves Montand  パリのバラード  イヴ・モンタン

La Ballade de Paris  l'Atelier Vocal des Herbiers  パリのバラード  エルビエール・ヴォーカル・アトリエ

20805d.jpg

La ballade de Paris  パリのバラード      《宇藤カザン訳》

Tant de poètes ont écrit
Des couplets des refrains
Sur Paris
Que je n'sais plus quoi chanter
Pour vanter ta beauté
Mon Paris

たくさんの詩人が
パリの歌に繰り返し言葉を込めたけれど
パリの美しさを誉めたたえるには
僕はどう歌っていいか分からない

Est-ce ceci ou cela
Autre chose ou bien quoi
Je n'sais pas
Pourquoi j'suis tellement ému
En passant dans une rue
De Paris

これなのか、あれなのか
別のものなのか、そもそも何なのか
僕には分からないんだけれど
どうして僕はパリの通りを歩くと
ひどく感動してしまうのだろう

J'ai trouvé sur les quais en flânant
Un vieux livre jauni par le temps
J'y ai lu les souffrances et les joies
Que tu as connues tout' à la fois

岸辺をぶらつきながら
時を経て黄ばんだ本を見つけたが
一度にたくさんの事を経験してしまった
君の喜びと悲しみを読んで知った

Depuis le temps que tu vis
Tout's tes rues ont écrit
Leurs romans
Romans d'amours qui se nouent
Se dénouent et qui meurent
Doucement

君が生まれてこの方
どんな通りについても書かれ
結ばれたと思えば、離れ離れになり
ひっそりと消えて行く恋の物語も
彼らの物語に書かれた

On s'est battu sous tes murs
Chacun de tes pavés
A servi
A défendre la liberté
Qui s'était réfugiée
Dans Paris
C'est la peine de tous les hommes
Qui t'as fait comme tu es
Mon Paris

人々はパリの壁の下で戦い
パリの敷石の一つ一つは
パリに逃がれて来た
自由を守るために役立った
それは君が僕のパリであるために
全ての人々の苦しみが君にしたことなんだよ

Ils ont bâti la Concorde
Notre-Dame, les Tuileries
Tout Paris

人々はコンコルド広場を
ノートルダム大聖堂を、チュイルリー公園を
パリのあちこちに作り

Ils ont pris la Bastille en chantant
Construit la Tour Eiffel en flânant
Les années ont passé doucement
Mais Paris a gardé ses vingt ans

人々は歌いながらバスティーユ広場を占拠し
エッフェル塔をのらくらと建て
歳月は緩やかに流れたけれど
パリは青春の輝きを保ち続けた

La Seine a creusé son lit
Entre les quais tout gris
De Paris
Il faut croire qu'elle s'y trouve bien
Puisqu'elle est encore là
Aujourd'hui

セーヌ河はパリの灰色の両岸の間に
川底を穿ったけれど
セーヌ河は居心地がいいんだと思うよ
だって今でもセーヌはそこを流れているんだから

Est-ce ceci ou cela autre chose ou bien quoi
Je n'sais plus
Pourquoi j'suis tellement ému
En passant dans une rue
De Paris

これなのか、それなのか
別のものなのか、そもそも何なのか
僕にはもう分からないんだけれど
どうして僕はパリの通りを歩くと
ひどく感動してしまうのだろう

20805s.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



シャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「八月のパリ」 "Paris au mois d'aout" です。8月のがらんとしたパリの街と恋人が去って空ろになった心を重ね合わせた巧みな詩作です。

フランス人は夏に3週間ぐらいのヴァカンスを取るのが一般的だが、それは次のヴァカンスまでの労働を乗り切る英気を養うためのもの。その間は会社との連絡を取ることなどもなく、完全に仕事から解放される。

20804a.jpg

Paris au mois d'aout  Charles Aznavour  八月のパリ  シャルル・アズナヴール

20804b.jpg

Paris au mois d'aout  八月のパリ      《宇藤カザン訳》

Balayé par septembre
Notre amour d'un été
Tristement se démembre
Et se meurt au passé
J'avais beau m'y attendre
Mon coeur vide de tout
Ressemble à s'y méprendre
A Paris au mois d'août

9月の訪れと共に
僕たちのひと夏の恋は追い払われて
悲しくも砕け散り
過去へと消えていく
虚しい期待を抱え
僕の心はまるで八月のパリのように
もぬけの殻になってしまった

De larmes et de rires
Était fait notre amour
Qui redoutant le pire
Vivait au jour le jour
Chaque rue, chaque pierre
Semblaient n'être qu'à nous
Nous étions seuls sur terre
A Paris au mois d'août

歓びと悲しみに満ちた僕たちの愛は
終わりが来ることを怖れながらも
日を重ねて育まれ
どの通りも、どの石も
僕たちのためだけにあるように思われ
僕たちだけが八月のパリの地に
居るかのようだった

20804f.jpg

Pour te dire je t'aime
Aussi loin que tu sois
Une part de moi-même
Reste accrochée à toi
Et l'autre solitaire
Recherche de partout
L'aveuglante lumière
De Paris au mois d'août

離れ離れになってしまった君に
愛していると言いたくて
僕の半身は
君にしがみついたままでありながら
もう一方の半身は一人寂しく
八月のパリの
まばゆい光を
あてどなく求めてしまう

Dieu fasse que mon rêve
De retrouver un peu
Du mois d'août sur tes lèvres
De Paris dans tes yeux
Prenne forme et relance
Notre amour un peu fou
Pour que tout recommence
A Paris au mois d'août

神よ
八月のパリの僕の夢を君の唇に
そして君の瞳に少しでも甦らせ給え
僕たちの狂おしい恋が
目覚め、息を吹き返し
再び元のように始まることを
叶え給え
八月のパリで

20804g.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

レオ・フェレが1961年に作詞作曲したジョリ・モームは「きれいな小娘」だけれど、娼婦を指していて語呂合わせ的な言葉遊びの要素が多く、日本語には訳しづらい。意味不明なところもあるのでいずれまた見直します。

20730a.jpg

Jolie môme  Léo ferré  ジョリ・モーム  レオ・フェレ

ジュリエット・グレコの重要なレパートリーで、さすがに素晴らしい歌唱です。

20730f.jpg

Jolie môme  Juliette Gréco  ジョリ・モーム  ジュリエット・グレコ

現代の実力派の人気歌手、フロラン・パニーもとてもいい感じです。

20730b.jpg

Jolie Môme  Florent Pagny  ジョリ・モーム  フロラン・パニー 

20730c.jpg

Jolie Môme  ジョリ・モーム    《宇藤カザン訳》

T'es tout' nue
Sous ton pull
Y a la rue
Qu'est maboul'
Jolie môme

セーターの下はあんた裸だね
気違いの通りがあるよ
ジョリ・モーム

T'as ton cœur
A ton cou
Et l'bonheur
Part en d'ssous
Jolie môme

あんたの心臓は首についてるね
幸せはあんたの下を素通りさ
ジョリ・モーム

T'as l'rimmel
Qui fout l'camp
C'est l'dégel
Des amants
Jolie môme

マスカラがはみ出してるよ
情夫たちの心は和むよ
ジョリ・モーム

Ta prairie
Ça sent bon
Fais-en don
Aux amis
Jolie môme

あんたの草原はいい匂いだね
友達にくれてやったら
ジョリ・モーム

T'es qu'un' fleur
Du printemps
Qui s'fout d'l'heure
Et du temps
T'es qu'un' rose
Eclatée
Que l'on pose
A côté
Jolie môme

あんたは時間も天気も関係ない
春の花でしかない
あんたは散って脇にどけられた
バラでしかない
ジョリ・モーム

T'es qu'un brin
De soleil
Dans l'chagrin
Du réveil
T'es qu'un' vamp
Qu'on éteint
Comm' un' lampe
Au matin
Jolie môme

あんたは悲しい目覚めの
太陽のかけらでしかない
あんたは朝になれば消される
ランプのような娼婦でしかない
ジョリ・モーム

Tes baisers
Sont pointus
Comme un accent aigu
Jolie môme

あんたのキスは
フランス語のアクセントみたいに鋭いね
ジョリ・モーム

Tes p'tits seins
Sont du jour
A la coque
A l'amour

あんたの小さな乳房は
今風の
愛の貝殻だね
ジョリ・モーム

Jolie môme
Ta barrière
De frou-frous
Faut s'la faire
Mais c'est doux
Jolie môme

あんたの
衣擦れの囲いには
我慢がならないけれど
柔らかいね
ジョリ・モーム

Ta violette
Est l'violon
Qu'on violente
Et c'est bon
Jolie môme

あんたのスミレの花は
犯されるヴァイオリン
そいつはおいしいね
ジョリ・モーム

T'es qu'un' fleur
De pass' temps
Qui s'fout d'l'heure
Et du temps
T'es qu'une étoile
D'amour
Qu'on entoile
Aux beaux jours
Jolie môme

あんたは時間にも天気にも関係ない
なぐさみの花でしかない
あんたは幸せな日々を布で覆われた
愛の星でしかない
ジョリ・モーム

T'es qu'un point
Sur les "i"
Du chagrin
De la vie
Et qu'une chose
De la vie
Qu'on arrose
Qu'on oublie
Jolie môme

あんたは人生(vie)の悲しみ(chagrin)の i の文字の上の点でしかない
水を撒いて
忘れてしまう
人生の出来事でしかない
ジョリ・モーム

T'as qu'un' paire
De mirettes
Au poker
Des conquêtes
Jolie môme

あんたはポーカーで勝つ人たちの
一揃いの目でしかない
ジョリ・モーム

T'as qu'un' rime
Au bonheur
Faut qu'ça rime
Ou qu'ça pleure
Jolie môme

あんたが幸せになるための
脚韻は一つしかない
その韻を踏まなけりゃ
泣きを見るね
ジョリ・モーム

T'as qu'un' source
Au milieu
Qu'éclabousse
Du bon dieu
Jolie môme

あんたは広い世間の中で
神様が水を跳ねかけた
しずくの存在でしかない
ジョリ・モーム

T'as qu'un' porte
En voil' blanc
Que l'on pousse
En chantant
Jolie môme

あんたは歌いながら
押して入る白いレースのカーテンのついた扉でしかない
ジョリ・モーム

T'es qu'un' pauv'
Petit' fleur
Qu'on guimauv'
Et qui meurt

あんたは
人が感傷に浸り
枯れていく
みすぼらしい小さな花でしかない

T'es qu'un' femme
A r'passer
Quand son âme
Est froissée
Jolie môme

あんたは魂がしわくちゃになっても
アイロンをかければ元に戻る女でしかない
ジョリ・モーム

T'es qu'un' feuille
De l'automne
Qu'on effeuille
Monotone
T'es qu'un' joie
En allée
Viens chez moi
La r'trouver
Jolie môme

あんたは退屈を摘む
秋の枯葉にしか過ぎない
あんたは路地の歓びでしかない
家においで
歓びを取り戻そう
ジョリ・モーム

T'es tout' nue
Sous ton pull
Y a la rue
Qu'est maboule

JOLIE MÔME !

セーターの下はあんた裸だね
気違いの通りがあるよ

ジョリ・モーム!


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

シャルル・トレネ Charles Trénet の「喜びあり」 "Y'a d'la joie" です。このシャンソンが作られたのは1936年で、パリの良き時代を偲ばせるトレネらしい快活な楽しい歌です。

20727a.jpg

Y'a d'la joie  Charles Trénet  喜びあり  シャルル・トレネ

20727s.jpg

Y'a d'la joie  喜びあり     《宇藤カザン訳》

Y a d'la joie bonjour bonjour les hirondelles
Y a d'la joie dans le ciel par dessus le toit
Y a d'la joie et du soleil dans les ruelles
Y a d'la joie partout y a d'la joie
Tout le jour, mon coeur bat, chavire et chancelle
C'est l'amour qui vient avec je ne sais quoi
C'est l'amour bonjour, bonjour les demoiselles
Y a d'la joie partout y a d'la joie

ツバメさん、おはよう、おはよう、喜ばしいね
屋根の上に広がる空には喜びがあるね
小路には陽の光と喜びがあるね
喜ばしいね、そこかしこに喜びがあるよ
一日中胸は高鳴り、ひっくり返り、よろめくよ
何だか分からないけれど恋が生まれ
お嬢さん方、こんにちは、こんにちはと恋が言うんだよ
喜ばしいね、そこかしこに喜びがあるよ

Le gris boulanger bat la pâte à pleins bras
Il fait du bon pain du pain si fin que j'ai faim
On voit le facteur qui s'envole là-bas
Comme un ange bleu portant ses lettres au Bon Dieu
Miracle sans nom à la station Javel
On voit le métro qui sort de son tunnel
Grisé de ciel bleu de chansons et de fleurs
Il court vers le bois, il court à toute vapeur

白髪交じりのパン屋の親父が腕いっぱいのパン生地をこねている
腹が減って食いつきたいような
上等でおいしいパンを作っているんだよ
郵便屋さんがあそこで飛び回っているのが見える
神様に手紙を届ける青い服の天使のように
ジャヴェル駅では事もあろうに
地下鉄がトンネルから飛び出して来るのが見えるよ
青空とシャンソンと花に酔って
森の方へと走る、全速力で走って行く

20727v.jpg

Y a d'la joie la tour Eiffel part en balade
Comme une folle elle saute la Seine à pieds joints
Puis elle dit:
" Tant pis pour moi si j'suis malade
J'm'ennuyais tout' seule dans mon coin"
Y a d'la joie le percepteur met sa jaquette
Plie boutique et dit d'un air très doux, très doux
" Bien l'bonjour, pour aujourd'hui finie la quête
Gardez tout
Messieurs gardez tout"

エッフェル塔が散歩にお出かけなんて愉快でしょう
気違い女のようにセーヌ河を両足をそろえて跳び越して
言うことに
「私って病気なんだから仕方がないでしょう
いつも同じ場所に一人ぼっちだと飽き飽きするの」
収税官は上機嫌で上着を着て
事務所を閉じて、とても優しい、優しい様子で
「それではよろしくね、今日は税の徴収はおしまい
いらないよ、お前さんたち、払わなくてもいいんだよ」

Mais soudain voilà je m'éveille dans mon lit
Donc j'avais rêvé, oui, car le ciel est gris
Il faut se lever, se laver, se vêtir
Et ne plus chanter si l'on n'a plus rien à dir'
Mais je crois pourtant que ce rêve a du bon
Car il m'a permis de faire une chanson
Chanson de printemps, chansonnette d'amour
Chanson de vingt ans chanson de toujours.

けれども僕は突然ベッドの中で目が覚める
つまり夢を見ていたってことなんだ
そうさ、だって空は灰色だし
起きなきゃ、顔を洗わなきゃ、服を着なくっちゃ
言うことが無ければ歌うこともないんだけれど
この夢は運が良かったと思うんだ
だってシャンソンが一曲出来ちゃったんだからね
春のシャンソン、可憐な恋のシャンソン
青春のシャンソン、永遠のシャンソン

20727w.jpg

フランスでは郵便配達夫は主に青い服を着ていた。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ジョルジュ・ブラッサンス Georges Brassens の「オーヴェルニュ人に捧げる歌」"Chanson pour l'Auvergnat" です。「オーヴェルニュの歌」と言うとカントルーブの歌曲を思い浮かべてしまうが、この曲は別です。

ブラッサンスの不遇時代を支えてくれたオーヴェルニュ人の夫妻に対する感謝の気持ちが現れています。

20728a.jpg

Chanson pour l'Auvergnat  Georges Brassens  オーヴェルニュ人に捧げる歌  ジョルジュ・ブラッサンス  

20728cre.jpg

Chanson pour l'Auvergnat  Juliette Gréco  オーヴェルニュ人に捧げる歌  ジュリエット・グレコ

20727gder.jpg

Chanson pour l'Auvergnat  オーヴェルニュ人に捧げる歌   《宇藤カザン訳》

Elle est à toi cette chanson
Toi l'Auvergnat qui sans façon
M'as donné quatre bouts de bois
Quand dans ma vie il faisait froid
Toi qui m'as donné du feu quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
M'avaient fermé la porte au nez
Ce n'était rien qu'un feu de bois
Mais il m'avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manièr' d'un feu de joie

これはオーヴェルニュ人のあなたに捧げる歌
僕が寒さで震えていた時に
あなたはもったいぶらずに何本かの薪をくれた
田舎者の百姓たちや
善良な人々でさえ
僕の鼻先で扉を閉めた時も
火にあたらせてくれたあなた
それは薪の炎でしかなかったとしても
僕の体を温め
今でも僕の胸の内で
喜びの炎として燃えている

Toi l'Auvergnat quand tu mourras
Quand le croqu'mort t'emportera
Qu'il te conduise à travers ciel
Au père éternel

オーヴェルニュ人のあなたがこの世を去る時には
葬儀人があなたを天国の
父なる神へと導いてくれますように

20728bb.jpg

Elle est à toi cette chanson
Toi l'hôtesse qui sans façon
M'as donné quatre bouts de pain
Quand dans ma vie il faisait faim
Toi qui m'ouvris ta huche quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
S'amusaient à me voir jeûner
Ce n'était rien qu'un peu de pain
Mais il m'avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manièr' d'un grand festin

これはおかみさんのあなたに捧げる歌
僕が空腹だった時
もったいぶらずにパンケースを開けて
僕に何がしかのパンをくれたおかみさん
田舎者の百姓たちや
善良な人々でさえ
僕が絶食しているを見て楽しんでいたというのに
それはわずかばかりのパンでしかなかったとしても
僕の体を温めてくれて
僕の胸の内で
まるで饗宴のように燃え続けている

Toi l'hôtesse quand tu mourras
Quand le croqu'mort t'emportera
Qu'il te conduise à travers ciel
Au père éternel

おかみさんがこの世を去る時には
葬儀人があなたを天国の
父なる神へと導いてくれますように

20728ht.jpg

Elle est à toi cette chanson
Toi l'étranger qui sans façon
D'un air malheureux m'as souri
Lorsque les gendarmes m'ont pris
Toi qui n'as pas applaudi quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
Riaient de me voir emmener
Ce n'était rien qu'un peu de miel
Mais il m'avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manièr' d'un grand soleil

これは見知らぬあなたに捧げる歌
憲兵が僕を捕まえた時
はばからずに悲しげな表情で僕に微笑んでくれた
田舎者の百姓たちや
善良な人々でさえ
連れて行かれる僕を見て嘲笑った時も
あなたは喝采しなかった
それはささやかな優しさでしかなかったとしても
僕の体を温めてくれ
僕の胸の内で
まるで偉大な太陽のように
燃え続けている

Toi l'étranger quand tu mourras
Quand le croqu'mort t'emportera
Qu'il te conduise à travers ciel
Au père éternel

見知らぬあなたがこの世を去る時には
葬儀人があなたを天国の
父なる神へと導いてくれますように

20727yyt.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「夜霧のしのび逢い」のフランス語のタイトルは「浜辺」 "La plage" です。それが何でそうなるの?という感じですが、「浜辺」ではヒットしなかったかもしれないし、日本で別の内容になってしまうことは良くあることです。せめてものカザンの役割としては、少しでも元の歌詞を知っていただきたいのと、自分のフランス語の勉強のために辞書を片手に翻訳しているわけですが、間違いも多々あるかと思います。

この曲を歌っているマリー・ラフォレ Marie Laforêt はなんと言っても「太陽がいっぱい」 "Plein soleil" でアラン・ドロンとの共演が印象的な女優ですが、歌手としてレコードもリリースしています。

20726a.jpg

La plage  Marie Laforêt  夜霧のしのび逢い  マリー・ラフォレ

20726c.jpg

La plage  夜霧のしのび逢い       《宇藤カザン訳》

Quand sur la plage
Tous les plaisirs de l´été
Avec leurs joies
Venaient à moi
De tous côtés
L´amour offrait l´éternité
A cette image
De la plage ensoleillée

浜辺に
そこかしこから
歓びがほとばしる
夏の快楽が私に訪れ
陽光に輝く浜辺を目の当たりにすれば
恋は永遠に続くかのように思われた

C´est bien dommage
Mais les amours de l´été
Bien trop souvent
Craignent les vents
En liberté
Mon cœur cherchant sa vérité
Vient fair´ naufrage
Sur la plage désertée.

でも残念なことに
往々にして
夏の恋は
気ままな風に弱く
私の心は真実を求めて
人気のない浜辺で
崩壊してしまう

Le sable et l´océan
Tout est en place
De tous nos jeux pourtant
Je perds la trace
Un peu comme le temps
La vague efface
L´empreinte des beaux jours
De notre amour.

砂浜と海は
元のままだけれど
私たちの戯れは
時と共に
その名残を失い
波が私たちの恋の
麗しい日々の痕跡を消し去る

20726d.jpg

Mais sur la plage
Le soleil revient déjà
Passe le temps
Le cœur content
Reprends ses droits
A l´horizon s´offre pour moi
Mieux qu´un mirage
Une plage retrouvée
Mieux qu´un mirage
C´est la plage ensoleillée.

けれども浜辺では
陽光が戻れば
時が経ち
満たされた心は
立ち直り
水平線に
幻影よりも素敵なものを
私に贈ってくれる
元どおりの浜辺
幻影よりも素敵なもの
それは陽光に満ちた浜辺

20726y.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


1937年にシャルル・トレネが軍隊の営巣の中で作曲した、古き良き時代を感じさせる楽しいシャンソンです。翌年トレネ主演で映画にもなりました。

20725a.jpg

Je chante  Charles Trenet  私は歌う  シャルル・トレネ

20725r.jpg

Je chante  私は歌う      《宇藤カザン訳》

Je chante je chante soir et matin
Je chante sur mon chemin
Je chante je vais de ferme en château
Je chante pour du pain
Je chante pour de l'eau

僕は歌う、昼も夜も歌う
僕は歩きながら歌う
僕は歌う、農園から城へと歩き
パンを得るために歌い
水を得るために歌う

Je couche la nuit sur l'herbe des bois
Les mouches ne m'piquent pas
Je suis heureux
J'ai tout et j'ai rien
Et je chante sur mon chemin

夜は森の草の上で僕は寝る
アブは僕を刺さないし
僕は幸せさ
何でも持っているし何も持っていない
そして僕は歩きながら歌う

Les elfes divinités de la nuit
Les elfes couchent dans mon lit
La lune se faufile à pas de loup
Dans les bois pour danser
Pour danser avec nous

妖精たちや夜の神々
妖精たちは僕のベッドで寝る
月は狼のような足取りで
森の中を踊るために忍び込む
僕たちと踊るために

Je sonne chez la comtesse aujourd'hui
Personne elle est partie
Elle n'a laissé
Qu'un plat d'riz pour moi
Me dit un laquais chinois

今日は伯爵夫人の屋敷の呼び鈴を鳴らす
誰も居ない、夫人は出かけてしまった
夫人は僕にご飯しか置いていかなかったと
中国人の従僕は言う

Je chante mais la faim qui me poursuit
Tourmente mon appétit
Je tombe soudain au creux d'un sentier
Je défaille en tombant
Et je meurs à moitié

僕は歌うけれどずっとすきっ腹で
何か食べたくて辛くてたまらない
僕は突然小道の穴に落ちる
落ちる時に気が遠くなって
死にかけた

20725t.jpg

Hé gendarme qui passez sur le chemin
Gendarme je tends les mains
Pitié j'ai faim
Je voudrais manger
Je suis tout léger léger

おや、そこに通りかかったおまわりさん
おまわりさん、僕は手を差し伸べ
お情けを、僕は腹ペコで
何か食わして欲しいんだ
こんなにも軽くなってしまった

Au poste d'autres moustaches m'ont dit
Au poste "Ah! mon ami, oui, oui, oui, oui
C'est vous le chanteur, le vagabond
On va vous enfermer
Oui votre compte est bon"

派出所で別の髭のおまわりが言うことに
派出所で「ああ、君ねえ、そうか、そうか、そうか
宿無しの歌うたいは君だね
それじゃ留置するよ
言い訳無用」

Nos ficelles, tu m'as sauvé de la vie
Ficelle, soit donc bénie
Car grâce à toi j'ai rendu l'esprit
Je m'suis pendu cette nuit
Et depuis

僕の命を救ってくれた縄
縄よ、祝福あれ
お前のお陰で僕は死ねた
僕は今晩首を吊ったんだ
それからというもの

Je chante je chante soir et matin
Je chante sur les chemins
Je hante les fermes et les châteaux
Un fantôme qui chante
On trouv' ca rigolo

僕は歌う
昼も夜も歌う
僕は歩きながら歌う
僕は農園や城に出没し
歌う幽霊さ、笑えるねえ

Et je couche la nuit sur l'herbe des bois
Les mouches ne m'piquent pas
Je suis heureux
Ca va j'ai plus faim
Et je chante sur mon chemin

そして夜は森の草の上で僕は寝る
アブは僕を刺さないし
僕は幸せさ
もう腹が減らないのが都合いい
そして道すがら僕は歌う

20725s.jpg

映画の中でトレネは若々しく生き生きと歌っている。

Je Chante!!! Charles Trenet  映画「私は歌う」 シャルル・トレネ


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。