2012 / 07
≪ 2012 / 06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2012 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッシェル・ルグランの「風のささやき」 "Les moulins de mon coeur" は1969年の映画「華麗なる賭け」 "The Thomas Crown affair" の映画の中でノエル・ハリソンによって歌われ、その後多くの歌手によって歌われました。その後フランス語に翻案され、ミッシェル・ルグラン Michel Legrand 自身も歌っています。

20724a.jpg
  
Les moulins de mon coeur  Michel Legrand  風のささやき  ミッシェル・ルグラン

20724s.jpg

Les moulins de mon coeur  風のささやき      《宇藤カザン訳》

Comme une pierre que l´on jette
Dans l´eau vive d´un ruisseau
Et qui laisse derrière elle
Des milliers de ronds dans l´eau
Comme un manège de lune
Avec ses chevaux d´étoiles
Comme un anneau de Saturne
Un ballon de carnaval
Comme le chemin de ronde
Que font sans cesse les heures
Le voyage autour du monde
D´un tournesol dans sa fleur
Tu fais tourner de ton nom
Tous les moulins de mon cœur

せせらぎの水面に
投げられた小石が
その後に
幾重もの波紋を残すように
星の馬を従えた
月の回転木馬のように
土星の輪のように
カーニヴァルの風船
時が回り続ける円軌道のように
ひまわりの花の中にも世界一周があり
君の名前がいっせいに僕の心の風車を回す

Comme un écheveau de laine
Entre les mains d´un enfant
Ou les mots d´une rengaine
Pris dans les harpes du vent
Comme un tourbillon de neige
Comme un vol de goélands
Sur des forêts de Norvège
Sur des moutons d´océan
Comme le chemin de ronde
Que font sans cesse les heures
Le voyage autour du monde
D´un tournesol dans sa fleur
Tu fais tourner de ton nom
Tous les moulins de mon cœur

子供の手に持たせた
毛糸の束
それとも風の竪琴が奏でる
聞き古された歌詞
吹雪のように
ノルウェーの森の
大洋の白波の上の
カモメの飛翔のように
時が回り続ける円軌道のように
ひまわりの花の中にも世界一周があり
君の名前がいっせいに僕の心の風車を回す

Ce jour-là près de la source
Dieu sait ce que tu m´as dit
Mais l´été finit sa course
L´oiseau tomba de son nid
Et voila que sur le sable
Nos pas s´effacent déjà
Et je suis seul à la table
Qui résonne sous mes doigts
Comme un tambourin qui pleure
Sous les gouttes de la pluie
Comme les chansons qui meurent
Aussitôt qu´on les oublie
Et les feuilles de l´automne
Rencontre des ciels moins bleus
Et ton absence leur donne
La couleur de tes cheveux

泉のそばであの日
神に誓って君は僕に言った
でも夏は終わってしまい
鳥は巣から落ち
ほうら砂の上の僕たちの足跡はすでに消え
そして僕は一人テーブルで
雨だれが落ちて泣くような音を立てるタンバリンのように
手の指でのテーブルをたたく
すぐに忘れられ、たちどころに死んで行く歌のように
秋の木の葉は日毎に青空から見放なされ
君が居ないまま木の葉は君の髪の色に染まって行く

Une pierre que l´on jette
Dans l´eau vive d´un ruisseau
Et qui laisse derrière elle
Des milliers de ronds dans l´eau
Au vent des quatre saisons
Tu fais tourner de ton nom
Tous les moulins de mon cœur
mobile Send "Les moulins de mon

せせらぎの水面に
投げられた小石が
その後に
幾重もの波紋を残し
四季の風にまかせて
君の名前がいっせいに僕の心の風車を回す

20724v.jpg

「華麗なる賭け」の映画のシーンをバックにスティングが英語で歌っています。

Windmills of your mind  Sting  風のささやき  スティング



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

スポンサーサイト

「いとしのパオラ」 "Doice Paola" はベルギーの王妃パオラの美しさに感動してアダモ Adamo が曲を作ったそうだ。自国の王妃をシャンソンにしてしまい、それが受け入れられると言うのは日本では考えにくい。それだけ王室が開かれていると言うことだろうか。歌詞はイタリア語です。

20723qa.jpg

Doice Paola  Adamo  いとしのパオラ  アダモ

20723f.jpg

Dolce Paola  いとしのパオラ    《宇藤カザン訳》

La la la la la la la
Paola, dolce Paola
in un mio sogno
mi sono permesso

ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ
パオラ、いとしのパオラ
僕の夢の中に
お出ましあられ

Paola
la mano tremante
ho sfiorato il suo viso
gli ho colto un sorriso

パオラ
震える手で
頬に触れれば
そこには微笑が

Paola
dolce chimera
quando una sera
mi offrì il suo sguardo

パオラ
甘いまぼろしよ
ある夜
まなざしが投げかけられ

Paola
nella sua maestà
ho visto in verità
una colomba fragile
la la la la la la
Paola, dolce Paola

パオラ
気高さの中に
傷つきやすい
一羽の鳩を見た

Paola, dolce Paola

Paola
se hai visto gli occhi suoi
mancare tu non puoi
di farmi un mito

パオラ、いとしのパオラ

パオラ
彼女の瞳を見れば
君だってパオラの伝説を
語らずにはいられまい

Paola
conservo in fondo al cuore
come di un vago fiore
la sua dolcezza
la la la la la la la la la la la la la la la la la la la

パオラ
僕の心は
ぼんやりとした花のような
彼女の優しさに包まれる
ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

20723s.jpg

sua maestà は「女王陛下」とも訳せるでしょう


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


人気のザズ ZAZ を代表する曲の「私が欲しいのは」 Je veux です。

前回のシャンソニエ・ラピーヌで歌った人が居たので訳してみました。長い曲だと思ったらルフランが多くて、構造も単純でした。曲の内容からしたら難解な歌詞は似合わないですからね。訳したくてもなかなか手に負えないミレーヌ・ファルメールとは大違いです。

20722a.jpg

Je veux  Zaz   ザズ  私が欲しいものは

下の動画はストリート・ミュージシャンとしてのザズです。そのうちカザンもストリート・ミュージシャンの仲間入りしたいと思っています。

Je veux  Zaz  ザズ  私が欲しいものは

次にテレビ出演のものです。

Je veux  Zaz  ザズ  私が欲しいものは on TV

20722b.jpg

Je veux  私が欲しいものは     《宇藤カザン訳》

Donnez moi une suite au Ritz, je n'en veux pas !
Des bijoux de chez CHANEL, je n'en veux pas !
Donnez moi une limousine, j'en ferais quoi ? papalapapapala
Offrez moi du personnel, j'en ferais quoi ?
Un manoir à Neufchatel, ce n'est pas pour moi.
Offrez moi la Tour Eiffel, j'en ferais quoi ? papalapapapala

リッツにスィート・ルームをくれるって、欲しくないわ!
シャネルの宝石、欲しくないわ!
リムジンをくれるって、私にどうしろって言うの?パパラパパパラ
付き人をくれるって、私にどうしろって言うの?
ヌーシャテルの豪邸、私にはがらじゃないわね
エッフェル塔をくれるって、私にどうしろって言うの?パパラパパパパラ

Je Veux d'l'amour, d'la joie, de la bonne humeur,
Ce n'est pas votre argent qui f'ra mon bonheur,
Moi j'veux crever la main sur le coeur
Papalapapapala
Allons ensemble, découvrir ma liberté,
Oubliez donc tous vos clichés,
Bienvenue dans ma réalité.

私が欲しいのは愛と、喜びと、上機嫌なの
私を幸せにしてくれるのはお金じゃないわ
私は胸に手を当ててくたばりたいの
パパラパパパラ
一緒に行きましょう、私の自由を探しに
お決まりの考えは全部捨てて
ありのままの私の中にいらっしゃ~い

J'en ai marre de vos bonnes manières, c'est trop pour moi !
Moi je mange avec les mains et j'suis comme ça !
J'parle fort et je suis franche, excusez moi !
Finie l'hypocrisie moi j'me casse de là !
J'en ai marre des langues de bois !
Regardez moi, toute manière j'vous en veux pas et j'suis comme çaaaaaaa (j'suis comme çaaa) papalapapapala

お行儀の良さにはうんざりだわ、私には過ぎたこと!
私は手づかみで食べるわ、それが私流!
私は大きな声でしゃべるし、あけすけなの、悪く思わないで!
偽善はおしまい、そんなのとはおさらばよ!
建前ばかりじゃうんざり!
私を見て、いずれにしろあなたたちを恨んだりしないわ、私はこんななのよ~~

Je Veux d'l'amour, d'la joie, de la bonne humeur,
Ce n'est pas votre argent qui f'ra mon bonheur,
Moi j'veux crever la main sur le coeur
Papalapapapala
Allons ensemble, découvrir ma liberté,
Oubliez donc tous vos clichés,
Bienvenue dans ma réalité.

私が欲しいのは愛と、喜びと、上機嫌なの
私を幸せにしてくれるのはお金じゃないわ
私は胸に手を当ててくたばりたいの
パパラパパパラ
一緒に行きましょう、私の自由を探しに
お決まりの考えは全部捨てて
ありのままの私の中にいらっしゃ~い

20722c.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「リラのワルツ」 "Valse des Lilas" はミッシェル・ルグラン Michel Legrand が1958年に作曲し、彼自身も歌っている美しい旋律の曲です。

ナナ・ムスクーリがこの曲を透き通るような声で歌っていますが、最後の節は歌わずに前節をルフランとして扱っています。

20721a.jpg

La Valse des Lilas  Nana Mouskouri   リラのワルツ  ナナ・ムスクーリ

20721d.jpg

Valse des Lilas  リラのワルツ     《宇藤カザン訳》

On ne peut pas vivre ainsi que tu le fais
D'un souvenir qui n'est plus qu'un regret
Sans un ami et sans autre secret
Qu'un peu de larmes.
Pour ces quelques pages de mélancolie
Tu as fermé le livre de ta vie
Et tu as cru que tout était fini...

君のように友もなく
たいした秘密もなく
ほんの少し涙を流すだけで
後悔ばかりの想い出に生きるなんて出来るものではない
この数ページの憂鬱のために
君は人生の本を閉じ
何もかもがおしまいだと思って・・・

... Mais tous les lilas
Tous les lilas de mai
N'en finiront
N'en finiront jamais
De fair' la fête au coeur des gens qui s'aiment, s'aiment.

だけど全てのリラは
5月に咲く全てのリラは
愛し合う、愛し合う恋人たちの
心をいつまでも、いつまでも浮き浮きさせてくれる

Tant que tournera
Que tournera le temps
Jusqu'au dernier
Jusqu'au dernier printemps
Le ciel aura
Le ciel aura vingt ans
Les amoureux en auront tout autant...

季節が巡る限り
巡る限り
春が終わるまで
空は
空は青春であり続け
恋人たちもまるで同じこと

Si tu vois les jours se perdre au fond des nuits
Les souvenirs abandonner ta vie
C'est qu'ils ne peuvent rien contre l'oubli...

日々が夜陰に沈み
君が想い出から見放されていると感じても
想い出だって忘却には逆らえないものだよ・・・

20721e.jpg

1962年にジョニー・マーサー Johnny Mercer が英語の詩をつけて多くの歌手が歌いました。英語の詩はフランス語の詩とまるで違いますが、一部をフランス語で歌っているのでバーバラ・ストライザンド聴いてみましょう。

20721b.jpg

Once Upon A Summertime  Barbra Streisand  ワンス・アポン・ア・サマータイム  バーバラ・ストライザンド

20721f.jpg

Once upon a summertime  ワンス・アポン・ア・サマータイム     《宇藤カザン訳》

Once upon a summertime if you recall
We stopped beside then in a flower stall
A bunch of bright forget-me-nots
Was all I let you buy me
Once upon a summertime just like today
We laughed the happy afternoon away
And stole a kiss in every street cafe
You were sweeter than the blossom on the tree
I was as proud as any girl could be
As if the major had offered me the key, the key to Paris
Now another wintertime has come and gone

遠く過ぎ去りし夏の日
あなたは思い出すかしら
小さな花屋の前で二人は足を止め中に入り
鮮やかな忘れな草の花束を
たった一度きりあなたにおねだりしたわ
今日のような遠く過ぎ去りし夏の日
二人は楽しい午後を笑って過ごし
どの街のカフェでもこっそりキスを交わしたわね
あなたは樹に咲く花よりも甘く優しくて
私はどんな女の子よりも誇らしく
まるで市長さんから鍵を
パリへの扉を開く鍵を贈られたみたいだった
でも今ではまた冬が訪れ、過ぎ去って行く

The pigeons feeding in the square have flown
But I remember when the vespers chime
You loved me once upon a summertime
Tous les lilas, tous les lilas de mai
N'en finiront, n'en finiront jamais
De faire la fete du coeur
Des jeunes qui s'aiment
S'aiment, s'aiment
Now another wintertime has come and gone
The pigeons feeding in the square have flown
But I remember when the vespers chime
You loved me once upon a summertime...

エサをついばむ公園の鳩たちも飛び去るけれど
夕暮れの鐘が鳴れば思い出す
遠く過ぎ去りし夏にあなたが私を愛してくれたことを
全てのリラは
5月に咲く全てのリラは
愛し合う、愛し合う恋人たちの
心をいつまでも、いつまでも浮き浮きさせてくれる
でも今ではまた冬が訪れ、過ぎ去って行く
エサをついばむ公園の鳩たちも飛び去るけれど
夕暮れの鐘が鳴れば思い出す
遠く過ぎ去りし夏にあなたが私を愛してくれたことを

20721h.jpg

the key to Paris は「パリ名誉市民」と言うことかもしれません。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


アダモ Adamo の "Valse d'été" は日本で発売された時「愛のワルツ」となったようで、何でも愛とか恋とかつければ売れるだろうとのことだろうが、「過ぎし夏のワルツ」と言う邦題もあるようだ。そのまま訳せば「夏のワルツ」になる。

この曲は日本では「雪が降る」とのカップリングでリリースされたようで、重く暗い「雪が降る」と対照的な軽やかなワルツとなっている。

20720aa.jpg

Valse d'été  Salvatore Adamo  夏のワルツ  サルヴァトール・アダモ

20720bd.jpg

Valse d'été  夏のワルツ       《宇藤カザン訳》

Le jour vient de souffler la lune
les vagues s'éveillent une à une
et se mettent à danser au soleil retrouvé
dans les bras d'une valse d'été

朝が月を吹き飛ばし
波は一つずつ目を覚まし
夏のワルツの腕に抱かれて
再び現れた太陽の下で踊りだす

la mer nous tend ses bras de mousse
et le sable, à la peau, si douce
et c'est bon de rêver de marcher dans le ciel
sur le fil d'une valse d'été

海は泡立つ腕を僕たちに差し出し
砂が肌にとても心地よく
夏のワルツの流れに乗って
空を歩く夢を見るのは気持ちがいい

20720dge.jpg

tournez, tournez
toi mon amour, toi mon rêve
c'est la valse d'été
qui vous a mariée

まわれ、まわれ
君は僕の愛、君は僕の夢
二つを結びつけるのは
夏のワルツなのさ

20720f.jpg

la nuit a surpris dans sa ronde
des tas d'amoureux par le monde
mais elle est leur amie, elle sourit
et se dit c'est la faute à la valse d'été

夜はくるくると踊りながら
世の中のたくさんの恋人たちを驚かすけれど
夜は彼らの友達だから、微笑んで
夏のワルツの仕業なのさと独り言を言う

une étoile est venue s'endormir dans tes yeux
bercée par notre valse d'été

僕たちの夏のワルツのゆりかごに揺られ
一つの星が君の瞳の中で眠りについた

20720g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



メニルモンタンはパリの北東部の庶民的な地域で、11区と20区の境にメトロの駅がある。ここはモーリス・シュヴァリエの出生地で、メニルモンタン "Menilmontant" はシャルル・トレネ Charles Trenet が1938年に彼に捧げるために作詞、作曲したシャンソンです。シュヴァリエはあまり歌わなかったようだが、多くの歌手によって歌われていて、トレネ自身の歌も素晴らしいが、パトリック・ブリュエルも魅力的に歌っています。

20719a.jpg

Menilmontant  Charles Trenet  メニルモンタン  シャルル・トレネ

20719b.jpg

Menilmontant  Patric Bruel  メニルモンタン  パトリック・ブリュエル

20719c.jpg

Ménilmontant  メニルモンタン      《宇藤カザン訳》

Ménilmontant mais oui madame
C'est là que j'ai laissé mon cœur
C'est là que je viens retrouver mon âme
Toute ma flamme
Tout mon bonheur...
Quand je revois ma petite église
Où les mariages allaient gaiement
Quand je revois ma vieille maison grise
Où même la brise
Parle d'antan
Elles me racontent
Comme autrefois
De jolis contes
Beaux jours passés je vous revois
Un rendez-vous
Une musique
Des yeux rêveurs tout un roman
Tout un roman d'amour poétique et pathétique
Ménilmontant !

メニルモンタン
もちろんですとも、マダム
僕の心はいまだにそこにあり
そこは自分の魂に
僕の情熱の全てに
僕の幸せの全てに出会えるところなんだ
たくさんの結婚式が行われた
僕が通った小さな教会を思い出せば
そよ風さえも昔を物語ってくれる
灰色の僕が住んでいた古い家を思い出せば
それらは昔のかわいいおとぎ話のように
僕に語りかけてくれる
過ぎ去りし日のあなたを思い出す
逢引き
音楽
ロマンチックに夢見る瞳
まるで小説のように詩的で感動的な恋物語
メニルモンタン!

20719d.jpg

Quand midi sonne
La vie s'éveille à nouveau
Tout résonne
De mille échos
La midinette fait sa dînette au bistro
La pipelette
Lit ses journaux
Voici la grille verte
Voici la porte ouverte
Qui grince un peu pour dire "Bonjour bonjour
Alors te v'là de retour ?"

昼になると
街は再び活気付く
たくさんの鐘が無数のこだまのように
鳴り響き
お針子はビストロで昼食だ
門番は新聞を読み
緑色の鉄格子だよ
「ボンジュール、ボンジュール、おや、君はお戻りかい?」
と言っているみたいにきしむ門は開いているよ

Ménilmontant mais oui madame
C'est là que j'ai laissé mon cœur
C'est là que je viens retrouver mon âme
Toute ma flamme
Tout mon bonheur...
Quand je revois ma petite gare
Où chaque train passait joyeux
J'entends encor dans le tintamarre
Des mots bizarres
Des mots d'adieux
Je suis pas poète
Mais je suis ému,
Et dans ma tête
Y a des souvenirs jamais perdus
Un soir d'hiver
Une musique
Des yeux très doux les tiens maman
Quel beau roman d'amour poétique
Et pathétique
Ménilmontant !

メニルモンタン
もちろんですとも、マダム
僕の心はいまだにそこにあり
そこは自分の魂に
僕の情熱の全てに
僕の幸せの全てに出会えるところなんだ
列車がにぎやかに行き交う僕の小さな駅
騒音の中で聞く
奇妙な言葉
別れの言葉
僕は詩人ではないけれど
感動してしまうし
僕の頭の中には
忘れ得ぬ想い出がある
ある冬の夜
音楽
優しい瞳それはママの瞳
なんと美しく詩的で感動的な愛の物語だろう
メニルモンタン!

20719e.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



1945年にイヴ・モンタン Yves Montand が創唱した「闘うジョー」 "Battling Joe" は日本の漫画から作られたシャンソンではない。Joe という名のつく有名なボクサーではジョー・フレイザーが有名だが、彼が1歳の時に出来た歌だからもちろん関係ない。

タイトルのいきさつは知らないがモンタンの観客を引き込んでしまう舞台の動きは実に素晴らしく、エンターテイナーの極みのようなものだろう。新旧二つの舞台の映像があるので比較するのも面白いかと思う。

20718aaa.jpg

Battling Joe  Yves Montand  闘うジョー  イヴ・モンタン

Battling Joe  Yves Montand  闘うジョー  イヴ・モンタン  オランピア劇場ライヴ

20718b.jpg

Battling Joe  闘うジョー       《宇藤カザン訳》

Dans un village noir de charbon
Dans les ch'minées et les corons
Tout p' tit il battait ses copains
Il était fier de ses deux poings
Presqu' autant qu' son père le mineur
Qui disait: " Ça f' ra un boxeur "
Le jour de son premier combat
Fallait un nom, l' en avait pas
Comme la mode était à l' anglais
Il s' appela " Battling Joe "

煙突と坑夫住宅が並ぶ
石炭ですすけた村で
幼い頃から仲間とケンカしてた
両腕のゲンコツが自慢だった彼は
炭鉱夫の父親とほとんど互角で
父親は「お前はボクサーになるな」と言っていた
初めての試合の日
名前がまだなかったので、決めなければと
その頃の流行で英語の
「バトリング・ジョー」と名乗った

Battling Joe
C' était un peu démesuré
Pour un gosse aux épaules étroites
Mais qui avait une méchante droite

バトリング・ジョー
肩幅の狭いガキにしては
ちょっと過ぎた名前だったが
すごい右のパンチを持っていた

Battling Joe
Il gagna son premier combat
Et le soir même avec papa
Il prenait le train pour Paris
Où un boxeur ça vaut son prix

バトリング・ジョー
最初の試合に勝って
その夜のうちにパパと
パリ行きの列車に乗り込んだ
ボクサーとしての価値に見合う場所へと

Battling Joe
Il croyait bien en f'sant c' truc-là
Être plus libre mais voilà
Qui dit boxeur dit manager
Le sien avait une poigne de fer
C' était un gars très régulier
Qui pour justifier la moitié
Des bourses de tous ses combats
Lui fit mener une vie d' forçat
" On n' est pas là pour rigoler "
Qu' il disait à Battling Joe

バトリング・ジョー
ボクシングをすれば何でも手に入ると
彼は思ったけれど、現実はこうだ
ボクサーでもありマネージャーでもある
鉄拳の持ち主の彼は
とてもきっちりした男だったから
全ての試合の見入りの半分を要求し
ジョーに彼の言うなりの生活を送らせた
「冗談でやっているんじゃないんだぜ」
マネージャーはバトリング・ジョーに言っていた

Battling Joe
Devint un boxeur redouté
Battling faisait des gross' recettes
Battling devint une gross' vedette

バトリング・ジョー
誰からも恐れられるボクサーになった
試合の度にすごい金が入ってきた
試合の度にすごいスターになった

Battling Joe
Les dames disaient tout près du ring
" Il est délicieux ce Battling "
Et elles admiraient son moral
Sans penser qu' les coups ça fait mal

バトリング・ジョー
女たちはリングサイドで言った
「バトリングさん、ステキよ」
女たちはパンチがダメージを与えるのだとも考えずに
彼の戦う姿を称えた

Battling Joe
Battling devint un grand champion
Jusqu' au triste soir où un gnon
Lui embrouilla soudain les yeux
L' manager dit: " C'est pas sérieux !
Tu d' viens feignant, fait ton métier
Boxe rime pas avec pitié..."
La foule eut p' t' êtr' tort ce soir-là
De siffler la fin du combat
Malgré les lampes et leurs éclairs
Battling Joe... hé Joe... ne voyait plus clair

バトリング・ジョー
バトリング・ジョーは偉大なチャンピオンになった
一発のパンチに突然目がくらんだあの悲劇の夜までは
マネージャーは言った「たいしたことないぜ!
しっかりしろ、きっちり仕事をするんだ
ボクシングに情け容赦はないんだ・・・」
この夜に限っては
試合の最後に非難の口笛を吹いた観客の方が間違っていただろう
明るい照明にもかかわらず
バトリング・ジョーは・・・ヘイ、ジョー・・・はっきりとは見えなかった

Battling Joe
C' est un nom mait' nant oublié
Une triste silhouette qui penche
Appuyée sur une canne blanche

バトリング・ジョー
その名前は忘れ去られ
白い杖に支えられた
前かがみの悲しげなシルエット

Battling Joe
A tout perdu en un seul soir
Ses yeux son titre et son espoir
Mais il sait comme consolation
Son manager a d' autres champions

Battling Joe

バトリング・ジョー
たった一夜にして
視力とタイトルと希望の全てを失ってしまった彼は
マネージャーがリターンマッチとして
別のチャンピオンを見つけたのを知った

バトリング・ジョー

20718c.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



パトリシア・カース Patricia Kaas の「はかない愛だとしても」 "Il me dit que je suis belle" は「彼は私をきれいだと言う」というのが元のタイトルの意味です。あまりに直訳的なタイトルもどうかと思うが、内容的に違うと思われる思わせ振りなタイトルも困りものです。

20717a.jpg

Il me dit que je suis belle  Patricia Kaas  はかない愛だとしても  パトリシア・カース

20717b.jpg

Il me dit que je suis belle  はかない愛だとしても    《宇藤カザン訳》

Et quand le temps se lasse
De n´être que tué
Plus une seconde passe,
Dans les vies d´uniformité
Quand de peine en méfiance,
De larmes en plus jamais
Puis de dépit en défiance
On apprend à se résigner
Viennent les heures sombres
Où tout peut enfin s´allumer
Ou quand les vies ne sont plus qu´ombres
Restent nos rêves à inventer

暇つぶしばかりされているんじゃ
時間だってうんざり
それじゃ一秒も進みはしない
決まりきった生活の中で
苦しみから不信が生まれれば
涙も枯れてしまい
そして悔しさは猜疑心へとなるわ
諦めることを学ぶのよ
落ち込んだ時が来ても
そのうち明るくなるだろうし
人生がはかないものだとしても
誰もが夢をつむぎ出して行くものなの

Il me dit que je suis belle
Et qu´il n´attendait que moi
Il me dit que je suis celle
Juste faite pour ses bras
Il parle comme on caresse
De mots qui n´existent pas
De toujours et de tendresse
Et je n´entends que sa voix

私がきれいだと彼は言うわ
私以外には関心がないの
彼の腕に抱かれるために
私が生まれてきたんだと彼は言うわ
いつでも優しさに満ちて
愛撫をするように
作り話をささやく彼
もう彼の声しか耳に入らないの

Eviter les regards, prendre cet air absent
Celui qu´ont les gens sur les boul´vards
Cet air qui les rend transparents
Apprendre à tourner les yeux
Devant les gens qui s´aiment
Eviter tous ceux qui marchent à deux
Ceux qui s´embrassent à perdre haleine
Y a-t-il un soir, un moment
Où l´on se dit c´est plus pour moi
Tous les mots doux, les coups de sang,
Mais dans mes rêves, j´y ai droit

誰もが街中でするように
視線を避けて素知らぬ振りをする
まるで目立たなくなるの
愛し合う人々に出会えば
視線をそらせることを学び
カップルに出会わないようにし
息ができないほどにキスする人たちを避けるわ
でもいつか
こんなことがあっていいのかしらと言い合えるような
優しい言葉にあふれ、のぼせ上がるような
そんな時が来るのかしら
だけど夢の中では私にだって出来るわ

Il me dit que je suis belle
Et qu´il n´attendait que moi
Il me dit que je suis celle
Juste faite pour ses bras
Des mensonges et des betises
Qu´un enfant ne croirait pas
Mais les nuits sont mes églises
Et dans mes rêves j´y crois

私がきれいだと彼は言うわ
私以外には関心がないの
彼の腕に抱かれるために
私が生まれてきたんだと彼は言うわ
子供だって信じやしない
でっち上げと悪ふざけ
夜は私の教会だから
夢の中で私はそれを信じるわ

Il me dit que je suis belle...
Je le vois courir vers moi
Ses mains me frôlent et m´entraînent
C´est beau comme au cinéma
Plus de trahison, de peines
Mon scénario n´en veut pas
Il me dit que je suis reine
Et pauvre de moi, j´y crois
Hmm, pauvre de moi, j´y crois

私がきれいだと彼は言うわ
私に走り寄る彼が見えるわ
彼の腕が私に軽く触れ、私は引き寄せられる
まるで映画のようで素敵なの
裏切りもなければ苦しみもない
そんなものは私のシナリオには要らないの
私は女王様だと彼は言うわ
それを信じてしまうおばかな私
それを信じてしまうおばかな私

20717c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

100年以上前の1910年に作られた曲で、多くの歌手によって歌われたようです。ティノ・ロッシの録音しか見つかりませんでしたが、彼は全部の歌詞を歌っていません。いずれ他の歌手が歌っているのも見つかるかも知れませんので、全部訳しておきます。

20716a.jpg

Reviens!  Tino Rossi  戻って来て!  ティノ・ロッシ

20716gg.jpg

Reviens!  戻って来て!   《宇藤カザン訳》

J´ai retrouvé la chambrette d´amour
Témoin de notre folie
Où tu venais m´apporter chaque jour
Ton baiser, ta grâce jolie
Et chaque objet semblait me murmurer :
Pourquoi reviens-tu sans elle?
Si ton amie un jour fut infidèle
Il fallait lui pardonner!
Dans mon cœur tout ému des souvenirs anciens
Une voix murmura : Reviens!

来る日も来る日も僕に熱情を注ぎに訪れたあなた
僕たちの狂おしい愛の営みを見守っていた
ささやかな愛の部屋を思い出す
あなたの口づけ、あなたの美しい気品
周りの全てのものが僕にささやいているみたいだ:
どうして君は彼女と一緒じゃないの?
そのうち彼女が他の男になびいたって
仕方がないじゃないの!
僕は過ぎ去った思い出に心を動かされて
戻って来てとつぶやいてしまった

Reviens, veux-tu?
Ton absence a brisé ma vie
Aucune femme, vois-tu,
N´a jamais pris ta place en mon cœur, amie
Reviens, veux-tu?
Car ma souffrance est infinie
Je veux retrouver tout mon bonheur perdu!
Reviens, reviens, veux-tu?

お願い、戻って来て
あなたがいなければ僕の人生は打ちのめされたまま
分かるでしょう
どんな女だってあなたほど僕の心を捉えたことはなかった
お願い、戻って来て
そうしてくれなければ僕の苦しみは終わらない
失ってしまった幸せを全部取り返したいのだよ!
戻って来て、戻って来て、お願いだから

J´ai retrouvé le bouquet de deux sous
Petit bouquet de violettes
Que tu portais au dernier rendez-vous.
J´ai pleuré devant ces fleurettes!
Pauvre bouquet fané depuis longtemps
Tu rappelles tant de choses.
Ton doux parfum dans la chambre bien close
Nous apportait le printemps!
Le bouquet s´est flétri, mais mon cœur se souvient
Et tout bas il te dit : Reviens.

僕はささやかな花束を見つけた
最後の逢引きの時にあなたが持ってきてくれた
かわいいスミレの花束
この花を前にすると僕は泣いてしまった
ずっと以前にしぼんでしまった可哀想な花束
それはたくさんの事を思い出させる
閉めきった部屋の中のあなたの甘い香りは
僕たちに春をもたらした!
僕の心の中の想い出と共に花束は花開き
そして戻って来てと小声でつぶやくのだった

J´ai retrouvé le billet tout froissé
Qui m´annonçait la rupture,
Et ce billet que ta main a tracé
A rouvert l´ancienne blessure!
Je le tenais entre mes doigts crispés
Hésitant à le détruire.
Puis brusquement, craignant de le relire,
Dans le feu je l´ai jeté!
J´ai détruit le passé, il n´en reste plus rien,
Tout mon cœur te chante : Reviens!

もうお終いにしましょうと僕に告げる
しわくちゃになった紙切れを見つけた
あなたの手の名残を留めるこの紙切れは
僕の心の古傷をうずかせる
破棄してしまおうかと迷いながら
指で握り締めてそれを持ち
そして突然読み返すのが怖くなって
僕は火の中に投げ捨てた
過ぎ去ったことは打ち砕かれて
残っているものは何もなくなった
心からあなたに歌いかける:戻って来て!

20716te.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


エディット・ピアフ Edith Piaf の歌う「街に歌が流れていた」 "Un refrain courait dans la rue" だが珍しく邦題が直訳的です。1946年、つまりカザンが生まれた年に出来た歌だが、3拍子のリズムに乗ってピアフは軽快に歌っている。

02706aaa.jpg

Un refrain courait dans la rue  Edith Piaf  街に歌が流れていた エディット・ピアフ

翌年の1947年にはピアフ主演の映画「九人の男、心一つに」 "Neuf garçons, un cœur" の中で歌っていて、映画の内容はたいしたことなさそうだがピアフの映像はとても貴重です。

Un refrain courait dans la rue  Edith Piaf  街に歌が流れていた エディット・ピアフ (Neuf garçons, un cœur)

20706dfr.jpg

Un refrain courait dans la rue  街に歌が流れていた      《宇藤カザン訳》

Dans un amour, faut d'la fierté,
Pouvoir se taire, de la dignité,
Savoir partir au bon moment,
Cacher son mal en souriant,
Et je me disais en marchant
Que j'avais su partir à temps.
Si mon coeur est désespéré,
Il ne m'aura pas vu pleurer.

恋には自尊心が必要なの
言い訳をせずに誇り高く
苦しくても微笑みながら
いい潮時に去らねばならない
そして私は歩きながらつぶやいた
きっちりと別れなければ
たとえ私の心が張り裂けるとしても
彼には泣くところを見せたりしないわ

Un refrain courait dans la rue,
Bousculant les passants,
Qui s'faufilait dans la cohue
D'un p'tit air engageant.
J'étais sur son passage.
Il s'arrêta devant moi
Et me dit d'être sage.
"Tu es triste, mon Dieu, pourquoi ?
Viens, et rentre dans ma chanson.
Il y a de beaux garçons...
Jette ton chagrin dans le ruisseau
Et tourne-lui le dos..."

街には歌が流れていた
行き交う人々でごった返す
群集の中を
魅力的な小さな歌がすり抜ける
たまたま私はその歌を聴きつけ
それは私の前で立ち止まり
控えめに私に言った
「おやおや、どうしたの、悲しそうな顔をして?
おいで、僕の歌の中にお入り
可愛い男の子だって居るよ・・・
悲しみは水に流して
知らん顔して前向きに・・・」

Il faut que ton couplet soit gai,
Alors parlons du mois de mai,
Des arbres en robe, de lilas
Et de l'été qui pousse en tas.
'y a des violettes, un balcon.
Un vieux poète chante une chanson.
Ma robe est tachée de soleil.
Je le garde pour mes réveils.

あなたの歌は陽気でなくてはね
さあ、美しい五月の事を語りましょう
木の葉が茂り、リラの花が咲き
夏がどっと押し寄せ
スミレがバルコニーに飾られ
年老いた詩人がシャンソンを歌い
私のワンピースには木漏れ日が当たり
朝起きれば歌がそこにある

Un refrain courait dans la rue,
Bousculant les passants,
Qui s'faufilait dans la cohue
D'un p'tit air engageant.
Les gens sur son passage,
Se regardaient l'air surpris,
Cessaient leurs bavardages :
"Quel est donc ce malappris ?"
Oui, mais l'air était entraînant
Et les mots engageants
Et surtout, il y avait dedans
Du rire à bout portant...

街には歌が流れていた
行き交う人々でごった返す
群集の中を
魅力的な小さな歌がすり抜ける
通りがかりの人々が
驚きの表情で見つめ合って
おしゃべりを止める:
こいつは一体全体どうなってんだ?
そう、だけど魅力的な歌詞の歌は人を惹きつけた
そして何よりもその歌には素直に笑えるものがあった

Si cet air qui court dans la rue
Peut chasser vos tourments,
Alors entrez dans la cohue.
'y a d'la place en poussant...

もし街に流れるこの歌が
群集の中に入り込んで
あなたたちの悩みを刈り取ることができるならば
励ます余地があるならば・・・

70206fg.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


作詞がシャルル・アズナブール Charles Aznavour、作曲がジルベール・ベコー Gilbert Bécaud という二人の大物歌手が若い頃作ったメケ・メケ "Mé qué mé qué" です。メケ・メケは「それがどうした」という意味で、この曲は言葉の響の面白さが第一でしょう。日本では三輪明宏の持ち歌として有名です。

マルティニック島は現在もフランスの海外県で、西インド諸島の観光地として賑わっている。

20703a.jpg

Mé qué mé qué  Gilbert Bécaud  メケ・メケ  ジルベール・ベコー

Mé qué mé qué  Gilbert Bécaud  メケ・メケ  ジルベール・ベコー Live on TV

20703d.jpg

Mé qué mé qué  メケ・メケ      《宇藤カザン訳》

Le navire est à quai
Y a des tas de paquets
Des paquets posés sur le quai
Dans un petit troquet
D'un port Martiniquais
Une fille belle à croquer

船が岸に着けば
荷物どっさり
岸に荷上げされる
マルティニック港の
しがない酒場に
とっても素敵な娘がいて

Pleure dans les bras d'un garçon de couleur
Car il s'en va, et lui brise son coeur
Elle, dans un hoquet, lui tendant son ticket
Lui dit: "Cheri, que tu vas me manquer!"

黒人の男の腕に抱かれて泣いている
男が旅立てば、娘は胸を痛めて
しゃくり上げながら、男に切符を差し出しながら
「あなたが居ないと寂しくてたまらないの!」
と訴える

Mé qué mé qué, mais qu'est-ce que c'est?
Une histoire de tous les jours
Mé qué mé qué, mais qu'est-ce que c'est?
Peut-être la fin d'un amour

メケ・メケ、それがどうしたって言うの?
よくある話さ
メケ・メケ、それがどうしたって言うの?
恋の終わりって事よ

La sirène brusqua
Leurs adieux delicats
Mais soudain tout se compliqua
La petite masqua
Un instant ses tracas
Pourtant son courage manqua

汽笛が二人の危うい別れをせきたてれば
突然何もかもが慌てふためき
娘はとりあえず動揺を隠したけれど
気持ちが落ち込んでしまったのさ

Elle dit: "J'ai peur, il ne faut pas partir
Vois-tu, mon coeur, sans toi je vais mourir!"
Le garçon expliqua qu'il fallait en tous cas
Qu'il parte et c'est pourquoi il embarqua

娘は言った「怖いの、行かないで」
わたしの気持ち分かるでしょう
あなたが居なければ
わたし死んでしまう!」
男はとにかくどうしても行かなきゃならないんだと
娘を説得し
そんなこんなで男は船に乗り込んだ

Mé qué mé qué, mais qu'est-ce que c'est?
Une histoire de tous les jours
Mé qué mé qué, mais qu'est-ce que c'est?
Peut-être la fin d'un amour

メケ・メケ、それがどうしたって言うの?
よくある話さ
メケ・メケ、それがどうしたって言うの?
恋の終わりって事よ

Les paquets embarqués
Le bateau remorqué
Lentement a quitté le quai
Ne soyez pas choqués
N'allez pas vous moquer
De ce que je vais expliquer

積荷が船に運ばれ
引き舟に引かれた船は
ゆっくりと港を離れたのさ
不快に思わないでね
馬鹿にしないでね
これから説明することを

Regardant au port son bel amour à terre,
Pris de remords, il plongea dans la mer
Devant ce coup risqué par l'amour provoqué
Les requins ont resté interloqués

港で陸に残る美しい恋人を見て
後悔の念にとらわれれて
男は海に飛び込んだ
恋ゆえのこの向こう見ずな行動に
鮫たちも唖然呆然あきれるばかり

Mé qué mé qué, mais qu'est-ce que c'est?
Une histoire de tous les jours
Mé qué mé qué, mais qu'est-ce que c'est?
C'est l'aurore d'un nouveau jour
Qui est fait pour durer toujours
Car l'amour vient pour retrouver
L'amour...

メケ・メケ、それがどうしたって言うの?
よくある話さ
メケ・メケ、それがどうしたって言うの?
末永く続く新しい日の幕開けだよ
だって恋人は再び恋のよりを戻したんだから

27073sf.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



セルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg の「小さな紙切れ」 "Les p'tits papiers' です。1972年に作曲され、ゲンズブールならではの言葉遊びの歌です。

20629a.jpg

今回はセルジュ・ゲンズブール、ジェーン・バーキン、ジャック・デュトロンのトリオで聴きましょう。  

Les p'tits papiers  Serge Gainsbourg  小さな紙切れ  ゲンズブール、バーキン、デュトロン

20629sw.jpg

Les p'tits papiers  小さな紙切れ       《宇藤カザン訳》
 
Laissez parler
Les p'tits papiers
A l'occasion
Papier chiffon
Puissent-ils un soir
Papier buvard
Vous consoler

小さな紙切れに
しゃべるらせておけばいい
時には紙くずにもね
小さな紙切れはある晩
吸い取り紙
君たちを慰めるといいね

Laisser brûler
Les p'tits papiers
Papier de riz
Ou d'Arménie
Qu'un soir ils puissent
Papier maïs
Vous réchauffer

小さな紙切れを
燃えるに任せよう
ライスペーパー
それともアルメニアペーパー
コーンペーパーがある晩
君たちを元気づけてくれるといいね

20629jk.jpg

Un peu d'amour
Papier velours
Et d'esthétique
Papier musique
C'est du chagrin
Papier dessin
Avant longtemps

愛を少しだけ
手触りの柔らかな紙に
美を少しだけ
楽譜の紙に
画用紙はずっと以前から
悲しみだね

Laissez glisser
Papier glacé
Les sentiments
Papier collant
Ça impressionne
Papier carbone
Mais c'est du vent

滑らせておこう
光沢紙
恋愛感情は
糊付き紙に
カーボン紙は
心を打つけれど
当てにはならない

Machin Machine
Papier machine
Faut pas s'leurrer
Papier doré
Celui qu'y touche
Papier tue-mouches
Est moitié fou

何とかくん、何とかさん
タイプライター用紙
金紙は見かけに騙されちゃいけないよ
ハエ取り紙に触る奴は
お馬鹿さん

C'est pas brillant
Papier d'argent
C'est pas donné
Papier-monnaie
Ou l'on en meurt
Papier à fleurs
Ou l'on s'en fout

銀紙は光ってないよ
紙幣はタダじゃないよ
人が死んだりするし
どうでもいいのは
花模様の壁紙さ

20629ffs.jpg

Laissez parler
Les p'tits papiers
A l'occasion
Papier chiffon
Puissent-ils un soir
Papier buvard
Vous consoler

小さな紙切れに
しゃべるらせておけばいい
時には紙くずにもね
小さな紙切れはある晩
吸い取り紙
君たちを慰めるといいね

Laisser brûler
Les p'tits papiers
Papier de riz
Ou d'Arménie
Qu'un soir ils puissent
Papier maïs
Vous réchauffer

小さな紙切れを
燃えるに任せよう
ライスペーパー
それともアルメニアペーパー
コーンペーパーがある晩
君たちを元気づけてくれるといいね

20629fg.jpg

いろいろな言葉が掛けてある。例えば Papier d'argent の argent は「銀」と「お金」の両方の意味があり、後で Papier-monnaie 「紙幣」が出てくるので「銀紙」とした。impressionne は「感動させる」と言う動詞だが、「impression」 だと「印刷」と言う名詞になり、両方を掛けている。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

レオ・フェレ Léo Ferré の「アヴェック・ル・タン」 "Avec le temps" は魅力的な歌なのでいつか歌いたいと思っているものの、訳はとても難しい。良くつかめないままのだが一応出してみる。訂正してくれる人が現れるのを待ちながら・・・

1970年に作られたこの歌はレオ・フェレの私的な状況を反映してか、虚無的な内容となっている。しかしメロディには人を惹きつけずには置かない強さがあり、とても感動的である。

20627a.jpg

Avec le temps  Léo Ferré    アヴェック・ル・タン  レオ・フェレ  

カナダの女性歌手、イザベル・ブーレが歌っていて素晴らしい。

2070007.jpg

Avec le temps  Isabelle Boulay  アヴェック・ル・タン イザベル・ブーレ

Avec le temps  アヴェック・ル・タン      《宇藤カザン訳》

Avec le temps...
Avec le temps, va, tout s´en va
On oublie le visage et l´on oublie la voix
Le cœur, quand ça bat plus, c´est pas la peine d´aller
Chercher plus loin, faut laisser faire et c´est très bien

時と共に・・・
時と共に、流れ、全ては消えて行く
面影を忘れ、声も忘れる
心臓、それが止まれば、その先を求めても無駄なこと
なすがままに、それでいいのだ

Avec le temps...
Avec le temps, va, tout s´en va
L´autre qu´on adorait, qu´on cherchait sous la pluie
L´autre qu´on devinait au détour d´un regard
Entre les mots, entre les lignes et sous le fard
D´un serment maquillé qui s´en va faire sa nuit
Avec le temps tout s´évanouit

時と共に・・・
時と共に、流れ、全ては消えて行く
憧れた人、雨の中を探し求めた人
文字の間に、行間に、
夜の闇に消えて行く虚飾の誓いの化粧の下に
一瞥のもとに見抜いた人
時と共に全ては消え去る

Avec le temps...
Avec le temps, va, tout s´en va
Même les plus chouettes souv´nirs ça t´as une de ces gueules
A la gal´rie j´farfouille dans les rayons d´la mort
Le samedi soir quand la tendresse s´en va toute seule

時と共に・・・
時と共に、流れ、全ては消えて行く
最高に素敵な思い出にさえも嫌な顔をし
陳列室で僕は死の陳列棚を引っ掻き回し
優しさがひとりでに消え去ってしまう土曜の夜

Avec le temps...
Avec le temps, va, tout s´en va
L´autre à qui l´on croyait pour un rhume, pour un rien
L´autre à qui l´on donnait du vent et des bijoux
Pour qui l´on eût vendu son âme pour quelques sous
Devant quoi l´on s´traînait comme traînent les chiens
Avec le temps, va, tout va bien

時と共に・・・
時と共に、流れ、全ては消えて行く
風邪だと思っていた人、どうでもいい人
無価値なもの、宝石を与えられた人
誰かのためにわずかばかりの金で魂を売った人
金を前にして犬を引きずるようにいやいや行く人
時がたてば全てがなるようになる

Avec le temps...
Avec le temps, va, tout s´en va
On oublie les passions et l´on oublie les voix
Qui vous disaient tout bas les mots des pauvres gens
Ne rentre pas trop tard, surtout ne prends pas froid

時と共に・・・
時と共に、流れ、全ては消えて行く
熱い想いも忘れ
あまり遅く帰らないで、風邪だけは引かないでと
あなたにささやいたつつましい人々の言葉の声も忘れ

Avec le temps...
Avec le temps, va, tout s´en va
Et l´on se sent blanchi comme un cheval fourbu
Et l´on se sent glacé dans un lit de hasard
Et l´on se sent tout seul peut-être mais peinard
Et l´on se sent floué par les années perdues
Alors vraiment... avec le temps... on n´aime plus

時と共に・・・
時と共に、流れ、全ては消えて行く
そして疲れきった馬のように老いていると感じ
行きずりのベッドの中で身の寒さを感じ
孤独でもきっとその方が気が楽だと感じ
失われた歳月に騙されたと感じ
そして・・・時と共に・・・人はもう愛さなくなる

20627s.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。




「三つの小さな音符」 "Trois petites notes de musique" はアンリ・コルピ Henri Colpi 監督の映画「かくも長き不在」 "Une aussi longue absence" の中でコラ・ヴォケール Cora Vaucaire によって歌われています。

20624fff.jpg

「かくも長き不在」はかくも長き昔に見た映画なので僕の記憶の奥底に眠ってしまっている。

ゲシュタポに捕らえられたまま長い間行方不明になっていた記憶喪失の元の夫に似た男を見つけたカフェのマダムのテレーズは浮浪者の彼が夫のアルベールであると確信し、彼の記憶を呼び覚まそうと試みるが、、、

20626ge.jpg

Trois petites notes de musique  Cora Vaucaire   三つの小さな音符  コラ・ヴォケール

2062424.jpg

Trois petites notes de musique  Yves Montand  三つの小さな音符  イヴ・モンタン

Trois petites notes de musique  三つの小さな音符       《宇藤カザン訳》 

20624adg.jpg

Trois petites notes de musique
Ont plié boutique
Au creux du souv'nir
C'en est fini d'leur tapage
Ell's tournent la page
Et s'en vont dormir
Mais un jour sans crier gare
Ell's vous revienn'nt en mémoire
Toi,tu voulais oublier
Un p'tit air galvaudé
Dans les rues de l'été
La la la la la Toi
Tu n'oublieras jamais
Une rue un été
Une fill' qui fredonait

三つの小さな音符は
想い出の奥にしまわれ
騒ぎ出すこともなく
ページは閉じられ
眠りについた
けれどもある日前触れもなく
それらは君の記憶の中に甦る
君が忘れたいと思っても
擦り切れた小さな歌は
夏の街中に
ラララララ、君は
君は決して忘れないだろう
ある夏のある通りで
口ずさんでいた一人の少女を

La la la la je vous aime
Chantait la rengaine
La la mon amour
Des parol's sans rien d'sublime
Pourvu que la rime
Amène toujours
Une romanc' de vacances
Qui lancinant' vous relance
Vrai, elle était si jolie
Si fraîch' épanouie
Et tu n'l'as pas cueillie
Vrai, pour son premier frisson
Elle t'offrait un' chanson
A prendre à l'unisson

ララララ、愛しているよ
それは恋の決まり文句
ララ、恋人よ
韻を踏んでいるだけの
ありふれた歌詞が
再びうずきながら甦れば
ヴァカンスの恋歌を
いつだって引き連れてくる
そう、彼女はとてもきれいで
開いたばかりの花のよう
でも君はその花を摘まなかった
だってそれは少女の初めてのおののきだったから
少女は一緒に歌うために
一つの歌を君に贈ったのさ

La la la la la tout rêve
Rim' avec s'achève
Le tien n'rime à rien
Fini avant qu'il commence
Le temps d'une danse
L'espac' d'un refrain

ラララララ、全ての夢は
韻を結んで終わるけれど
君のはまるでそうならない
踊りの拍子も繰り返しの部分も
始まるかと思えば終わってしまう

Trois petit's notes de musique
Qui vous font la nique
Du fond des souv'nirs
Lèv'nt un cruel rideau d'scène
Sur mill' et un' peines
Qui n'veulent pas mourir

記憶の奥底で
君をあざ笑う
三つの小さな音符は
消え去ろうとしない
あまたの苦しみをもたらしながら
辛い舞台の幕を開ける

20624heg.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

シャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「フォーミー・フォルミダブル」 "For me... formidable" は英語とフランス語が混じっているところが面白い。似た発音を重ねているので、音の感覚でとらえれば良いでしょう。ジャズ風に軽快に歌われるが、シェークスピアの言語とは英語、モリエールの言語とはフランス語のことです。

20620a.jpg

For me... formidable  Charles Aznavour  フォーミー・フォルミダブル  シャルル・アズナヴール

For me... formidable  Charles Aznavour  フォーミー・フォルミダブル  シャルル・アズナヴール  Live

20620b.jpg

For me... formidable  フォーミー・フォルミダブル      《宇藤カザン訳》

You are the one for me, for me, for me, formidable
You are my love very, very, very, véritable
Et je voudrais pouvoir un jour enfin te le dire
Te l' écrire
Dans la langue de Shakespeare
My daisy, daisy, daisy, désirable
Je suis malheureux d' avoir si peu de mots
À t'offrir en cadeaux
Darling I love you, love you, darling I want you
Et puis c' est à peu près tout
You are the one for me, for me, for me, formidable

君は僕の、僕の、僕の、素敵な人
とても、とても、とても真実の愛なんだ
だからいつかきっと言えるようになりたい
手紙に書いて
シェークスピアの国の言語で
君は一流の、一流の、一流の憧れの人
僕は悲しい
君の贈りたくてもわずかな言葉しか知らないのが
ダーリン愛している、愛してるよ、ダーリン君が欲しい
もう、それだけで十分なんだ
君は僕の、僕の、僕の、素敵な人

You are the one for me, for me, for me, formidable
But how can you
See me, see me, see me, si minable
Je ferais mieux d'aller choisir mon vocabulaire
Pour te plaire
Dans la langue de Molière
Toi, tes eyes, ton nose, tes lips adorables
Tu n'as pas compris tant pis
Ne t'en fais pas et viens t'en dans mes bras
Darling I love you, love you,
Darling, I want you
Et puis le reste on s'en fout
You are the one for me, for me, for me, formidable

君は僕の、僕の、僕の、素敵な人
だけど僕をどう思うんだろう、どうなんだろう、どうなんだろう
こんなにみすぼらしい僕を
君が喜ぶような僕の言葉を
選んで行くほうがいいだろう
モリエールの国の言語で
君の、君の目、君の鼻、愛らしい君の唇
君は分からないだろうな、しょうがないよ
気がねしないで僕の腕の中においでよ
ダーリン、愛しているよ、愛しているよ
ダーリン、僕は君が欲しい
だから他のことなんかどうでもいいだろう
君は僕の、僕の、僕の、素敵な人

Je me demande même
Pourquoi je t'aime
Toi qui te moques de moi et de tout
Avec ton air canaille, canaille, canaille
How can I love you

僕はどうして君を愛しているんだろうと考えるけれど
君は僕をいたずらっぽく、いたずらっぽく、いたずらっぽく
僕の事をまるで馬鹿にするけれど
僕はどれだけ君を愛していることか

20620c.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。