2012 / 06
≪ 2012 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2012 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェーン・バーキン Jane Birkin の「コワ」 "Quoi" です Quoi を「コワ」と表記するのはどうかと思うのですが、もうそれで通っているので仕方ない。ゲンズブールらしい言葉のセンスで、バーキンの声ととても良く合っています。

20617aaa.jpg

Quoi  Jane Birkin  コワ  ジェーン・バーキン Ⅰ

Quoi  Jane Birkin  コワ  ジェーン・バーキン Ⅱ


20617d.jpg


Quoi  コワ         宇藤カザン訳》

Quoi
De notre amour feu ne resterait que des cendres
Moi
J'aimerais que la terre s'arrête pour descendre
Toi
Tu me dis que tu vaux pas la corde pour te pendre
C'est à laisser ou à prendre

私たちの狂おしい恋が燃え尽きて灰になるのよ
もう降りたいから地球が止まってほしいわ
あなたは自分をろくでなしだと言うけれど
そのままでいいの 何とかしないの

Joie
Et douleur c'est
Ce que l'amour engendre
Sois au moins conscient que mon coeur peut se
Fendre
Soit
Dit en passant j'ai beaucoup à apprendre
Si j'ai bien su te comprendre

喜びも悲しみも恋すればこそなのよ
もう心が張り裂けそうなのを少しは察して
ついでに言えば
あなたを理解できるんだったら
私だって得るものがたくさんあるでしょうに

Amour cruel
Comme en duel
Dos à dos et sans merci
Tu as le choix des armes
Ou celui des larmes Penses-y penses-y
Et conçois que c'est à la mort à la vie

背中合わせになって
非情な決闘をするような
苦しい恋なのよ
あなたはどんな武器だって選べるわ
涙という手だってあるし
考えてよ、考えてよ
だって生きるか死ぬかの問題でしょう

Quoi
De notre amour feu ne resterait que des cendres
Moi J'aimerais que la terre s'arrête pour
descendre
Toi
Tu préfères mourir que de te rendre
Va donc savoir va comprendre

私たちの狂おしい恋が燃え尽きて灰になるのよ
もう降りたいから地球が止まって欲しいわ
あなたは降伏するより死ぬ方がましなのね
わかってよ わかって欲しいのよ

20617c.jpg

サイトに掲載されている歌詞には Quoi? となっているものもあり、その場合は「何で?」となります。この歌の場合それでも良いでしょう。

tu vaux pas la corde pour te pendre は「君は縛り首の縄にも値しない」の意だが、その後の C'est à laisser ou à prendre は縄を指していると思われ、それを使うのか使わないのか、つまり首を吊るのか吊らないのかはっきりしてと言う感じではないかと思う。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。






スポンサーサイト

1973年に発表されたジェーン・バーキン Jane Birkin のファースト・アルバム "Di Doo Dah" の中に収められ、シングルカットされました。シャルル・ゲンズブール Charles Gainsbourg の作詞・作曲による、彼らしい言葉遊びの世界で、バーキンがささやくように魅力的に歌っています。

20614a.jpg

Di Doo Dah  Jane Birkin  ディ・ドゥ・ダー  ジェーン・バーキン

20614b.jpg

Di Doo Dah  ディ・ドゥ・ダー 《宇藤カザン訳》  

Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Mélancolique et désabusée
Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
J'ai je ne sais quoi d'un garçon manqué
Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Je n'ai jamais joué à la poupée
Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Je griffe ceux qui essaient de m'embrasser
Les autres filles se posent pas de questions
Elles courent les rues et les dancings et les garçons
Pas si cons

ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
気が滅入るし幻滅ね
ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
わたし、何だか良く分からないけどおてんば娘なの
ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
お人形ごっこなんかしなかったわ
ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
わたしにキスをしようとする奴らは引っかいてやるわ
他の女の子は何も考えちゃいない
みんな通りをダンスホールを
男を求めて駆け巡る
いいんじゃない

Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Difficile de m'imaginer
En chantant Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Qu'un de ces quatre ça va m'arriver

ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
想像するって難しいわね
ディ ドゥ ディ ドゥ ダァって歌いながら
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
近いうちにわたしに何かが起こるなんて

Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Mélancolique et désabusée
Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
J'ai je ne sais quoi d'un garçon manqué
Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Je suis le portrait de mon père tout craché
Il chantait: Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Quand il m'accompagnait au lycée
Les autres filles ont de beaux nichons
Et moi, moi je reste aussi plate qu'un garçon
Que c'est con

ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
気が滅入るし幻滅ね
ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
わたし、自分でも良く分からないんだけどおてんば娘なの
ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
わたしってパパとほんとにそっくりなの
パパも歌っていたわ
ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
パパがわたしを高校に送ってくれてた頃だけど
他の女の子たちはきれいなおっぱいだったのに
わたし、わたしまだ男の子みたいにぺちゃんこだったの
本当にイヤになるわ

Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Difficile de m'imaginer
En chantant Di doo di doo dah
O Di doo di doo dah
Qu'un de ces quatre ça va m'arriver

ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
想像するって難しいわね
ディ ドゥ ディ ドゥ ダァって歌いながら
オ ディ ドゥ ディ ドゥ ダー
近いうちにわたしに何かが起こるなんて

20614c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ジョルジュ・ムスタキ Georges Moustaki の「僕の自由」 "Ma liberté" も「私の孤独」 "Ma solitude" と同じように物や観念を人格化した詩で、「自由」も女性名詞であるが、ここでは「彼女」ではなく「君」に置き換えています。

ムスタキの二つの年代の動画とセルジュ・レジアーニの動画でお聴き下さい。

20613a.jpg

Ma liberté  Georges Moustaki  僕の自由 ジョルジュ・ムスタキ Ⅰ

Ma liberté  Georges Moustaki  僕の自由 ジョルジュ・ムスタキ Ⅱ

Ma liberté  Serge Reggiani  僕の自由 セルジュ・レジアーニ

20613fg.jpg

Ma liberté  僕の自由         《宇藤カザン訳》

Ma liberté
Longtemps je t'ai gardée
Comme une perle rare
Ma liberté
C'est toi qui m'a aidé
A larguer les amarres
Pour aller n'importe où
Pour aller jusqu'au bout
Des chemins de fortune
Pour cueillir en rêvant
Une rose des vents
Sur un rayon de lune

僕の自由
僕は稀な真珠のように
長い間君を身に付けていた
僕の自由
どこに行くにも
運命の道の行き着くところへも
僕が旅立つのを助けてくれたのは君
夢見心地に
月の光の上の風見薔薇を摘むために

Ma liberté
Devant tes volontés
Mon âme était soumise
Ma liberté
Je t'avais tout donné
Ma dernière chemise
Et combien j'ai souffert
Pour pouvoir satisfaire
Tes moindres exigences
J'ai changé de pays
J'ai perdu mes amis
Pour gagner ta confiance

僕の自由
君のわがままにも
僕の魂は素直に従った
僕の自由
僕は丸裸になるまで
君に全てを捧げた
君のささいな要求を
満足させるために
僕はどれ程苦労したことか
君の信頼を得るために
僕は国を変え
友を失った

Ma liberté
Tu as su désarmer
Toutes Mes habitudes
Ma liberté
Toi qui m'a fait aimer
Même la solitude
Toi qui m'as fait sourire
Quand je voyais finir
Une belle aventure
Toi qui m'as protégé
Quand j'allais me cacher
Pour soigner mes blessures

僕の自由
君は僕がいつもしているどんなことだって
止めさせることができた
僕の自由
君は僕に孤独をさえ好きにさせた
一つの美しい恋が終わるのが分かった時
君は僕を微笑ませてくれた
失恋の傷を癒すために
逃避した時にも
君は僕を守ってくれた

Ma liberté
Pourtant je t'ai quittée
Une nuit de décembre
J'ai déserté
Les chemins écartés
Que nous suivions ensemble
Lorsque sans me méfier
Les pieds et poings liés
Je me suis laissé faire
Et je t'ai trahi pour
Une prison d'amour
Et sa belle geôlière

Et je t'ai trahi pour
Une prison d'amour
Et sa belle geôlière

僕の自由
それでも12月の夜に君と別れた
僕は不用意にも
まるで抗わずに
なすがままにさせて
二人が共に歩んできた
道を離れて放棄した
美しい牢番のために
恋の捉われ人となり
僕は君を裏切った

美しい牢番のために
恋の捉われ人となり
僕は君を裏切った

20613b.png

Rose des vents / Wind rose は上の図のような風配図の事で「風見薔薇」と言うのはカザンの造語ですので悪しからず。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ジョルジュ・ムスタキ Georges Moustaki の「私の孤独」 "Ma solitude" です。

この曲はフランス語の女性名詞である「孤独」を "elle" 「彼女」と擬人化する詩の典型です。パリを擬人化したり、物を人に置き換えるのは日本語にはあまりないフランス語の特徴でしょう。
女性名詞や男性名詞があり面倒だと思う反面、文学的に奥行きを与えている面があるのも否めませんが、どこの国でも「月」は女性名詞であるとは限らず、男性名詞の国もありますからイメージを押し付ける面がなくもありません。

20612a.jpg

Ma solitude  Georges Moustaki  私の孤独  ジョルジュ・ムスタキ

20612f.jpg

Ma solitude  私の孤独       《宇藤カザン訳》

Pour avoir si souvent dormi avec ma solitude
Je m'en suis fait presque une amie une douce habitude
Elle ne me quitte pas d'un pas fidèle comme une ombre
Elle m'a suivi çà et là aux quatre coins du monde
Non je ne suis jamais seul avec ma solitude

私は孤独としばしば一緒に寝たから
孤独はまるで私の女友達のようで
甘美な習慣になってしまった
孤独は影のように忠実に私から一歩も離れず
世界の隅々まであちこちへと付きまとって来た
いや、私は孤独と一緒だから決して独りぼっちではない

Quand elle est au creux de mon lit elle prend toute la place
Et nous passons de longues nuits tous les deux face à face
Je ne sais vraiment pas jusqu'où ira cette complice
Faudra-t-il que j'y prenne goût ou que je réagisse
Non je ne suis jamais seul avec ma solitude

孤独が私のベッドにうずくまれば
孤独は場所を独り占めにし
向き合って長い夜を共に過ごす
この共犯者がどこまで行こうとしているのか
私にはまるで分からない
好きになるべきなのだろうか
それとも逆らうべきなのだろうか
いや、私は孤独と一緒だから決して独りぼっちではない

Par elle j'ai autant appris que j'aie versé de larmes
Si parfois je la répudie jamais elle ne désarme
Et si je préfère l'amour d'une autre courtisane
Elle sera à mon dernier jour ma dernière compagne
Non je ne suis jamais seul avec ma solitude
Non je ne suis jamais seul avec ma solitude

涙することがあったりしても
私は孤独からたくさんの事を学んだ
時々私は孤独と決別しようとするけれど
孤独は抵抗し降参しようとしない
そしてもし私が別の戯れの恋をしたとしても
孤独は私の死の間際まで最後の伴侶となるだろう
いや、私は孤独と一緒だから決して独りぼっちではない
いや、私は孤独と一緒だから決して独りぼっちではない

20612d.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


エディット・ピアフ Edith Piaf の「ジプシーの恋歌」 "Le gitan et la fille" です。元の題は「ジタンと女」でジョルジュ・ムスタキ Moustaki の曲です。二人はピアフが41歳でムスタキが23歳の時に出会い、恋仲になるがやがて破局。ムスタキがピアフに作った曲としては1958年の「ミロール」が特に有名ですね。

この曲の場合の fille は娘ではなく若い女性の恋人のイメージでしょう。

20611a.jpg

Le gitan et la fille  Edith Piaf  ジプシーの恋歌  エディット・ピアフ

20611de.jpg

Le gitan dit à la fille  ジプシーの恋歌        《宇藤カザン訳》

Le gitan dit à la fille :
"Qu'importe le prix de l'amour :
Pour toi, j'irai finir mes jours
Derrière les grilles.
J'irai piller les gens de la ville
Pour t'offrir une robe de satin.
Tu n'diras plus que j'suis un vaurien,
Un inutile...
Mes mains, tout à l'heure si fortes,
Seront plus douces que le bois
De la guitare qui joue pour toi
Devant ta porte..."

ジプシー男は女に言った
どんな恋の報いを受けても構うものか
俺の生涯はお前を想って鉄格子の中で終わるだろう
俺は街の奴らを襲って
お前に贈るサテンのドレスを盗って来るからな
俺をただのごろつきで
役立たずでしかないとは言わせないぜ
俺の腕力はめっぽう強かったけれど
お前の戸口の前でお前のために弾く
ギターの響板よりもしなやかになるだろうさ

Le gitan dit à la fille :
"Qu'importe le prix de l'amour :
Pour toi, j'irai finir mes jours
Derrière le grilles.
J'irai tuer ceux qui te regardent
Quand le doux soleil du matin
Se glisse dans le creux de tes reins
Et s'y attarde...
Et là, je te dirai "Je t'aime"
Comme on dit le nom de Jésus.
Je le crierai dans la rue
Comme un blasphème..."

ジプシー男は女に言った
どんな恋の報いを受けても構うものか
俺の生涯はお前を想って鉄格子の中で終わるだろう
お前に色目を使う奴は皆殺しだ
明け方の柔らかな光がお前の腰のくぼみに差し込み
いつまでもそこに留まり・・・
その時に俺はお前に「愛しているよ」と言うだろう
神に誓うように
俺は通りで叫んでやる
吐き捨てるように

Le gitan a dit à la fille :
"Qu'importe le prix de l'amour :
Pour toi, j'irai finir mes jours
Derrière les grilles.
Autour de toi, je ferai l'ombre
Pour être le seul à te voir,
Pour être seul sous ton regard
Et m'y confondre...
Et quand la mort viendra défaire
Les chaînes forgées par l'amour,
Pour toi, j'irai finir mes jours
Au fond de la terre..."

ジプシー男は女に言った
どんな恋の報いを受けても構うものか
俺の生涯はお前を想って鉄格子の中で終わるだろう
お前の近くで俺は影の男になろう
お前を見守るただ一人の男であるような
お前が俺だけを見つめるような
俺は影になりきるのさ
そして恋がなせる鎖が解き放たれて死ぬ時には
お前を想って俺の生涯は大地の底で終えるのさ

20611s.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1970年のアメリカ映画の主題歌「ある愛の詩」 Love Story / Une histoire d'amour です。

音楽はフランシス・レイで裕福な家庭に育ったオリヴァーとイタリア移民の家庭に育ったジェニーとの純愛物語。オリヴァーの父親の反対を押し切って二人は結婚するがやがてジェニーが白血病であることを知る。

20520h.jpg

ミレイユ・マチューのヒット曲です。

20520a.jpg

Une histoire d'amour  Mireille Mathieu    ある愛の詩  ミレイユ・マチュー

20520de.jpg

Une histoire d'amour  ある愛の詩      《宇藤カザン訳》

Une histoire d'amour
Où chaque jour devient pour nous le dernier jour
Où on peut dire "à demain" à son amour
Et qu'on est là tout près de lui à regarder
Mourir sa vie

ある愛の物語
毎日が私たちにとって最後の日となり
愛する人に「また明日」と言えて
あの人のそばで見つめ合っていられるような
命を失うこと

Une histoire d'amour
Où pour nous deux le mot toujours semblait trop court
Tu vois pourtant nous n'avons plus beaucoup le temps
Non mon amour tu ne dois pas, il ne faut pas
Pleurer sur moi
Ne me dis pas adieu
Je vais fermer les yeux
Viens près de moi
Et prends-moi dans tes bras
Restons ensemble
Serre-moi fort
Tu vois il me semble que m'a vie s'endort
Dis-moi "je t'aime"

ある愛の物語
私たち二人の交わす言葉はいつでも短すぎるように思われ
でも私たちにはあまり時間が残されていないのよね
いいえ愛しい人、いけないわ
私のために泣かないでね
さようならを言わないで
私はもうすぐ目を閉じるでしょう
私のそばに来て
私を腕に抱いてね
きつく抱き合ったままでいましょう
そうよ私の命は眠ろうとしているの
「愛している」って言って

Une histoire d'amour
C'est la chanson de l'océan les nuits d'été
Un souvenir qui va durer l'éternité
Pour moi ce soir ma vie s'en va mais notre amour
Ne finit pas

ある愛の物語
それは夏の夜の海原の歌
永遠に続く想い出
今宵私の命は尽きるとも
私たちの愛は終わることがない

Une histoire d'amour
Ça ne peut pas vraiment mourir en un seul jour
Ne reste pas le cœur en deuil à vivre seul
Il te faudra voir d'autres ciels, d'autres soleils
Ne pleure pas

ある愛の物語
愛はたった一日で死んでしまうようなことはない
一人残されてもいつまでも悲しみを引きずらないで
新しい空と新しい太陽を眺めなければ
泣かないで

20520gar.jpg

次に英語で聴きましょう。アンディ・ウィリアムス Andy Williams です。

20520b.jpg

Love story  Andy Williams  ある愛の詩  アンディ・ウイリアムス

Love Story  Andy Williams  ある愛の詩  アンディ・ウイリアムス  Live

20520g.jpg

Love story  ある愛の詩         《宇藤カザン訳》

Where do I begin
To tell the story of how great a love can be
The sweet love story that is older than the sea
The simple truth about the love she brings to me
Where do I start

どこから語ったらいいものか
一つの愛がいかに偉大であるかを
海よりも年月を経た美しい愛の物語
彼女が僕にもたらした真実だけを語るには
どこから始めたらよいか

With her first hello
She gave new meaning to this empty world of mine
There'd never be another love, another time
She came into my life and made the living fine
She fills my heart

初めての出会いから
僕の空虚な世界は新しい意味を持つようになり
それは今までの愛とも、他の愛とも違っていて
彼女は僕の命に入り込み、生きることを素敵にさせて
僕の心を満たした

She fills my heart with very special things
With angels' songs , with wild imaginings
She fills my soul with so much love
That anywhere I go I'm never lonely
With her around, who could be lonely
I reach for her hand-it's always there

彼女はとても素敵なもので僕の心を満たした
思いもかけない天使の歌声
彼女は僕の魂をあふれる愛で満たし
いつでもどこにでも一緒に連れ立ち
彼女の手はいつでも触れられるところにあった

How long does it last
Can love be measured by the hours in a day
I have no answers now but this much I can say
I know I'll need her till the stars all burn away
And she'll be there

どれほど続くのだろうか
愛を一日の時間の単位で計れるものだろうか
答えは見出せないけれどこれだけは言える
全ての星が燃え尽きるまで僕には彼女が必要で
彼女はそこにいるだろう

How long does it last
Can love be measured by the hours in a day
I have no answers now but this much I can say
I know I'll need her till the stars all burn away
And she'll be there

どれほど続くのだろうか
愛を一日の時間の単位で計れるものだろうか
答えは見出せないけれどこれだけは言える
全ての星が燃え尽きるまで僕には彼女が必要で
彼女はそこにいるだろう

20520se.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


"Emmenez-moi" は「私を連れてって」という意味だが、「世界の果てに」と言う邦題があるようで、内容的にも歌のタイトルとしてふさわしいので「世界の果てに」にします。いかにもシャルル・アズナヴール Charles Aznavour らしい曲ですがヴァネッサ・パラディ Vanessa Paradis も現代的にビートを利かせて歌っている。

20608a.jpg

Emmenez-moi  Charles Aznavour   世界の果てに シャルル・アズナヴール

Emmenez-moi  Charles Aznavour  世界の果てに シャルル・アズナヴール  Live

20608ff.jpg

Emmenez-moi  Vanessa Paradis  世界の果てに  ヴァネッサ・パラディ

20508gg.jpg

Emmenez-moi  世界の果てに         《宇藤カザン訳》

Vers les docks où le poids et l'ennui
Me courbent le dos
Ils arrivent le ventre alourdi
De fruits les bateaux
Ils viennent du bout du monde
Apportant avec eux
Des idées vagabondes
Aux reflets de ciels bleus
De mirages
Traînant un parfum poivré
De pays inconnus
Et d'éternels étés
Où l'on vit presque nus
Sur les plages
Moi qui n'ai connu toute ma vie
Que le ciel du nord
J'aimerais débarbouiller ce gris
En virant de bord

重圧と憂鬱で気が滅入る
ドックの方へと
果物を満載した船がたどり着く
船は海辺で裸で暮す
見知らぬ常夏の国の
胡椒の香りを漂わせながら
青い空の輝きの下に
さすらう空想と
幻影を運んで
地の果てからやってくる
生まれてこの方
北国の空しか知らなかった僕は
方向転換して
この灰色の空から抜け出したかった

Emmenez-moi au bout de la terre
Emmenez-moi au pays des merveilles
Il me semble que la misère
Serait moins pénible au soleil

僕を地の果てに連れてって
僕を素敵な国に連れてって
太陽の下でなら辛いことにも耐えられそうだ

20508aak.jpg

Dans les bars à la tombée du jour
Avec les marins
Quand on parle de filles et d'amour
Un verre à la main
Je perds la notion des choses
Et soudain ma pensée
M'enlève et me dépose
Un merveilleux été
Sur la grève
Où je vois tendant les bras
L'amour qui comme un fou
Court au devant de moi
Et je me pends au cou
De mon rêve
Quand les bars ferment, que les marins
Rejoignent leur bord
Moi je rêve encore jusqu'au matin
Debout sur le port

宵闇せまる酒場で
グラスを片手に
船乗りたちと
女や恋の事を話せば
何も考えられなくなって
僕の思いは飛んで行き
瞬く間に目くるめく夏の
浜辺へとたどり着くのだった
そこで僕は腕を差し伸べるけれど
狂おしい恋は僕の前を素通りするかのようで
僕は自分の夢にすがりつく
酒場が閉まり
船乗りたちは船に戻るけれど
僕はまだ夢から覚めやらず
明け方まで港に立ちつくす

Emmenez-moi au bout de la terre
Emmenez-moi au pays des merveilles
Il me semble que la misère
Serait moins pénible au soleil

僕を地の果てに連れてって
僕を素敵な国に連れてって
太陽の下でなら辛いことにも耐えられそうだ

20508de.jpg

Un beau jour sur un rafiot craquant
De la coque au pont
Pour partir je travaillerais dans
La soute à charbon
Prenant la route qui mène
A mes rêves d'enfant
Sur des îles lointaines
Où rien n'est important
Que de vivre
Où les filles alanguies
Vous ravissent le coeur
En tressant m'a t'on dit
De ces colliers de fleurs
Qui enivrent
Je fuirais laissant là mon passé
Sans aucun remords
Sans bagage et le coeur libéré
En chantant très fort

誰しもの心を奪うような
物憂げな娘たちが
心酔わせる花の首飾りを編んでいて
ただ生きているだけで満ち足りる
子供の頃からの夢の
はるかな遠い島への旅路へと
いつの日か船出をするために
船体の甲板がきしんでいる
ぼろ船に乗って
石炭の船倉で僕は働こう
過去を捨てここを去るのだ
悔いることなんかありはしない
身軽に自由気ままに
大きな声で歌いながら

Emmenez-moi au bout de la terre
Emmenez-moi au pays des merveilles
Il me semble que la misère
Serait moins pénible au soleil...

僕を地の果てに連れてって
僕を素敵な国に連れてって
太陽の下でなら辛いことにも耐えられそうだ

20608dj.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



「ろくでなし」 "Le mauvais garçon" と言う日本語のタイトルは「不良少年」とはちょっと違うと思うものの、印象的であり悪くないでしょう。1964年にアダモ Adamo の作詞/作曲によるものです。

20605a.jpg  

Mauvais Garçon  Adamo  ろくでなし  アダモ

20605c.jpg  

Mauvais Garçon  ろくでなし         《宇藤カザン訳》

Ce jour-là, dans ce vieux bistrot
Au bout du monde de mes souvenirs
J'avais bu un peu plus qu'il ne faut
Ça me faisait mal de réfléchir
J'étais rond, j'en avais le droit
Elle me quittait à tout jamais
Depuis, on me montre du doigt
Encore un peu, on me pendait

あの日、この古いビストロで
あんまり良く覚えてないんだけれど
僕はちょっとに飲みすぎてしまった
思い返すと辛い気持ちになったんだ
僕は酔いつぶれてしまったけれど
そうなっても仕方がなかったのさ
彼女に完全に振られたんだもの
それからというもの
後ろ指を指されるし
僕はまるでさらし者さ

Le mauvais garçon
Le mauvais garçon
Mon Dieu, quelles façons !
Oh oui, quel polisson !

不良少年
不良少年
ああ、なんてことだ!
そうさ、まったくひどいもんだ!

Ce fameux jour où j'ai osé
M'endimancher un jour de semaine
Les commères se sont demandé
Pourquoi je me donnais cette peine

あの日以来僕は注目の的で
日曜日でもないのに着飾ってめかし込めば
なんで僕がこんな格好をするんだろうと
口さがない女たちのうわさで持ちきりさ

Et quand le soir je suis passé
En tenant Poupée par la main
Les commères se sont alarmées
Comme si j'avais volé leur pain

夕方にカワイコちゃんと
連れ立って通りかかれば
口さがない女たちは
まるで自分のパンを盗まれたみたいに
騒ぎ立てるのさ

Le mauvais garçon
Le mauvais garçon
Mon Dieu, quelles façons !
Oh oui, quel polisson !

不良少年
不良少年
ああ、なんてことだ!
そうさ、まったくひどいもんだ!

Déterrons la langue de guerre
Réunissons le comité
Mettons chauffer toutes les cafetières
Excitons la curiosité

こうなったら口げんかするしかない
仲間でつるんで
片っ端からカフェのマダムを煽り立てて
野次馬根性をかき立ててやろうぜ

Bien que mon quartier soit des plus beaux
Je vais le quitter, je le crains
J'entends plus le chant des oiseaux
Car elles bourdonnent dès le matin

僕の住んでいるところが高級住宅地だろうが
ずらかってやるさ、きっとな
女たちが朝っぱらからやかましいから
鳥の鳴き声も聞こえやしない

Le mauvais garçon
Le mauvais garçon
Mon Dieu, quelles façons !
Oh oui, quel polisson !

Papalapampam...

不良少年
不良少年
ああ、何てことだ!
そうさ、まったくひどいものさ!

パパラパンパン・・・



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



日本では「貴婦人」と呼ばれているようだが、原題は'Drouot" で「競売場」と訳せ、1970年にバルバラ Barbara 自身が作詩し、ロラン・ロマネッリ Roland Romanelli が作曲しました。Drouot とはオークション運営会社の名前で、一般的に競売の事を指すようです。

020603a.jpg

Drouot  Barbara  競売場  バルバラ

020603de.jpg

Drouot  競売場        《宇藤カザン訳》

Dans les paniers d'osier de la salle des ventes
Une gloire déchue des folles années trente
Avait mis aux enchères, parmi quelques brocantes
Un vieux bijou donné par quel amour d'antan

競売場の柳の籠の中で
古物商人の間で競りにかけられていたのは
30年間の狂おしい想いの輝きを失った
往年のある恋に贈られた古い宝石

Elle était là, figée, superbe et déchirante
Ses mains qui se nouaient, se dénouaient tremblantes
Des mains belles encore, déformées, les doigts nus
Comme sont nus, parfois, les arbres en Novembre

彼女はこわばり、凛として
胸を引き裂かれる思いでそこに佇んでいた
腕を組んだり震えながら腕を解いたりしながら
11月の木の枝のように剥き出しのままの
まだ美しいけれど形の崩れた素手で

Comme tous les matins, dans la salle des ventes
Bourdonnait une foule, fiévreuse et impatiente
Ceux qui, pour quelques sous, rachètent pour les vendre
Les trésors fabuleux d'un passé qui n'est plus

競売場では毎朝のように
昂ぶって落ち着きのない人々の声がざわめき
競売品を売るために
はした金で買い取る人々で満ちている
過ぎ去りし日のとてつもない宝石さえも

Dans ce vieux lit cassé, en bois de palissandre
Que d'ombres enlacées, ont rêvé à s'attendre
Les choses ont leurs secrets, les choses ont leurs légendes
Mais les choses nous parlent si nous savons entendre

この古びた紫檀の壊れたベッドには
互いに心待ちに夢想した絡みつく人影があり
品物にはそれそれ秘め事があり
品物はそれぞれいわれがあり
我々が聞くことができるならそれぞれが語りかけるだろう

Le marteau se leva, dans la salle des ventes
Une fois, puis deux fois, alors, dans le silence
Elle cria: "Je prends, je rachète tout ça
Ce que vous vendez là, c'est mon passé à moi"

競売場のハンマーが一度、二度と振り上げられ
そして静まり返る
彼女は叫んだ:私が頂くわ、全て買い戻すわ
売られているものは全て、それは私の過去なのよ

C'était trop tard, déjà, dans la salle des ventes
Le marteau retomba sur sa voix suppliante
Tout se passa si vite, à la salle des ventes
Tout se passa si vite, on ne l’entendit pas

だが既に遅過ぎた
彼女の哀願する声にかぶさるように
競売場のハンマーは打ち下ろされた
競売場では全てが速やかに運ばれ
全てが速やかに運ばれ
彼女の声はかき消された

Près des paniers d'osier, dans la salle des ventes
Une femme pleurait ses folles années trente
Et revoyait soudain défiler son passé
Défiler son passé, défiler son passé

競売場の柳の籠のそばで
婦人は自分の狂おしい30年を想い涙した
突然彼女の過去が現れ
次々に現れては過ぎって行った

Car venait de surgir, du fond de sa mémoire
Du fond de sa mémoire, un visage oublié
Une image chérie, du fond de sa mémoire
Son seul amour de femme, son seul amour de femme

記憶の奥底から突然現れた
忘れていた面影
愛しい人の記憶の奥底の面影
女としてのかけがえのない恋
女としてのかけがえのない恋

Hagarde, elle sortit de la salle des ventes
Froissant quelques billets, dedans ses main tremblantes
Froissant quelques billets, du bout de ses doigts nus
Quelques billets froissés, pour un passé perdu

取り乱して競売場を後にし
震える手つきで紙幣をしわにして
素手で紙幣をしわにして
失われた過去と引き換えに
数枚の紙幣がしわになり

Hagarde, elle sortit de la salle des ventes
Je la vis s'éloigner, courbée et déchirante
De ses amours d'antan, rien ne lui restait plus
Pas même ce souvenir, aujourd'hui disparu...

取り乱して体をかがめ
悲痛な面持ちで競売場を後にし
遠ざかる彼女を私は見た
往年の恋の何物も彼女には残されず
今となっては想い出の品さえも消えた・・・

020603h.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



今日取り上げる「メランコリー」 "Mélancolie" は越路吹雪が歌ったため日本では歌う人が多いものの、フランスでは忘れ去られた曲のようです。1947年に公開された「ジブラルタルの鮫」 "Les Requins de Gibraltar" と言う映画の中でピエール・デュダン Pierre Dudan が歌っていました。

20528a.jpg

Mélancolie  Jacqueline François  メランコリー  ジャクリーヌ・フランソワ

02528hy.jpg

Mélancolie  メランコリー     《宇藤カザン訳》

Mélancolie un jour s'achève
Mélancolie on n'y peut rien
Chaque jour dans la fumée et dans l'alcool, on noie ses rêves
Seul jusqu'au matin...
Et chaque nuit, ça recommence
Pour torturer le cœur trop lourd
Le cafard dans la fumée et dans l'alcool, mène la danse
Jusqu'au jour
Demain, y aura de l'amour et de la lumière
Peut-être bien, ça m'est égal...
Barman jusqu'au matin, remplis mon verre
Je veux rêver que j'ai moins mal

メランコリー 日は暮れて
メランコリー やるせなく
いつだってタバコの煙と酒に溺れ
夢の中に漂いながら
一人夜を明かす・・・
そしてまた夜が来れば同じこと
重く引きずる心に痛みつけられるばかり
タバコの煙と酒まみれの陰気な気分で
夜明けまで踊り明かす
明日になれば愛と希望が訪れるかしら
もしかしたら、でもどうでもいいわ
バーテンダーは私のグラスに朝まで酒を注ぎ続け
痛みが和らぎはしないかと夢見るの

20528fr.jpg

Mélancolie... tu nous enchaînes
Plus fortement qu'un grand amour
Un beau soir dans la fumée et dans l'alcool, on noie ses peines
Pour toujours.

メランコリー・・・お前は私と一緒なの
大きな愛よりも強い絆
酒とタバコの煙の中の夜に
痛みを紛らすの
いつまでも

Mélancolie... tu nous enchaînes
Plus fortement qu'un grand amour
Un beau soir dans la fumée et dans l'alcool, on noie ses peines
Pour toujours.

メランコリー・・・お前は私と一緒なの
大きな愛よりも強い絆
酒とタバコの煙の中の夜に
痛みを紛らすの
いつまでも

02528kcd.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


フロラン・パニィ Florent Pagny の「愛せること」 "Savoir aimer" です。フロラン・パニィは「黒いワシ」と「カルーゾ」を歌っていて、それがとても素晴らしいのですが、彼のオリジナルの曲としては1997年にリリースされたこの「愛せること」が一番のヒット曲でしょう。

20526a.jpg

Savoir aimer  Florent Pagny  愛せること  フロラン・パニィ

20526d.jpg

Savoir aimer  愛せること      《宇藤カザン訳》

Savoir sourire
A une inconnue qui passe
N'en garder aucune trace
Sinon celle du plaisir
Savoir aimer
Sans rien attendre en retour
Ni égard, ni grand amour
Pas même l'espoir d'être aimé

微笑むことができること
通りがかりの見知らぬ人に
喜び以外のものは
何も気付かれずに
愛することができること
見返りを期待しないで
思いやりも大きな愛も望まず
愛される希望さえも抱かずに

Mais savoir donner
Donner sans reprendre
Ne rien faire qu'apprendre
Apprendre à aimer
Aimer sans attendre
Aimer à tout prendre
Apprendre à sourire
Rien que pour le geste
Sans vouloir le reste
Et apprendre à vivre
Et s'en aller

与えることができること
見返りなしで与えること
ただ知るだけで
愛することを知ること
期待せずに愛すること
結局のところ愛すること
微笑むことを知ること
身をもって示す以外になく
それ以外には何も望まず
生きることを知ること
そして死に行くこと

Savoir attendre
Goûter à ce plein bonheur
Qu'on vous donne comme par erreur
Tant on ne l'attendait plus
Se voir y croire
Pour tromper la peur du vide
Ancrée comme autaant de rides
Qui ternissent les miroirs

待つことができること
まるで期待してなかったのに
見当違いに与えられた
あふれるほどの幸せを味わうことができること
鏡を曇らせる
しわと同じように定着した
虚無の恐怖をごまかすために
その幸せを信じている
自分を知ること

Mais savoir donner
Donner sans reprendre
Ne rien faire qu'apprendre
Apprendre à aimer
Aimer sans attendre
Aimer à tout prendre
Apprendre à sourire
Rien que pour le geste
Sans vouloir le reste
Et apprendre à vivre
Et s'en aller

与えることができること
見返りなしで与えること
ただ知るだけで
愛することを知ること
期待せずに愛すること
結局のところ愛すること
微笑むことを知ること
身をもって示す以外になく
それ以外には何も望まず
生きることを知ること
そして死に行くこと

Savoir souffrir
En silence sans murmure
Ni défense ni armure
Souffrir à vouloir mourir
Et se relever
Comme on renaît de ses cendres
Avec tant d'amour à revendre
Qu'on tire un trait sur le passé

苦しむことができること
つぶやきもせず沈黙の中で
防具もなく防御もせず
死にたいほど苦しむこと
そして過去に一線を引いて
有り余るほどの愛で
灰の中から再び甦るように
立ち直ること

Mais savoir donner
Donner sans reprendre
Ne rien faire qu'apprendre
Apprendre à aimer
Aimer sans attendre
Aimer à tout prendre
Apprendre à sourire
Rien que pour le geste
Sans vouloir le reste
Et apprendre à vivre
Et s'en aller

与えることができること
見返りなしで与えること
ただ知るだけで
愛することを知ること
期待せずに愛すること
結局のところ愛すること
微笑むことを知ること
身をもって示す以外になく
それ以外には何も望まず
生きることを知ること
そして死に行くこと

Apprendre à rêver
A rêver pour deux
Rien qu'en fermant les yeux
Et savoir donner
Donner sans rature
Ni demi-mesure
Apprendre à rester
Vouloir jusqu'au bout
Rester malgré tout
Apprendre à aimer
Et s'en aller
Et s'en aller

Et s'en aller

夢見ることを知ること
二人のための夢
ただ目を閉じて
与えることができること
出し惜しみせず
削ったりもせず
留まることを知ること
最後まで望みを捨てないで
何があっても留まること
愛することを知ること
そして死に行くこと
そして死に行くこと

そして死に行くこと

20526f.jpg

この詩は理解するのがとても難しい。apprendere は「学ぶ」という意味と「教える」という意味があるが、ここでは savoir と同じように「知る」と言う意味合いで使われていると思われる。また se voir もほぼ同じでしょう。




clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「私の回転木馬」 "Mon manège à moi" という名で知られていて、ジャケットにも回転木馬、メリーゴーラウンドの写真になっているけれど、元の意味は「調馬」で、馬などを利用して粉を引くことも言うから、「私を調教するのはあなた」みたいな意味合いも含まれていそうです。

エディット・ピアフ Edith Piaf の重要なレパートリーですが、訳はとても難しいですね。

20524a.jpg

Mon manège à moi  Edith Piaf  私の回転木馬  エディtット・ピアフ

Mon manège à moi  Etienne Daho  私の回転木馬  エティエンヌ・ダオ

20524nt.jpg

Mon manège à moi 私の回転木馬    《宇藤カザン訳》

Tu me fais tourner la tête 
Mon manège à moi, c'est toi
Je suis toujours à la fête 
Quand tu me tiens dans tes bras
Je ferais le tour du monde 
ça ne tournerait pas plus que ça
La terre n'est pas assez ronde 
Pour m'étourdir autant que toi...

あなたは私をくらくらさせるわ
私の回転木馬、それはあなたなのよ
あなたの腕に抱かれれば
私はいつだって有頂天
私は世界を一周するわ
でもそれ以上は回らないでしょう
あなたと同じくらいに目を回させるには
地球はあんまり丸くないのよ

Ah! Ce qu'on est bien tous les deux
Quand on est ensemble nous deux
Quelle vie on a tous les deux 
Quand on s'aime comme nous deux
On pourrait changer de planète
Tant que j'ai mon coeur près du tien
J'entends les flons-flons de la fête
Et la terre n'y est pour rien

ああ、二人でいるってなんて幸せなんでしょう
二人が一緒ならば
私たち二人の生活ってなんて素敵なの
私たちのように二人で愛し合っていれば
心と心を寄せ合っていれば
他の惑星にだって行けるわ
お祭りの楽隊の音が聞こえるようだわ
地球には関係ないのよ

Ah oui! Parlons-en de la terre 
Pour qui elle se prend la terre?
Ma parole, y a qu'elle sur terre!!
Y a qu'elle pour faire tant de mystères!

ああ、そうね!地球の話に戻しましょう
地球は自分を何様だと思っているのでしょうね?
おやまあ、自分だけが一番だと思っているのね!!
不思議をたくさん起こすのは地球だけなの!

Mais pour nous y a pas d'problèmes
Car c'est pour la vie qu'on s'aime
Et si y avait pas de vie, même, 
Nous on s'aimerait quand même

だけれど私たちには
何の問題もないわ
だって一生愛し合うのだもの
たとえ命がなかったとしても
きっと同じように愛し合ったでしょうね

20524gg.jpg

Car...
Tu me fais tourner la tête 
Mon manège à moi, c'est toi…
Je suis toujours à la fête 
Quand tu me tiens dans tes bras
Je ferais le tour du monde 
ça ne tournerait pas plus que ça
La terre n'est pas assez ronde 
Pour m'étourdir autant que toi...

だから・・・
あなたは私をくらくらさせるわ
私の回転木馬、それはあなたなのよ・・・
あなたの腕に抱かれれば
私はいつだって有頂天
私は世界を一周をするわ
でもそれ以上は回らなでしょう
あなたと同じくらいに目を回させるには
地球はあんまり丸くないのよ・・・

Je ferais le tour du monde
Ça ne tournerait pas plus que ça
La terre n'est pas assez ronde...
Mon manège à moi, c'est toi!

私は世界を一周するわ
でもそれ以上は回らなでしょう
地球はあんまり丸くないのよ・・・
私の回転木馬、それはあなたなのよ

20524def.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



バルバラ Barbara の「いつ帰ってくるの?」 "Dis quand reviendras-tu?" は1964年のアルバムです。

20521a.jpg

Dis quand reviendras-tu?  Barbara  いつ帰ってくるの?  バルバラ

Dis quand reviendras-tu?  いつ帰ってくるの?     《宇藤カザン訳》

Voilà combien de jours, voilà combien de nuits,
Voilà combien de temps que tu es reparti,
Tu m'as dit cette fois, c'est le dernier voyage,
Pour nos cœurs déchirés, c'est le dernier naufrage,
Au printemps, tu verras, je serai de retour,
Le printemps, c'est joli pour se parler d'amour,
Nous irons voir ensemble les jardins refleuris,
Et déambulerons dans les rues de Paris,

どれだけの日が過ぎて、どれだけの夜が過ぎて
あなたが去ってどれだけの時が経つのか
今回が最後の航海だとあなたは言ったわ
傷ついた私たちの心の最後の難船
春にはあなたは戻って来て
私はあなたを待ち
春は愛を語り合う美しい良い季節
一緒に花の咲き乱れる庭園に行き
パリの街を散歩しようと

Dis, quand reviendras-tu,
Dis, au moins le sais-tu,
Que tout le temps qui passe,
Ne se rattrape guère,
Que tout le temps perdu,
Ne se rattrape plus,

ねえ、いつ帰ってくるの
過ぎ去った時間はほとんど取り戻せない
ということぐらいお分かりでしょう
失った時間も取り戻すことは出来ないのよ

Le printemps s'est enfui depuis longtemps déjà,
Craquent les feuilles mortes, brûlent les feux de bois,
A voir Paris si beau dans cette fin d'automne,
Soudain je m'alanguis, je rêve, je frissonne,
Je tangue, je chavire, et comme la rengaine,
Je vais, je viens, je vire, je me tourne, je me traîne,
Ton image me hante, je te parle tout bas,
Et j'ai le mal d'amour, et j'ai le mal de toi,

春はとうに過ぎ去り
枯葉がかさかさと音を立て、薪が燃え
秋の終わりの美しいパリを見るにつけ
突然私は物憂く、夢見心地で、震え、
体が揺れ、崩れ、決まり文句のように
行きつ戻りつ、方向を変えては戻り、地面を這い
あなたの面影が私に付き纏い、あなたに囁くの
私は恋に苦しみ、あなたが恋しいの

Dis, quand reviendras-tu,
Dis, au moins le sais-tu,
Que tout le temps qui passe,
Ne se rattrape guère,
Que tout le temps perdu,
Ne se rattrape plus,

ねえ、いつ帰ってくるの
過ぎ去った時間はほとんど取り戻せない
ということぐらいお分かりでしょう
失った時間も取り戻すことは出来ないのよ

J'ai beau t'aimer encore, j'ai beau t'aimer toujours,
J'ai beau n'aimer que toi, j'ai beau t'aimer d'amour,
Si tu ne comprends pas qu'il te faut revenir,
Je ferai de nous deux mes plus beaux souvenirs,
Je reprendrai la route, le monde m'émerveille,
J'irai me réchauffer à un autre soleil,
Je ne suis pas de celles qui meurent de chagrin,
Je n'ai pas la vertu des femmes de marins,

たとえあなたを愛していても、いつまでも愛していても
あなただけを愛していても、あなたを愛しく愛していても
あなたに帰る気がないのなら
私たち二人のことは私の美しすぎる想い出としましょう
私が歩み始めれば、新しい世界に感嘆することでしょう
別の太陽で体を暖めに行くわ
私は悲しみで死んだりはしないの
私は船乗りの妻の貞節なんて持っていないわ

Dis, quand reviendras-tu,
Dis, au moins le sais-tu,
Que tout le temps qui passe,
Ne se rattrape guère,
Que tout le temps perdu,
Ne se rattrape plus...

ねえ、いつ帰ってくるの
過ぎ去った時間はほとんど取り戻せない
ということぐらいお分かりでしょう
失った時間も取り戻すことは出来ないのよ



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


今回はラテンのリズムを感じさせる「ある恋の物語」。それもそのはず、元は1950年代に作られたスペイン語の曲です。グロリア・ラッソでどうぞ。

20519a.jpg

Histoire d'un amour  Gloria Lasso  ある恋の物語  グロリア・ラッソ

Histoire d'un amour  ある恋の物語       《宇藤カザン訳》

Mon histoire
C'est l'histoire d'un amour
Ma complainte
C'est la plainte de deux coeurs
Un roman comme tant d'autres
Qui pourrait être le vôtre
Gens d'ici ou bien d'ailleurs

私の物語は
ある恋の物語
私の哀歌は
他の幾多の物語と同じように
あなたにもそこかしこの人々にも起こり得る
二人の心の嘆き

C'est la flamme
Qui enflamme sans brûler
C'est le rêve
Que l'on rêve sans dormir
Un grand arbre qui se dresse
Plein de forces et de tendresse
Vers le jour qui va venir

それは燃えることなく
燃え上がる炎
それは白日夢であり
凛と立つ巨木のように
力と優しさに満ちて
明日に向かう

C'est l'histoire d'un amour éternel et banal
Qui apporte chaque jour tout le bien tout le mal
Avec la roue l'on s'enlace
Celle où l'on se dit adieu
Avec les soirées d'angoisse
Et les matins merveilleux

それはある恋の物語
いつの時代にも変わらなくどこにでもあり
恋は毎日のように
良いことも悪いことをももたらす
共に抱き合う時にも
永遠の別れを告げる時にも
不安の夜にも
素敵な朝にも

Mon histoire
C'est l'histoire qu'on connaît
Ceux qui s'aiment
Jouent la même, je le sais
Mais naïve ou bien profonde
C'est la seule chanson du monde
Qui ne finira jamais

私の恋の物語も
月並みなもので
他の恋人たちも私と同じように愛し合う
それでも穢れなく奥深く
それは永遠に終わることのない
世界でたった一つの歌

C'est l'histoire d'un amour
Eternel et banal
Qui apporte chaque jour
Tout le bien tout le mal
Avec l'heure où l'on s'enlace
Celle où l'on se dit adieu
Avec les soirees d'angoisse
Et les matins merveilleux

それはある恋の物語
いつの時代にも変わらなくどこにでもあり
恋は毎日のように
良いことも悪いことをももたらす
共に抱き合う時にも
永遠の別れを告げる時にも
不安の夜にも
素敵な朝にも

Mon histoire
C'est l'histoire qu'on connaît
Ceux qui s'aiment
Jouent la même, je le sais
Mais naïve ou bien profonde
C'est la seule chanson du monde
Qui ne finira jamais.
Qui ne finira jamais, jamais, jamais.

私の恋の物語も
月並みなもので
他の恋人たちも私と同じように愛し合う
それでも穢れなく奥深く
それは永遠に終わることのない
世界でたった一つの歌
決して、決して、決して終わることのない

20519d.jpg

この曲はどうもスペイン語で歌う方が感じが出るような気がする。

20519b.jpg

Historia de un amor  Laura Fygi  ある恋の物語  ローラ・フィジィ

Historia de un amor  ある恋の物語     《宇藤カザン訳》

Ya no estas mas a mi lado, corazón
En el alma sólo tengo soledad
Y si ya no puedo verte
porque Dios me hizo quererte
para hacerme sufrir más

あなたの心はもう私のそばになく
あなたと会えなければ
私の魂は孤独になるばかり
神は私をもっと苦しませるために
あなたを愛するように仕向けた

Siempre fuiste la razón de mi existir
Adorarte para mí fue religion
Y en tus besos yo encontraba
El calor que me brindaban
El amor y la pasión

あなたこそが私の生きがいだった
熱愛することこそが私の信仰だった
あなたの口づけによって
愛と情熱の熱い思いが私にこみ上げてきた

Es la historia de un amor
Como no hay otro igual
Que me hizo comprender
Todo el bien, todo el mal
Que le dió luz a mi vida
Apagándola después
Ay, qué vida tan oscura
Sin tu amor no viviré

それは何にも似ていない恋の物語
たくさんの素敵なことも
たくさんの悪いことも私に教えてくれた
それによって私は生きることが出来た
そして愛が消えれば
人生はなんと暗いもの
あなたなしには生きられない

Siempre fuiste la razón de mi existir
Adorarte para mi fue religión
Y en tus besos yo encontraba
El calor que me brindaban
El amor y la pasión

あなたこそが私の生きがいだった
熱愛することこそが私の信仰だった
あなたの口づけによって
愛と情熱の熱い思いが私にこみ上げてきた

Es la historia de un amor
Como no hay otro igual
Que me hizo comprender
Todo el bien, todo el mal
Que le dió luz a mi vida
Apagándola después
Ay, qué vida tan oscura
Sin tu amor no viviré

それは何にも似ていない恋の物語
たくさんの素敵なことも
たくさんの悪いことも私に教えてくれた
それによって私は生きることが出来た
そして愛が消えれば
人生はなんと暗いもの
あなたなしには生きられない

Siempre fuiste la razón de mi existir
Adorarte para mi fue religión
Y en tus besos yo encontraba
El calor que me brindaban
El amor y la pasión
Y en tus besos yo encontraba
El calor que me brindaban
El amor y la pasión

あなたこそが私の生きがいだった
熱愛することこそが私の信仰だった
あなたの口づけによって
愛と情熱の熱い思いが
私にこみ上げてきた
あなたの口づけによって
愛と情熱の熱い思いが
私にこみ上げてきた



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。