2012 / 05
≪ 2012 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2012 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュシエンヌ・ドリール Lucienne Delyle の歌う「私の天使」 "Un ange comme ça" です。

20531a.jpg

Un ange comme ça  Lucienne Delyle   私の天使 リュシエンヌ ドリール

Un ange comme ça  私の天使    《宇藤カザン訳》

C'est du tonnerre de posséder un ange comme ça
C'est du tonnerre de pouvoir dire qu'il est à moi
Ses yeux rieurs, son teint bronzé
Son rire joyeux, son grain de beauté
Ils sont à moi, ils sont ma joie, j'en suis cinglée
C'est pas du vent, c'est du réel et croyez-moi
Apollon même auprès de lui n'existe pas
Imaginez un demi dieu
Que je suis seule à rendre heureux
C'est du tonnerre de posséder un ange comme ça

こんな天使を持っているってすごいことでしょう
あの人が私のものだって言えるのは素晴らしいことだわ
あの人のにこやかな目、あの人の日焼けした顔
あの人の楽しげな微笑、あの人のほくろ
みんな私のものよ、私の喜びなの、参ってしまったの
嘘ではないわ、本当の事なの、分かってね
アポロンでさえあの人のそばでは影が薄いわ
私だけが幸せにしてあげられる
半分神様みたいな存在だと思ってみて
こんな天使を持っているってすごいことでしょう

S'il est modeste et ne se croit pas un beau garçon
On ne peut pas dire que je l'ai choisi pour ses millions
Il est fauché comme un champ de blé à la moisson
Mais je m'en fou, j'ai de l'amour plein la maison
Mais puisqu'il m'aime, puisque je l'aime, puisqu'il est là
Pourquoi chercher et des raisons et des pourquoi
Je suis heureuse, j'ai pas de soucis
Je l'suis au bal tous les samedis
C'est du tonnerre de posséder un ange comme ça

もしあの人が平凡で美男子だとは思えなくても
私が彼を財産目当てで選んだとはだれも思わないでしょうね
彼は一文なしなのよ
でもそんなことどうでもいいわ
私の家は愛であふれているの
だって彼は私を愛して、私は彼を愛して、あの人はここにいるのだから
どうしてその理由を探す必要があるのかしら
私は幸せだし、心配なことはないの
土曜日にはいつも彼について踊りに行くわ
こんな天使を持っているってすごいことでしょう

C'est du tonnerre de posséder un ange comme ça
J'ai dit un ange mais sincèrement c'est plus que ça
Je suis violente et ça me désole
Je casserais tout, me perds la boussole
Quand on le regarde, quand il s'attarde
Je deviens folle
Mais dans ses bras je me blottis comme un bambin
Il me sourit et dans ses yeux y a du chagrin
Je suis un démon, lui c'est un ange
Et c'est pour ça que tout s'arrange
C'est du tonnerre de posséder un ange comme ça

こんな天使を持っているってすごいことでしょう
天使とは言ったけれど本当にそれ以上なの
私は気性が激しくそれが私を当惑させるの
全てをぶち壊し、取り乱してしまう
誰かが彼を見つめて、あの人がかかずらっていると
私気が狂ってってしまうの
それでもあの人の腕に抱かれれば
子供のように身をすり寄せてしまう
あの人は私に微笑みながらも悲しそうな目になるの
私って悪魔なの、そしてあの人は天使
こんな私たち二人だから上手く行くの
こんな天使を持っているってすごいことでしょう


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

スポンサーサイト

アダモ Adamo の歌う「インシャラー」 "Inch´Allah" は1966年にイスラエル訪れた折に書かれた曲で、反戦歌として有名です。象徴的な言葉が多く挿入されていて訳しにくいが、紛争のために罪のない人が犠牲になったことを悼む内容で 「インシャラー」とは「神の思し召すままに」と言う意味です。

20530a.jpg

Inch´Allah  Adamo  インシャラー  アダモ

20530k.jpg

Inch´Allah  インシャラー          《宇藤カザン訳》  

J´ai vu l´orient dans son écrin
Avec la lune pour bannière
Et je comptais en un quatrain
Chanter au monde sa lumière

月明かりが旗を照らす
宝石のようなオリエントを僕は見た
そして僕はその輝きを四行詩にして
世界に向かって歌おうと思った

Mais quand j´ai vu Jérusalem
Coquelicot sur un rocher
J´ai entendu un requiem
Quand sur lui je me suis penché

けれどもエルサレムで
岩の上のひなげしを見て
その上に身をかがめた時
レクイエムが聴こえた

Ne vois-tu pas humble chapelle
Toi qui murmures : "Paix sur la terre"
Que les oiseaux cachent de leurs ailes
Ces lettres de feu : "Danger frontière"?

「地上に平和を」とつぶやく
みすぼらしい礼拝堂よ
お前は鳥たちがその翼で隠している
「危険地帯」の火色の文字が
見えないのか

Le chemin mène à la fontaine
Tu voudrais bien remplir ton seau
Arrête-toi Marie-Madeleine
Pour eux ton corps ne vaut pas l´eau

Inch´Allah Inch´Allah Inch´Allah Inch´Allah

その道は泉に通じ
あなたは手桶に水を満たしたいと思うだろうが
マリー・マドレーヌよ、お止めなさい
奴らにとって君の命は水ほどの価値もないのだよ

インシャラー、インシャラー、インシャラー、インシャラー

20530hr.jpg

Et l´olivier pleure son ombre
Sa tendre épouse son amie
Qui repose sur les décombres
Prisonnière en terre ennemie

そしてオリーヴの木は
敵地の囚われ人として
瓦礫の下に眠る
愛しい妻や友に
泣くがごとくその影をなげかける

Sur une épine de barbelés
Le papillon guette la rose
Les gens sont si écervelés
Qu´ils me répudieront si j´ose

鉄条網の棘の上で
蝶がバラを見つめ
思慮のない人々は
この僕を
思うようにはさせてくれないだろう

Dieu de l´enfer ou Dieu du ciel
Toi qui te trouves où bon te semble
Sur cette terre d´Israël
Il y a des enfants qui tremblent

Inch´Allah Inch´Allah Inch´Allah Inch´Allah

地獄の神も天国の神も
心地良さ気な場所に住み着いているが
このイスラエルの地では
子供が震えているのだ

インシャラー、インシャラー、インシャラー、インシャラー

20530g.jpg

Les femmes tombent sous l´orage
Demain le sang sera lavé
La route est faite de courage
Une femme pour un pavé

女たちは嵐の下に倒れ
明日になれば血は洗われるだろう
この道の一つの敷石につき
一人の女の勇気がかかっているのだ

Mais oui j´ai vu Jérusalem
Coquelicot sur un rocher
J´entends toujours ce requiem
Lorsque sur lui je suis penché

確かに僕はエルサレムを見たのだ
岩の上のひなげしに
身をかがめれば
いつでもこのレクイエムが聴こえてくる

Requiem pour six millions d´âmes
Qui n´ont pas leur mausolée de marbre
Et qui malgré le sable infâme
On fait pousser six millions d´arbres

Inch´Allah Inch´Allah Inch´Allah Inch´Allah

大理石の霊廟を持たない
600万人の魂のレクイエムは
この忌まわしい砂地にさえ
600万本の木を芽生えさせた

インシャラー、インシャラー、インシャラー、インシャラー

20530.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



1968年に作られた 「想い出のマリッツァ」(マリヅァ河) "La Maritza" はシルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan の故郷、ブルガリアを流れる河です。

20518a.jpg

La Maritza  Sylvie Vartan  想い出のマリッツァ  シルヴィー・ヴァルタン

La Maritza  Sylvie Vartan  想い出のマリッツァ  シルヴィー・ヴァルタン  Live

20518fkr.jpg

La Maritza  想い出のマリッツァ      《宇藤カザン訳》

La Maritza c'est ma rivière
Comme la Seine est la tienne
Mais il n'y a que mon père
Maintenant qui s'en souvienne
Quelquefois

マリヅァは私の河
セーヌがあなたの河であるように
でも時々思い出すのは
今では私の父しかいない

De mes dix premières années
Il ne me reste plus rien
Pas la plus pauvre poupée
Plus rien qu'un petit refrain
D'autrefois :
La la la la...

私の10歳までのものは何も残っていない
もっともみすぼらしい人形さえも
昔の歌のほんの一部だけしか
ララララ・・・

20518yy.jpg

Tous les oiseaux de ma rivière
Nous chantaient la liberté
Moi je ne comprenais guère
Mais mon père, lui, savait
Ecouter

河岸の鳥たちは
私たちに自由を歌った
私はほとんど理解できなかったけれど
父は聴いて理解することが出来た

Quand l'horizon s'est fait trop noir
Tous les oiseaux sont partis
Sur les chemins de l'espoir
Et nous on les a suivis,
A Paris

地平線が暗闇に染まる頃
鳥たちはみな希望の道へと飛び去り
私たちは鳥を追ってパリへと戻る

De mes dix premières années
Il ne reste plus rien... rien
私の10歳までは
もう何も残っていない・・・何も

Et pourtant les yeux fermés
Moi j'entends mon père chanter
Ce refrain :
La la la la

でも目を閉じれば
父が歌っているのが聴こえてくる
この歌を
ララララ

20518rrt.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

1973年にヒットしたミッシェル・サルドゥー Michel Sardou の 「恋の病」 "La maladie d'amour" です。

20517a.jpg

La maladie d'amour  Michel Sardou  恋の病  ミッシェル・サルドゥー  

La maladie d'amour  Michel Sardou  恋の病  ミッシェル・サルドゥー  Live

20517fr.jpg

La maladie d'amour  恋の病    《宇藤カザン訳》

Elle court, elle court, la maladie d'amour,
Dans le cœur des enfants de 7 à 77 ans.
Elle chante, elle chante, la rivière insolente
Qui unit dans son lit
Les cheveux blonds, les cheveux gris.

恋の病は
7歳の子供から77歳までの
心の中に流れ込む
恋の病は歌い、歌い、奔放な流れとなって
二人をベッドで結びつける
ブロンドの髪の人も、灰色の髪の人も

Elle fait chanter les hommes et s'agrandir le monde.
Elle fait parfois souffrir tout le long d'une vie.
Elle fait pleurer les femmes, elle fait crier dans l'ombre
Mais le plus douloureux, c'est quand on en guérit.

恋の病は男たちを歌わせ世界を広げる
恋の病は往々にして生涯に渡って苦しめる
恋の病は女を泣かせ、物陰で泣き叫ばせる
けれど最も辛いのは、病が癒える時

Elle court, elle court, la maladie d'amour,
Dans le cœur des enfants de 7 à 77 ans.
Elle chante, elle chante, la rivière insolente
Qui unit dans son lit
Les cheveux blonds, les cheveux gris.

恋の病は
7歳の子供から77歳までの
心の中に流れ込む
恋の病は歌い、歌い、奔放な流れとなって
二人をベッドで結びつける
ブロンドの髪の人も、灰色の髪の人も

Elle surprend l'écolière sur le banc d'une classe
Par le charme innocent d'un professeur d'anglais.
Elle foudroie dans la rue cet inconnu qui passe
Et qui n'oubliera plus ce parfum qui volait.

英語教師の純情な魅力は
恋の病となって教室に座る女生徒の心を捉え
恋の病は行きずりの見知らぬ人を突然襲う
忘れ得ぬ香りを残して

Elle court, elle court, la maladie d'amour,
Dans le cœur des enfants de 7 à 77 ans.
Elle chante, elle chante, la rivière insolente
Qui unit dans son lit
Les cheveux blonds, les cheveux gris.

恋の病は
7歳の子供から77歳までの
心の中に流れ込む
恋の病は歌い、歌い、奔放な流れとなって
二人をベッドで結びつける
ブロンドの髪の人も、灰色の髪の人も

Elle court, elle court, la maladie d'amour,
Dans le cœur des enfants de 7 à 77 ans.
Elle chante, elle chante, la rivière insolente
Qui unit dans son lit
Les cheveux blonds, les cheveux gris.

恋の病は
7歳の子供から77歳までの
心の中に流れ込む
恋の病は歌い、歌い、奔放な流れとなって
二人をベッドで結びつける
ブロンドの髪の人も、灰色の髪の人も

20517fgt.jpg

恋の病を水の流れに例え、子供から老人まで、どんな場所でも患うという内容だが、多くの意味を持つ言葉を二重の意味に掛けているので日本語にしにくい。
フランス人の髪の色は栗毛色で、大人の金髪は染めている。しかし子供の頃はブロンドに近い明るい色なのでこのブロンドは子供の髪色を指し、灰色の髪は年寄りの白髪を指すでしょう。
Mais le plus douloureux, c'est quand on en guérit. の部分も「癒される時が一番辛い」という意味なのだが、「恋が癒される=恋をしなくなる」ということで「恋をしなくなると言うことは悲しいこと」だと言っていると思われる。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「パリは不思議」 "Parigi a volte cosa fa" は「愛の流れの中に」と言う邦題でも知られているカンツォーネで、1973年にジルダ・ジュリアーニ Gilda Giuliani が世界歌謡祭でグランプリを取った曲です。

幻想的な部分もあるので訳が難しく、間違いがあるかもしれません。イタリア語がお分かりの方のご指摘をお待ちしています。

20105ag.jpg

Parigi a volte cosa fa  Gilda Giuliani  パリは不思議 ジルダ・ジュリアーニ  1974  

20522akr.jpg

Parigi a volte cosa fa  パリは不思議     《宇藤カザン訳》

Si, mi vien da ridere
a pensare che ero là
seduta su un gradino
dell' Arco di Trionfo con lui
riflettori su una bandiera
che respira i sospiri del vento
i fantasmi di tante soldati
che marciavano verso che sa
Napoleone, DebGaulle, una storia
tanti anni intristiti de gloria
Ed io invece su quel gradino
a parlare d' amore con lui.

そうね、凱旋門の階段に彼と座っていたのを
思い出すと笑ってしまうわ
たくさんのライトが旗に当たり
ため息をつくように風がそよぎ
幾多の兵士の亡霊が
ナポレオンやドゴールの
長い年月の栄光と悲しみの歴史を
示すように行進する
でも私は彼と愛を語りながら
階段を上って行くの

Ah! Parigi a volte cosa fa
Ti prende il cuore e se ne va
e poi indietro non lo da
Ah, Ah, Ah... Parigi a volte cosa fa
C' è posto illogico ed è la
che vai a dir la verità
ed amare.
Si, mi vien da piangere
a pensare che son qua
davanti ad un mare azurro
senza lui, senza lui

ああ、時々思うの、パリの魅力って
パリは私の心を捉えて離さず、返そうとしない
ああ、ああ、ああ・・・パリの魅力って
不思議なの
真実と愛を語りたくなる場所なのよね
そう、パリで泣きたくなる時もあるの
青い海を目の前にして
ここに彼がいなくて、彼がいなくて

Non me serve neanche la luna
tanto intorno emozione nessuna
i fantasmi di tanti ricordi
due violini che suonano Bach
Quel momento che tu sei scomparso
un momento e morivo di già
poi quegli occhi il sorriso di sempre
ritornavi abbracciato com me.

私には月明かりが無くてもいいの
たくさんの想い出の亡霊に囲まれた感情の数々
二つのヴァイオリンがバッハを奏で
あなたが去ればひと時は死ぬ思いだけれど
パリはいつも微笑みの目で私を抱きしめるわ

20522df.jpg

Ah... Parigi a volte cosa fa
Che bene e male che ti da
se l' hai vissuta e non sei là.
Ah, Ah, Ah... Parigi a volte cosa fa
ti prende il cuore e se ne va
e poi indietro non lo da
Questa è Parigi.
Ah, Ah, Ah... Parigi a volte cosa fa
ti prende il cuore e se ne va
E poi indietro non lo da
Questa è Parigi.

ああ・・・時々思うの、パリの魅力って
あなたが私にしてくれた素敵なこと辛いこと
パリで暮して、そこを離れるなんて
ああ、ああ、ああ・・・時々思うの、パリの魅力って
パリは私の心を捉えて離さず、返そうとしない
それがパリなの
ああ、ああ、ああ・・・時々思うの、パリの魅力って
パリは私の心を捉えて離さず、返そうとしない
それがパリなの

Ah, Ah, Ah... Parigi a volte cosa fa
ti prende il cuore e se ne va
E poi indietro non lo da
Questa è Parigi,
Questa è Parigi.

ああ、ああ、ああ・・・時々思うの、パリの魅力って
パリは私の心を捉えて離さず、返そうとしない
それがパリなの
それがパリなの

20522je.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ジャック・ブレル Jacques Brel は大好きな歌手で、今まで歌ったのは「行かないで」「愛しかない時」「懐かしき恋人の歌」「アムステルダム」で「雨のブリュッセル」も含めればレパートリーの中では一番多いかな?
次はこの「千拍子のワルツ」 "La valse à mille temps" 次いで「平野の国」「涙」と言う順に歌っていこうと考えているけれど、8月5日のラピーヌのシャンソニエでカザンは「千拍子のワルツ」を歌う予定なので聴きに来てね♪

ところで6月3日の新大久保の「シャンソン未来」でのラピーヌの例会ではカザンは「アムステルダム」を歌います。この曲も最後は速くなるけれど、「千拍子のワルツ」はもっと早いので口が回るかな?

最近カザンはケーキ作りをしていて3日は特製のチョコレートケーキを作って持って行くつもり。ライ・ブレッドも焼いていくかも・・・チーズもワインも持って行くかも・・・歌はともかく、シャンソンの楽しいおしゃべりをしに遊びに来てください。聴衆がいると張り合いが出ますからね。地図は上にありますよ。大久保駅、または新大久保駅から徒歩3分です。歌いたい方もどうぞまだ2名だけエントリーできますよ。歌いたい方はコメントかメールで連絡してください。イタリア語、スペイン語などでも構いません。

20523a.jpg

La valse à mille temps  Jacques Brel  千拍子のワルツ ジャック・ブレル Paroles

La valse à mille temps  Jacques Brel  千拍子のワルツ ジャック・ブレル 1961 Live

20522k.jpg

La valse à mille temps  千拍子のワルツ      《宇藤カザン訳》  

Au premier temps de la valse
Toute seule tu souris déjà
Au premier temps de la valse
Je suis seul, mais je t´aperçois
Et Paris qui bat la mesure
Paris qui mesure notre émoi
Et Paris qui bat la mesure
Me murmure murmure tout bas

ワルツの最初の一拍で
君はひとりでに微笑んでしまう
ワルツの最初の一拍で
僕は一人だけれど
君に気がついた
そしてパリも拍子を取り
パリは僕たちのときめきを
察して拍子を取り
パリは小声で
僕にささやく、ささやく

{Refrain}

Une valse à trois temps
Qui s´offre encore le temps
Qui s´offre encore le temps
De s´offrir des détours
Du côté de l´amour
Comme c´est charmant
Une valse à quatre temps
C´est beaucoup moins dansant
C´est beaucoup moins dansant
Mais tout aussi charmant
Qu´une valse à trois temps
Une valse à quatre temps

3拍子のワルツは
まだ余裕がある
まだ余裕がある
恋の方に回り道をする余裕がある
それってなんて素敵なんだろう
4拍子のワルツは
ちょっと踊りにくい
ちょっと踊りにくい
でもなかなか魅力的
3拍子のワルツと同じように
4拍子のワルツも

Une valse à vingt ans
C´est beaucoup plus troublant
C´est beaucoup plus troublant
Mais beaucoup plus charmant
Qu´une valse à trois temps
Une valse à vingt ans
Une valse à cent temps
Une valse à cent ans
Une valse ça s´entend
A chaque carrefour
Dans Paris que l´amour
Rafraîchit au printemps

20拍子のワルツは
とってもややこしい
とってもややこしい
でも3拍子のワルツより
ずっと魅力的
二十歳のワルツ
百拍子のワルツ
100歳のワルツ
パリのどの街角でも
ワルツが聞こえる
春には恋が甦る

Une valse à mille temps
Une valse à mille temps
Une valse a mis l´temps
De patienter vingt ans
Pour que tu aies vingt ans
Et pour que j´aie vingt ans
Une valse à mille temps
Une valse à mille temps
Une valse à mille temps
Offre seule aux amants
Trois cent trente-trois fois l´temps
De bâtir un roman

千拍子のワルツ
千拍子のワルツ
二十年間じっと待つための
時間がかかるワルツ
君が二十歳になるまでの
僕が二十歳になるまでの
千拍子のワルツ
千拍子のワルツ
千拍子のワルツだけが
恋人たちに
330回の恋物語を
作り上げる機会を与える

Au deuxième temps de la valse
On est deux, tu es dans mes bras
Au deuxième temps de la valse
Nous comptons tous les deux : une deux trois
Et Paris qui bat la mesure
Paris qui mesure notre émoi
Et Paris qui bat la mesure
Nous fredonne, fredonne déjà

ワルツの2拍目で
二人一緒に、君は僕の腕の中に
ワルツの2拍目で
二人で数えよう、1 2 3
そしてパリも拍子を取り
パリは僕たちのときめきを
察して拍子を取り
僕たちに口ずさむ、もう口ずさんでいる

{au Refrain}

Au troisième temps de la valse
Nous valsons enfin tous les trois
Au troisième temps de la valse
Il y a toi, y a l´amour et y a moi
Et Paris qui bat la mesure
Paris qui mesure notre émoi
Et Paris qui bat la mesure
Laisse enfin éclater sa joie.

{au Refrain}
Lalala la lalala

ワルツの3拍目に
とうとう3人一緒に踊ることになる
ワルツの3拍目に
君と、恋と、僕が居る
パリは僕たちのときめきを
察して拍子を取り
とうとう歓声をはじけさせる

ラララ ラ ラララ

20523c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ミレイユ・マチュー Mireille Mathieu の「別れの詩」 "Un dernier mot d'amour" です。元はブラジルのロベルト・カルロスが作曲した曲です。とてもきれいな旋律で歌いたくなります。

20516a.jpg

Un dernier mot d'amour  Mireille Mathieu  別れの詩  ミレイユ・マチュー

20516gd.jpg

Un dernier mot d'amour  別れの詩    《宇藤カザン訳》

Je t'écris peut-être
Bien plus qu'une lettre
C'est comme un message
Après un naufrage
Dans le grand silence
J'appelle au secours
Voici que je lance
Un dernier mot d'amour

手紙以上に大切なものを
あなたに書くでしょう
それは破滅の後の
深い沈黙の中で
救いを求める伝言のようなもの
これが私が投げかける
最後の愛の言葉

Toi l'enfant terrible
Le rêve impossible
Ma raison de vivre
Ma folie d'aimer
Toi par qui j'existe
Toi le seul artiste
Qui ait fait danser
Mon coeur de Pierrot triste

手に負えない子供のあなた
不可能な夢
私の生きる理由
私の熱愛
あなたがいるからこそ私は生きる
私の悲しいピエロの心を
踊らせることができた
たった一人の芸術家のあなた

Tu riras peut-être
En lisant ma lettre
Ce cri de détresse
Qu'écrit ma tendresse
Je m'en fous je t'aime
C'est bien assez pour
T'envoyer quand même
Un dernier mot d'amour

あなたは
愛情を込めて書いた
この苦しみの叫びの手紙を読んで
きっと笑うでしょう
それはどうでもいいこと
私はあなたを愛しているから
それだけで最後の愛の詩を
あなたに届ける意味があるの

Toi l'impénétrable
Toi l'irremplaçable
Plus beau que le diable
Plus lointain que Dieu
Toi par qui je saigne
Toi sans qui s'éteignent
La joie dans mes yeux
Et le feu dans mes veines

理解しがたいあなた
かけがえのないあなた
悪魔よりも美しく
神よりも遠い存在
あなたゆえに私は血を流す
あなたなしでは
喜びの瞳も
熱い血潮も
消え入るばかり

Tu riras peut-être
En lisant ma lettre
Ce cri de détresse
Qu'écrit ma tendresse
Je m'en fous je t'aime
C'est bien assez pour
T'envoyer quand même
Un dernier mot d'amour

あなたは
愛情を込めて書いた
この苦しみの叫びの手紙を読んで
きっと笑うでしょう
それはどうでもいいこと
私はあなたを愛しているから
それだけで最後の愛の詩を
あなたに届ける意味があるの

20516f.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


エディット・ピアフ Edith Piaf の歌う「メア・キュルパ」 "Mea culpa" はキリスト教の戒めとしての七つの大罪をもとに、フランス人好みのパラドクサルな歌詞になっている。

船に火災が発生して船から海に飛び込ます方法で、イギリス人には「紳士はこういう時飛び込むものです」、イタリア人には「さっき美女が飛び込みました」、日本人には「みんなもう飛び込みましたよ」、フランス人には「海に飛び込まないで下さい」と言えば飛び込むと言う。

まああまり関係がないかもしれないがフランス人は人と同じことをするのは嫌いで、逆説を好む傾向はあるでしょう。

メア・キュルパはラテン語で「我が罪」です。ところがこの曲の日本語のタイトルは「夜は恋人」となっています。日本語で歌う場合一体どういう歌詞になっているのか興味深いですね。ここだけのタイトルですが、カザンはメア・キュルパを「罪深き女」としました。

20515a.jpg

Mea Culpa  Edith Piaf  メア・キュルパ  エディtット・ピアフ

20515tt.jpg

Mea culpa  メア・キュルパ      《宇藤カザン訳》

J'ai péché par orgueil
De t'avoir tout à moi
Dans un simple clin d'oeil.
Mea culpa !

私は傲慢ゆえの罪を犯した
あなたを一目見ただけで
あなたを独占したいと
罪深き女!

J'ai péché par envie
De me donner à toi
En te donnant ma vie.
Mea culpa !

わたしは欲望ゆえの罪を犯した
命をかけて
あなたに尽くしたいと
罪深き女!

Et puis par gourmandise,
Illuminée par l'éclat de tes yeux,
J'ai vu ta bouche et je me sentais grise
J'ai bu sans fin à tes lèvres exquises?
... et je buvais du feu !

そして貪欲ゆえの罪
あなたの目の輝きに魅了され
あなたの唇を見ては夢見心地
あなたの心地よい唇を果てしなく貪ったの?
・・・そして恋の炎を飲み干してしまった!

J'ai péché par paresse
Quand j'ai connu tes bras,
Berceau de mes caresses.
Mea culpa !

私は怠惰ゆえの罪を犯した
あなたの腕に抱かれながら
愛撫のゆりかごに身を任す
罪深き女!

Que ceux qui n'ont jamais péché
Me jettent la première pierre.
Que ceux qui n'ont jamais aimé
Me refusent une prière.

一度も罪を犯したことのない人たちは
私に石を投げるがいい
一度も愛したことがない人たちは
私に祈らなくてもいい

J'ai péché par colère
Contre toi, contre moi,
Contre toute la terre.
Mea culpa !

私は怒りゆえの罪を犯した
あなたに対して、私に対して
この世の全てに対して
罪深き女!

J'ai péché par luxure,
Chaque soir, dans tes bras,
Mais mon âme était pure.
Mea culpa !

私は色欲ゆえの罪を犯した
夜毎にあなたの腕の中で
けれども私の魂は清らかなまま
罪深き女!

Et puis par avarice,
Je t'ai caché dans le fond de mon coeur
Pour mieux t'y adorer avec délice
A l'abri des voleurs.

そして貪欲ゆえの罪
あなたを私の心の奥に隠した
喜びの限りを尽くしてあなたを熱愛できるように
盗まれないよう隠れ家に

Ainsi donc, tu le vois,
J'ai péché les sept fois
Rien qu'à cause de toi.
Mea culpa !

こうして、お分かりでしょうが
私は七度の罪を犯した
すべてあなたゆえなの
罪深き女!

Mais un jour,
Si tu me le demandais,
Oh ! mon amour !
... Je recommencerais.
Mea culpa ! Mea culpa !

でもいつか
あなたがお望みならば
おお、私の愛しい人
私はまた同じことをしてしまうでしょう
罪深き女!罪深き女!

20515er.jpg



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「ローレットの店で」 "Chez Laurette" はミッシェル・デルペッシュ Michel Delpech が1965年に歌ったシャンソンですが、とても懐かしい感じのメロディーで、またデルペッシュの柔らかな声がノスタルジアを呼び覚まします。どこの国にも、どんな場所にも似たような風景がたくさんありそうですね。  

20514a.jpg

Chez Laurette  Michel Delpech  ローレットの店で  ミッシェル・デルペッシュ

20514c.jpg

Chez Laurette  ローレットの店で         《宇藤カザン訳》

À sa façon de nous app'ler ses gosses
On voyait bien qu'ell' nous aimait beaucoup
C'était chez ell' que notre argent de poche
Disparaissait dans les machines à sous

僕たちをわたしの子供たちと呼んだだけで
彼女が僕たちを大好きだったのは良く分かった
僕たちがお小遣いを
スロットマシーンにつぎ込んでいたのは
彼女の店だったからね

Après les cours on allait boire un verre
Quand on entrait Laurette souriait
Et d'un seul coup nos leçons nos problèmes
Disparaissaient quand ell' nous embrassait

授業の後一杯飲みに行って
僕たちが店に入りローレットが笑顔で迎えて
僕たちにキスしてくれれば授業の事や僕たちの悩み事は
たちどころに消えていったんだ

C'était bien, chez Laurette
Quand on faisait la fête
Elle venait vers nous.. Lau - rette

ローレットの店は良かったな
浮かれ騒いでいると
彼女は僕たちの方にやってきて・・・
ローレット

C'é tait bien, c'était chouette
Quand on était fauché
Elle payait pour nous.. Lau - rette

ローレットの店は良かったな、素敵だったな
すかんぴんの時は
彼女が僕たちにおごってくれて・・・
ローレット

20514d.jpg

Et plus encore afin qu'on soit tranquille
Dans son café y avait un coin pour nous
On s'y mettait pour voir passer les filles
Et j'en connais qui nous plaisaient beaucoup

そしてカフェには
騒がないようにと僕たちのための片隅の席があって
そこに座って通り過ぎる女の子を眺めていたんだ
そして僕たちの大のお気に入りの女の子と僕は知り合った

Si par hasard on avait l'âme en peine
Laurette seule savait nous consoler
Ell' nous parlait et l'on riait quand même
En un clin d'oeil ell' pouvait tout changer

たまたま誰かが失恋していれば
心を癒してくれるのはローレットだけだった
彼女はおしゃべりをして僕たちも良く笑い
彼女がウインクすれば何もかもが変わった

C'était bien chez Laurette
On y retournera
Pour ne pas l'oublier Laurette

ローレットの店は良かったな
また行こう
ローレットを忘れないために

Ce s'ra bien ce s'ra chouette
Et l'on reparlera,
Des histoir's du passé
Chez Laurette

楽しいだろうな、素敵だろうな
昔の想い出話を
また話すだろうね
ローレットの店で

Ce s'ra bien ce s'ra chouette
Et l'on reparlera,
Des histoir's du passé
Chez Laurette

楽しいだろうな、素敵だろうな
昔の想い出話を
また話すだろうな
ローレットの店で

20514r.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

シルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan の「男の子のように」 "Comme un garçon" です。1975年にリリースされ、内容は単純ですが楽しい歌です。

20513a.jpg

若い頃と最近のシルヴィー・ヴァルタンだがどちらも楽しめる。

Comme un garçon  Sylvie Vartan Ⅰ  男の子のように  シルヴィー・ヴァルタン Ⅰ  

Comme un garçon  Sylvie Vartan Ⅱ  男の子のように  シルヴィー・ヴァルタン Ⅱ

20513g.jpg

Comme un garçon  男の子のように   《宇藤カザン訳》

Comme un garçon j'ai les cheveux longs
Comme un garçon je porte un blouson
Un médaillon, un gros ceinturon, comme un garçon
Comme un garçon moi je suis têtue
Et bien souvent moi je distribue
Des corrections faut faire attention
Comme un garçon

男の子のように髪を長くしているわ
男の子のようにジャンパーを着ているわ
男の子のようにぶっといベルトにでかいメダル
男の子のようにわたし強情だわ
男の子のように拳をあげることも
しょっちゅうだから気を付けてね

Pourtant je ne suis qu'une fille
Et quand je suis dans tes bras
Je n'suis qu'une petite fille
Perdue, quand tu n'es plus là

それでもあなたの腕の中にいれば
わたし女の子になってしまうの
あなたがいなくなったら
捨てられたちっちゃな女の子になってしまうわ

Comme un garçon moi j'ai ma moto
Comme un garçon je fais du rodéo
C'est la terreur à 200 à l'heure
Comme un garçon
Comme un garçon je n'ai peur de rien
Comme un garçon moi j'ai des copains
Et dans la bande c'est moi qui commande
Comme un garçon

男の子のようにバイク持ってるのよ
男の子のように派手に乗り回すわ
恐怖の時速200キロよ
男の子のように
男の子のようにわたし怖いものなしよ
男の子のように仲間集めて
わたしがグループのリーダーなの
男の子のように

Pourtant je ne suis qu'une fille
Et quand je suis avec toi
Je n'suis qu'une petite fille
Tu fais ce que tu veux de moi

それでもやっぱり女の子なのよね
あなたと一緒だと
ちっちゃな女の子になってしまうから
あなたの好きなようにしていいわ

Comme un garçon j'ai les cheveux long
Comme un garçon je porte un blouson
Un médaillon, un gros ceinturon, comme un garçon
Comme un garçon toi tu n'es pas très attentionné
T'es décontracté, mais avec toi
Je ne suis plus jamais, comme un garçon

男の子のように髪を長くしているわ
男の子のようにジャンパーを着ているわ
男の子のようにぶっといベルトにでかいメダル
男の子のようにあなたってあまり思いやりがないわね
あなたって気が利かないのよ
でもあなたと一緒だと
もうとっても男の子のようにはなれないわ

Je suis une petite fille
Tu fais ce que tu veux de moi
Je suis une toute petite fille
Et c'est beaucoup mieux comme ça
Voi-là

わたしちっちゃな女の子だから
あなたの好きなようにしていいわ
ほんとうにちっちゃな女の子なんだから
その方がずっといいでしょう
ほうらね

20513ff.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



「悲しき雨音」 "En Ecoutant La Pluie" は元は英語の歌でしたが、始めはリシャード・アントニーが1963年にフランス語の歌詞をつけて歌い、後にシルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan が歌いヒットしました。

20512df.jpg

En Ecoutant La Pluie  Sylvie Vartan  悲しき雨音  シルヴィー・ヴァルタン

20512feas.jpg

En éoutant la pluie   悲しき雨音    《宇藤カザン訳》

J'écoute en soupirant la pluie qui ruisselle
Frappant doucement sur mes carreaux
Comme des milliers de larmes qui me rappellent
Que je suis seul en l'attendant

窓ガラスを優しく叩きながら流れる雨の音
ため息混じりに聴く私
一人彼を待ちながら
雨は無限の涙のよう

Le seul garçon que j'aime n'a pas su comprendre
Que lui seul comptait pour moi
Et près de ma fenêtre je reste à attendre
En guettant le bruit de ses pas

彼のことしか考えられなかった私
私の恋するたった一人の男の子は分かってくれなかった
彼の足音を伺いながら
窓辺で待ち続ける私

Pluie oh dis-lui de revenir un jour
Et qu'entre nous renaisse encore un grand amour
Le passé ne sera plus qu'un triste souvenir

雨よ、彼がいつか戻って来るように伝えて
私たちの間で大きな愛が再び生まれるように
過去は悲しい想い出でしかないの

Mais si après la pluie se montre le soleil
Et qu'il va réchauffer son cœur
Il comprendra enfin combien j'étais fidèle
Et il viendra sécher mes pleurs

けれどもし雨の後に太陽が現れ
そして太陽が彼の心を再び暖めれば
どれほど私があの人にひたむきな思いを寄せていたかが分かり
あの人は私の涙を乾かしに来てくれるでしょう

20512br.jpg

Comment lui dire que moi je l'aime trop
Qu’il me manque et que j'ai le cœur gros 
Et que pour moi l’amour sans lui ne compte pas

あの人をとても愛しているとどう伝えたらいいのかしら
あの人なしでは寂しくて心は悲しみであふれそう
私にはあの人がいない愛なんて考えられない

J'écoute en soupirant la pluie qui ruisselle
Frappant doucement sur mes carreaux
Comme des milliers de larmes qui me rappellent
Que j‘étais seul en l'attendant

窓ガラスを優しく叩きながら流れる雨の音
ため息混じりに聴く私
一人彼を待ちながら
雨は無限の涙のよう

20512ge.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「ジタンヌ」は褐色タバコ、あるいは黒タバコと呼ばれ、ブロンドタバコと呼ばれるアメリカのタバコのに比べると味も香りも強く、ゴロワーズと並んでフランスの代表的なタバコです。

70年代のフランスではカフェに入るとタバコの煙が充満していて先が見えないくらい。ところが今は様変わり。オデオンの近くの絵の具屋のムッシューはいつでも黄色いタバコを口にしていた。画材屋も無くなり、彼もとうに亡くなっているかも知れないが、タバコに対する認識は大きく変わった。

20511a.jpg

シルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan の歌う1981年の「恋はタバコのよう」(恋はジタンのかおり) "L'amour c'est comme une cigarette" は元は英語の歌で "Morning Train" です。

L'amour c'est comme une cigarette  Sylvie Vartan  恋はジタンのかおり  シルヴィー・ヴァルタン  Live

20511d.jpg

L'amour c'est comme une cigarette  恋はジタンのかおり    《宇藤カザン訳》  

Quand tu es dans la lune
Les idées en panne
Je me voudrais brune
Comme une gitane
Me glisser entre tes doigts
Et puis me brûler
Me consumer pour toi
N'être que fumée
Quand tu es dans ce monde
Où tes rêves t'entraînent
Je me voudrais blonde
Comme une américaine
Être douce et sage ou sucrée
T'emmener sur mon nuage de fumée

あなたが考えあぐねて
ぼんやりしている時
わたしジプシー娘のような
褐色タバコになるわ
あなたの指の間に滑り込み
そして火がついて
あなたに焼き尽くされて
煙になるの
夢に誘われるあなたが
この世にいる時には
私はアメリカ娘のような
ブロンドタバコになるわ
柔らかで控え目で甘く
煙の雲の上にあなたを連れて行くのよ

L'amour c'est comme une cigarette
Ça brûle et ça monte à la tête
Quand on ne peut plus s'en passer
Tout ça s'envole en fumée.
L'amour c'est comme une cigarette
Ça flambe comme une allumette
Ça pique les yeux ça fait pleurer
Et ça s'envole en fumée.

恋はタバコのようね
燃え上がりくらくらさせる
恋に行き詰まれば
全ては煙となって消えていく
恋はタバコのようね
マッチのように燃え上がり
目に沁みて涙を流させ
煙となって舞い上がる

Je peux être française
En robe bleue
Anglaise,
Si tu le veux
Ou être à la menthe
En bague dorée
Ne crois-pas que je mente
Tout n'est que fumée

青いドレスでフランス娘に
お望みならばイギリス娘にもなれるわ
それとも金の輪のついた
メンソールタバコになりましょうか
嘘じゃないのよ
ぜんぶ煙でしかないんだから

L'amour c'est comme une cigarette
Ça flambe comme une allumette
Ça pique les yeux ça fait pleurer
Et ça s'envole en fumée

恋はタバコのようね
マッチのように燃え上がり
目に沁みて涙を流させ
煙となって舞い上がる

On fait tout un tabac
Quand l'amour s'en vient ou s'en va
On est les cigarettes
Qu'il roule quand il a envie
Et je deviens fumée
Pour t'intoxiquer
De moi
Blonde ou brune
Brune ou blonde
Je le serai pour toi

恋が訪れたり恋が去る時にも
タバコはいろいろな役割を演じる
彼が欲望をちらつかせれば
タバコに成りすまし
煙になって
わたしに中毒になるように彼を仕向けるわ
ブロンドでも褐色でも
褐色でもブロンドでも
あなたのお望みのままよ

L'amour c'est comme une cigarette
Ça brûle et ça monte à la tête
Quand on ne peut plus s'en passer
Tout ça s'envole en fumée
L'amour c'est comme une cigarette
Ça flambe comme une allumette
Çapique les yeux ça fait pleurer
Et ça s'envole en fumée.

恋はタバコのようね
燃え上がりのぼせさせる
恋に行き詰まれば
全ては煙となって消えていく
恋はタバコのようね
マッチのように燃え上がり
目に沁みて涙を流させ
煙となって舞い上がる

20511fe.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


サルヴァトール・アダモ Salvatore Adamo の「バラの花咲く時」 "Quand les roses" です。

歌詞の内容はちょっと現代の女性を批判し、昔の女性を懐かしんでいるようなところがあるのでしょうか?まあ時代はどんどん変わり、職業だって男女の差がなくなりつつあるのですからあまり懐古趣味になっても仕方がないように思いますが・・・詞の最後の行に「ジーンズをはいて」と入れるともっと良かったのではないでしょうか?

20510a.jpg

Quand les roses  Salvatore Adamo バラの花咲く時  サルヴァトール・アダモ

20510fe.jpg

Quand les roses  バラの花咲く時      《宇藤カザン訳》

Quand les roses fleurissaient
Sortaient les filles
On voyait dans tous les jardins
Danser les jupons

バラの花が咲く頃には
娘たちは外に出て
どこの庭園でも
スカートが舞うのが見られた

Oui les roses se fanaient
Rentraient les filles
Pour passer dans leurs doux écrins
Le temps des flocons

そう、バラはしおれるもの
雪の舞う季節には
心地よい宝石箱の中で過ごすために
娘たちは戻って行った

C'était charmant, c'était charmant
C'était charmant le temps des roses
Quand on y pense paupières closes

まぶたを閉じて思えば、バラの季節は
魅惑的だった、魅惑的だった
魅惑的だった

20510ff.jpg

Mais les roses d'aujourd'hui
Sont artificielles
Et les filles vont cueillir
Des fleurs été comme hiver

でも今のバラは不自然だ
そして娘たちは
夏でも冬でも
花を摘みに行く

Elles ne supportent plus
L'ennui ces demoiselles
Elles se griment le corps et le coeur
Et vont prendre l'air

このお嬢様たちは
退屈に耐えようとしないで
身も心も厚化粧をして
外の空気を吸いに行く

20510de.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ミレーヌ・ファルメール Mylene Farmer はとても好きな歌手なのだが、和訳が難しい。この「ヒツジの絵をかいて」 "Dessine-moi un mouton" は言うまでもなくサン=テグジュペリ Antoine de Saint-Exupéry の「星の王子さま」 "Le petit prince" が下敷きになっている。

20509a.jpg

Dessine-moi un mouton  Mylene Farmer  ヒツジの絵をかいて  ミレーヌ・ファルメール

Dessine-moi un mouton  Mylene Farmer  ヒツジの絵をかいて  ミレーヌ・ファルメール  Live

20509eee.jpg

Dessine-moi un mouton  ヒツジの絵をかいて       《宇藤カザン訳》

Quelle solitude
De mourir
Sans certitude
D'être au moins

なんて寂しいの
せめて生きた証を
残さないまま
死んでゆくのは

Une particule
De vie
Un point minuscule
Utile à quelqu'un

生命の一つの細胞でさえ
ほんのささやかな一点でさえ
誰かのためになる

Quelle solitude
D'ignorer
Ce que les yeux
Ne peuvent pas voir

なんて寂しいの
目に見えないものに
気がつかないままでいることは

Le monde adulte
Isolé
Un monde abrupt
Et là, je broie du noir

大人の世界は隔絶されて
険しい世界
だから闇の殻をうち砕くの

Dessine-moi un mouton
Le ciel est vide sans imagination
C'est ça
Dessine-moi un mouton
Redevenir l'enfant que nous étions
Dessine-moi un mouton
Le monde est triste sans imagination
C'est ça
Dessine-moi un mouton
Apprivoiser l'absurdité du Monde

ヒツジの絵をかいて
空想しない空は空っぽなの
そうなのよ
ヒツジの絵をかいて
子供の頃に戻るのよ
ヒツジの絵をかいて
空想しない世界は悲しいわ
そうなのよ
ヒツジの絵をかいて
世の中の不条理を手なずけなければ

Quelle solitude
De se dire
Que la morsure
Du temps n'est rien

なんて寂しいの
過去の痛手がたいしたことないと
自分に言い聞かすのは

Le rêve est bulle
De vie
Un bien majuscule
Utile au chagrin

夢は人生の泡のようでも
悲しみを癒すには
大いに役立つわ

Déconfiture
Des pépins
Mais je veux croire
En l'au-delà

困難に立ち向かい
失敗しても
それを乗り越えられると
信じたいの

Et vivre est dur
Toujours un choix
Mais je jure
Que le monde est à moi

生きてゆくのは楽ではないし
いつも選択に迫られるけれど
世の中が私の物なのは確かだわ

Dessine-moi un mouton
Le ciel est vide sans imagination
C'est ça
Dessine-moi un mouton
Redevenir l'enfant que nous étions
Dessine-moi un mouton
Le monde est triste sans imagination
C'est ça
Dessine-moi un mouton
Apprivoiser l'absurdité du Monde

ヒツジの絵をかいて
空想しない空は空っぽなの
そうなのよ
ヒツジの絵をかいて
子供の頃に戻るのよ
ヒツジの絵をかいて
空想しない世界は悲しいわ
そうなのよ
ヒツジの絵をかいて
世の中の不条理を手なずけなければ

Il est à moi...
Il est à moi...
Il est à moi...
Il est à moi...Le Monde

それは私の物・・・
それは私の物・・・
それは私の物・・・
それは私の物・・・世の中は

Dessine-moi un mouton
Le ciel est vide sans imagination
C'est ça
Dessine-moi un mouton
Redevenir l'enfant que nous étions
Dessine-moi un mouton
Le monde est triste sans imagination
C'est ça
Dessine-moi un mouton
Apprivoiser l'absurdité du Monde

ヒツジの絵をかいて
空想しない空は空っぽなの
そうなのよ
ヒツジの絵をかいて
子供の頃に戻るのよ
ヒツジの絵をかいて
空想しない世界は悲しいわ
そうなのよ
ヒツジの絵をかいて
世の中の不条理を手なずけなければ

20509h.jpg

「ヒツジの絵をかいて」の「星の王子さま」の朗読です。

Le Petit Prince - Chapitres 1,2 & 3


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


「ラ・ジャヴァネーズ」 "La Javanaise" はシャルル・ゲンズブール Charles Gainsbourg の曲だから日本語に訳しにくい。それはフランス語の音感を強調する手法なので時として意味不明に感じることもあるが、歌ったらきっと面白いのだろう。

だいぶ以前だが、マラルメの「白鳥」と言うソンネをフランス人に解説してもらったところ、i(イ)の音が強調され、それが寒さを際立たせていると教えられ、フランスの詩というのは実に奥が深いと思ったことがある。であるから日本語にしてしまうとそういう語感は消えてしまい、また日本語の歌詞で歌えば内容が希薄になり、別の歌になりかねず、かといってフランス語で歌っては聴く人が内容を理解できない、と言う永遠のジレンマがあり、いっそパリのポン・デ・ザールの橋の上ででも歌おうかと思えども、フランスはあまりにも遠し、であるからせめてフランス大使館の前ででも歌おうかと思うけれど、、、

それはともかくジュリエット・グレコ Juliette Greco の二つの動画で聴いてみましょう。録音された時期が異なり歌い方がだいぶ違いますがどちらも魅力的です。

20508a.jpg

La Javanaise  Juliette Greco  ラ・ジャヴァネーズ  ジュリエット・グレコ  Ⅰ

La Javanaise  Juliette Greco  ラ・ジャヴァネーズ  ジュリエット・グレコ  Ⅱ 

20508b.jpg

La Javanaise  ラ・ジャヴァネーズ  《宇藤カザン訳》

J’avoue j’en ai bavé pas vous mon amour
Avant d’avoir eu vent de vous mon amour
Ne vous déplaise en dansant la Javanaise
Nous nous aimions le temps d’une chanson

実を言えば私は苦しんだけど
愛しいあなたはそうでもなかったの
愛しいあなたを風の便りに聞くまでは
お気に召さないでしょうが
ジャヴァネーズを踊りながら
私たち一曲の間だけ愛し合ったのね

À votre avis qu’avons-nous vu de l’amour
De vous à moi vous m’avez eu mon amour
Ne vous déplaise en dansant la Javanaise
Nous nous aimions le temps d’une chanson

愛から何を見つけたとあなたは言うのでしょう
ここだけの話だが愛しいあなたは私を騙したわ
お気に召さないでしょうが
ジャヴァネーズを踊りながら
私たち一曲の間だけ愛し合ったのね

Hélas avril en vain me voue a l’amour
J’avais envie de voir en vous cet amour
Ne vous déplaise en dansant la Javanaise
Nous nous aimions le temps d’une chanson

ああ、四月の愛の誓いなんて虚しいもの
この愛があなたのものであると確かめたかったのに
お気に召さないでしょうが
ジャヴァネーズを踊りながら
私たち一曲の間だけ愛し合ったのね

La vie ne vaut d’être vécue sans amour
Mais c’est vous qui l’avez voulu mon amour
Ne vous déplaise en dansant la Javanaise
Nous nous aimions le temps d’une chanson

愛の無い人生なんて生きていてもしょうがない
けれども私の愛を望んだのはあなたよ
お気に召さないでしょうが
ジャヴァネーズを踊りながら
私たち一曲の間だけ愛し合ったのね

20508d.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


シャルル・アズナヴール Charles Aznavour の「愛のために死す」 "Mourir d"aimer" は1971年に発表された、いかにもアズナヴールらしい美しく歌い上げるシャンソンです。
時期を同じくしてアニー・ジラルド主演で同じタイトルの映画が作られていて、映画の主題歌と言うわけではないものの、ある程度内容を踏まえているようだ。

20507ge.jpg

Mourir d"aimer  Charles Aznavour  愛のために死す  シャルル・アズナヴール

20507se.jpg

Mourir d'aimer  愛のために死す       《宇藤カザン訳》  

Les parois de ma vie sont lisses
Je m'y accroche mais je glisse
Lentement vers ma destinée
Mourir d'aimer

私の人生は穏やかなものでしかなかったから
私はそれしがみついていたけれど
私の運命に向かって少しずつ滑り落ちて行った
愛のために死す

Tandis que le monde me juge
Je ne vois pour moi qu'un refuge
Toutes issues m'étant condamnées
Mourir d'aimer

世間は私を批判し
私にはだだ一つの逃げ場しか見出せず
全ての出口は閉ざされてしまった
愛のために死す

Mourir d'aimer
De plein gré s'enfoncer dans la nuit
Payer l'amour au prix de sa vie
Pécher contre le corps mais non contre l'esprit

愛のために死す
自ら進んで夜の闇に沈み込み
愛を死で償う
肉体の罪を犯したけれど
心は罪を犯していない

Laissant le monde à ces problèmes
Les gens haineux face à eux-mêmes
Avec leurs petites idées
Mourir d'aimer

このことは世間の判断に任せて
悪意に満ちた人々は
狭い考えだけでしか自分と向き合わない
愛のために死す

Puisque notre amour ne peut vivre
Mieux vaut en refermer le livre
Et plutôt que de le brûler
Mourir d'aimer

私たちの愛はこれ以上生きながらえないのだから
愛に燃えるよりは
物語を終りにした方が良いだろう
愛のために死す

Partir en redressant la tête
Sortir vainqueur d'une défaite
Renverser toutes les données
Mourir d'aimer

しっかりと前を向いて立ち去り
敗北を勝利に変えて行く
私への批判を全て覆して
愛のために死す

Mourir d'aimer
Comme on le peut de n'importe quoi
Abandonner tout derrière soi
Pour n'emporter que ce qui fut nous, qui fut toi
Tu es le printemps moi l'automne
Ton coeur se prend le mien se donne
Et ma route est déjà tracé
Mourir d'aimer
Mourir d'aimer
Mourir d'aimer

愛のために死す
そうすればどんなことでも出来るのだから
他のものは全て打ち捨てて
私たちの、あなたの想い出だけを持って行くこと
あなたはまだ春、でも私はもう秋
あなたの心は受け取るだけのもの、私の心は与えるだけのもの
私の道はもう定まっている
愛のために死す
愛のために死す
愛のために死す

20507yyy.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


アリゼ Alizée の「風の少女アリゼ」 "L'alizé" です。原題は「貿易風」と言う意味で、アリゼの名前はこれに e を付けたもので、アリゼ自身のテーマ曲と言えるでしょう。2000年の「わたし ロリータ」 "Moi...Lolita" の次のシングルカットで「グルマンディーズ」 "Gourmandises" のアルバムに入っています。

20506a.jpg

L'alizé  Alizée  風の少女アリゼ  アリゼ

20506dw.jpg

L'alizé  風の少女アリゼ      《宇藤カザン訳》

Tous les vents,
Balayent les mots de coeur
Moi, j'suis comme le vent :
L'esprit à mille à l'heure,
Je juge sans doute trop vite
C'est ok, tant pis
C'est juste là, je m'agite
Je grandis, l'amour aussi

どんな風でも
心の中の言葉をみんな吹き払ってしまう
風のようなわたし
次々と考えが浮かんでは
すぐに決めるけど多分急ぎすぎるのよね
でもいいわ、しょうがないわ
それでいいのよ
動き回りながら育ったわたし
恋だって同じことよ

C'est au gré du vent
Que j'aime vagabonder,
Moi, je suis comme le vent
J'embrasse toute une armée
De rêves et de bleuets,
Me plonger dedans
Je sais ce que je sais
Même si j'pleure tout l'temps
Alors, dis.

風のままに
さ迷うのが好きなわたし
私は風のよう
たくさんの夢や
ヤグルマソウのどれにもキスするわ
わたしその世界にひたるの
わたしがいつも泣いているとしても
それについて説明するつもりはないのよ
でも、そうね

Arrêtez
De me dire que le vent a tourné
C'est pas vrai
S'il te plait
Arrêtez
De dire que l'adolescence, c'est :
Qu'on n'sait pas, car moi
J'ai trouvé mon amour
C'est un souffle, c'est doux un vent
d'amour :
C'est léger, c'est l'alizé,
Moi, je dis que l'amour
Se boit jusqu'à la lie
Ce qu'elle veut, A-LIZEE l'a toujours

風向きが変わったなんて言うのはやめて
そんなのいやよ
まだ未熟だからと言うのは
お願いだからやめて
大人には分からないのよ
だってわたし恋する人と出合ったのよ
それは息吹なの、恋の風って甘いのよ
それは軽くて、それは貿易風なの
余すところなく飲み干せるような恋しか信じないわ
それがアリゼが望むもので
いつだってそれを持っているわ

Comme le vent
Emporte les mots de coeur
Dans un ouragan
Tourbillon mille à l'heure
Je suis sans doute comme lui
C'est ok, je suis
Aux portes de ma vie
Je grandis, l'amour aussi

心の中の言葉を風が持ち去るように
暴風雨の中にはつむじ風が次々とあらわれる
わたしはきっとつむじ風のようなの
それでいいのよ
わたしの人生は始まったばかりなんだもの
わたしはそうして大きくなってゆくの
恋だって同じでしょう

C'est aux quatre vents
Que j'aime être logée
Moi, je suis comme le vent
J'emporte tous mes secrets
Dans un jardin d'Eden
M'allonger dedans,
Je sais que cet hymen
Durera longtemps
Alors, dis.

わたしが宿りたいのはいろんな方から
吹いてくる風なの
風のようなわたしだから
秘密はみんなエデンの園に持ってゆくわ
そこでわたしは寝そべるの
この婚姻は長く続くわよね
でも、そうね

Arrêtez
De me dire que le vent a tourné
C'est pas vrai
S'il te plait
Arrêtez
De dire que l'adolescence, c'est :
Qu'on n'sait pas, car moi
J'ai trouvé mon amour
C'est un souffle, c'est doux un vent
d'amour :
C'est léger, c'est l'alizé,
Moi, je dis que l'amour
Se boit jusqu'à la lie
Ce qu'elle veut, A-LIZEE l'a toujours

風向きが変わったなんて言うのはやめて
そんなのいやよ
まだ未熟だからと言うのは
お願いだからやめて
大人には分からないのよ
だってわたし恋する人と出合ったのよ
それは息吹なの、恋の風って甘いのよ
それは軽くて、それは貿易風なの
余すところなく飲み干せるような恋しか信じないわ
それがアリゼが望むもので
いつだってそれを持っているわ

20506ke.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


アリゼ Alizée の「わたし ロリータ」 "Moi... Lolita" です。アリゼは2000年の16歳の時にこの歌でデビューし、フランスのみならずヨーロッパ中で大ヒットし、一躍トップアイドルになりました。頻繁にテレビの歌番組に登場し、滅多にフランス語の歌を流さないイギリスでさえ、街に流れていましたからその人気は大変なものでした。

アイドルが歌う歌だから歌詞は簡単だろうと思ったら訳すのが難しく、ちょっとお手上げです。この歌の歌詞の中にもありますが、「お手上げ」と言うのはフランス語では「自分の舌を猫に与える」と表現するのですね。カザンの舌も猫に上げてしまいます。

アリゼをプロデュースしたのは歌手のミレーヌ・ファルメール Mylène Farmer と作曲家のロラン・ブトナ Laurent Boutonnat で、アリゼの初期の曲はミレーヌ・ファルメールの作詞ですから難しいのも納得です。ミレーヌ・ファルメールはとても好きな歌手なので、何曲か訳そうとしたのだが挫折しています。観念的な世界なので理解するのがとても難しい。

20505a.jpg

Moi Lolita  Alizée  わたし ロリータ  アリゼ

20505bbbbb.jpg

Moi... Lolita  わたし ロリータ     《宇藤カザン訳》

Moi je m'appelle Lolita
Lo ou bien Lola
Du pareil au même
Moi je m'appelle Lolita
Quand je rêve aux loups
C'est Lola qui saigne
Quand fourche ma langue,
J'ai là un fou rire aussi fou
Qu'un phénomène
Je m'appelle Lolita
Lo de vie, lo aux amours diluviennes

わたしの名はロリータよ
ローとかローラだって同じことよ
わたしの名はロリータよ
狼たちを夢見れば
血を流すのはローラよ
わたしが言い違える時にね
変人と同じくらいバカみたいに
バカ笑いするのよ
わたしの名はロリータよ
ロリが命、どうしようもなくロリに夢中なの

C'est pas ma faute
Et quand je donne ma langue aux chats
Je vois les autres
Tout prêts à se jeter sur moi
C'est pas ma faute à moi
Si j'entends tout autour de moi
Hello, helli, t'es A
Moi Lolita

わたしのせいじゃないわ
わたしがお手上げになっても
他の人たちみんな
もうすぐわたしにお熱になるのが分かるわ
わたしのせいじゃないのよ
わたしについていろいろ言ってきても
エロー、エリ、あなたは
わたしロリータのものよ

Moi je m'appelle Lolita
Collégienne aux bas
Bleus de méthylène
Moi je m'appelle Lolita
Coléreuse et pas
Mi-coton, mi-laine
Motus et bouche qui n'dis pas
À maman que je suis un phénomène
Je m'appelle Lolita
Lo de vie, lo aux amours diluviennes

わたしの名はロリータ
中学の下級生
メチレン・ブルー
わたしの名はロリータよ
怒りっぽくてハンパじゃないのよ
黙って
わたしがフツーじゃないってことは
ママには内緒なの
わたしの名はロリータよ
ロリが命、どうしようもなくロリに夢中なの

C'est pas ma faute
Et quand je donne ma langue aux chats
Je vois les autres
Tout prêts à se jeter sur moi
C'est pas ma faute à moi
Si j'entends tout autour de moi
Hello, helli, t'es A
Moi Lolita 

わたしのせいじゃないわ
わたしがお手上げになっても
他の人たちみんな
もうすぐわたしにお熱になるのが分かるわ
わたしのせいじゃないのよ
わたしについていろいろ言ってきても
エロー、エリ、あなたは
わたしロリータのものよ

Lolita
Lolita
Lolita
Lolita
Lolita
Lolita
Lolita
Lolita

C'est pas ma faute
Et quand je donne ma langue aux chats
Je vois les autres
Tout prêts à se jeter sur moi
C'est pas ma faute à moi
Si j'entends tout autour de moi
Hello, helli, t'es A
Moi Lolita

C'est pas ma faute
Et quand je donne ma langue aux chats
Je vois les autres
Tout prêts à se jeter sur moi
C'est pas ma faute à moi
Si j'entends tout autour de moi
Hello, helli, t'es A
Moi Lolita

C'est pas ma faute
Et quand je donne ma langue aux chats
Je vois les autres
Tout prêts à se jeter sur moi
C'est pas ma faute à moi
Si j'entends tout autour de moi
Hello, helli, t'es A
Moi Lolita

20505tttt.jpg

ゲンズブールのように言葉遊び的な部分もあり、「狼を夢想すれば私が出血する」と言う表現の意味は良く分かりません。複数になった染料の「エチレン・ブルー」の意味も分からないし、Coléreuse et pas Mi-coton, mi-laine は「怒りっぽくて綿と毛の混紡ではない」と訳せるがここも意味不明です。テキトーに訳しましたが、間違いが分かった時点で訂正します。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


ウィリアム・シェレール William Sheller の歌を訳すのは「幸せな男」 "Un homme heureux" に続いて2度目ですが、この「泥の中の鏡」 "Les miroirs dans la boue" は訳すのはそれほど難しくはないものの、やや観念的な詩なので意味を理解するのが難しい。音楽はとても美しいので詩の持つイマジネーションの世界を楽しんで下さい。

20504a.jpg

Les miroirs dans la boue  William Sheller  泥の中の鏡  ウィリアム・シェレール

20504er.jpg

Les miroirs dans la boue  泥の中の鏡    《宇藤カザン訳》

Dans l'orage
D'une forêt sans âge
Aux abords du Poitou
À l'automne où je vivais chez vous
J'ai vu le visage
D'une enfant sauvage
Qui portait un bijou
Les yeux verts noyés de cheveux roux
À l'automne où je vivais chez vous

あなたの地方で暮していたあの秋に
ポワトゥのあたりの
神代の森の嵐の中で
僕は飾りをつけた
野生の少女の姿を見た
赤毛の髪に見え隠れする緑色の目
あなたの地方で暮していたあの秋に

Dieu fait des images avec les nuages
La pluie fait des miroirs dans la boue
Je t'ai cherchée partout
Je garde un mirage dans une drôle de cage
Comme savent constuire les fous
Je t'ai cherchée partout

神は雲で様々な形を作り給い
雨は泥の中に鏡を作る
僕は君を探し回った
気違い共が作り出すことができるような
奇妙な檻の中に僕は一つの幻影を閉じ込めている
僕は君を探し回った

Elle avait l'âge
Des vagabondages
Pieds nus sur les cailloux
Dans les rivières où viennent boire les loups
À mon passage
Elle a pris mon bagage
Elle m'a suivi partout
Jusqu'à l'étage où j'avais mon verrou
Les yeux verts noyés de cheveux roux

彼女は僕が通りかかる
狼が水を飲みに来るせせらぎのあたりを
小石の上を裸足で歩き
放浪していた時期があった
彼女は僕のかばんを持ち
僕の後をどこでも付いて来た
鍵のある僕の階にまで
赤毛の髪に見え隠れする緑の目

20504rt.jpg

Dieu fait des images avec les nuages
La pluie fait des miroirs dans la boue
Je t'ai cherchée partout
Je garde un mirage dans une drôle de cage
Comme savent constuire les fous
Je t'ai cherchée partout

神は雲で様々な形を作り給い
雨は泥の中に鏡を作る
僕は君を探し回った
気違い共が作り出すことができるような
奇妙な檻の中に僕は一つの幻影を閉じ込めている
僕は君を探し回った

Au lendemain de l'orage
Il restait un message
Vous me plaisiez beaucoup
Mais je n'pense pas avoir besoin de vous
Les yeux verts noyés de cheveux roux

嵐の翌日に
一つの書置きが置かれていた
あなたといればとても楽しいのだけれど
私にはあなたがいなければならないとは思えないの
赤毛の髪に見え隠れする緑色の目

Dieu fait des images avec les nuages
La pluie fait des miroirs dans la boue
Je t'ai cherchée partout
Je garde un mirage dans une drôle de cage
Comme savent constuire les fous
Je t'ai cherchée partout

神は雲で様々な形を作り給い
雨は泥の中に鏡を作る
僕は君を探し回った
気違い共が作り出すことができるような
奇妙な檻の中に僕は一つの幻影を閉じ込めている
僕は君を探し回った

Je t'ai cherchée partout

僕は君を探し回っていた

20504ky.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ジェーン・バーキン Jane Birkin は1946年生まれで、1968年にフランスに渡りセルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg と結婚し、1977年に離婚したものの1991年に彼が亡くなるまで一緒に仕事を続けました。

「アクワボニスト」 "L'Aquoiboniste" は1978年にリリースされ、ゲンズブールの音感的言葉遊びの造語がたくさんあるので、あまり深く考えても意味はないでしょう。日本語のタイトルの「無造作紳士」も造語でゲンズ振っちゃってますね。

20503a.jpg

L'Aquoiboniste  Jane Birkin  アクワボニスト  ジェーン・バーキン

20503fjr.jpg

L'Aquoiboniste  アクワボニスト      《宇藤カザン訳》

C'est un aquoiboniste
Un faiseur de plaisantristes
Qui dit toujours à quoi bon
A quoi bon
Un aquoiboniste
Un modeste guitariste
Qui n'est jamais dans le ton
A quoi bon

それはアクワボニスト
冗談ばかり言っている人
それが何になるのといつも言っている人
それが何になるの
アクワボニスト
調子が外れっぱなしの
つつましいギター弾き
それが何になるの

C'est un aquoiboniste
Un faiseur de plaisantristes
Qui dit toujours à quoi bon
A quoi bon
Un aquoiboniste
Un peu trop idéaliste
Qui répèt' sur tous les tons
A quoi bon

それはアクワボニスト
冗談ばかり言っている人
それが何になるのといつも言っている人
それが何になるの
アクワボニスト
あらゆる口調で繰り返す
ちょっと理想主義すぎる人
それが何になるの

20403sj.jpg

C'est un aquoiboniste
Un faiseur de plaisantristes
Qui dit toujours à quoi bon
A quoi bon
Un aquoiboniste
Un drôl' de je m'enfoutiste
Qui dit à tort à raison
A quoi bon

それはアクワボニスト
冗談ばかり言っている人
それが何になるのといつも言っている人
それが何になるの
アクワボニスト
言うことが間違ったり正しかったりの
おかしなどうだっていい人
それが何になるの

C'est un aquoiboniste
Un faiseur de plaisantristes
Qui dit toujours à quoi bon
A quoi bon
Un aquoiboniste
Qui s'fout de tout et persiste
A dire j'veux bien mais au fond
A quoi bon

それはアクワボニスト
冗談ばかり言っている人
それが何になるのといつも言っている人
それが何になるの
アクワボニスト
心で思ってなくても喜んでと言う
何でも馬鹿にするけどこだわる人
それが何になるの

20403tr.jpg

C'est un aquoiboniste
Un faiseur de plaisantristes
Qui dit toujours à quoi bon
A quoi bon
Un aquoiboniste
Qu'a pas besoin d'oculiste
Pour voir la merde du monde
A quoi bon

それはアクワボニスト
冗談ばかり言っている人
それが何になるのといつも言っている人
それが何になるの
アクワボニスト
世の中のクソを見るには
目医者なんか要らない人
それが何になるの

C'est un aquoiboniste
Un faiseur de plaisantristes
Qui dit toujours à quoi bon
A quoi bon
Un aquoiboniste
Qui me dit le regard triste
Toi je t'aime, les autres ce sont
Tous des cons

それはアクワボニスト
冗談ばかり言っている人
それが何になるのといつも言っている人
それが何になるの
アクワボニスト
私に悲しげな目付きで言う人
僕が愛しているのは君さ
君以外は間抜けな奴ばかり

20403kr.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「五月のパリが好き」 "J'aime Paris au mois de mai" は1950年にシャルル・アズナヴール Charles Aznavour の詩にピエール・ロッシが曲を付けたもので、ジャズ風にスウィングして歌われることが多いようです。

もちろんシャルル・アズナヴールの重要なレパートリーの一つだが、今回はクロード・フランソワ Claude François の歌う歌詞を訳しましたので彼の歌をまず聴きます。

クロード・フランソワは CLOCLO クロクロ という愛称で呼ばれ、60年から70年代にかけてフランスで大変人気がありましたが、1978年に自宅の浴槽で感電死し、この世を去りました。

20502a.jpg

J'aime Paris au mois de mai  Claude François  五月のパリが好き  クロード・フランソワ

アズナヴールのライヴはアドリブ的に台詞が入ったりで、クロード・フランソワと一部歌詞が異なり、また英語とフランス語を交え、女性歌手とデュエットをしたりもしています。

J'aime Paris au mois de mai  Charles Aznavour  五月のパリが好き  シャルル・アズナヴール  

J'aime Paris au mois de mai  Charles Aznavour & Dianne Reeves  五月のパリが好き  シャルル・アズナヴール&ダイアン・リーヴス

パリの五月は新緑の季節。5月1日は「メーデー」で休日ですが、「スズランの日」 "Jour de muguet" でもあるのでパリの街角でスズランが売られるが、どこで売っても子供が売っても構わないので、森から取ってきて小遣いを稼ぐ人もいる。

20502kr.jpg

J'aime Paris au mois de mai  五月のパリが好き      《宇藤カザン訳》

J'aime Paris au mois de mai
Quand les bourgeons renaissent
Qu'une nouvelle jeunesse
S'empare de la vieille cité
Qui se met à rayonner
J'aime Paris au mois de mai
Quand l'hiver le délaisse
Quand le soleil caresse
Ses vieux toits à peine éveillés

僕は5月のパリが好き
芽が出て来れば
新しい青春が古い都に満ちあふれ
パリは輝やき出す
僕は5月のパリが好きだ
冬が去れば
やっと目覚めたばかりの古い屋根を
太陽が優しく照らす

J'aime sentir sur les places
Dans les rues où je passe
Ce parfum de muguet que chasse
Le vent qui passe
Il me plaît à me promener
Par les rues qui s'faufilent
A travers toute la ville
J'aime, j'aime Paris au mois de mai

僕が歩いて行く広場や通りで
吹き抜ける風に運ばれる
このスズランの香りをかぐのが好きだ
街中をどこまでも曲がりながら続いて行く
通りを散歩するのが僕は好きだ
僕は好きだ、僕は5月のパリが好きだ

20502feb.jpg

J'aime Paris au mois de mai
Lorsque le jour se lève
Les rues sortant du rêve
Après un sommeil très très très léger
Quand elles se refont une beauté
J'aime Paris au mois de mai
Quand soudain tout s'anime
Par un monde anonyme
Heureux de voir le soleil briller

僕は5月のパリが好きだ
朝日が昇るころには
ほんの少しだけの軽い眠気のあとに
街は眠りから覚める
街が美しさを取り戻す時
僕は5月のパリが好きだ
雑多な人々で突然に全てが活気づく頃
太陽が輝くのを見れば僕は幸せに感じる

20502lrg.jpg

J'aime quand le vent m'apporte
Des bruits de toutes sortes
Et les potins que l'on colporte
De porte en porte
Il me plaît à me promener
En souriant aux filles,
Dans les rues qui fourmillent,
J'aime, j'aime Paris au mois de mai

様々な騒音や戸口から戸口へと伝わるうわさ話などを
風が僕に運んでくれるのが好きだ
僕は人が群がる通りを
娘達に微笑みかけながら
練り歩くのが好きだ
僕は好きだ、僕は5月のパリが好きだ

20502rt.jpg

J'aime Paris au mois de mai
Avec ses bouquinistes
Et ses aquarellistes
Que le printemps a ramenés
Comme chaque année le long des quais
J'aime Paris au mois de mai
Et puis la Seine qui l'arrose
Et mille petites choses
Que je ne pourrais expliquer

僕は5月のパリが好きだ
春に誘われて
本の露店や水彩画家たちは
いつもの年のように河岸に並ぶ
僕は5月のパリが好きだ
セーヌ河がパリを潤し
とても説明できないような
小さな出来事が無数にある

20502djr.jpg

J'aime quand la nuit se perd
Et quand la paix sur terre,
Et, que la ville soudain s'éclaire,
De mille petites lumières,
Il me plaît à me promener
Contemplant les vitrines
La nuit qui me fascine
J'aime,J'aime Paris au mois de mai
J'aime Paris
J'aime Paris
J'aime Paris au mois de mai

夜が来て暗くなり
地上が静かになってくると
街に無数の明かりが突然灯されるのが
僕は好きだ
夜に魅惑されて
ショーウィンドーを覗き込みながら
ぶらぶらするのが僕は好きだ
僕は好きだ、僕は5月のパリが好きだ
僕はパリが好き
僕はパリが好き
僕は5月のパリが好き

20502de.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

カザンはかつてブルゴーニュのアトリエの庭で白い花ばかり育てていました。特に白いバラが好きでアイスバーグ Iceberg というバラの苗は150本ぐらいあったでしょう。下の画像が僕のアトリエの庭に咲いていたアイスバーグですが、白い中にもデリケートなクリーム色やピンク色が感じられ、美しく育てやすいバラです。

今日の画像は全てカザンが育てていたバラですが、かつてのカザンの庭《アルバ・ガーデン》の様子は最後の庭の画像の下の《ALBA GARDEN》をクリックするとホームページに行かれます。

20501fe.jpg

この「白いバラ」 "Les roses blanches" はベルト・シルヴァ Berthe Sylva が1926年に初めて歌った古いシャンソンですが、フランスではとても親しまれ、ティノ・ロッシをはじめ多くの歌手が歌っています。

今回は1947年生まれのミッシェル・トールでお聴き下さい。

20501a.jpg

Les roses blanches  Michèle Torr  白いバラ  ミッシェル・トール

20501de.jpg

Les roses blanches  白いバラ   《宇藤カザン訳》      

C'était un gamin, un gosse de Paris,
Pour famille il n'avait qu'sa mère
Une pauvre fille aux grands yeux rougis,
Par les chagrins et la misère
Elle aimait les fleurs, les roses surtout,
Et le cher bambin tous les dimanche
Lui apportait de belles roses blanches,
Au lieu d'acheter des joujoux
La câlinant bien tendrement,
Il disait en les lui donnant :

それは男の子、パリっ子の話
母親しかいない家庭だった
悲しみと貧しいがために
泣きはらした大きな目のかわいそうな娘
彼女は花が好きで、とりわけバラが
かわいいおちびは日曜日ごとに
おもちゃを買う代わりに
きれいな白いバラを彼女に持ってきて
とても優しく撫でながら
彼女に花束を手渡して言うのだった

"C'est aujourd'hui dimanche, tiens ma jolie maman
Voici des roses blanches, toi qui les aime tant
Va quand je serai grand, j'achèterai au marchand
Toutes ses roses blanches, pour toi jolie maman"

「今日は日曜日だよ、僕の素敵なお母さん、受け取って
白いバラの花束だよ、大好きでしょう
僕が大きくなったら、花屋さんの白いバラを全部
素敵なお母さんに買ってあげるよ」

Au printemps dernier, le destin brutal,
Vint frapper la blonde ouvrière
Elle tomba malade et pour l'hôpital,
Le gamin vit partir sa mère
Un matin d'avril parmi les promeneurs
N'ayant plus un sous dans sa poche
Sur un marché tout tremblant le pauvre mioche,
Furtivement vola des fleurs
La marchande l'ayant surpris,
En baissant la tête, il lui dit :

この前の春に、残酷な運命が
金髪の働き手を襲った
彼女は病に倒れ
4月のある朝男の子は
道行く人たちの間を
母親が病院へと運ばれて行くのを見た
彼のポケットは空っぽだったので
市場で哀れな子供は震えおののきながら
こっそりと花を盗んだ
店の女は彼を取り押さえると
子供は頭を下げ、店の女に言った

"C'est aujourd'hui dimanche et j'allais voir maman
J'ai pris ces roses blanches elle les aime tant
Sur son petit lit blanc, là-bas elle m'attend
J'ai pris ces roses blanches, pour ma jolie maman"

「今日は日曜日だからお母さんを見舞いに行くの
僕はお母さんが大好きなこの白いバラをとってしまった
小さな白いベッドの上で、お母さんが僕を待ってるの
この白いバラは僕の素敵なお母さんのためにとったの」

La marchande émue, doucement lui dit,
"Emporte-les je te les donne"
Elle l'embrassa et l'enfant partit,
Tout rayonnant qu'on le pardonne
Puis à l'hôpital il vint en courant,
Pour offrir les fleurs à sa mère
Mais en le voyant, une infirmière,
Tout bas lui dit "Tu n'as plus de maman"
Et le gamin s'agenouillant dit,
Devant le petit lit blanc :

店の女は心を動かされ
優しく子供に話した
「それをあげるから持ってお行き」
店の女は彼にキスをして
許してもらったので輝きに満ちて子供は去った
そうして子供はお母さんに花束を届けるために
大急ぎで病院に行ったけれど
看護婦は子供を見ると小声で子供に言った
「もうお母さんはいないのよ」
子供は膝まずいて
小さな白いベッドの前で言った

"C'est aujourd'hui dimanche, tiens ma jolie maman
Voici des roses blanches, toi qui les aimais tant
Et quand tu t'en iras, au grand jardin là-bas
Toutes ces roses blanches, tu les emporteras"

「今日は日曜日だよ、僕の素敵なお母さん
白いバラの花だよ、大好きだったでしょう
天国の大きな花園に行く時に
この白いバラを全部持っていってね」

20501ht.jpg

《ALBA GARDEN》 宇藤カザンのフランスの庭


宇藤カザンのホームページ
 イギリスの庭園やフランス各地の花景色を紹介をしています。(一部制作中)


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

「私のジゴロ」 "C'est mon gigolo" です。ジゴロとは素性の怪しいやさ男、娼婦のヒモ、男めかけ、つばめ等を指します。

1930年にフランスでベルト・シルヴァ Berthe Sylva が歌いヒットしましたが、元はウィーンで1929年に作曲されたタンゴ曲で、ドイツやイタリアでも盛んに歌われ、更には英語の歌詞も付けられて広く歌われるようになりました。また1942年にはリュシエンヌ・ドリールが歌い大ヒットしましたが、ルフランの部分以外は最初の歌詞と異なります。

20430a.jpg

C'est mon gigolo  Berthe Sylva  私のジゴロ  ベルト・シルヴァ

またこの歌は1955年制作の映画「ピギャール小娘」 "La môme Pigalle" の中でクロディーヌ・デュピュイ Claudine Dupuis が歌っています。

20430dfe.jpg

C'est mon gigolo  Claudine Dupuis  私のジゴロ  クロディーヌ・デュピュイ  

C'est mon gigolo  Jacqueline François  私のジゴロ  ジャクリーヌ・フランソワ

20430ff.jpg

C'est mon gigolo  私のジゴロ       《宇藤カザン訳》

A Montparnasse, j'exerce mon industrie
Je suis modèle, faut bien gagner sa vie
Montrer son corps, ça ne veut pas dire qu'on le donne
Jusqu'à présent, il n'était à personne
Mais le printemps grise
A mon tour je fus prise
Et cette fois, j'connus les plus doux émois
Ce n'est qu'un homme, dites-vous
Mais je l'aime, alors ça change tout

モンパルナスで働いているのよ
私はモデル、生活がかかっているからね
体を見せるだけで、体を売っている訳ではないのよ
今のところ、お客はまだね
でも春になって
私の方が捉まってしまい
こよなく優しい感動を知ってしまったのよ
たかが男なんだけれど、そうよね
でも彼を好きになってしまったから
全てが変わってしまったの
 
C'est mon gigolo
Ce p'tit gars pâlot
Avec ses yeux plein de flammes
M'aime-ti, j'en sais rien
Mais il m'prend si bien
Qu'à lui je suis, corps et âme
Il n'est pas costaud
Mais il est si beau
Qu'il plaît à toutes les femmes
Et je m'dis, bien des fois
Je voudrais l'avoir seul pour moi
Je l'aime trop, mon gigolo

それは私のツバメよ
可愛いやさ男
燃える瞳で見つめるの
愛してくれているかは分からないけれど
どうしようもなく彼に惹かれてしまう私
身も心も彼に捧げるわ
がっしりとはしていないけれど
彼はとっても美男子だから
どんな女だって放っておかないわ
だから私はいつもいつも思うの
私だけの彼であって欲しいのよね
本当に彼が大好きなの、私のツバメちゃん

Les rêves passent, c'est pour ça que c'est des rêves
Il est parti, notre idylle fut trop brève
J'ai voulu m'tuer et puis, folle de l'outrage,
Sur l'infidèle j'allais passer ma rage
Dans ma détresse, j'ai retrouvé ses caresses
Et j'ai pensé : j'ne pourrai plus m'en passer
Qu'il me revienne seulement
Je l'r'prendrai disant simplement :

夢は過ぎ去り、だからこそ夢なのよね
彼は居なくなったわ、私たちの恋の詩は短かすぎたの
自殺したい思いに駆られ
それから彼の不実にひどい侮辱を感じて
気も狂わんばかりの私
激しい怒りへと変わっていったわ
苦悶するうちにも彼の愛撫を思い出しては思ったの
もう彼と再び会うこともないだろうと
つぶやきながら彼を思い出すことにするわ

C'est mon gigolo
Ce p'tit gars pâlot
Avec ses yeux plein de flammes
M'aime-ti, j'en sais rien
Mais il m'prend si bien
Qu'à lui je suis, corps et âme
Il n'est pas costaud
Mais il est si beau
Qu'il plaît à toutes les femmes
Et je m'dis, bien des fois
Je voudrais l'avoir seul pour moi
Je l'aime trop, mon gigolo

それは私のツバメよ
可愛いやさ男
燃える瞳で見つめるの
愛してくれているかは分からないけれど
どうしようもなく彼に惹かれてしまう私
身も心も彼に捧げるわ
がっしりとはしていないけれど
とっても美男子だから
どんな女だって放っておかないわ
だから私はいつもいつも思うの
私だけの彼であって欲しいのよね
本当に彼が大好きなの、私のツバメちゃん

20430sk.jpg

映画「アメリカン・ジゴロ」より 1980年



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

アダモの Adamo の 「おさげの少女」 "Une mèche de cheveux" です。日本語のタイトルとフランス語の歌詞の内容とはイメージにずれがあるとは思いますが、既に定着してしまっているのでそのままにします。

20429ds.jpg

Une mèche de cheveux  Salvatore Adamo  おさげの少女  アダモ

20429dfg.jpg

Une mèche de cheveux おさげの少女       《宇藤カザン訳》

Au fond de mon grenier
Blottie dans un tiroir
Un jour j'ai retrouvé
Une amourette d'un soir

屋根裏部屋の奥にある
引き出しの中を覗き込み
ある日僕は
一夜限りの恋と再び出会った

Elle s'était envolée
Je ne sais plus pourquoi
Je l'avais oubliée
Depuis longtemps déjà

それは記憶の彼方に
飛び去ってしまっていた
なぜか分からないけれど
もう随分前から僕はそのことを忘れていた

Dans un papier jauni
Recouvert de poussière
Son petit corps meurtri
reposait solitaire

黄ばんだ紙の中に
埃に覆われて
傷ついた小さな体は
ひっそりと横になっていた

Elle était venue mourir
Dans ce décor antique
Elle était venue mourir
En laissant pour relique

それは死にに来たのだった
この古びた飾りの部屋の中で
それは死にに来たのだった
形見として残しながら

Une mèche de cheveux
Qu'elle m'avait donnée
Une mèche des cheveux
Qu'un jour j'ai caressés

それが僕に託した髪の房
以前僕が愛撫した髪の房

Une mèche de cheveux
Qui venait ressusciter
Le souvenir d'un temps heureux
Le doux mirage d'un été
Le doux mirage d'un été

幸せだった頃の想い出を
甦らせた髪の房
夏の心地よい幻影
夏の心地よい幻影

Je sentais ma mémoire
Prête à tout raconter
Mais je connaissais l'histoire
J'ai préféré rêver

全ての想い出が
口をついて出そうになるのを感じたけれど
その物語は夢見ている方がいいのが
僕は分かっていた

Ce jour-là c'est étrange
J'ai voulu croire aux fées
Mais pincé par un ange
Je me suis éveillé

あの日は奇妙な一日だった
僕は妖精の存在を信じたかったけれども
天使に鼻をつままれ
眼が覚めてしまった

Une mèche de cheveux
Qu'elle m'avait donnée
Une mèche des cheveux
Qu'un jour j'ai caressés

それが僕に託した髪の房
以前僕が愛撫した髪の房

Une mèche de cheveux
Qui venait ressusciter
Le souvenir d'un temps heureux
Le doux mirage d'un été
Le doux mirage d'un été

幸せだった頃の想い出を
甦らせた髪の房
夏の心地よい幻影
夏の心地よい幻影

La la la la la la la la la la...

20429gg.jpg

モジリアニ「三つ編みの少女」

この歌詞は Elle を Une amourette にするか Une fille にするか迷い、前者として訳しましたが、後者を連想させようとする意図もあるでしょう。詩の場合二重の意味を持たせることはよくあります。


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

バラを歌ったシャンソンはたくさんあります。今日はその中でフランソワーズ・アルディ Françoise Hardy の「モナミ・ラ・ローズ」 "Mon amie la rose" です。

花の命のはかなさに青春の壊れやすい心を重ね合わせ、アルディーがちょっとはかなげな声で歌います。

20428a.jpg

Mon amie la rose  Françoise Hardy  モナミ・ラ・ローズ  フランソワーズ・アルディ  

20428b.jpg

Mon amie la rose  モナミ・ラ・ローズ    《宇藤カザン訳》

On est bien peu de chose
Et mon amie la rose
Me l'a dit ce matin
A l'aurore je suis née
Baptisée de rosée
Je me suis épanouie
Heureuse et amoureuse
Aux rayons du soleil
Me suis fermée la nuit
Me suis réveillée vieille

とてもはかないものなのね
明け方に愛しのバラはそう言った
夜明けに私は生まれ
バラ色の洗礼を授かり
私は咲いたの
幸せに、陽の光に恋して
夜になれば私は閉じて
目が覚めれば老けていたわ

Pourtant j'étais très belle
Oui j'étais la plus belle
Des fleurs de ton jardin

それでも私はとても美しかった
そうなの、あなたの庭の花の中で
私は一番美しかったの

On est bien peu de chose
Et mon amie la rose
Me l'a dit ce matin
Vois le dieu qui m'a faite
Me fait courber la tête
Et je sens que je tombe
Et je sens que je tombe
Mon cœur est presque nu
J'ai le pied dans la tombe
Déjà je ne suis plus

とてもはかないものなのね
明け方に愛しのバラはそう言った
私をお作りになった神様が
頭をかしげさせるのよ
倒れそうだわ
倒れそうだわ
私の心心臓はほとんど剥き出しで
お墓に片足を突っ込んでいるの
これでは私は生きていると言えないわ

Tu m'admirais hier
Et je serai poussière
Pour toujours demain.

昨日あなたは私を素敵だと言ったわ
でも明日には私は永遠に塵になるの

On est bien peu de chose
Et mon amie la rose
Est morte ce matin
La lune cette nuit
A veillé mon amie
Moi en rêve j'ai vu
Eblouissante et nue
Son âme qui dansait
Bien au-delà des nues
Et qui me souriait

はかないものなのね
愛しいバラは明け方死んだ
月が夜通し私の友の通夜をしてくれた
私は夢に見た
まばゆい裸の
魂が雲の彼方で踊りながら
私に微笑んでいるのを

Crois celui qui peut croire
Moi, j'ai besoin d'espoir
Sinon je ne suis rien
Ou bien si peu de chose
C’est mon amie la rose
Qui l'a dit hier matin.

分かっていただけるでしょう
私には希望が必要なの
そうでなければ私には生きる意味がない
もしくはとてもはかないもの
それは愛しのバラが
昨日の明け方言った言葉

20428c.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

ジルベール・ベコー Gilbert Bécaud の「バラはあこがれ」 "L'important c'est la rose" です。フランス語のタイトルは「大切なのは、それはバラ」という意味になります。     
     
20427a.jpg

L'important c'est la rose  Gilbert Bécaud  バラはあこがれ  ジルベール・ベコー

20427ce.jpg

L'important c'est la rose  バラはあこがれ     《宇藤カザン訳》

Toi qui marches dans le vent
Seul dans la trop grande ville
Avec le cafard tranquille du passant
Toi qu'elle a laissé tomber
Pour courir vers d'autres lunes
Pour courir d'autres fortunes
L'important...

風の中を歩く君
大都会の中でたった一人
通り過ぎる人は押し黙って憂鬱そうに
別の月に向かって走り
別の宝物を探し求めて去った
彼女に振られた君
大切なのは・・・

L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
Crois-moi

大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
本当だよ

Toi qui cherches quelque argent
Pour te boucler la semaine
Dans la ville tu promènes ton ballant
Cascadeur, soleil couchant
Tu passes devant les banques
Si tu n'es que saltimbanque
L'important...

はした金を求める君
一週間のやり繰りをするために
君は街をぶらつく
綱渡りの曲芸師、沈む太陽
銀行の前を通り過ぎる君
君が大道芸人でしかないとしても
大切なのは・・・

L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
Crois-moi

大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
本当だよ

Toi, petit, que tes parents
Ont laissé seul sur la terre
Petit oiseau sans lumière, sans printemps
Dans ta veste de drap blanc
Il fait froid comme en Bohème
T'as le cœur comme en carême
Et pourtant...

ちっぽけな君
君を世の中に一人で置き去りにした両親
小鳥には光もなければ、春も訪れない
白いパジャマに身を包み
ボヘミア地方のような寒さに震え
君は何もする気が起きないだろう
けれども・・・

L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
Crois-moi

大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
本当だよ

Toi pour qui, donnant-donnant
J'ai chanté ces quelques lignes
Comme pour te faire un signe en passant
Dis à ton tour maintenant
Que la vie n'a d'importance
Que par une fleur qui danse
Sur le temps...

互いに与え合うように、君のために
僕はこのフレーズを歌ったよ
通りすがりに合図を送るように
今度は君が言う番だよ
調子に乗って踊る
一輪の花によって
人生に大切なものがもたらされるんだよ

L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
L'important c'est la rose
Crois-moi

大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
大切なのはバラだよ
本当だよ

20427de.jpg

「君は銀行の前を通る 君が大道芸人でしかないとしても」の部分は銀行と大道芸人、banque ・saltimbanque(バンク・サルタンバンク)の語呂合わせをしている。いずれにしろ人を勇気付ける素敵な、誰からも親しまれる歌でしょう。



clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

20426de.jpg

ピカルディー地方はドーヴァー海峡を挟んでイギリスの対岸になるフランス北部の地方ですが、「ピカルディーの薔薇」 "Les roses de Picardie" は第一次大戦中の1916年頃にイギリスのハイデン・ウッドによって作曲され、フランスの戦地に出兵したイギリス兵士の間で愛唱されました。

1918年ごろからフランスでも多くの歌手によって歌われるようになりましたが、ここではティノ・ロッシ Tino Rossi で聴いてみましょう。

20426a.jpg

Les roses de Picardie  Tino Rossi  ピカルディーの薔薇  ティノ・ロッシ

歌詞が違いますがイヴ・モンタンも魅力的に踊りながら歌っています。

Les roses de Picardie  Yves Montand  ピカルディーの薔薇  イヴ・モンタン 

20426hw.jpg

Les roses de Picardie  ピカルディーの薔薇     《宇藤カザン訳》

De ses grands yeux de saphir clair
Aux reflets changeants de la mer,
Colinette regarde la route,
Va rêvant, tressaille, écoute.
Car au loin, dans le silence,
Monte un chant enivrant toujours.
Tremblante, et sans défense
Devant ce premier chant d'amour

揺れ動く波のきらめきのような
明るいサファイア色の目を見開き
コリネットは通りを眺める
夢心地に、身を震わせて、耳を澄ませば
遠くから静けさの中を
今なお心を酔わせる歌が聴こえてくる
この初めての愛の歌を前にすれば
こらえきれず、心は震え

Des roses s'ouvrent en Picardie,
Essaimant leurs arômes si doux
Dès que revient l'avril attiédi,
Il n'en est de pareilles à vous !
Nos chemins pourront être un jour écartés
les roses perdront leurs couleurs,
L'une, au moins gardera pour moi sa beauté,
C'est la fleur que j'enferme en mon coeur !

大気が和む4月の訪れと共に
妙なる甘い香気を振りまきながら
ピカルディーの薔薇は花開くけど
あなたにはとても及ばない!
私たちの進む道がいつしか別れ別れになり
薔薇の花が色あせるとしても
一つだけは私のために
いつまでも美しいままでいるでしょう
それは私の心の中に秘めた花!

A jamais sur l'aile du temps,
Depuis lors ont fui les ans
Mais il lit dans ses yeux la tendresse,
Ses mains n'ont que des caresses.
Colinette encor voit la route
Qui les a rapprochés un jour,
Quand monta vers son coeur en déroute
Cette ultime chanson d'amour

時は翼に乗って
月日は過ぎ去ってゆく
しかし彼は彼女の目に優しさを見出し
彼女に両手でひたすら優しく触れるばかり
かつて二人を近づけた道を
コリネットはまだ眺めている
その時彼女の乱れた心に聴こえて来るのは
この最後の愛の歌

20426y.jpg

Roses of Picardy  Frank Sinatra    ピカルディーの薔薇  フランク・シナトラ 

20426ka.jpg

Roses of Picardy  ピカルディーの薔薇     《宇藤カザン訳》

She is watching by the poplars,
Colinette with the sea-blue eyes;
She is watching and longing and waiting
Where the long white roadway lies.

彼女はポプラの木のそばで眺めている
海のように青い目のコリネット
彼女はどこまでも続く白い道の彼方を
眺めながら待ち焦がれている

And a song stirs in the silence,
As the wind in the boughs above,
She listens and starts and trembles,
'Tis the first little song of love:

静けさの中に一つの歌が聴こえ
風が高い木の枝を揺するように
彼女は聴きながら震え出す
それは初めてのささやかな愛の歌

Roses are shining in Picardy
In the hush of the silver dew;
Roses are flow'ring in Picardy,
But there's never a rose like you!

ピカルディーの薔薇は輝き
銀色の露の静けさの中で
ピカルディーの薔薇は花開く
しかしあなたのような薔薇はどこにもない!

And the roses will die with the summertime,
And our roads may be far apart,
But there's one rose that dies not in Picardy!
'Tis the rose that I keep in my heart!

夏の訪れと共に薔薇は枯れるだろう
そして私たちの道は遠く離れてゆくだろう
けれどもピカルディーでたった一つ枯れない薔薇がある
それは私の心の中に咲く薔薇

And the years fly on fo rever,
Till the shadows veil their skies,
But he loves to hold her little hands,
And look in her sea-blue eyes.

月日はいつまでも飛び去って行く
空が夕闇で覆われる頃まで
彼は彼女の可愛い手を取っているのが好きで
海のような青い目を眺めている

And she sees the road by the poplars,
Where they met in the bygone years,
For the first little song of the roses
Is the last little song she hears:

彼女はポプラの木のそばで眺めている
そこは以前二人が出合った場所
初めてのささやかな愛の歌に代わって
彼女が聴くのは最後のささやかな歌

Roses are shining in Picardy
In the hush of the silver dew;
Roses are flow'ring in Picardy,
But there's never a rose like you!

ピカルディーの薔薇は輝き
銀色の露の静けさの中で
ピカルディーの薔薇は花開く
しかしあなたのような薔薇はどこにもない!

20426jr.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。

パトリシア・カース Patricia Kaas の「モン・メック・ア・モア」 "Mon mec à moi" はカースの歌の中でもっとも人気があるのではないか。ピートが効いていて気持ちがいい。

メックとは「男」のスラングで、彼氏、奴、野郎などと訳せます。1988年にリリースされ大ヒットしました。

20425a.jpg

Mon mec à moi  Patricia Kaas  モン・メック・ア・モア  パトリシア・カース

20425de.jpg

Mon mec à moi  モン・メック・ア・モア   《宇藤カザン訳》

Il joue avec mon cœur
Il triche avec ma vie
Il dit des mots menteurs
Et moi je crois tout c'qu'il dit
Les chansons qu'il me chante
Les rêves qu'il fait pour deux
C'est comme les bonbons menthe
Ça fait du bien quand il pleut
Je m'raconte des histoires
En écoutant sa voix
C'est pas vrai ces histoires
Mais moi j'y crois.

私の心をもてあそぶ彼
私の人生を欺く彼
嘘ばかりつく彼
私に歌ってくれる愛の歌も
彼の言うことはなんでも信じてしまうの
彼が私たち二人のために描く夢は
まるでハッカのキャンデーみたいで
雨が降っている時なんかには心地いいのよ
彼の声を聞きながら
彼の作り話を自分に言い聞かせたわ
本当の事なんかないんだけれど
それでも私は信じてしまうの

Mon mec à moi
Il me parle d'aventures
Et quand elles brillent dans ses yeux
J'pourrais y passer la nuit
Il parle d'amour
Comme il parle des voitures
Et moi j'l'suis où il veut
Tellement je crois tout c'qu'il m'dit
Tellement je crois tout c'qu'il m'dit
Oh oui
Mon mec à moi

私のカレシ
アイツは恋の遍歴を語る
その話で目をキラキラさせていると
一晩中でも聞いていたい気になるわ
アイツは車の事を話すみたいに
恋を語る
アイツの行きたい所にはどこでもついて行く私
アイツの言うこと全部どうしようもなく信じてしまうの
アイツの言うこと全部どうしようもなく信じてしまうの
ええ、そうよ
私のカレシだもの

Sa façon d'être à moi
Sans jamais dire je t'aime
C'est rien qu'du cinéma
Mais c'est du pareil au même
Ce film en noir et blanc
Qu'il m'a joué deux cents fois
C'est Gabin et Morgan
Enfin ça ressemble à tout ça
J'm'raconte des histoires
Des scénarios chinois
C'est pas vrai ces histoires
Mais moi j'y crois

アイツ流の私の扱い方なんだけれど
愛しているなんて言わないし
映画から拾ってきた台詞ばかりで
昔の白黒映画とちっとも変わり映えがしない
もう飽き飽きするほどギャバンとモルガンを
アイツは演じて来たわ
他の事も似たり寄ったりよ
私は彼の荒唐無稽な話を自分に言い聞かせたわ
本当の事なんかないんだけれど
それでも私は信じてしまうの

[Refrain]繰り返しは省略します

204215kr.jpg



wink.gif人気ブログランキングに参加していますpetitenote.gif

おかげさまでフランス語部門ベスト3入り!今日はニャン位かな?
お帰りにポチッと足跡残していってね♪



▼read more

Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。