2010 / 07
≪ 2010 / 06 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2010 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに軽井沢ソナタのギャラリーの植え込みですが、梅雨を経て猛暑が訪れ、もうすごく元気で大きくびっしりとはびこっています。

00728b.jpg

オリヅルランも大きくなりました。

00728f.jpg

このホスタは2年目ですがきれいに大きく育っています。

00728c.jpg

斑入りのブドウヅタもサークルからはみ出して花芽を付けています。

00728d.jpg

軽井沢でも暑いのだから東京や関西の暑さはすごいでしょうね。

00728e.jpg

ギャラリーの横の塀も板を張ってツタ類を垂れ下げているので見た目は少し涼しそうでしょう。

00728a.jpg

毎日夕方になると雷雨があるので水遣りの必要もありません。

今度の日曜日はまたナインハンドレッド倶楽部でシャンソンを歌います。そして8月18日は大賀ホールでシャンソンのデュオコンサートです。絵も歌も忙しいのでなかなかブログまで手が回らないかもしれません。



人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。
スポンサーサイト

ジャック・ブレルの「懐かしい恋人の歌」だが、ちょっと変わった演奏をU-Tubeで見つけた。それは弦楽四重奏をバックに歌うアレクサンドラ・クラヴロというフランス人の女性なのだが、自らヴァイオリンも弾く。

00722b.jpg

彼女のホームページで経歴を見るとリヨンのコンセールヴァトワール(音楽学校)でヴィオラを学び、パリのコンセールヴァトワールで指揮を学び、作曲もし、歌手でもあるという大変な才能の持ち主である。

00722a.jpg

la chanson des vieux amants, brel, alexandra cravero「懐かしき恋人の歌」

U-Tubeではジャック・ブレルの「アムステルダム」も見ることが出来る。ブレルの激しい歌い方とは違って洗練された歌い方だと思うが人の心を惹き付ける力がある。

alexandra cravero amsterdam「アムステルダム」

次に指揮者のクラヴロでプロコフィエフのロミオとジュリエットです。

00722c.jpg

romeo et juliette Prokofiev:alexandra cravero

オーケストラは一流とは言えませんが、指揮する姿は決まっています。


人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。

今日は合唱の練習日です。最近はいつも男声と女声とに分かれて練習しています。

00721d.jpg

女声陣は冷房の効いた舞台の上で指揮の内田先生と練習しています。

00721e.jpg

グランドピアノに専属のピアニスト付です。

00721h.jpg

いかにも上手そうでしょう!

00721f.jpg

一方男声陣は冷房の無い廊下で練習します。東京より5度は低いとはいえ、このところの軽井沢は相当に暑いので歌っていると汗が出てきますが、うちわ持参の賢い人もいます。

00721k.jpg

ヴォイストレーナーの大畑さんの特訓のお陰で、少しは揃うようになったのですが、まだまだ道のりは遠く、当分クーラーの効いた講堂の舞台はお預けでしょう。

00721b.jpg


人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。

7月14日と19日はジャック・ブレルの「行かないで」をフランス語で歌ったのだが、最近素晴らしい歌手を発見した。Wende Snijdersというオランダ人の女性歌手なのだが、読み方が分からないのでオランダに住む妹に聞いたところウェンデ・スネイデルスという発音が一番近いようだ。

00721a.jpg

彼女の歌い方はブレルともマイザとも違って、語るように歌うのだがフランス語の発音も完璧で、何よりも若いのにフランスのシャンソンを歌うところがうれしい。

Wende - Ne Me Quitte Pas

「行かないで」を自分とは全く違う歌い方をする歌手の興味が沸き、他の歌をどう歌っているかが知りたくなった。そこで同じジャック・ブレルの「平野の国」を聴いてみたがブレル独特の癖が全くない別の歌い方だった。

Wende Snijders le plat pays

8月25日にカザンが歌う予定の「パリ・カナイユ」も相当変わっているが妙に説得力がある。

Paris Canaille - Wende Snijders

カザンはイヴ・モンタンまたはジャックリーヌ・フランソワに近い歌い方になると思うけれど、、、、


人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。

19日の「海の日」は海の無い長野県では「信州パリ祭」のコンサートが小海町の松原湖の近くのヤルヴィ・ホールというところで行われました。

00719a.jpg

ホールは松原湖近くの長湖という小さな湖のほとりにあり、バンガローなどもあってフィンランド村ということになっていますが、ヤルヴィというのはフィンランドの指揮者の名前です。

00719b.jpg

ホールにはスタインウェイのグランドピアノが入っていますが、響きが良く、音楽合宿などには最適な環境でしょう。

00719c.jpg

入り口の花はヤナギランやヤマアジサイなど長野で自生している花のアレンジです。

00719e.jpg

出演者は20人で40曲なのでリハーサル無し。長時間コンサートをひかえ、まずは腹ごしらえ。

00719d.jpg

ピアニストの山崎さだみさんはアウトドア派?で木陰で昼食です。サングラスをしていますがお洒落からではなく、風邪が目に来てしまっているためです。

00719f.jpg

カザンは「行かないで」と「小雨降る径」をフランス語で歌いましたが、写真は今回のコンサートの主催者の田中みどりさんで、彼女のサロン・ド・ヴェールというカフェ・ギャラリーで山崎先生のレッスンを受けている生徒たちの発表会なのです。

00719g.jpg

東京から特別ゲストとして参加された元宝塚の谷古晴美さんが「すみれの花咲く頃」など2曲歌われましたが、さすがに聴衆を惹き付ける力がすごく、鳴り止まぬアンコールの拍手に「ろくでなし」をパフォーマンスと共に歌い上げて、4時間に渡るロング・コンサートが終了しました。


人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。


今年のキャトーズ・ジュイエ、つまり日本で言う「パリ祭」は早朝から雨模様だがシャンゼリゼ通りでは軍隊や、消防団、聖職者などの行進が続く。

00718b.jpg

その模様はTVで中継されるが、この祭りはもちろんパリだけでなくフランス中行われるフランス最大の祭りです。

00718cs.jpg

凱旋門側から緩やかな坂を下り、コンコルド広場の特別席で大統領や閣僚が行進を迎える。

00718a.jpg

00718z.jpg

そして夜の楽しみはトロカデロ広場での花火だが夕方になってもまだ暗い雲が会場の上を覆う。

00718h.jpg

トロカデロ宮の馬の像が雲の上を駆けるように見える。

00718y.jpg

だが花火が始まる頃には少し晴れてきて壮大な光の芸術が楽しめます。

00718n.jpg

00718l.jpg

00718m.jpg

00718k.jpg

00718e.jpg

00718j.jpg

00718f.jpg


人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。

ナインハンドレッド倶楽部のスタッフが撮った写真が手に入りました。

00714d.jpg

テーブルを囲んで座りゆったりとした空間で聴きます。

00714b.jpg

とてもよく響いてまるでコンサート・ホールのよう。

00714c.jpg

何を歌っているときか分かりませんがカザンです。

00714a.jpg

龍野なを美さん。

00714e.jpg

榊原舞さんとピアニストの山崎さだみさんです。次回は8月1日、3時から宇藤カザン、田中みどり、榊原舞、そしてピアノ、山崎さだみでお送りします。是非お誘い合わせの上お出かけ下さい。


人気ブログランキングへ←ブログランキング。ポチっと応援、よろしくお願いしま~す!


sonatass.jpg


軽井沢ソナタのパンのご注文は上の画像をクリックしてください。

昨日のコンサートはピアニストの山崎さだみさんの体調が余りよくなかったのですが、そんなことは誰にも気づかれないような演奏で、コンサートは盛況のうち終了しました。心配した雨もコンサートの前後だけは止んで、多くの方に楽しかったと言われ、喜んでいただけたようです。

さて、今日は上田のシャンソニエ・モーヴで4曲歌って来ますが、今日から9月20日まで18号バイパスのレストラン「こどう」で版画による展覧会をします。約25点出品していますので軽井沢でお食事の節はお寄り下さい。

こどう


実は今日は14日のリハーサルの予定だったのだが、ピアニストの山崎さだみさんが風邪でダウンし、ゲネプロは中止となり、全体の流れの打ち合わせが出来ないばかりでなく、僕以外の女性がどの曲を歌うのかすらはっきりしない。みんな割りに慣れているのでなんとかなるとは思うが、ぶっつけ本番という感じですね。その方がスリルがあっていいかもね。したがってプログラムもプリントせずその場で曲を紹介するということになるかも、、、、

歌手の代わりはいてもピアニストの代わりはいないのでピアニストが来られなければコンサートは出来ないが、まあ、あと1日で山崎さんの風邪が治ってくれることを祈ります。

それともう一つ、8月1日の歌手の1人が降板ということになり、急遽代役を探すことになったが、面倒なので僕が歌うことにしました。同じ曲なら簡単なのですが、同じ曲にはしたくないので14日と別の曲を考えています。

14日は「サン・ジャンの私の恋人」「パリの空の下で」「ブルージーンと皮ジャンパー」「枯葉」「行かないで」なので8月1日は「パリ・カナイユ」「小さなひなげしのように」「小雨降る径」「懐かしき恋人の歌」「ラ・ボエーム」にしようかなと思っています。

あと「雪が降る」「愛の讃歌」「ひまわり」「百万本のバラ」は歌詞も覚えているが、8月に「雪が降る」はおかしいし、「愛の讃歌」は女性の曲だし、「ひまわり」と「百万本のバラ」は日本語なので、僕の場合、男性であるということと、フランス語で歌うということに存在意義があると思うのでこの2曲も外します。あと「ある日恋の終わりが」もそれほど歌詞は難しくないのだが大きな会場向きの曲ではないような気がしますね。

問題は全部の歌詞を覚えられるか!です。特にパリ・カナイユはすごく速い曲なので舌が回るか?と言う問題もあります。でもトップに歌うにはとてもいい曲なので何とか2週間で物にしたいのですが、絵のほうも忙しいからどうなることやら?

00712a.jpg


イヴ・モンタンのパリ・カナイユ

Yves Montand - Paris Canaille



7月14日のシャンソンコンサートも近づいてきましたが、一番大変なのは歌詞を覚えることですね。僕は全部フランス語で歌うのですが、特に「行かないで」の前半は愚痴っぽくてストーリーの情景が浮かばなく、同じようなことが言葉を変えて繰り返され、また半音下がるところも少し不自然なところがあり、とても覚えにくいのです。
でも後半の盛り上がるところは歌っていても気持ちがよく、感情を入れやすい曲なので僕にとっては「ラ・ボエーム」と共にとても好きな曲です。

14日のシャンソンコンサートが終わると翌日は上田のシャンソニエ・モーヴで4曲歌いますが、僕としては14日とは別の曲を4曲歌う予定です。そして19日は小海のヤルヴィ・ホールで2曲、8月1日にもナインハンドレッドで歌うことになりそうで、25日には軽井沢のディアマンというところで3曲歌う予定です。

そこで新しい曲を練習中で、その中の一曲は「行かないで」と同じジャック・ブレルの「懐かしき恋人の歌」ですが、この日本語のタイトルから想像する内容と実際の内容とはだいぶ開きがあり、かなり壮絶な愛の歴史であると言えましょう。

簡単に訳してみると、、、

20年の狂気じみた恋にはもちろん嵐があり、
何度も君は荷物をまとめ、何度も僕は家を飛び出した。
ゆりかごの無い部屋の家具は昔の嵐の名残を留めるが、
以前と同じものは何も無い。
君は水の味を忘れ、僕は征服の味を失った。
(これは彼女が酒に溺れたという意味だろう)

だけど夜明けから一日の終わりまで切れ目の無い
僕の甘く優しいめくるめく恋、
君は知っているだろう、僕は君を愛している。

僕は君の全ての魔力を知っていて、
君は僕の全ての魅惑を知っている。
君は次々と僕を罠にはめて僕を留めようとしたが、
僕は幾度となく君を見失った。
もちろん君は慰めのために
他の恋人と悦楽の時を過ごしただろう。
そしてそれらは結局僕たちが
大人にならずに歳を取るために
多くの才能を必要とした。
(つまり時には浮気も仕方なかったということか)

ああ、夜明けから一日の終わりまで切れ目の無い
僕の甘く優しいめくるめく恋、
君は知っているだろう、僕は君を愛している。

更に多くの時が過ぎ行き、
更に多くの時が僕たちを悩ませたが、
恋人たちが平穏に暮すための
最悪の罠では無かった。
(つまり破滅には至らなかったということでしょう)

君が泣けばその後で僕は
引き裂かれる思いだった。
僕たちは次第に神秘な部分を
保とうとしなくなり、
元に戻る機会も失い、
水の流れを信頼しなくなった。
それは常に優しい戦争だった。

ああ、夜明けから一日の終わりまで切れ目の無い
僕の甘く優しいめくるめく恋、
君は知っているだろう、僕は君を愛している。

00709a.jpg

ブレルの歌詞は難解であることで知られ、まるで象徴詩のようなところもあるがそれだけに分かりかけるとずしんと来るようなところがあり、メロディーの魅力とブレルの歌い方とピアノ伴奏の魅力とが相まって感動的な歌になるのでしょう。

「行かないで」では「あなたの犬の影になりたい。」というのが僕には一番印象的な言葉でしたが、「懐かしき恋人の歌」では「優しい戦争」という言葉に重さを感じます。

だからこういう歌は若い時には歌えず、嵐をたくさん経験した僕のような年代の方が歌に気持ちを込められるのではないかと思うのです。


Brel : La chanson des vieux amants

7月14日のシャンソン・コンサートの案内は左の上の「イギリス・フランス花景色」をクリックしてください。



レイク・ガーデンと言うからには湖と言うほどではないにしろ大きな池がある。水があるというのはいいものです。気持ちが落ち着きますね。

00704a.jpg

李家があればそれなりに管理が大変ですが、藻がはびこらないように草魚が放してあります。選定したバラの葉や花柄も活けに投げ込めば草魚が食べてくれます。

00704b.jpg

00704c.jpg

バラだけでなく宿根草のガーデンも充実しているのですが、今回は時間が無かったのでまた梅雨明けにでも来ます。

00704d.jpg

00704e.jpg

ホテル・ルゼの庭には一般の人は入れません。宿泊客だけなので、今度泊まってみたいけれど、、、、

00704ff.jpg

00704g.jpg 

入り口の横のショップではバラの苗を売っています。

00704h.jpg

00704i.jpg

レイクニュータウンの別荘管理棟ですが、ここが一番大きくバラが育っているので、ここからバラのレイク・ガーデンに発展して行ったのかもしれませんが、それにしてもよく作ったものです。

00704k.jpg

00704l.jpg

管理事務所からレイク・ガーデンを見たところ。また来ることにしましょう。




00701c.jpg

入り口を入ってすぐのパーゴラは蔓バラが去年に比べて随分大きくなってきました。

00701a.jpg

クレマチスも大きく咲いています。

00701b.jpg

00701f.jpg

00701d.jpg

パーゴラを横から見たところ。

00701e.jpg

パーゴラに沿ってホテルのエントランスへの通路があって、ペレニアルのボーダーが美しい。

00701g.jpg

ホテル・ルゼのエントランス。英国アンティーク家具のインテリアが素晴らしい。

00701w.jpg

00701r.jpg

00701t.jpg

00701s.jpg

アルケミラ・モリスが本当に大きく育って、、、、

00701k.jpg

00701l.jpg

ラムズイアーとヒューケラの取り合わせがお洒落。

00701m.jpg

クナウティアとか、、、

00701z.jpg

ノコギリソウとかもいい色ですね。

00701x.jpg


Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。