FC2ブログ
2008 / 05
≪ 2008 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2008 / 06 ≫

ネス・ボタニック・ガーデンズはネス湖の近くにあるのではなく、リヴァプールとチェスターの中間あたり、サウス・ワイラルのネストンという村の近くにある。

80502ba.jpg

この庭園は綿商人だったアーサー・キルピン・バリーが1897年にディー川を望む地に家を建てたことから始まり、次第に植物の収集を始め、1904年にはチベットやヒマラヤの植物を中心としたナーセリーを設立に至った。

バリーは多くのシャクナゲやツバキを英国に紹介し、それが今日のハイブリッド系のシャクナゲやツバキの元となった。

アーサー・バリーは1942年に亡くなったが1948年にはリヴァプール大学に寄贈され、1957年頃からは単に植物の収集、研究の場としてでなく、庭園としての形が整えられ、規模も18ヘクタールにまで拡大した。

80502o.jpg

現在ではバリーの情熱でもあり、遺志でもあった植物の研究と普及活動の場として、ビジター・センターが建てられ、植物学の講義やレッスンも行っている。

80502n.jpg

園内には多くのシャクナゲのコレクションが見られる。

80502m.jpg

80502s.jpg

80502v.jpg

80502q.jpg

80502i.jpg

80502xr.jpg

80502d.jpg

土壌が酸性土壌なのだろう。夏も比較的涼しく、ヒマラヤの青いケシの栽培にも適しているようだ。

80502x1.jpg

80502fs.jpg

80502z.jpg

80502dg.jpg

80502dc.jpg

こちらはメコノプシス・ベトニキフォリア・アルバ、つまり青いケシの白花種です。

80504c.jpg


ranking.jpg←人気ブログランキングに参加しています。今日も応援ありがとう♪

heu.jpg←宇藤カザンのバックナンバー的ブログ。

スポンサーサイト



Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ