2007 / 11
≪ 2007 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2007 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びブドウ畑。

71130a.jpg

71130b.jpg

収穫されたブドウ。

71130c.jpg

ボーヌの市場。パニエ(かご)に入れられての量り売りだが、スーパーでも野菜は自分で計って紙またはビニール袋に入れる。そういえばフランスには発砲スチロールのトレイはないな・・・

71130f.jpg

71130e.jpg

トマトは安くておいしい。

71130d.jpg

たくさんの種類のオリーヴ漬け

71130g.jpg

夕食はエスカルゴとキノコから

71130h.jpg

フォアグラのソテーは濃厚な、あまりに濃厚な味。

71130i.jpg

ワインで口直しをしないと、、、

71130n.jpg

チーズもまた濃厚なものが多い。

71130j.jpg

フランスのコーヒーはエスプレッソだからアメリカ人には飲めない。

71130k.jpg


br6.jpg←留守番ネコに応援のクリック、ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


スポンサーサイト

ボーヌはブルゴーニュ・ワインの中心地だからワイン・ショップが多い。

71129a.jpg

そしてCAVE、カーヴ=地下室という意味だがワインの貯蔵庫を公開し、そこで試飲をしてボトルを買ってもらうというワイン蔵も当然ある。

71129b.jpg

地下は迷路のようになっていてかなり広い。年間を通して一定の温度に保たれワインの保存熟成に理想の環境。

71129f.jpg

71129h.jpg

71129g.jpg

71129m.jpg

お目当てのワインの試飲。

71129k.jpg

71129e.jpg

地上では鼓笛隊がマーチを奏でる。

71129j.jpg


br7.jpg←Merci!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


フランス人がランク付けを特に好むと言うことはないが、観光大国だから観光客に対してのサーヴィスはかなり徹底している。例えばホテルは政府が五つ星から星なしまでをランク付けしているし、レストランはミシュランだけでなくゴー・ミョーのランク付けの本もあるし、「フランスの美しい村」のセレクションと言うのもある。

フランスの文化省が関係し、公的な選定機関が選ぶ「花いっぱいの町と村」のランク付けもあって最高は四ツ星ならぬ四ツ花であるが、年々参加する自治体が増え、現在ではフランスの全自治体の3分の1が「花いっぱいの町と村」のコンクールに参加し、3000の自治体が一ツ花以上を得、201の四ツ花があるが、ボーヌは四ツ花に選ばれ、しかもグランプリを受賞しているから、街角の花のディスプレイはなかなかのもので、洗練さも感じられる。

71128a.jpg

20年ぐらい前のフランスではあまり菊は多く見られなかったように思うが年々人気が出てきて秋の花の一番人気になってしまったように思う。

71128d.jpg

菊のカクケード仕立て?

71128b.jpg

ボーヌではないがディジョンの街のキクの植え込みです。

71128k.jpg

パリ北部近郊のサンリスの町から。

71128l.jpg

71128n.jpg

71128o.jpg

71128p.jpg


br6.jpg←留守番ネコに応援のクリック、ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


ボーヌの町はブルゴーニュの中心地、ディジョンに較べるととても小さな町です。

71125cc.jpg

71125da.jpg

晩秋の寄せ植え

71125aa.jpg

大きな葉のアーティチョーク、サトイモ科の黒い葉、キクのコンビネーション。

71125ba.jpg

秋の朝市にはたくさんの種類のキノコが並んでいる。

71125df.jpg

フランスにはたくさんの種類のソシッソン・セック(ドライ・ソーセージ)があってすごくおいしい!

71125fa.jpg

ボーヌでお気に入りの小さなレストラン、「ラ・シブレット」はシンプルな料理だがとてもおいしい。シブレットとはチャイブのことです。

71125la.jpg

71126la.jpg

71125ka.jpg


br6.jpg←今日も一日元気にクリック!応援ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


ボーヌはブルゴーニュ・ワインの中心地であるが、ボーヌの町で最も有名なのはオテル・ディユー「神の館」あるいはオスピス・ド・ボーヌ「施療院」と呼ばれる屋根瓦が美しい大きな建物で、町の中心地、インフォメーションのすぐ隣にあって、ここを訪れない人はまずいないので復活祭や夏のヴァカンス時には相当込み合う。

71125k.jpg

15世紀半ばのブルゴーニュ公国のフィリップ・ル・ボン(善良公)の宰相、ニコラ・ロランは妻のギゴーネ・ド・サランとともに私財を投じて貧しい市民が無料で治療を受けられる病院を建設した。
運営費は寄贈されたブドウ畑から獲れるワインを競売で販売して当てられ、500年以上にわたって施療された。
昨日の最後のワインはこの施療院の所有するブドウ畑で取れたワイン「オスピス・ド・ボーヌ」です。

オスピス内部の両側にはベッドが並んでいます。

71125f.jpg

こちらは貧民用のベッドと言うことになる。

7112e.jpg

71125g.jpg

そしてこちらは特別室。

71125h.jpg

ニコラ・ロランによって注文さたロジェ・ファン・デル・ヴェイデン作の「最後の審判」は8年の歳月をかけて制作されたフランドル絵画の傑作です。ヴェイデンは上野の西洋美術館に小さな作品のコレクションがあると思うが、作品の購入金額が当時としては破格の値段だったことを記憶している。

71125r.jpg

この絵が描かれた頃、フランドル地方はブルゴーニュ公国の支配下にあり、多くの芸術家が招かれた。ロランはまたヤン・ファン・エイクにも「宰相ニコラ・ロランの聖母子像」を注文しオータンの教会に寄進したが、現在ではルーヴル美術館に展示されている。


br7.jpg←今日も祝福のクリック、よろしくね。そうすればきっと天国。


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


ミシュランはもともとはと言うか、現在でもフランスのタイヤ会社で、タイヤ、自動車、移動、旅行、食事・・・とタイヤと関連ある分野にも柔軟な発想を展開して行った。
昨日のホテル・レストランガイドは宿泊と食事のバイブルであるが、ミシュランの地図も実に素晴らしく、これ以上完璧な地図は望めないと思う。すごく正確で分かりやすいのは当然だが、景色の良い道に沿ってグリーンの印があるし、ビュー・ポイントやパノラマ・ポイントも載っているから急がなければ高速道路を外れて遠回りをしてでも景色の良い道を選ぶことが出来る。と言うことはミシュラン社のスタッフは地図を作成するに当たってどんな細い道も自分で走って確かめていると言うことになるわけですね。

71124e.jpg

フランスの高速道路。以前は制限速度が無制限だったがフランスは交通事故の死者がヨーロッパのワーストだったから、汚名を返上するために130キロに制限されるようになった。まあ150キロまでは制限速度オーバーで捕まることはありえないからほとんどの車は150キロ前後で走っている。

71124a.jpg

高速道路のサーヴィス・エリアはレストランが道路の上にまたがっているスタイルもあり、上下線のどちらからでもアクセスできる。

71124b.jpg

食事にはもちろんワインが提供される。ただしワインはグラス1杯までというキャンペーンをしている。

71124c.jpg

高速道路を外れてボーヌへ向かいます。ブドウ畑が見えてきました。

71124f.jpg

ワイン街道です。

71124g.jpg

見渡す限りブドウ畑が広がります。

71124j.jpg

ここはコート・ドール、「黄金の丘」と呼ばれ、昨日のレストランの名前も「ラ・コート・ドール」でした。

71124i.jpg

ブルゴーニュ名物は色々あるが代表的なのはワインでしょう。次にエスカルゴかな?

71124ks.jpg

旅の疲れ、いや旅をしていなくても1日の疲れをワインで取りましょう。

71124m.jpg


br6.jpg←今日も一日元気にクリック!応援ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ロンドンのチェルシー地区のブロンプトン・クロスにミシュラン・ビルディングがある。アール・ヌーボーとアール・デコの中間のようなスタイルのエドワーディアンの建物は1906年に建てたものだがイギリスにはあまり見られないスタイルなので一際目を引く。

71123a.jpg

以前はミシュラン社のロンドンの拠点だったが現在ではコンラン・ショップが入っている。

71123b.jpg

正面のステンドグラス。ミシュランのマスコット、ビバンダムがタイヤの敵、釘やガラス片を飲み込む図かな?

71123c.jpg

レストラン内のステンドグラス。

71123f.jpg

ついにと言うか、ミシュランのギド・ルージュ(レッド・ガイド)の東京版が昨日発売された。東京の8つの三ツ星レストランはどこも行っていないがブルゴーニュ地方の三ツ星だったレストランは全て行っている。

71123g.jpg

中でもブルゴーニュのアトリエから一番近いソーリューのラ・コート・ドールの料理は大好きで一番多く行っているが、ベルナール・ロワゾー氏のヌーベル・キュイジンヌの料理は何を食べても絶品で、庭に面したガラス張りの明るいテラスで過ごす3時間かかるランチは至福の一時。最後に行った時デザートにちょっと不満が残ったのだが、二ツ星に降格されるといううわさが立ち、2003年にロワゾー氏が自殺。ギド・ルージュが出版されて見れば三ツ星のままだったがその翌年は二ツ星になり、現在ではLe Relais Bernard Loiseauと名前が変わり、再び三ツ星を維持している。同じブルゴーニュのヴェズレーの近くのレスペランスも一度倒産して今年再び営業をを再開したようだが、星を失いなかなか大変でしょうね。日本のレストランは世界最高水準の店が多くあるといつも思うがこれから星を巡るドラマが東京で繰り広げられることでしょう。

71123h.jpg

br7.jpg←ドライフードはもう飽きた!ネコの三ツ星レストランに行きたい!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


ボドナントにはThe Dellと呼ばれる谷があって散歩道に沿って小川が流れ、春にはツツジやシャクナゲが咲く。

71121g.jpg

71121a.jpg

滝があってツツジが咲いていると日本の景色みたい。ウェールズの山はどこか日本の山に近い感じもある。

71121d.jpg

71121e.jpg

ボドナントには孔雀が飼われている。孔雀はもちろん美しいからであるが、孔雀は人が来ると甲高い声で鳴くので屋敷の用心棒にもなる。

71120n.jpg

71120p.jpg

71121b.jpg

71121c.jpg

ブドウを持っているということはバッカスの神?

71122a.jpg

酸性土壌で夏涼しく木陰の多い地形だからメコノプシスにも理想的。

71120wd.jpg

71120q.jpg

最後にウェールズの山に咲くヒース。

71121f.jpg


br6.jpg←ミーシャです。今日も応援ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

まるで滝のように流れ落ちながら咲くバラ。

71120a.jpg

カザン名付けて「ボドナントの滝」なんちゃって・・・・

71120b.jpg

セアノサス

71120qw.jpg

セアノサスはカリフォルニア・ライラックとも言う。

71120de.jpg

宇藤という姓にフジが入っているのでフジの花にはことさら愛着を感じる。宇藤という苗字はかなり珍しく、三文判でも1万種以上揃っていないと見つからない。50年ぐらい前、商店や会社以外にはほとんど電話が普及していなかった時代に、東京23区では板橋区の布団屋さんが1軒載っているだけだった。その後実家は東京から伊豆高原に引っ越したのだが、板橋の宇藤さんは偶然にも伊豆高原に別荘を持つことになり、遠い親戚らしいと言うことが分かったのでルーツは同じと言うことになる。祖父の代までは東京の日本橋と言うことが分かっているがそれ以前は調べていない。まあテキトーに先祖は宇治の藤原氏の分家ということにしている。

71120f.jpg

71120c.jpg

71120wa.jpg

ボドナントの泉にもフジが咲いていて、この前に立つと何かオーラを感じる。。。。。ややっ、もしかしたら・・・・

71120xw.jpg

建物の西側のリリー・ガーデンにはウォーター・リリーが咲き、大きなモミの木の存在感がすごい。

71120ww.jpg

71120h.jpg

木陰のベンチ

71120z.jpg


br7.jpg←こんなベンチで昼寝がしたいから今度はイギリスネコに生まれ変わるっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


ボドナントの館のフロント・ローン

71120sr.jpg

館にもフジの古木が絡まっている。

71120ge.jpg

こちらはガーデンの入り口に一番近い東庭園で、壁に沿って宿根草のボーダーが続いている。

71120y.jpg

セイヨウノコギリソウとルリタマアザミは黄色と紫の補色関係にありコンビネーションの常道。
日本ではセイタカアワダチソウを花壇に植える人は居ないだろうがイギリスやフランスではわざわざ植える。ススキもわざわざ植える程だが、気候と土壌の違いから爆発的に増えることはない。日本ではおなじみのハルジオンやヒメジョオンなども雑草化していなく、スギナやドクダミも見ない。

71120xc.jpg

多分リュウゼツラン科の剣葉の植物とルピナス、ムラサキハナナ、キバナコスモスのなんとも個性的で不思議な取り合わせ。

71190s.jpg

71120u.jpg

71120t.jpg

ニュージーランド原産のフォルミウムだと思うがこれほどまでに大きくなるとは知らなかった。しかもイギリスの中部地方で!

71120w.jpg


br6.jpg←今日も応援ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ラッチェンス風の円形階段はおしゃれです。

71118ga.jpg

カンパニュラ・ポルテンスキラジアナという学名は覚えにくい。和名は乙女桔梗、ショップではベルフラワーという名で売っている。

71118ha.jpg

71118j.jpg

ヴィクトリア調の重厚で豪華なパーゴラには蔓バラが絡む。

71118m.jpg

71118k.jpg

別のパーゴラにはフジが絡む。

71118a.jpg

71118b.jpg

リベルティアの白い花が咲いている。

71118c.jpg

71118d.jpg


br7.jpg←なでなでしてポチっとしてくれるとうれしいにゃん!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ボドナントのローズガーデンに咲くバラですが、全然名前が分かりませ~ん。いわゆるオールド・ローズ系だと思うのですが、、、

71119g.jpg

71119o.jpg

71119q.jpg

71119j.jpg

71119b.jpg

71119a.jpg

71119n.jpg

71119c.jpg

71119d.jpg

71119e.jpg

71119h.jpg

71119i.jpg

71119l.jpg

71119f.jpg

71119m.jpg

71119p.jpg

全部分かったらバラ博士!


br6.jpg←バラの名前は苦手にゃんだ・・・


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

一番下のカナル・テラスを上から見るとこんな感じです。

71117ca.jpg

カナル・テラスの宿根草のボーダーがあって、

71117ba.jpg

71117ja.jpg

石段の隙間にカンパニュラが咲くスフィンクスの階段があります。

71117ea.jpg

赤い花はヴァレリアナ、和名はセイヨウベニカノコソウだったかな?

71117g.jpg

71117y.jpg

71117ha.jpg

ローズ・ガーデンは2つあって、こちらはカナル・テラスに接するロウアー・ローズ・ガーデンです。

71117aa.jpg

71117k.jpg


71117da.jpg


br7.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ここはカナル・テラスと呼ばれていて細長い池にスイレンが浮かび、その奥に瀟洒な建物が配置されている。大きなガゼボのような感じだがもとからここにあったものではなくコッツウォルズ地方の荒れた建物を移築したものでピン・ミル、もとは針工場だったようです。

71116b.jpg

71116c.jpg

ピン・ミルからの眺め。

71116d.jpg

71116g.jpg


br6.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ボドナントのトレードマークと言うか、最も有名なのはキングサリのトンネル"Laburnum Walk"です。1874年にボドナンドの館と周辺の農場を買い取ったヘンリー・ポーチンが計画したものなので、太い木は100年以上経っているのではないかと思われますが、1874年の時点で既にキングサリの木があったからこそ生まれたアイデアなのではないかとも考えられます。ゼロから作って行く庭もありますが、既にあるものを利用する方が賢明です。ヘンリー・ポーチンは発明家として事業で財を成したので、事業からリタイアした後は庭にアイデアと情熱を注ぎ込みました。

71115a.jpg

キングサリは別名キバナフジとも呼ばれますが、学名はラブルヌムLaburnum、英語でゴールデン・チェイン・ツリーですから金の鎖そのものですね。またゴールデン・レイン・ツリー、金色の雨の木とも言うようで、こちらの方が詩的な感じがします。

71115b.jpg

藤の花に似ていてもちろんマメ科です。

71115c.jpg

フランスなどでは野山に野生の状態で咲いていているのを見ます。木全体に毒があるようですが、きれいなので植えて見たくなります。コッツウォルズのバーンズリー・ハウス・ガーデンの紫のアリウムとのコンビネーションは特に有名。

71115d.jpg

71115e.jpg

71115f.jpg


br7.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

北ウェールズのボドナント・ガーデンは5段のテラス式庭園によって構成されたスケールの大きな庭園です。

71114b.jpg

丘の上の館からは北ウェールズの自然が一望できます。
この庭の歴史は19世紀後半に始まり、ヘンリー・ポーチンとその娘のローラ、さらにその息子のヘンリー・ダンカンの三代によって完成され、現在はナショナル・トラストが管理しています。

71114c.jpg

フランスはアルカリ性土壌が多のですが、イギリスは中性に近いのではないかと思われ、酸性土壌のところも多くあります。
北ウェールズはシャクナゲの生育に適しているので酸性土壌だと思われ、ボドナントはシャクナゲのナショナル・コレクションに認定されています。ナショナル・コレクションと言うのは、植物の種類別に例えばホスタなどを最大級に多品種集めた庭園に対して与えられる名称です。National Council for the Conservation of Plants and Gardens (NCCPG)と言うところが統括しているようです。

71114d.jpg

シャクナゲと共に日本のツツジや洋種のアザレアも多く見られ、5月下旬から6月上旬のボドナントは最も美しい季節です。

71114j.jpg

71114f.jpg

71114h.jpg

71114g.jpg

71114k.jpg


br6.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

特別に変わった花があるというわけではないが庭はナショナル・トラストによって丁寧に管理されている。

71113h.jpg

クレマチス

71113b.jpg

71113a.jpg

71113d.jpg

テラスの下はオランジュリーになっているのかな?

71113c.jpg

フクシャ、ナスタチューム、ロベリアの寄せ植え。

71113f.jpg

71113g.jpg

ドラゴン?

71113j.jpg

71113k.jpg


br7.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

クロコスミアなどの咲くカラフルなサマーボーダー。

71112ka.jpg

シャーレイ・ポピー

71112b.jpg

セリンセなど

71112ca.jpg

サルヴィアなど

71112ha.jpg

オリエンタル・ポピー

71112da.jpg

ジャーマン・アイリス

71112ea.jpg

アガパンサス

71112fa.jpg


br6.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

71111g.jpg

オーチャード・ガーデン(果樹園)のパースです。両側はリンゴの木なのですが、果樹も刈り込んで整形してある。

71111f.jpg

奥には何があるのかな?

71111d.jpg

5月には見事なフジも咲きます。

71111e.jpg

庭園の一番奥の噴水から。

71111a.jpg

オーチャード・ガーデンのブドウのパーゴラ。

71111c.jpg

71111b.jpg


br7.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ウェールズはロンドンの北西方向、コッツウォルズ地方のさらに先で湖水地方よりは南に位置します。この地方の印象としては中央部は山が多く、取り残されたような地味な感じがあり、道は広くなく曲がりくねっていますので移動に時間がかかります。イングランド内に見所がたくさんあるし、遠い感じがするのでほとんど行くことがないのですが、ポウイス・キャッスルとボドナンド庭園はそれぞれ北ウェールズにあり、一見の価値はあるでしょう。

71110a.jpg

ここの庭の特徴はスケールの大きなフォーマルガーデンということになるだろうが、スコットランドのドラモンド・キャッスルほどは徹底してないし、花壇は強いて言えば潅木との力強い組み合わせの男性的な植栽と言えるでしょう。赤い大きな要塞のような城にはフェミニンなパステルカラーは似合いませんから、、、

71110b.jpg

71110c.jpg

71110d.jpg

葉の色や質感にもかなり気を使っています。

71110e.jpg

これはアルテミジアの「ポウイス・キャッスル」です。銀葉の丈夫な植物としてとても役に立ちます。

71110f.jpg


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ポウイス・キャッスルは4段のテラス・ガーデンになっている。

71108a.jpg

2段目のテラスにはイチイの巨大なトピアリーが塀からはみ出すように鎮座している。

71108b.jpg

バショウやカンナなどの葉が目立つサマー・ボーダー

71108ca.jpg

三段目のテラスにはスタチューが並ぶ。

71108d.jpg

笛を吹き、歌い踊る陽気な人々。

71108e.jpg

71108g.jpg

テラスからは雄大な北ウェールズのパノラマが広がる。

71108f.jpg

宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

もうすぐ展覧会なのですごく忙しい。絵を描くだけでなく案内状や額縁の手配、ホテル、航空券、コンサートの準備などなど雑用がたくさんあります。それに今はバラを描いているのですが、つぼみはあっという間に開くし、早く描かねば枯れるし、昼間の自然光で描くのですが4時には暗くなってしまうので時間との競争で・・・という訳でブログの方はどうしても後回し、今後もアップは不規則になるでしょう。
しかしここ数日アクセスが急増している。原因が思い当たらないので一時的な現象だと思いますがうれしいことではあります。

さて今日からどこに行こうか迷ってしまいました。フランスのブルゴーニュもまだ途中なのですが、迷った末、今日はイギリスの北ウェールズにあるポウイス城に行くことにしました。

城は13世紀頃に建てられたもののようで、城の歴史については省略しますが、最初にテラス・ガーデンが造られたのは17世紀後半で、1952年よりにナショナル・トラストに委譲されるまでハーバート家によって管理されていました。

71107a.jpg

城は高台に建ち、赤い石灰岩で造られた堅固な要塞風です。

71197b.jpg

このスタチューは何でしょう?ペガサスに乗るFameとあるが、辞書で調べても名声などの意味しか出ていない。ラッパを吹く天使の様でもありますが・・・

71107e.jpg

下に降りて日時計のあるところから城を眺めます。

71107d.jpg

城の前面は4段の階段状のテラスになっています。

71107c.jpg



blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

この椅子に座りたいがために大変な労力と資金をつぎ込んだのかも知れない。庭造りはちょっとクレイジーなところがないと出来ない世界だとつくづく思う。
例えば音楽などでもFMやCDで聴くのは簡単であるが、演奏会場まで足を運ぶにはちょっとした努力が必要かも知れない。でも自分で演奏するとなると桁違いの努力と忍耐が必要になるが、その分達成感は大きい。
僕が訪れた時、オーナー自らが芝刈り機に乗って操作していたし、ロビン・コンプトン氏は受け継がれた庭園を維持する使命感とさらに新しい庭園を造る情熱の日々を妻のジェーンと共に過ごしているのだろう。もちろん羨むばかりの境遇ではあるが、、、

71106g.jpg

オールド・ファッションなバラばかりのローズ・ガーデンはなんともロマンティック。

71106b.jpg

71106l.jpg

71106p.jpg

シルヴィア・ガーデンは先代のメジャー・コンプトン氏の妻の名の付いたメモリアル・ガーデンとなっている。誰も造ってくれそうにないから自分で「カザン・ガーデン」を造らなければ・・・・

71106k.jpg

紫のアリウムとピンク・マーガレットの組み合わせはフェミニン・カラー。

71106j.jpg

71106v.jpg

blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

ニュービー・ホールには色々な部分がある。ウォーター・ガーデンには愛らしいエンジェル像がスイレンに囲まれて、、、

71107r.jpg

クリンソウの仲間のプリムラ・キャンデラブラやキショウブなどは湿地を好む植物。

71106a.jpg

石のアーチ

71106i.jpg

ロック・ガーデン

71106h.jpg

スモーク・ツリー、ベニバスモモ、銀葉の垂れ洋梨などの葉の色のコントラストがが美しい。

71106y.jpg

バラのアーチ

71106w.jpg

ガーディアンの犬は、、、

71106s.jpg

グレイハウンドかな?

71106d.jpg

こちらは・・・・・ロットワイラー?

71106x.jpg

これだけの庭を維持するのは大変です。現在5人の庭師が居るとのことですが、専属だとすれば5家族を養うことになるので大変な出費になります。馬と庭園が最もリッチな趣味だと言われるゆえんが分かります。多分昔は領主様の仕事は飲み代程度でしていたのではないかと思うのですが、現代では庭師も税金を払い、社会的な出費が避けられませんから飲み代では働けないでしょう。庭園の入園料だけでは管理費がまかなえるとは思えませんが、結婚式の会場やミニトレインで家族連れでも楽しめるような工夫をしています。この庭は代々のコンプトン家によって維持されているのですが、イギリスの相続税制度はどうなっているのでしょうね。

71106z.jpg


blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ギャラリー藤 (阪急芦屋川駅南へ徒歩1分)

イギリス中部にも庭園はたくさんあるはずだがどうしてもケント、サセックス、コッツウォルズばかりに行ってしまってなかなか行く機会がない。
しかしヨークシャーにあるニュービー・ホールはスケールが大きくて見所が多い。

71105k.jpg

ニュービー・ホールの建物の前には300メートルに及ぶのダブル・ボーダーがあって、これがニュービー・ホールの最大のポイントです。個人の庭としては最大級で、所有するコンプトン家が代々庭と館を管理しています。

71105bs.jpg

781105c.jpg

テラスからの広々とした眺め

71105e.jpg

宿根草ボーダー葉植物の組み合わせが命。イマジネーションを膨らませて植え込み、咲いた時に予想通りか予想を超える効果が生まれればにんまりだが、開花時期がずれてしまったりするとがっかりです。

71105g.jpg

71105d.jpg

71105a.jpg

71105h.jpg

ボーダーは緩やかなスロープ・ダウンになっていて川に突き当たります。敷地内に川が流れているって最高ですね。

71105f.jpg


blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ギャラリー藤 (阪急芦屋川駅南へ徒歩1分)

イギリスの天気予報を見ているとイングランド北部は雲が西から東へ渦を巻くように激しく移動しているのがよく分かる。だから予報不能で1日中雨とか1日中晴れとかの日が少なく、天気がめまぐるしく変わる。今晴れているからと言って油断は出来ないし、雨は15分でたいてい上がる。

71104k.jpg

こんな天気だから洗濯物を外に干してもあまり意味がない。また干しているうちに雨が降っても取り込もうとしないで雨で濡れるままにしておく。

71104j1.jpg

嵐のような雨が来る時は直前にわかる。広く見渡せるので今どこで雨が降っているかが見えるし、いよいよこちらに近づいてくれば、急に冷たい風がざわざわと木の葉を揺らし、1分後には雨が激しく降り、時には夏でも雹が降る。

71104f1.jpg

こういった突然の激しい雨の後には良く虹が出るのでイギリスでは特別珍しいものではなく、日本の数百倍の確率で虹を見ることが出来るでしょう。

71104y.jpg

虹は空中の水滴に太陽が当たり、水滴の集合がプリズムの役割を果たし、光波の屈折率の違いによりレインボー・カラーに見えると言うことだったと思うが、背後に黒い雲がある時が一番はっきりとドラマチックに見える。

71104x1.jpg

虹は垂直に落ちるように見える時もあるし、低い時もあるのは太陽の高さと関係するのでしょう。

71104c.jpg

虹は英語では「雨の弓」、フランス語ではアルカンシエル「空のアーチ」と言うことになる。

71104b.jpg


blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ギャラリー藤 (阪急芦屋川駅南へ徒歩1分)

レーヴェンス・ホールはトピアリー・ガーデンが有名だが、それだけではない。でもあまりにトピアリー・ガーデンが迫力あるので他の庭はかすんでしまう。

71102i.jpg

71102k.jpg

ティー・ハウス・ガーデン

71102m.jpg

噴水庭園

71102r.jpg

71102n.jpg

果樹園もあります。

71102l.jpg

ポタジェ(ヴェジタブル・ガーデン、キッチン・ガーデン)

71102u1.jpg

71102v1.jpg

71102w1.jpg

イチイの実

71102x.jpg

つる性の小さなオレンジの花がイチイの壁にアクセントを与えている。

71102z1.jpg

トロペオラム・スペキシーサムはナスタチウムの一種。

71102t1.jpg

こちらは普通のナスタチウム。

71102y1.jpg


blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ギャラリー藤 (阪急芦屋川駅南へ徒歩1分)

71102e.jpg

チェスの駒もある。「女王と侍女」

71102g.jpg

「ネジ」?

71102f.jpg

同じようなサークルはヒドコート・ガーデンやシシングハースト・ガーデンにもあるが、こちらは300年の歴史があるから本家本元か。

71102h.jpg

ボックス・ヘッジの中にはキャット・ミントやヘリオトロープが植えられている。

71102b.jpg

トピアリー・ガーデンだけでなく果樹園やローズ・ガーデンもある。

71102d.jpg

71102p.jpg


blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ギャラリー藤 (阪急芦屋川駅南へ徒歩1分)

湖水地方にあるレーヴェンス・ホールはトピアリーの庭として有名です。コロネル・ジェイムズ・グレイムがル・ノートルの弟子であったフランス人のギヨーム・ボーモンのデザインで300年以上も前に造った庭でトピアリーが100体もあります。

71101k.jpg

71101as.jpg

71101bs.jpg

71101d.jpg

トピアリーはイチイを刈り込んで造りますが、黄色いトピアリーも「オーレア」と言う品種のイチイです。

71101e.jpg

「グレート・アンブレラ」と呼ばれるトピアリーで木陰のベンチ付です。

71101c.jpg

71101q.jpg


blog_Ranking.gifthumy2r.gif


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ギャラリー藤 (阪急芦屋川駅南へ徒歩1分)

Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。