FC2ブログ
2006 / 09
≪ 2006 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2006 / 10 ≫

交通の便の悪かったコッツウォルズ地方はひっそりと忘れ去られた地方だったが、その良さを再発見したのが画家で室内装飾家のウィリアム・モリスだった。彼はコッツウォルズのケルムスコット・マナーを別荘とし、バイブリーなどの小さな村をこよなく愛した。

ブロードウェイもウィリアム・モリスがとても気に入った村で丘の上のブロードウェイタワーに好んで滞在し、ここで古い建物や街並みを保存する会の設立に向けた手紙を書いた。

0927y.jpg

ウォーセスターからロンドンに行くにはブロードウェイのフィッシュ・ヒルという長い坂を登らなくてはならない。そのためには馬を2頭増やして4頭立てにしなくては登り切れず、その馬を提供することで村は繁栄し、たくさんの宿ができた。

この家がブロードウェイで一番古く400年以上前に建てられた。

0927p.jpg

この家も300年ぐらいは経っていそう。

0927nx.jpg

家の前にはラヴェンダーやローズマリーが、、、この家は売りにでていたが、、、

0927vx.jpg

ブロードウェイの額縁店。

0927u.jpg

この家にもフジが絡んでいる。

0927q.jpg

夕暮れ時はライムストーンが深い色になり、

0927k.jpg

夏の長い一日が終わる。

0927x.jpg



br1.jpg ←今日も忘れなクリック、たくさんの応援ありがとう!

宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

0927w.jpg


スポンサーサイト



Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ