FC2ブログ
2006 / 09
≪ 2006 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2006 / 10 ≫

イエローブックを見ていて、近くにオープンガーデンをしているところが無いかと探していたら、チッピングカムデンの近くにカムデンハウスと言うのがあった。コッツウォルズの園芸事情に詳しいケイに聞いたらすぐ近くなのに知らないと言う。もっと詳しい友達にも電話で聞いてくれたがやはり知らないという。場所を地図で調べると何度も何度も通っている道の辺りなのだけれど、庭のきれいそうな家なんかあった記憶が全く無い。1年に1日だけ、しかも水曜の午後の4時間だけのガーデンオープンだからたいしたことは無いだろうと思った。

Garden Open Todayの黄色い看板は見つかったものの家はどこ?と見渡すと門があった。本当にここかな?とイエローブックを詳しく見ると1.5マイル(2.4キロ)のドライヴとある。門から家まで2キロ以上!広すぎる敷地!カムデンハウスって一体何者?と思いつつプライヴェートロードを行く。歩いたら門から家まで30分以上。もちろん車だが、、、

本当にこの先に家があるの?と思いつつ走ったら池の向こうにようやく家が見えてきました。これがハウスか。。。

0921a.jpg

2,5ポンドを払って中に入る。家の前を通り、ダブルボーダーへ。プライヴェートガーデンだから芝生も傷んでいない。天気が良くないのだが見学者も数名しかいない。

0921b.jpg

見渡す限りが自分の領地。気持ちが良いだろうなあ。

0921c.jpg

紫のネペタの後ろはサーモンピンクのオリエンタル・ポピー、そして青いデルフィニウム。

0921e.jpg

ボーダーを突き抜けると斜面に宿根草が、、、

0921d.jpg

大好きなクリーム色のジキタリス。グランディスでしょうね。この植物の取り合わせはいいなあ。オーナーのセンスなのか庭師の腕なのか、いずれにしろ素晴らしい。

近くに石の階段がある。ツタが絡まり、エリゲロンが石段の隙間に、、、

0921f.jpg

おやおや、石壁の隙間にまでシダと同居。

0921gx.jpg

こんな階段、家にあったらいいなあと思うでしょう!

0921h.jpg

明日も続きます。


br1.jpg ←今日も忘れず応援クリック、ありがとう!


宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。


スポンサーサイト



Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ