2006 / 06
≪ 2006 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2006 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モナスクからヴァランソールに向かう途中にひまわり畑がありました。フランス語ではトゥルヌソルと言い、日本語と同じ意味になります。

IMG_3197.jpg

ヴァランソールのラヴェンダー畑です。

IMG_3200.jpg

フランスはさくらんぼの季節で至る所にさくらんぼの木があります。
ボニューの近くのさくらんぼ畑で写真撮影をしながら少し口のなかにも入ってしまったかも。

IMG_3201.jpg

午後7時に撮影したゴルドの町です。

IMG_3209.jpg

夕食はホテルの庭でホロホロ鳥がメインでデザートは焼きサクランボとスフレ・グラッセという名のアイスクリームです。
前橋から参加の夫妻は夕食前にホテルのプールで一泳ぎしました。
ゴルドに連泊し、明日はアルル、アヴィニョンあたりに行く予定です。カザンのツアーは寄り道や行き先変更が多い気まま旅です。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
スポンサーサイト

今日の最初の訪問地はエズです。ここにも巨大な多肉植物が。

IMG_3185.jpg

まさしくサボテンです。

IMG_3188.jpg

ユッカみたいな花も咲いていました。この後サン・ポールを訪れてカーニュ・シュール・メールの高台で昼食。

IMG_3187.jpg

フランスのグランドキャニオンと呼ばれる断崖絶壁の谷底の細い曲がりくねった道を抜けるとムスティエール・サント・マリーに着きました。

IMG_3191.jpg

ムスティエール・サント・マリーは陶器の町。着いたのが遅かったので店は閉まっていましたがとても素敵な町でした。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

ニースの空港でプロヴァンス・ツアーの参加者と会いました。今回は東京、神奈川、千葉、群馬から8名の参加です。

IMG_3183.jpg

まずは地中海を一望しようということでニースの隣町のヴィルフランシュの港を高台から眺めました。
大型の客船が停泊していて青い海が美しい。

131-3165_img.jpg

初日の宿泊地のセイヤンは切り立った崖の上にあり、「鷹巣村」の一つです。
ホテルのテラスからの眺めで左のピンクノン花はキョウチクトウです。

p1a.jpg

今回の参加者のテラスでの朝食風景です。ディナーもとてもおいしかった。

131-3166_img.jpg

ホテルにはこんな植物が植わっていました。イギリスではちょっと見られません。




花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
333.jpg


ユーロスターでパリに着きました。パリからは飛行機でニースに向かいます。
ドゴール空港の第2ターミナルのFゲートはガラス張りの広い空間が素晴らしく、ヒースロー空港の暗い迷路的空間とは対照的です。夏至だと言うのに早朝は冷えるのでコートが必要です。

Dscf1926.jpg

ヒースローから約1時間でニース空港に着きました。巨大なフェニックスの左に見える紫の花の木はもしかしてジャカランダ?

Dscf1928.jpg

手前には白花のラヴェンダーとアガパンサスが咲いています。中間のピンクの花の木はタマリスというのですが日本で見たことが無く、日本名は何と言うのか知りませんがギョリュウバイの一種かも知れません。
春咲きと夏咲きの2種類があって葉の色もきれいなので大好きな花木です。

Dscf1929.jpg

紫の花に近づくと、、、、やはりジャカランダではないかと思うのです。
寒い国ばかりで生活していたのではじめて見る花。

Dscf1930.jpg

近くにブーゲンビリアも咲いていました。ブーゲンビリアはこれからもたくさん見ることでしょう。

Dscf1931.jpg

乾燥していたイギリスから南仏に来ると湿気を感じ、フェニックスの並木を見ると随分と南国に来てしまったのだなあと思ってしまう。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
333.jpg

ウィズリーのショップには園芸書がたくさん並んでいてどれも全部欲しくなってしまうが、
プランツセンターの方も素敵な苗がありすぎて溜息が出てしまいます。
新しくガラス張りの売り場も完成し、大きなハンギングが目を引きます。

Dscf1842.jpg

屋外の売り場もおそらくイギリスで最高の充実度。ここに来ると今度はカザンが買い物真魔に変身してしまいそう。

Dscf1850.jpg

あれもこれも買いたい気持ちわかるなあ。
最後にもう一度睡蓮の池を見てヒースロー空港に向かいます。

Dscf1835.jpg

ツアーの皆さんとはヒースロー空港でお別れで、免税店へと消えていきましたが、
カザンはユーロスターでフランスに渡ります。
今回のユーロスターはダヴィンチコード列車。プロヴァンス・ミステリーツアーの始まりです。

Dscf1918.jpg



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

ローズガーデンもまた素晴らしくきれいでした。
ホワイトローズのコーナーはクライミングローズが実にいい感じ。

Dscf1776.jpg

ホワイトローズに続くレッドローズのコーナーにもうっとり!

Dscf1796TR.jpg

ピンクローズも完璧な美しさ。

Dscf1780.jpg

こちらは最近できた少し小さめのローズガーデン。

Dscf1817.jpg

バラの香りに包まれてしばし休むことができます。

Dscf1818.jpg

アーチの部分はバラとクレマチスのハーモニー。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

ツアー最後の庭は英国王立園芸協会の庭のウィズリーガーデンです。
ここはロンドンから近いのでよく訪れますが、今回はベストタイミングでした。
ロックガーデンは一昨年は拡張工事をしていて去年の春に完成したばかりで、1年が経ちましたが新しい部分はまだ植物がまばらな感じがするものの滝の石組みなどが迫力がありました。モミジや花菖蒲が植わっていてとても日本的。これから年を経るにしたがってさらに美しくなるでしょう。

Dscf1731.jpg

エジンバラの植物園のロックガーデンも素晴らしかったけれどウィズリーのロックガーデンも見ごたえがあり、写真を撮りまくってしまいました。

Dscf1740.jpg

ロックガーデンからボーダーに移動する途中の睡蓮の池の近くで花模様の植栽をしていたのは日本人の女性でした。
彼女は園芸を学ぶために2年間イギリスに滞在し、ボランティアとしてウィズリーガーデンで作業をしています。
「私も若かったらイギリスにガーデニング留学したかったなあ」という呟きが聞こえてきそう。

Dscf1837s.jpg

ウィズリーのロング・ワイド・ダブルボーダーは初夏の宿根植物が中心なのでゲラニウム、デルフィニウム、バーバスカムなどが咲いてはいるものの本番は7月中旬でしょう。

Dscf1706s.jpg



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

朝食風景。今日もボリュームたっぷりのイングリッシュ・ブレックファーストで体力をつけて出発です。

Dscf1561.jpg

午前中はベス・チャトーガーデンです。今まで何度か訪れましたが今回は最高の美しさです。
素晴らしいグラベル・ガーデンに感動しました。

Dscf1589.jpg

ベス・チャトーガーデンはこれ以上考えられないほどのベストタイミングで100枚ぐらい写真を撮ってしまいました。
今日紹介するのはわずか50分の1でしかありません。

Dscf1638.jpg

強い色同士の組み合わせですが葉のグリーンがクッションになっている。

Dscf1698.jpg

次はシシングハーストです。塔の上の眺めは素晴らしく、ガーデンルームで区切られている様子がよく分かります。

Dscf1695.jpg

ホワイトガーデンのバラはこんな感じに咲いていました。ベスチャトーとシシングハーストは偶然にビズのツアーと一緒になりましたが、ビズのツアーもほとんどが女性でナショナルトラストのショップは嵐のような騒ぎだったようです。
日本はプレゼント社会。特に会社で働く人は義理チョコ、義理ミヤゲと気を使わなくてはならないようで大変すね。
フランスやイギリスではそういう習慣が無いので、同じものをたくさん買う日本人の行動が理解できないようです。
明日はウィズリーガーデンです。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

今日はノーフォークのラヴェンダーファームで昼食です。今年はラヴェンダーの咲くのが遅く、まだ咲き始めと言う感じですが女性軍はここでもショップでご満足の様子。

Dscf1457.jpg

ラヴェンダーがまだだった代わりに野生の石楠花が道端に咲いていました。

Dscf1458.jpg

ここはブレッシンガム・ホールの庭です。たくさんの宿根草が生き生きと咲いていました。

Dscf1490.jpg

今日のハイライトはカザンが大好きなヘルミンガム・ホールです。

Dscf1511.jpg

ウォールドガーデンの外側にもシャクヤクとバラが咲いていて、メインガーデンの中は
夢のような世界です。ブログで伝えるのは無理ですね。

Dscf1522.jpg

ということで軽く流して、明日はベス・チャトーとシシングハーストです。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

ノーザンプトンの北にあるコトン村にあるコトン・マナー・ガーデンです。
ここには1週間前にも来ました。1週間前にはバラがあまり咲いていなかったのですが今日はハウスの壁面のピンクのバラがきれいに咲いていました。

Dscf1433.jpg

マナーハウスのフジは咲き終わっていました。

Dscf1435.jpg

この庭の基調の色はピンクで、パステルカラーのグラディエーションが女性的な印象を与えます。

Dscf1442.jpg

庭にはフラミンゴや珍しい水鳥が散歩していました。

Dscf0895.jpg

この後ケンブリッジに寄りましたがここでも女性はショップの中に消えてしまいました。
カザンのツアーはたっぷりと庭を見て、ゆっくりと食事をし、好きなだけお買い物がモットーですからね。
ヘビーなイギリス料理に疲れ始める頃かなと思い、夕食は中華にしました。とてもおいしかったですよ。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

コッツウォルズ3日目です。午前中はウィンチクーム、ボートン・オンザ・ウォーターに行きましたが買い物症候群は治まりません。確かに魅力的な店がたくさんありますから、女性にはたまらないのでしょうね。

Dscf1334.jpg

ボートンのハンギング・バスケットです。次はロウアー・スローターです。
水車小屋のショップのアイスクリームはボリュームたっぷりでおいしいですよ。

Dscf1335.jpg

門を開け放すと2ポンドの罰金と書かれているけれどどこかで見張っているの?
この後はアッパー・スローターに寄って、ボートン・ハウス・ガーデンに行きました。

Dscf1348.jpg

ボートンハウス・ガーデンはエキゾチックな植物が多く、大きく育って迫力があります。
厳選された植栽、完璧な管理、この庭ではバラは脇役という感じです。

Dscf1359.jpg

奥のベンチでは哲学的瞑想にふけりそう、さもなければ昼寝向き?
この後はブロードウェイのプライベート・ガーデンでの夕食です。
カザン特製のドレッシングのサラダと小豆島から取り寄せたカタクリ素麺を池のガーデンでとりました。「やっぱり和食はおいしいわね。」と大好評。
カザンは料理をするのは好きで時にはケーキも焼きます。

Dscf1050.jpg

このプライベートガーデンはカザンにとっての秘密の花園ですので残念ながらお教えできませんが、少人数のツアーではいつもここに泊まります。
明日はコッツウォルズに別れを告げ、ノーザンプトン州のコトン・マナーに行きます。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

今日の最初の訪問地はペインズウイックです。

Dscf1234.jpg

いかにも古そうな郵便局ですが、日本に絵葉書を出すといって入ったもののなかなか出てこない。
来年のコッツウォルズ・カレンダーを見つけてほぼ全員が買い、さらにお土産をさがしてと、お買い物熱症候群の始まりです。

さらに南に下り、プライベートガーデンのアルダレー・グレインジを訪れました。

Dscf1249.jpg

とても広い庭でたくさんのバラが咲いていましたが、オーナーが1時間半に渡って丁寧に説明してくださいました。
最大の特徴は香りの庭で、世界中から集めた様々なアロマティックプランツが植えられていて素晴らしい庭園です。
シシングハーストのイタ・サックヴィルも手がけた歴史のある庭園で、現在のオーナーになってからも30年が経ち、シンボルツリーの樹齢100年程、英国で一番古い垂れ咲きのブッドレアの木は初めて見る花で感動的です。写真はいずれホームページにアップします。

アルダレーの次はキャッスルクームです。

Dscf1306.jpg

キフツゲートの様な一重の白いバラが咲いていました。
4日ほど前にひどく雨が降ったので花の重みで右側の窓の蔓が落ちてしまったのでしょう。

次はバイブリーです。

Dscf1325.jpg

鴨の家族がまた増えてしまって、、、この母鴨は余程慕われる世話好きな鴨なのでしょうね。
バイブリーから夕食のレストランへ向かう途中でヒナゲシの咲く丘に出会いました。

Dscf1330.jpg

今日はブロードウェイのインド料理店でカレーを食べました。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

いつもコメントを寄せてくれて有難うございます。大変遅くなりましたが今月の1日から13日までのレスを載せることが出来ました。

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

イングリッシュガーデン・ツアーが始まりました。ホームページを見て集まった9名の参加者を案内してこれから庭園をたくさん巡ります。群馬県から4名の女性ガーデニング愛好家、静岡県のご夫妻、神奈川県の母娘、茨城県からお一人で参加の女性といつもながら圧倒的に女性優位のメンバーです。
最初の3日間はコッツウォルズの庭園で、宿泊はチェルトナムに4泊します。
今回は参加人数が多いのでB&Bでは部屋数が足りなくてホテルになりますが、なるべく英国的な雰囲気のあるカントリーホテルにしました。最初のホテルは見晴らしの良い丘の上の花一杯のカントリーハウスホテルです。庭園めぐり出発前にホテルの前で記念撮影をしました。

Dscf1221.jpg

最初の訪問地はウインチクムとブロードウェイの中間にあるスタントンという小さな村です。
午前中だったのでひっそりと静かでとてもいい感じでした。もちろんバラは至る所で咲いています。

Dscf109950.jpg

次はヒドコート・マナー・ガーデンです。

Dscf0932.jpg

ヒドコートにはボタン、シャクヤク、アリウムなどたくさんの花が咲いていてとても1枚の
写真では紹介できません。バラも咲いていてとてもきれいでした。

次はキフツゲートコート・ガーデンです。

Dscf1129.jpg

キフツゲートの基調はピンクからパープル系の花が多く、優しい印象で、
植物は厳選され、管理も完璧で素晴らしい花園が続きます。
バラ、バイカウツギ、ハニーサックルとライラックの香りが入り混じって濃厚な香りのハーモニーなのですが
写真では花の美しさも香りも伝えることはできません。来年の参加をお待ちしています。

Dscf1185.jpg

1年に1日だけ公開されるプライベートガーデンのカムデンハウスも訪れました。いずれホームページで詳しく紹介しましょう。

花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

いつもコメントを寄せてくれて有難うございます。大変遅くなりましたが今月の1日から13日までのレスを載せることが出来ました。引き続き応援よろしくお願いします。

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)

Dscf0851.jpg

蔓バラに囲まれたアッパーハイストリートの家。

Dscf0856.jpg

バラとピラカンサの窓。

Dscf0857.jpg

この家が売りに出ていました。欲しい人いますか?

Dscf0854.jpg

つる性のアジサイに囲まれたエントランス。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

いつもコメントを寄せてくれて有難うございます。大変遅くなりましたが今月の1日から13日までのレスを載せることが出来ました。明日からイギリスツアーの記事を載せますのでよろしくお願いします。
おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)

もちろんアメリカのブロードウェイではありません。コッツウォルズの北に位置する町です。
広い道があるのでブロードウェイという名になりました。

Dscf0853.jpg

アッパーハイストリートの家並みの表情が魅力的です。

Dscf0855.jpg

セアノサスとヴァレリアナ。

broadway10t.jpg

セアノサス。

broadway5.jpg

額縁屋のゼラニウム。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)

Dscf0832.jpg

ブロードウェイの近くのスタントンという小さな村もなかなか魅力的です。
新しく茅を葺いたばかりの家の屋根に茅で編んだ猫のようなものが・・・
この家の守り神?

Dscf0831.jpg

茅葺の家の周りにはバラ、アイリス、ヴァレリアナ、ジキタリスが咲いていました。

Dscf0833.jpg

色とりどりの植え込みが素晴らしい。

Dscf0844.jpg

散歩の途中でちょっと一休みできるというのがいいですね。スタントンには乗馬クラブがあり、村の中を馬で散歩しているのを見られます。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)

Dscf0845.jpg

セラスチウムと同じように壁の隙間にさえ根付き、花を咲かせるカンパニュラとコリダリス・ルテア。

Dscf0850b.jpg

階段の隙間にカンパニュラ。

Dscf0837.jpg

Dscf0842.jpg

カンパニュラとコリダリス。どちらも同じようなところに咲いてお互いを引き立て合いますね。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)

Dscf0751.jpg

 以前日本にはあまり見なかった宿根草ですが最近日本でもたくさん見かけるようになりました。
他に夏雪とつくのには夏雪かづらというのがありますね。ヨーロッパでは夏に塀に覆いかぶさるよう咲いています。

Dscf0798.jpg

夏雪草はセラスチウムですが白っぽい銀色の葉と白い花がたくさん付くのでとても明るい印象になります。
ボーダーの手前に配置することが多く、石の上や塀に垂れ下がるように咲いています。

Dscf0809.jpg

乾燥にはとても強いのですが湿気には弱いでしょう。下の写真はアッパー・スローターですが全く土のなさそうな塀の高いところに咲いているのには驚きです。

Dscf0805.jpg




花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

kazan.jpg

 今年もバイブリーで絵を描きました。去年は水がなかったアーリントン・ロウの水路に今年はきれいな水が流れています。

Dscf0734.jpg

バイブリーのアーリントン・ロウ。この家並みを描きました。

Dscf0744.jpg

マガモも子育ての真っ最中でアーリントンの水路を何度も行ったり来たりしています。

Dscf0747.jpg

親ガモは疲れたのでお休み。でもコガモはおもしろくて昼寝なんかできないよう。

biburyswan.jpg

白鳥の親子はコルン川のほうでゆったりとプロムナード。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

コッツウォルズ地方のバーフォードの近くにタイントンという小さな村があります。
電話ボックスのある行き止まりの道は去年描いたのですが今年も描くかもしれません。

Dscf0708.jpg

タイントンの茅葺の屋根の家です。

Dscf0704.jpg

エントランスの周りにかわいい花が植わっています。

Dscf0705.jpg

今年のコッツウォルズは5月に雨が多く寒かったので今キングサリの花が咲いています。
手前のピンクの花はハニーサックル。

Dscf0706.jpg

バラも咲き始めています。


花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

swan2aa.jpg

6月初旬のコッツウォルズはサンザシの花が至る所で咲いていて、バイブリーでは白鳥や鴨が子育ての真っ最中。

swanhotel2a.jpg

バイブリーのスワンホテル前の庭のラヴェンダーもまだ咲いていません。

0608d.jpg

バイブリーのアーリント・ローの家並みです。

Dscf0698.jpg

ローンデイジーとピンクのウツギの花。

Dscf0725.jpg

アルケミラとカンパニュラの咲くエントランス・アプローチ
Dscf0724.jpg

アルケミラとユーフォルビアが道端に。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

0608b.jpg

もっとも観光的に人気のあるのはリクヴィールやリボーヴィルのかわいいメルヘンチックな町です。
色とりどりの家の看板がドイツ的。

riq5.jpg

リクヴィールの町にもゼラニウムがいっぱい。

riq.jpg

Ribeauville2.jpg

リボーヴィルの街並み。

als13.jpg




花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

フランスのナンシーで個展をするために、1年程ナンシーに住みました。
ナンシーといえばエミール・ガレを代表とするアールヌーボー発祥の地で、
ガレの代表作を展示している素晴らしい美術館があります。

ColA.jpg

 ナンシーはロレーヌ地方ですが隣はアルザス地方で、アルザスはフランスとプロシア、ドイツとの戦いのたびにドイツ領になったりフランス領になったりしましたが、街並みは完全にドイツ風です。
  二回の大戦でドイツは空襲で破壊され、わずかにローテンブルグやディンケルスビュールなどのロマンチック街道に古き良き昔のドイツの面影を残すのみとなりましたが、どちらともつかないアルザスは空襲を免れたせいかドイツ風の街並みがドイツよりも多く残っています。

col3.jpg

アルザスの中心地のコルマールも旧市街はドイツ風の街並みです。
ここでもゼラニウムが圧倒的な人気。

itterswiller2a.jpg

als9.jpg

als6.jpg




花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

コルドバの迷路のような道を歩いているとどこに居るのか分からなくなってしまう。でも細い通路の壁にも花が飾られているから、飽きることがない。

P.jpg

白い壁、赤いゼラニウム、青い空。

cor13Pd.jpg

シンボリックで静かなパティオですね。

cor8.jpg

すごいペラルゴニウム!

cor10P.jpg

絵皿がスペイン風ですね。

cor9P.jpg

レモンの木とゼラニウム。

pa4P.jpg

いつか世界遺産のコルドバのメスキータの特集をしましょう。


wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg

コルドバにゼラニウムが似合うのは壁が白く、強い色彩のゼラニウムが映えるからだろう。

cor5P.jpg

ここはちょっと凄いですよ。

cordoba4.jpg

凄い鉢の数ですよ。

0769C.jpg

ゼラニウムだらけ。

cor3P.jpg

究極のパティオ!

cordoba7C.jpg



wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg

日差しの強い南スペインでは日陰が貴重です。コルドバにパティオがたくさんあるのは涼しい空間を演出ためで、中央に噴水や池がある場合が多い。

cordoba8_25.jpg

通りから井戸が見える。パティオに入ると華やかな世界。

cordoba9_25.jpg

cordoba5.jpg

華やかで涼しげでいいなあ。

pa6P.jpg

さすがにパティオでも暑そうだが、家の中は結構涼しい。



wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg




コルドバはスペインでもっとも魅力的な町です。それは壮大な寺院である世界遺産のメスキータの素晴らしさもあるが、パティオと呼ばれる中庭の美しさ、楽しさはコルドバならではのもの。それにコルドバは美人が多いのだ。

cordoba1_25.jpg

白くまぶしい壁には思い切り派手なゼラニウムが似合う。

0462.jpg

コルドバはパティオで有名で、中庭を花で飾っているところが多い。スペインは日差しが強いから太陽をさえぎる日陰と涼しげな緑が欲しくなるのだろう。

0444_25.jpg

パティオはオアシス。噴水が中央にあれば申し分ない。

cordoba3_25.jpg

cordoba2_25.jpg

アラブの影響があるのか、星型の池の中に丸い池があるおしゃれなデザインに、水生植物をあしらうとモダンな感じに仕上がる。




wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg




reg7w.jpg

夏の主役はゼラニウム。

reg15w.jpg

ベゴニアも主役の座は譲れない。。

regent200w.jpg

ベゴニアのフォーマルガーデン。

reg14w.jpg

アイビーゼラニウムとインパチェンス

regent2w.jpg

ゼラニウム、ダリア、、、大きな葉の名前は分かりません。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

reg1R.jpg

早朝のリージェントパークは人が少なくて気持ちいい。花は朝の姿が最高ですね。

reg4R.jpg

奥のほうのロープに絡まったバラも咲いてクライマックス。

reg5R.jpg

ほとんどすべてモダンローズで品種名は分かりません。

reg2R.jpg

reg6R.jpg

reg3R.jpg

reg8R.jpg

バラを見ながら、、、、、最高のベンチかも。

花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg
更新情報
  ヒドコート、キフツゲート(2006.6.1)
  ボートンハウス、スードレー、コトンマナー(2006.6.1)
  スコットランドの庭園散歩(2006.5.24)
  スコットランドの庭園を巡る旅(2006.5.24)

reg17q.jpg

 ロンドンにはたくさんの公園がある。とにかく広いハイドパーク、それほど広くはないが春先の新緑の頃が美しいセント・ジェームズ・パーク、そしてやや北のほうに位置するリージェント・パークが代表的だ。前の二つの公園は車のパーキングが絶望的だがリージェント・パークは比較的車が停めやすい。

 公園は広くてローズガーデンやフォーマルガーデン、ロックガーデンなどがある。ローズガーデンのそばにはティールームもあるからロンドン市民の憩いの場。植え込みは実にきれいに手入れされていていつ訪れても花が絶えない。 

reg12q.jpg

reg19q.jpg

reg10q.jpg

reg11q.jpg

4月から5月にかけてはチューリップが主役。

reg20.jpg

ちょっと日本的な感じのロックガーデンがある。


花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!


宇藤カザンのホームページはこちら。

reg18q.jpg

6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もできないと思います。

Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。